おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2018-02-22 08:01
ひなあられ:菱屋
at 2018-02-19 06:48
桜餅 きんつば:伊藤軒老舗
at 2018-02-18 06:01
仏教讃歌:西本願寺ブックセンター
at 2018-02-17 06:30
いちろく市:西本願寺門前町
at 2018-02-16 06:23
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(442)
(364)
(274)
(190)
(105)
(86)
(69)
(59)
(55)
(48)
(39)
(38)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

タグ:食べ物 ( 364 ) タグの人気記事

ひなあられ:菱屋

菱屋さんの「ひなあられ」。
この年、何故か このひなあられが人気で
予約やらなにやらで数日前に完売
桃の節句当日、ひとっつも残っていなかったのです。

というわけで
今年こそ ちゃんと買えるよう
早めに電話なり何なりで予約しておこうと心に決めておりました。
2月半ば、いくら何でも今から予約しておけば
絶対に買えるでしょう。

ちょうどお茶の買い出しのため お西さんの近くまで行くのですから
直接お店に顔を出して、予約だけしていきましょう。
と 花屋町通を西へ進んで 島原大門そばの【菱屋】さんへ到着。

b0205694_09031613.jpg
お店に入ると
あれ?
ピンクのリボンがかかった「ひなあられ」があります。
もう出ていたのですか。

よかったよかった 予約の手間もはぶけました
ありがたく、2袋買いまして
去年は 買えなかったんですよーとおかみさんに話すと
『今年も 結構出てましてー
 今はまだ材料がありますけれど 早く無くなりそうです』

本当に 早めに直接来ておいてよかった。

たまたま 「うすばね」も残っていたので
こちらも一緒にお買い上げ。
うすばね も ひなあられ も どちらも1袋330円です。
作る手間暇を考えると お安いなあ、と思う。


b0205694_09085676.jpg
菱屋さんの「ひなあられ」
実物を見るのは これが初めてですが
関西の市販の ひなあられが コロコロした丸い粒状なのに対して
こちらは 菱餅を模っているのか、ひし形。
見た所 微妙に色が違い、材料からすると
醤油・青のり・海老の3種類の味が入っている模様です。
3月30日までと かなり日持ちするので
2月半ばから買っておいても 桃の節句まで大丈夫。



「うすばね」も一緒に 我が家のおひなさまにお供えし
3月3日になったら開封して食べます♪
b0205694_09075147.jpg

[PR]
by my-pavane | 2018-02-19 06:48 | 京都 | Comments(0)

蜜ぽてと:甘味処らんらん

阪急茨木市駅前からのびる『阪急本通商店街』
せっかく近くに来たのだから
野菜や魚を仕入れていこう、と寄っていきます。


b0205694_11552299.jpg

お芋を買おうかどうしようか
迷った八百屋さん
今回は
シイタケと
ホウレンソウを買いました。

こういう八百屋さんって
普通「税込」で
価格表示しているけれど
ここは珍しく外税価格

180円のホウレンソウ
100円のシイタケで
しめて302円

この消費税8%の計算を
暗算でするところに感心しました。




茨木神社方向へ歩いていくと
いい匂いが。

b0205694_11553157.jpg


焼き芋屋さんらしい。
「らんらん」という名前は
「パンダ」だから?

パンダはどこから来たのか
謎ですが



b0205694_11553544.jpg
店頭には
焼き芋を焼くための窯と、
焼き芋の見本と、干し芋・サツマイモチップスに
調理されたサツマイモいろいろ。
b0205694_11553779.jpg
蜜ぽてと(大学芋)が2種類あって
しっとりタイプとカリカリ飴タイプ
食べやすそうな しっとり蜜タイプのSを買ってみました。

スイートポテトは カップに成形されたものと
「丸ごとスイートポテト」という 
半切にしたサツマイモの上にスイートポテトの乗ったもの。
丸ごとの方は、芋のサイズによって量が変わる量り売りだったので
「一番小さいのをください」と注文してみました。


b0205694_11563818.jpg




焼き芋も買いたいな、どうしようかな
と迷ったものの、後でこの丸ごとスイートポテトを食べてみたら
下が まんま「焼き芋」だったので問題ありませんでした。
b0205694_11565127.jpg
スィートポテト、サツマイモそのまんまではなく
確かに「スィートポテト」ですが
バターや生クリームを足した洋菓子というより
お芋の素材そのものの風味がじっくり味わえる
サツマイモの焼き饅頭、という感じでした。


ちなみに ここの蜜ぽてと(しっとりタイプ)
最初の表面の歯ごたえはありながら
中は とっても柔らかく、蜜でうるおっていて
飲み物が無くても全くのどにつまることなく おいしくいただけました。
これは家では作れないなあ、と感心。
(もう一種の「飴ぽてと」は表面カリっとした硬いタイプらしい。)

午後1時過ぎからはイートインもできるらしいので
タイミングがあえば、次回h中で「できたて」を食べてみたいです。


[PR]
by my-pavane | 2018-02-14 06:40 | 大阪 | Comments(0)

淡路産の玉ねぎサンド:ドンク三宮本店

元町商店街で輸入雑貨屋さんなどを見て歩いているうち
また少しお腹が空いてきました。

老祥記さんの豚饅頭を食べているため
死ぬほど空腹ではないものの、
お昼には足りなかったな、という感じなので
どこかでお茶でもしようかなと思いつつ
三宮方面へ向かって東へ移動。

元町商店街から三宮商店街のアーケードへ移ったところで
ドンクの三宮本店前に出ました。

そういえば、この本店 2階で食事もできたのでは。
1階のパンの売り場のアーケード側の入口横に
メニューのサンプルがあった気がします。

ありました。
パン屋さんの店舗の左手に、上のカフェスペースへ上がる階段
(エレベーターもあります)
b0205694_22363889.jpg
店頭に並ぶ見本を見ると
サンドイッチにパンケーキ、シフォンケーキや パフェもあります。
サンドイッチの種類が少ないなーと思いつつ2階へ上がり 
こちらのメニューを見ると
下のサンプルには無かったサンドイッチやケーキセットもありました。

気になったのは
「淡路産の玉ねぎサンド」
おいしいパン屋さんのサンドイッチって
小細工なしに「素材がおいしい」ので
これはきっと、おいしい。
セットメニューで、ミニサラダとポテトと飲み物付き
量的にもちょうどよいです。

というわけで これを注文
b0205694_22421718.jpg

飲み物は紅茶にしました。ポットで2杯分くらいあります。
スコーンもどきの焼菓子も付いて900円(税別)
b0205694_22424106.jpg
サンドイッチ、パンはもちろんおいしいですが
予想通り、具材のレタス・トマト・ローストビーフ
そして何といっても玉ねぎが
やわらかくて、甘くて美味。




同行者は シフォンケーキを注文されていました。
ちょっとずつ いろいろのフルーツが付いて
こちらも美味しかったそうです。
b0205694_22424566.jpg



お食事の後は、下のお店でパンを購入。
せっかくだから、と本店限定のパンを2種。

淡路の玉葱パン(左手前)・天津甘栗と胡桃のフランスパン(右手前)

b0205694_22463078.jpg

奥の黒っぽいパンは「薩摩おさつの黒ゴマブレッド」
黒いけれど、そんなに「胡麻」ではないです。
トーストしてバターを付けるとおいしかった。



[PR]
by my-pavane | 2018-02-02 06:23 | 神戸 | Comments(0)

豚饅頭:老祥記

「ボストン美術館の至宝」展を見終わって
そろそろ お昼時です。
ここからなら 南京町がすぐですし
そこで点心でも食べましょうか、と 西へ移動。

南京町、食べるお店はいっぱいあり
どこも だいたい似たような飲茶セットを出しています。
どこに入ろうかなあと 中央の広場に来ると


おや
老祥記(豚饅頭で人気のお店)の前に長い行列がありません。
並んでいるけれど、せいぜい7、8人。
こんなチャンスはそうは無い、というわけで
初めて「老祥記の行列」に並んでみました。

並んでみて初めてわかりましたが
テイクアウトのみと思っていた老祥記
中にテーブルが2つあり、20人弱くらいなら
中で飲食できるようになっていました。

こんなに空いているのですから
できたてを食べられるし、お茶もいただける事ですし
中で食べていきましょう、と注文し
空いた席に座って しばし待ちます。

行列のお客さんのほとんどはテイクアウトで
私の前の2人連れのお客さんは
中で食べつつ お持ち帰り用に30個以上を注文。
すごいですねえ、何人分ですか?とうかがうと
『一人分』
は?
『冷凍庫に入れて常備しとくねん』
あ なるほど。

常連さんだったらしく、
いつも まとめ買いして冷凍庫にストック
切れそうになると買い足しに来られるようです。

席からは厨房が見えるので
何となくそちらへ目をやると
4~5人の調理師さんが 具と皮の材料を囲んで立ち
すごい勢いで包んでいっております。

イートインでもテイクアウトでも
豚饅頭は注文した順に渡されるので
前の注文(合計50個くらい)の分待たされて
ようやく、豚饅頭 到着。

注文は3つ以上からなので
3つで注文(1個90円なので270円)
b0205694_14381996.jpg
「551の蓬莱」みたいな大ぶりな豚まんを想像していたら
出てきたのは かわいらしい小ぶりの饅頭。
これなら3つは軽いですね。

できたて熱々に 醤油・辛子・酢を少々つけて
一口かじると、肉汁がしみ出してきました。
小さいけれど、お肉食べてるーという満足感。
b0205694_14382179.jpg
お土産用にも買いました。
冷めてしまうので、食べる時は
蒸しなおすか、
フライパンで焼いてくださいとの事。
(レンジでもいいけれど、
その場合温まり次第即食べること)
b0205694_14381243.jpg

ちなみに
食べ終わって店を出たら
すごい行列になってました。

本当に運よく
空白の時間に
来合わせたようです。


More
[PR]
by my-pavane | 2018-01-31 06:10 | 神戸 | Comments(0)

小倉ホットケーキ:梅香堂

三十三間堂での大的大会
(一般には「通し矢」と呼ばれております)。

先生が参加されるので 見学に行くのですが
時間が午後2時前後かららしいので
その前に腹ごしらえしていくことにしました。

三十三間堂から もう少し東へ進めば東大路
そこを少し南へ下がれば 今熊野商店街があります。

この商店街の北の端に【梅香堂】さんという甘味処がありまして
店頭で販売しているお菓子は「和」なのですが
メニューを見ると 1番前に出て目立つのが「ホットケーキ」なのですね。
ショーウインドウのメニューサンプルを見ると
ホットケーキの上に どどんとホイップクリームとあんこが乗った
なんともボリューム感あふれるホットケーキで
1度は食べてみたいと思っておりました。

そんなわけで お昼をちょっとまわったくらいに
京都駅から塩小路通を東へずんずん進み
三十三間堂の南大門前を通過、
b0205694_11051761.jpg
b0205694_11053468.jpg東大路へ出て
そこから南、今熊野交差点へ。

梅香堂さんに到着です。
b0205694_11054899.jpg
遠目には 店頭の暖簾とか入口の雰囲気は和菓子屋さんですが
左手の方にはソフトクリームが立っていて
喫茶メニューは パフェ・ホットケーキ・軽食(サンドイッチ等)
完全に洋食系です。


b0205694_11062361.jpg
店内はこじんまり、2人席と4人席のテーブルが
合わせて6つくらいでしょうか?
店頭のショーケースの見本には
小倉クリームホットケーキと クリームホットケーキが出ていましたが
メニュー表にはもっとたくさん載っていまして
フルーツ盛のホットケーキもできるらしい。
だいたい600円からで 全部のっけでも700円。

あんこが大好きな私は
小倉ホットケーキを注文しました。
(単品600円、飲み物付きで900円)

b0205694_11084447.jpg

うっとりするような てんこ盛りの粒あん。嬉しい。
横にメイプルシロップが添えられていましたので
後でかけてみましたが あんこだけで十分満足できます。

b0205694_11084747.jpg

大粒の大納言とおもわれるあんこは ほのぼの美味しく
ホットケーキ生地は 形も焼き色も美しいです。
ふんわりしていていて、正統派のホットケーキ!という感じ。

私 自分でもあんこを煮るのですが
小粒の小豆は上手く煮られても 大納言小豆はうまくいかず
後で ここのあんこを煮ている女将さんに
煮方を教えていただきました。

帰ったら さっそく伝授された方法で作ってみます。


アートであるらしい
[PR]
by my-pavane | 2018-01-12 06:44 | 京都 | Comments(0)

さるぅ屋

太秦広隆寺の釿始めへは いつも京福電鉄で行っていたのですが
今年は 初めてバスで行ってみました。
同じ大宮出発でも、これなら乗り換え不要
バス一日乗車券で乗れば、その日1日他へ移動するにも便利です。

というわけで
行事終了後、さっそくバスに乗って京都市中心部へ移動。
お昼をどうしようかなと考えて
出町柳周辺に 行ってみることにしました。
気になるお店が何軒かあるからなのですが
問題は 正月2日目は営業お休みの可能性が高いという事
HPで あらかじめお休みとお知らせを載せているところもありますが
気になるお店のほとんどは HPが無いか、あっても「休み」とは載せていない。

ならば行って確かめるしかないですね、と出町柳。
で 気になるお店
お寿司屋さん・食堂・パン屋さん5~6軒確認して
全部 お休みでした

お腹が空いてきたものの
河原町まで戻る元気が無いです。
(無理に我慢して戻ったら 空腹のあまり
 かなり適当な物で済ませてしまいそう)

どこか 開いているお店はないかなあ と
今出川通を歩いていると
営業しているらしいCafeを発見。
お店オリジナルのバーガーとカレー
スィーツも食べられるようです。

b0205694_01093019.jpg
お店の名前が「さるぅ屋」

この名前、かなり以前から持っている京都の地図に載っていて
変わった名前の店がある、と認識はしていたのですが
こういう店でしたか。

これも何かの縁、と ここでランチを食べていくことにしました。
お店のおすすめは「さるぅ屋バーガー」という
バンズに具沢山のサンドイッチらしいですが
見本を見るに 端からかじって食べるのは不可能と思われるかさ高い形状

私、本日 着物を着ております。
このバーガーを崩さず 上品に食べきる自信が無いため
食べやすそうなカレーを注文することにしました。
(ちなみに 先客さんは バーガーを注文されていて
 運ばれてきた実物を前に「どうやって食べたら」と考え込んでおられました)


3種の豆のカレー

b0205694_01152248.jpg

3種の豆って何だろうと見ると
1つはヒヨコ豆とわかりますが 残り2つがよくわからず。
なんとなく 金時豆と緑豆っぽく見えます。
カレーはさらさらして 一見薄そうですが
思ったよりスパイスがなじんでほどよい辛さ
ごはんと合わせて ちょうど良い量でした。

b0205694_01191148.jpg


ランチのセットで
飲み物が付くので
本日のハーブティー
をお願いしたら
「レモンと蜂蜜のお茶です」
と 運ばれてきました。

飲んでみると
レモンではなく
レモンバーム(ハーブ)
のような気がします。

ちなみに
「さるぅ屋」の名前
何から来ているんだろうかと
お店の中を見渡したところ
やたら
「猿」グッズが目についたので
そこからなのかもしれません。


さるぅ屋さん、表から見ると シンプルな建物ですが
中に入ると 古い町家を改装して使っている感じ。
椅子も机もソファも 結構年季が入っております。
お正月時期だからなのか いつもなのか そんなに混んでいなくて 
店員さんが とても丁寧に気くばりしてくださいました。

今出川通に面しているとは思えない まったりした時間が流れるお店。


[PR]
by my-pavane | 2018-01-06 06:51 | 京都 | Comments(0)

お雑煮 あなご丼:志る幸

「かさぎ屋さんで一服」は私の希望でしたが
同行の友人の希望は「志る幸さんでのランチ」。

木屋町通と河原町通の間、
四条通りの1本北の通にある【志る幸】さんは
「お汁」つまり お味噌汁やおすましの専門店。

前々から興味はあったものの
たまたま見たTV番組に取り上げられていたのを見た時
お味噌汁とは思えないお値段にびっくりして
(確か1杯で1000円くらいだった)
ものすごく美味しいのだろうな、どうしようかな
と悩ましく思っておりました。

しかし 本日はお正月
お祝いのご馳走としていただいてみようではないですか。

b0205694_20560932.jpg
で 志る幸さんのお店の前へ来て見ると
既に10人以上の行列が。
もうすぐ開店ですか?
(現在時刻 11時15分前)

11時からの営業かなと思いきや
友人は
「いや 11時半だったと思う」

それで こんなに並んでいるの?
と あらためて驚き
まあ それでも
せっかくの機会ですので
並びました。

その後 最終的には 
私達の後ろに更に行列が伸び
お店が開く頃には36人くらい
並んでいたと思います。
15番目くらいだった私達は 
ぎりぎりお店に入れました。

中に入ると、想像以上にこじんまり。
中央にカウンター席ががあり
それをぐるりと囲むように 
細長いカウンター席がもう一組窓際に沿ってあるという
「全席カウンター」のお店です。

カウンター上にはお品書きがありますので
さて、何を頼みましょうかと見てみると
具を選べる汁ものについては お値段が標記されておりません。
具によってお値段が変わるからなのでしょうけれど
だいたいの目安もわからないというのは少々コワイ。

他のお客さんも ほとんどの方が初めてのご来店の様子で
わからない時は「お決まりのセット」にしておこう
とばかりに 皆さん お値段表記のある
「利休辨富(りきゅうべんとう)」という
かやくご飯に 焼き魚や鶏肉などのお菜と 
お汁のセットを注文されています。これが2500円。
(追加料金でお汁がお雑煮に変えられるらしい。)

まあ、それでもいいのですが
お品書きに載っている「あなご丼」「鯛めし丼」の方が
点心風なセットよりおいしそうなのですね。
どちらも1600円、これにお汁を付けると
いくらになるのかがわからないのですが
まあ、利休辨富とトントンくらいではないかと予想し
お雑煮と合わせて注文してみました。



私が注文したのは あなご丼。
お雑煮、京風白味噌でお餅が入っております。

b0205694_21061549.jpg

あなご丼は「頼んでよかった」。
ふわふわのあなごで、ごはんに浸みるタレごと美味。
あまりに美味しくて、
山椒をふるのを忘れたくらいです。

お雑煮は京風白味噌仕立て
大きなお餅が入っていまして
汁は濃厚、すごい満足感。


ちなみに友人が注文したのは 鯛めし丼
鯛の身を一緒に炊いたご飯を想像していましたら
ごはんの上にふわふわとほぐされた鯛の身が
ぎっしり敷き詰められた丼で意表をつかれていました。

結局 丼とお雑煮 両方あわせて2700円でしたので
お雑煮は1100円だったという事ですね。
とらやさんのお雑煮を想えばそんなに高くないかも。)

今回の「お汁」はお雑煮でしたが
具が選べるお味噌汁も食べてみたいなあと思うので
いずれ機を見て再訪するかもしれません。



3食連続
[PR]
by my-pavane | 2018-01-04 06:40 | 京都 | Comments(0)

お汁粉:かさぎ屋

清水寺をお参りし終えて
時間はまだ10時台。

門前の漆器・焼き物のお店が
ようやく開き始めるところです。

八橋のお店は既に開いていたので
新商品・季節ものの八橋を物色。
お正月限定らしい「京雑煮風」な八橋がありました。
生八橋、「皮」だけの販売は前からありましたが
逆に「中のあんこ」だけの販売もされております。
今更 八橋をわざわざ買って食べようとはあまり思いませんが
あんこ単体なら欲しいかも、と思いつつ
まあ今日でなくてもよいか、と 坂道を下りていきました。

ところで今回 
清水寺方面へ来たらば 行ってみたいお店がありました。
甘味処の『かさぎ屋』さん。
(確か大正くらいの創業で、おはぎやお汁粉が名物らしいので
 それなら きっと餡子が美味しいのではないかなあと。)

清水寺へは何度も来ていますし
前を通って「あ、甘味屋さんがあるな」と
気にかけてはいたのですが いまだ訪問できておりません。
今ならお店も空いているかも
と お店を探します。

二年坂の途中にあるはずなんだけど
行きに見つけられなかったのは 
たぶん 営業時間前だったからでしょうねー
事前に調べたら 営業時間11時からってありましたし

・・・

現在時刻、10時。

まだ お店開いていないでしょうね。
仕方ない、場所だけでも確認しておこう
と 二年坂へ向かうと
b0205694_00205445.jpg


見つけました、
かさぎ屋さん。


急いでいたら
見落としそうな
小さな店構え。

お客さんが入っている様子はなし
やはり 早かったかー

と 店頭に立つと
扉にある札には
「営業中」と。







あれ?営業始まっていますか?
でも、誰も入っている様子はないし。

念のため、扉を開けて中の様子をうかがうと
お店の方らしき男性がこちらに出てこられました。

あの、もうお店 やっていますか?
『はい』

よかったー

お正月だから 早めにお店を開けられたのかしらね、
と 友人と話しつつ
いそいそと席に座り お品書きを確認。
お餅は朝ごはんのお雑煮で食べたから
ここはやはり おはぎかなあ、と思ったものの
寒かったもので 温かいお汁粉に惹かれまして
結局 お汁粉を注文。


すると まず
かわいらしい急須と湯呑がやってきまして
b0205694_00262456.jpg

続いて 上品なこぶりのお椀に入ったお汁粉と
口直しのお漬物。
b0205694_00262625.jpg
中のお餅は かなり小ぶりでしたので
朝も食べているのですが 飽きる前に食べ終われました。
あんこは素直な甘さで小豆の風味がしみじみ美味しい。
身体も暖まって満足です。

ちなみに この後からも
「お店、やってます?」
と不安げに入ってくるお客さんが続きまして
中に私達がいるのに気付いて安心されていました。

かさぎ屋さん、
入口の印象通り 店内もこじんまり
お客さんが3~4組も入ったら満席かな という感じです。
店内には 何やらお札がたくさん貼られ
黒電話が現役で使われている様子に
古い建物・骨董大好きな友人は大喜び。
(黒光りする柱を撫で撫でしてました)

ところで
今日こんなに早くからお店に入れたのは
やはりお正月の初詣客に合わせてですか?
と うかがってみたところ

『いや、雑誌の取材には11時と言ってますけど』
実際のところは 準備でき次第なんだそうで
公式な情報として出しているのは
「いくら遅くてもその時間には開いている」
くらいの意味合いらしい・・・


[PR]
by my-pavane | 2018-01-03 06:06 | 京都 | Comments(0)

チーズクリームロールケーキ:SugarToothカフェ

SugarToothカフェの営業日は金曜~月曜の週4日。

なんと年末年始、ちゃんと営業されるそうでして
では今年の最後の食べ納めに行かなくてはねと
大晦日前日の30日、行ってまいりました。
b0205694_20465470.jpg
イートイン限定メニューは
紅マドンナのチーズクリームロールケーキ
温かいお芋のパイ
青りんごとカスタードのタルト

下の2つは食べたことがあるので
ロールケーキにしました。
b0205694_20471210.jpg
紅マドンナって何?と思ったら
柑橘の一種だそうで
コクのあるクリームチーズに爽やかな柑橘の風味が
すっきりと食べやすい。

これなら2個は食べられそうですが
それをしてしまうと夕飯が食べられなくなるので自制いたしまして
代わりにお土産をまとめ買いしました。


ラムレーズンのブラウニーとプレーンスコーン
b0205694_20471925.jpg


ゆずケーキ
木いちごと洋梨のケーキ

b0205694_20472177.jpg


で 翌日の大晦日からお正月休みの間中
幸せなティータイムを過ごしました。



テイクアウトし放題
[PR]
by my-pavane | 2017-12-31 20:48 | 京都 | Comments(0)

ほうじ茶シフォンケーキ:村上開進堂

今年最後の弓道のお稽古。

時間が夕方5時半からですので
少し早めに出かけていって、ちょっとお散歩してから
道場へ向かいましょうと まずは烏丸から錦市場へ。
b0205694_20333976.jpg
お正月用のお餅が買えるかなと 品ぞろえとお値段比較。
おまん屋さんや 餅屋さんなど
「お餅の専門」の餅は だいたいどこも500gで千円くらいです。
こうやって見ると
スーパーに並んでいる真空パックのお餅って安いですよねえ。
(味が全然違うけれど)

店先に並ぶ巨大な棒鱈(ぼうだら)に
お正月を感じる、錦市場。
b0205694_20334246.jpg
錦小路を寺町まで抜けて
正月用丸小餅の、だいたいの相場がわかったので
京都は年内 もう一回は来る予定だし
お餅は また後日買うことにしました。

お稽古の時間まであと1時間くらい
何かお腹に入れておいた方がいいだろうなあと
そのまま寺町を上がって(北上)いきます。

進々堂でパンでも買うかな、と
御池通を超えていくと
村上開進堂の前に来ました。
b0205694_20421341.jpg
そういえば、しばらくご無沙汰してますね。
久しぶりにロシアケーキを買おうかなあ。
と 店内の様子をうかがうと
b0205694_20422036.jpg

なんだか、内装が少し変わったような。

気になるので店内に入ってみると
正面奥の向こうがガラス張りで
向こうが見えるようになっています。

そちらへ向かう扉の前には
お菓子と飲み物の名前が書かれた
メニューみたいなものがあります。

もしかして、お店の中で食べられます?
『はい、今日は5時までですが』

あ、それなら大丈夫
5時にはここを出ないといけないので
追い出していただけたら ちょうど弓道のお稽古に間に合います。

どうやら 今年の夏くらいに
奥を改装して 茶房を作られたようです。


b0205694_20464689.jpg




店内で販売している
焼菓子は
どれでも選んで食べられるそうで
右奥の扉を抜け
その向こうにある扉を開けると
住宅を少し改装したような
カフェスペースとなっておりました。

b0205694_20465008.jpg

ロシアケーキ(クッキーです)と思っていたけれど
メニューを見ると、カフェ限定のお菓子もあるようです。
すぐ横にある一保堂さんのほうじ茶を使った
「ほうじ茶シフォンケーキ」はおいしそうですが、
数に限りがあるようで
営業終了間近のこの時間では もう無さそう・・・

一応、店員さんに
シフォンケーキってまだありますか?
と うかがうと
『大丈夫です』

ありがたく注文しました
ほうじ茶シフォンケーキセット
飲み物付きで1200円

b0205694_20520317.jpg
シフォンケーキが思っていたより結構 大きくて
お稽古中 お腹が持たないのではないか
という心配はふっとびました。

香ばしいほうじ茶の風味は
確かに飲みなれた一保堂さんの味。







More
[PR]
by my-pavane | 2017-12-28 06:28 | 京都 | Comments(0)