おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2018-02-26 08:01
キャラメルチョコロール:Su..
at 2018-02-26 06:31
弓道体験 69回目:武道センター
at 2018-02-25 06:41
梅林 2月末:京都御苑
at 2018-02-24 06:02
ひなあられ:菱屋
at 2018-02-19 06:48
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(443)
(365)
(274)
(190)
(105)
(87)
(69)
(59)
(55)
(48)
(39)
(38)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

フルーツもの大福:和菓子司KAMATARI

今年の秋、仕事上のお客様から
『お菓子、お好きそうですから』といただいた和菓子がありました。
和菓子ですか♪と わくわくして箱を開けてみたら
和菓子?と首をかしげるような姿の物体が入っていて
面白くも結構おいしかったのです。

どこのお店のだろう、と入っていたカードを見ると
【KAMATARI(かまたり)】とあります。
富田にあるお店ですが
以前あった「ロールケーキで人気だったKAMATARIさん」とは別で
どうやら かなり新しいお店らしい。

富田ならば、清鶴酒造さんへ酒粕を買いに行くついでに
足を延ばせば 品ぞろえも確認できますね
と 酒粕購入後、富田の駅方向へ。
阪急富田駅とJR富田駅の間にある商店街に
その店は ありました。
b0205694_22400922.jpg

シンプルな店構え。
上生菓子だけのお店かと思ったら
内容的には「おまん屋さん」で
おはぎや大福、お饅頭 どら焼きなど いろいろ並んでおりまして
美しい上生菓子もいいけれど
どうしよう、こっちのおはぎやどら焼きの方に すんごく惹かれる。

で結局 生菓子4種と どら焼き1個を購入。
(本当は もっとたくさん買いたかったけれど
日持ちの関係であきらめました。)
b0205694_22404286.jpg


生菓子4種。
左から 栗蒸し羊羹・リンゴの大福・木いちご(ラズベリー)大福・栗きんとんの大福
リンゴの大福と栗きんとん大福は季節限定ものだそうです。

b0205694_22440891.jpg
木いちご大福、この鮮やかな赤、艶々した姿が
「・・・・和菓子?」ですが
酸味と白あんの甘みで爽やかなおいしさ
苺大福が大丈夫な人は好きかと思われます。

季節限定というより、その姿の可愛さで購入したリンゴ大福
(220円)
b0205694_22481340.jpg

軸部分にチョコレート
餡の下にチーズが使われているらしく
洋菓子と和菓子の中間的お菓子です。
中のリンゴが思ったよりざっくりした食感を残していて
これも「爽やか」な大福。
b0205694_22481635.jpg
価格帯が だいたい200円中心で、気軽にいろいろ買えるお店です。
どら焼きもおいしかったですが、このKAMATARIさんは
「白あん」がおいしいのだと思います。果物との相性がすごく良い。

ちなみに 以前いただいた和菓子の1つが木いちご大福でした。
この他にも 
中がうっすら透けてうっすら黄色いから
「栗」かな、と思って食べたら「パイナップル」
と 意表を突かれる品ぞろえです。

フルーツ系大福は お日持ち2日
栗蒸し羊羹などの朝生和菓子が当日1日
どら焼きは5日くらい?

おはぎの種類も多かったので
これはまた次回に、と思います。



[PR]
# by my-pavane | 2017-12-20 06:56 | 大阪 | Comments(0)

今年も酒粕:清鶴酒造

ここ数年、毎年酒粕を購入している
富田の清鶴酒造さん。

酒粕は予約した順に購入できるので
今年11月頭に「今年の酒粕買えますか?」とお電話したら
『酒粕の予約受付は12月からです。』
気が早すぎました。

で 12月1日の朝再び電話し めでたく予約完了。
(今年の1番だったかもしれない)

新酒の販売は10日過ぎくらいかららしく
新酒の販売=酒粕できている
という事ですので 販売日当日に
『酒粕できました』の連絡をいただきました。

清鶴酒造さんのお店は 富田駅が最寄ですが
駅からいくらか離れているので
自宅から直接、自転車をこいで行きました。

新しい杉玉の下がった 清鶴酒造さん。
b0205694_22284038.jpg
初めて酒粕を購入した年は 1kg
おいしかったので翌年は2kg購入しましたが

今年は
b0205694_22295213.jpg

3kg購入、重かった。
(お酒も買ったし)

これで来年末まで 楽しめます。


[PR]
# by my-pavane | 2017-12-19 06:21 | 大阪 | Comments(0)

納会:弓道体験 66回目

弓道のお稽古の帰り
「年末の大掃除には参加します」と宣言したら
『その後の納会にも参加したらどうや?』

その年最後の弓道のイベントとして
納会(年納めの射会)があるのだそうです。
大掃除後の射会は市の主催で、当日参加も可能とか。

弓道場で弓が引ける貴重な機会、参加します。

という事で
大掃除終了後 お昼を食べてから弓道場へ戻り
持って来た弓道着に着替えて準備。

大掃除の時も寒かったですが
弓道着となると、コートなど着られないので更に寒いです。
下に長袖Tシャツなど着てもいいとは聞いていたので
上のブラウスを弓道着に替え、袴の下にはレギンス。
(ちなみに周囲の方々を見渡すと
 やはり毛糸のパンツ・毛糸の下履きなど 
 見えないところで がっちり防備されておられました。)

時間になったところで 射場に整列し、開会式。
一手座射(1対2本の矢を座射で引く)、
間合いは審査と同じという事ですが
なにしろ審査を受けた9月以来の弓道場、
矢が的に中るか以前に、体配がちゃんとできるかどうか。

今回は大前ではなく3番目で入ることとなり
段取りがかなり不安なので 次の所作を考えるだけでいっぱいいっぱい
最初に弓を立てるところで 弓が回ってしまったりしていましたが
なんとか2本引き終え、退場。

この後は余興となりました。

一つ目の余興は 一種の射的
賞品がもらえるチケットの入った封筒が安土に置かれ
段の低い人から順に封筒を狙って弓を引いていきます。
大きい封筒・小さい封筒がありますが
大きさと賞品の内容は無関係だそうで
やはり皆さん、大きな的から狙っていきます。

もう一つの余興は「猪(いのしし)狩り」。
午前中の掃除の時、前日練習に来ていた方が
『昨日、そこに猪を走らせていた』と話しているのを耳にしていまして
年末のTV番組で、干支の動物をイベントに連れて来たりするのを見ますから
ここでも そういう事をするのであろうか、でも 亥年は再来年ですよねえ。
と首をかしげていたのですが
安土のそばへ行った際、看的小屋の横にダンボールの猪を見つけまして
ああ これですか、と納得
つまり これに紐を付け、安土の前に吊り下げて引っ張り
この動く的(猪)を狙って 弓を引く、というわけです。

実際にやってみると 中りそうで中らない。
的が動くので 矢が届く時どこにいるかを予想しないといけませんし
ちゃんと中るところへ飛んでも
猪がひるがえって(ダンボールなので風にあおられる)避けられる。

一応 射法八節に沿って準備するのですが
のんびりやっていると 猪が行ってしまいます。
審査や試合だと、大前から順番に引きますが
この場合、順番はもうどうでもよいという事で
皆で一斉に狙いをつけて 好きなタイミングで引きます。
昔の猟って こんな感じなのだろうなー
食べるために弓矢を使うのですものね
などと昔の狩猟生活に思いをはせて 引きました。
と まあ
作法もへったくれも無い余興で盛り上がり 納会終了。


閉会の挨拶後、練習していっても良いですという事でしたが
すっかり冷え切って このままだと間違いなく風邪を引く、
と判断し 
すぐ帰宅して熱いお風呂に浸かりました。

来年も参加できるようなら先輩を見習って毛糸のパンツを穿きましょう。

[PR]
# by my-pavane | 2017-12-18 06:24 | 京都 | Comments(0)

弓道場の大掃除:京都市武道センター

11月末の弓道のお稽古で
「来月もいろいろ予定が入っているのですが
 弓道場での大掃除には参加します!」
と 宣言しておりました。

12月半ばの17日(日)弓道場の大掃除です。
集合時間は朝の9時

ちなみに弓道場に出入りするには 弓道着&足袋の着用が基本ですが
長い袴に足袋では 動きにくそうですし
念のため 先生に
「大掃除って弓道着でするのですか?」と確認すると
『いや、普通に汚れてもいい恰好で』
そりゃそうですよね。

冬の道場は寒そうなので(板張の床&吹きっさらし)
長袖下着(いわゆるババシャツ)に長袖Tシャツ
その上に生地のしっかりしたブラウスを重ね
コートを羽織って向かいました。
(コートは作業中 脱ぐ予定。)

到着しますと 弓道場を利用している常連の方々が集合。
まずはご挨拶、と射場に皆集まって並び
いよいよ大掃除開始です。

床の雑巾がけや 安土(的を置く土台の盛り土)の整備をするという話は
以前に聞いていましたので 
学校の大掃除みたいに、あちこち 掃いたり拭いたりするのだろう
くらいに思っていましたら
『はい、身長高い人はこれ』と
3mくらいありそうな長い柄の帚(ほうき)を渡されました。

大仏さんのすす払いとかで こんな道具を見たような気がしますが
これで何を?と思ったら 天井掃除。
射場の天井は高いので この帚の先を天井に当てて動かし
たまった埃やクモの巣などをはたき落とします。

帚の柄は長いですが、それでも腕をしっかりのばさないと届きません。
皆が思い思いの方向を掃除していると わけがわからなくなるので
道場の端に皆そろって立ち、一列になって作業スタート。

帚でぱたぱたやっていれば埃は取れますが 何しろ天井ですから
埃その他が 天井から降ってきてえらいことに。
『ゴーグルが要りますよね』と いいつつ
降ってくる埃や虫の死体を踏まないよう注意して掃っていきます。

一方で 道場内の畳をはがして叩いたり
床や壁を掃いたり拭いたり
掛けてあった国旗や写真等の額を外し
仕舞ってあった道具類を出して埃をはらったり
想像していたより遥かに大がかりな大掃除。

建物の中の掃除が終わると 
矢道(道場と的の間の草地)に落ちている木の葉を拾い
安土は、と見ると
男性陣が シャベルで一度崩した土にジョウロで水をかけて
再び安土の形に盛り直した後
左官屋さんが使うコテを大きくしたような板で成形していました。

2時間ほどで作業は終了、お疲れさまです。
終わると、 射場に机を出して
お茶菓子をいただきつつ休憩となりました。




感想
[PR]
# by my-pavane | 2017-12-17 06:10 | 京都 | Comments(0)

十三でラーメン

12月頭、十三の猪飼弓具店より
『矢の修理が終わりました』との連絡をいただきまして
仕事で阪急沿線へ行くついでに、受け取りに行くことにしました。

午前中の会議に出席して
午前中に終わるかと思いきや 長引いて終わらず
十三に着いたのは午後1時過ぎ。

先にお昼を食べてから行こうかと思いましたが
時間が無いので、とりあえず先に弓具店。

矢羽を付けていただいた新しい矢を受け取り
何故か 矢羽を外した後の壊れたシャフトも返されまして
これは何かに使えるのであろうか(巻き藁矢に改造するとか?)
と首をかしげつつ、駅方向へ戻りました。


b0205694_14063078.jpg


で いい加減
お腹も空いているので
何かここで食べていこうか
と思うのですが

十三って 基本
飲み屋さんが多くて
居酒屋さん
お好み焼き屋さん
ラーメン屋さん

・・・あまりお昼に
食べることのないラインナップ。

入りやすそうなお店があるかな、
駅の西側へ回ってみると
こぎれいなラーメン屋さん
を見つけました。


正確には「店内は」すっきりと小綺麗です。

なにせ下がっているノレンは中央下が破け
「くそオヤジの最後のひとふり」という
店名だけ見たら 回れ右して引き返しそうな名前
b0205694_14063393.jpg


それでも店の前には 
営業終了時間が近いのに数人待っているお客さんがいて
店内は とても清潔な感じ
そして「貝出汁のラーメン」。
店の前に来たら、貝の出汁独特のいい匂いがしたのです。

少し待って、店内に入り
しじみ・あさり・はまぐり の3種のスープのラーメンから
「しじみ」を選び注文。
カウンター席だったので作業がよく見えました。

鍋からたっぷり貝出汁のスープをすくい
小鍋に入れて、別にしていた具(貝)を加えて調味出汁を加えて温め
ゆであがった麺と合わせて
巨大なチャーシューとネギ・シナチクを乗せ
モダンな白い器に盛られて出来上がり。

店の名前からして 麺の湯切り作業(ざるに取ってふりたくる、あれです)が
かなり激しいアクションで行われるのかと想像していたら
むしろ大人しいくらいの上品な振り方でした。
どこから来たんだろう、店名。

ともあれ
しじみのうまみたっぷりのスープに満足
最後の一滴までしっかりいただきました。

店名と店の雰囲気が全然そぐわないのですが
十三という町の雰囲気に こじゃれた名前の店は
やはり浮いてしまうのであろうなと なんとなく納得。

後で かなりの人気店であったと知りました。
平日の営業時間終了間際でもお客さんが来ていたのですから
土日祝日は さぞかし並ぶのでしょうな。
さほど待たずに食べられてラッキーでした。


[PR]
# by my-pavane | 2017-12-16 06:37 | 大阪 | Comments(0)

サロン・ド・テ・オ・グルニエドール

お使いを頼まれました。
「お世話になっている方にお菓子を送りたいから
 和菓子か洋菓子を見繕って買ってきて」

既に四条河原町くらいまで来ているので
ここから近いお店というと・・・

『オ・グルニエドール』さんがすぐそこです。
しばらくご無沙汰していた事ですし
ついでにお茶もしていきましょう。とお店へ。

堺町通にあるお店
以前はテイクアウト専門の店舗と
ティーサロン店舗と分かれていましたが
久々に行ってみると、テイクアウトの店舗が無くなって
ティーサロン1軒にまとまっていました。
b0205694_09003699.jpg

さて、今日は何をいただきましょう。
と ショーケースのケーキを眺め
日頃はチョコレート系のケーキってあまり食べないのですが
ここのケーキなら そんなにくどくないだろう、と
シンプルな艶々した美しい姿に惹かれ
ムース・ショコラを選択。
b0205694_09004083.jpg

お持ち帰りしても良かったのですが
何しろこのケーキ、ぴろーんと細長い上に高さがあるので
無事に持ち帰る自信がありませんでした。
こういうケーキはその場で食べるに限ります。



一見 チョコレートが濃そうですが
食べてみると、ほとんどムースであるためか 意外にくどくなく
甘いけれど 後味はすっきり。
下のブラウニー(チョコレートクッキー)の土台と
そこに入っているナッツ(胡桃)が香ばしく
風味でも食感でも良いアクセントになってます。
b0205694_09004202.jpg
ここは こういう見た目も麗しい生ケーキから
紅茶に合うタルト等の焼菓子
ムース系など いろいろあって
どれも美味しい。

リンゴのタルトは冬のうちに食べておかないとなあ
と思うので
また年末か年明けに来ようと思います。


[PR]
# by my-pavane | 2017-12-15 06:47 | 京都 | Comments(0)

マリーフランス今出川店

京都市考古資料館を出て 東方向へ
堀川通りを横切り 油小路通 小川通を過ぎると 
「京都の道は碁盤の目」のはずなのに
何故か南方向へ斜めに曲がる今出川通。

この斜めになった途中にあるパン屋さんが
マリーフランス今出川店です。
b0205694_21031739.jpg前回、「あんぱんを買おう♪」
と訪問したら
目的の小倉あんぱんだけが
売れ切れていて
がっくりしましたが

今日こそはありますように、
と祈りつつ店内へ入ると
今回はちゃんと
ありました。

やれうれしや、と 
あんぱん一つをトレーに乗せ
ついでに食パンも1斤


マリーフランスさんのパンは
とても素直な味わいなので 
ジャムなどをつけると
そのジャムのおいしさが
ストレートに楽しめるのです。



b0205694_21040853.jpg
あんぱん、記憶にたがわず ずっしりとした重量感。
パンよりはるかに餡子の占める割合が高いですからね
(重さ190g以上はあります)

久々に食べても やはり満足の味
この餡子の量は素晴らしいです。


クロアさんで2つ ル・プチメックさんで2つ
そしてマリーフランスさんで2つ
計6個のパン。

帰る途中に
まだまだパン屋さんはあるけれど
とりあえず パンはこれで打ち止めにしておこう。
(お菓子はまだ買います。)

[PR]
# by my-pavane | 2017-12-14 06:18 | 京都 | Comments(0)

京都市考古資料館(旧西陣織会館)

ル・プチメック今出川店を出て 今出川通を東へ
大宮通りを通過し バス停があるなと思ったところで
そのバス停の前に、古そうな建物があることに気付きました。
b0205694_12091891.jpg
三条通りで見かけるような近代建築。
何だろう?と 見上げると
『京都市考古資料館』とあります。

へええ、博物館ですか。
京都は古都ですので 歴史資料館はいろいろありますが
『考古』というのは珍しい。
平安時代の資料はよく見ますけれど
京都にも「縄文時代の資料」ってあるのでしょうか。
どんな展示があるのだろうと興味がわきまして
建物に入ってみました。

建物自体は 大正の建築らしく
元は「旧西陣織会館」(と入口外に表示されてました)
1階の展示室は ちょうど展示物の入れ替え中らしく
見られるのは 入って左側の資料室と 
階段手前の「江戸時代の食物残滓」の展示のみ。
公家町と町家跡から出た「食器」と「残飯」を
それは丁寧に展示しております。

ちなみに「残飯」は 魚の骨とか 貝殻とか 動物の骨で
公家町の方だと
カタクチイワシ・ハモ・カマス・ボラ・ブリ・コチ・トビウオ・ヒラメ・鯉
アワビ・サザエ・赤貝・イワガキ・シジミ・蛤
キジ・鶏・マガン・鴨・牛・馬(さらにはカエルも食べていたらしい)
町家の方だと 内容が少し変わって
ニシン・カサゴ・スズキ・鯵・シイラ・鯖・ナマズ・ウナギ
猪・鹿などが出てくるらしいです。

何を食べていたかがよくわかりますが
当時生きていた人たち、まさか 200年以上先に
食べた魚の骨を分析され展示されるとは思っていなかっただろうなあ。

2階は常設展示らしく
平安時代の土器の変遷と縄文時代についての展示
輸入された品々(食器類)もあります。

見に来る人、私のように
「建物に興味を惹かれてなんとなく入った」
という人もいますが(海外からの観光客とか)
基本「そういう物が好き」という方々なので
土器にかぶりつきで見入る人
せっせとメモを取ったり、スケッチを描く人と
展示室は独特の空気に包まれておりました。



[PR]
# by my-pavane | 2017-12-13 06:08 | 京都 | Comments(0)

ル・プチメック今出川

千本北大路からバスに乗って南下
千本今出川で下車しました。

ここで 同行の友人とは別行動。
(友人は五辻の昆布へ向かわれました)

今出川通は 西から東にかけて美味しいパン屋さんが集まっている通です。

千本今出川交差点から東へ向かって進んでいくと
左手に現れる『ル・プチメック』の京都一号店
b0205694_13350088.jpg
ここ最近 工場でもある【ル・プチメックOmake】へ
コッペパンを続けて買いに行っておりますので
あちらでも買えるパンじゃないものを、
と店内を物色します。

まだまだ食べたことが無いパンがいっぱいで
あれもこれも買いたいけれど
先ほどクロアさんでパンを2つ買ってますし
この後 マリーフランスさんで絶対にあんパンを買うと決めてますし
ここもパンは2つまで、と我慢の子

選んだのは こちら
上:新製品だという テ・オランジェ(紅茶とチョコ)260円
下:白チョコレートとレモン:ハーフ 195円
b0205694_13350635.jpg

がっつりハードパンながら
どちらもチョコレートの甘さでお菓子のおいしさ
チョコレートが焦げないように軽くトーストすると
パンが香ばしくなって より美味です。

オレンジピールや柚子を使ったパンはよくありますが
レモンピールは珍しく、食べるとしっかりレモンでした。


ル・プチメックOmakeにもあるパンは
サイズと値段が違うような気がしましたが
(むこうの方が小ぶりで お手頃価格?)
記憶があいまいなので また確かめてみます。







[PR]
# by my-pavane | 2017-12-12 08:48 | 京都 | Comments(0)

クロアさんのパン

了徳寺までは 大宮からバスに乗って移動してきました。
最初は京福電鉄に乗るつもりだったのですが
大根焚きの後 あちこち回ることを考えると
バスの方が自由な方向へ動きやすく
1日乗車券を使えば500円で乗り放題です。

長距離を短時間で移動できるバスを利用するのですから
この際、おいしいパン屋さんをハシゴいたしましょう。

というわけで、まずは北の端から
京都市北西部 金閣寺よりさらに北の
鷹峯方面、【クロア】さんへ。

鳴滝本町から金閣寺道→金閣寺前→と北上し 千本北大路で下車。
ここから千本通りを更に北上
佛教大学前を過ぎて更に北上

このルートを走るバスもあるのですが
バスを待っている間に歩いてしまった方が早いのでは?
と歩いていたら、やはり次のバスが来るより先に
到着してしまいました。

b0205694_22532755.jpg


定休日ではないことは
確認してきたのですが

窓は結露で曇り
真っ白なもので
一瞬
閉まっている?
と焦りました。

通うには
京都中心地から
あまりに遠い場所ながら
そのおいしさに
人気はあいかわらず。







この後 他にもパン屋さんを巡る予定なので
とりあえず、2つお買い上げ。

ノルマンディ(左)と もちパン・杏つぶあん(右)
b0205694_22532986.jpg

ノルマンディは きめ細かな生地で
ほんのり甘みを感じるパン生地は それだけで食べても美味。

もちパン、名前を見た時には「餅が入っている」のかと勘違いしましたが
もちもちした食感のパンという意味でして 具がアンズつぶあん。 
これはきっと杏ジャムが入っているのであろうと想像して買いました。

で、断面を見てみようとカットしてみたら
b0205694_22533291.jpg
想像していたのと全く違いまして
つぶあんの層の上に コロンと杏のコンポートのようなものが。
杏の酸味が餡子の甘さをほどよく引き立て
さっぱりと爽やかで甘く、もっちりパン生地と合わせて
ちょっと和菓子っぽさも感じる味わいでした。

何回来ても、外れ無しの おいしいパン屋さん【クロア】さん
京都中心から がんばれば歩いていけますが
歩いていくと他を回る時間が無くなるので
どうしてもバスか電車で近くに来た時にしか来られませんなー

オープンしてから かれこれ14年くらいでしょうか
地元の人が来てくれたら充分
という事なのかなとは思いますが
やはり遠い・・・




[PR]
# by my-pavane | 2017-12-11 06:36 | 京都 | Comments(0)