おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2018-02-26 08:01
キャラメルチョコロール:Su..
at 2018-02-26 06:31
弓道体験 69回目:武道センター
at 2018-02-25 06:41
梅林 2月末:京都御苑
at 2018-02-24 06:02
ひなあられ:菱屋
at 2018-02-19 06:48
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(443)
(365)
(274)
(190)
(105)
(87)
(69)
(59)
(55)
(48)
(39)
(38)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

十日戎:高槻市 野見神社

1月10日とその前後三日間は「十日戎」
今年は火・水・木と平日ですが
水曜日ならば仕事の帰りに神社の前を通れるので
業務終了後、ちらっと寄ってみました。b0205694_22490796.jpg

鳥居の手前に植木のお店。

葉ボタンや
福寿壮など
お正月っぽい鉢植えから
これから花が楽しめるもの

植木屋さんなのに
犬の置物があるのは
戌年だからかでしょうか。


植木のお店はここ一軒で
他は食べ物のお店
お参りついでに
買い食いする人がいっぱいです。

まずは
新しい恵比寿神社へお参りを。


b0205694_22560287.jpg



b0205694_22570566.jpg




去年も来ていた
富田の酒造
寿さんと清鶴さん。

今年もよくお酒が出ているようです。

酒は酒でも
こちらは甘酒

無料接待所にて
今年もいただきました。

b0205694_22582179.jpg

























b0205694_22571240.jpg


お昼を食べてから8時間経っているので
空腹に寒さがしみます。
何か温かいものを食べたいなと
境内を見渡すと
前にも食べたえびす饅頭
店頭で蒸してます。


ホカホカのお饅頭は
おいしさ2倍増し
というわけで
今年は蒸したて饅頭を
お買い上げ。








すぐ食べるので
ケースは要りません、と言ったら
「熱くて 絶対に持てないから」と
パックに入れられてしまった「えびすまんじゅう」。
b0205694_23020159.jpg
でも この寒さであっという間に持てるくらいになりました。
蒸籠から出したばかりなので
皮はふわふわ、中のあんこは トロトロです。

焼き印の「えべっさん」中央が焦げていて
顔立ちがいまいちわかりにくいのだけが残念。




[PR]
# by my-pavane | 2018-01-10 06:01 | 大阪 | Comments(0)

遠的 弓道体験68回目 :太陽が丘

1月2日の釿始めの日
ちょうど先生にお会いできたので
次のお稽古の日時を相談いたしました。

次の8日(月祝日)なら行けるので
お稽古、お願いしてもよろしいでしょうか?

『8日?その日は遠的(えんてき)に行くで?』
あれ?
弓道体験の予定カレンダーには何も書いていませんでしたが。

『遠的行ってみるか?』
はい、行きます。

で、初めて遠的練習に参加することになりました。

今までやっていた28m先の的を狙う射は「近的(きんてき)」
今回 初めて体験する「遠的」は60m先の的を狙うものです。
毎年 三十三間堂で行われる「大的大会」がこの「遠的」でして
初めて見た時には 矢が的の手前までで落ちてしまうのを見て
なかなか大変なのだな、と思った記憶があります。

道場の先輩に遠的大好きな方がいらっしゃいまして
『遠的は楽しいよー』とおっしゃってましたが
中る中らない以前に 届くのでしょうか、私。

服装について確認すると 弓道着はもちろん必要とのこと
場所が宇治らしいので、持っていって向こうで着替えることにしました。

宇治でもお散歩はしているので
宇治駅周辺は見覚えのある景色
あっちに行くとパン屋さんがあるな などと眺めていましたが
目的の場所「太陽が丘」(京都府立山城総合運動公園)は
ここからだと更にバスに乗って15分~25分との事
自力で行くのは難しそうな弓道場です。

敷地の奥にある駐車場から更に奥まったテニスコートの向こう側に
遠的場はありました。
なんとなくゴルフの練習場みたいなものを想像していましたら
幼稚園のような建物でして、なんだかほのぼの。
本座の手前にはホットカーペットとストーブがありますし
射位の前は可動式の窓になっていまして
寒いこの時期は自分の前の窓だけ開けて弓を引くことができます。
それでも寒い場合のためか
窓にぴったりサイズのビニールを張った枠がありまして
顔よりちょっと大きいくらいの穴が開けてあり
この穴から的へ向けて矢を放つのだそうな・・・

さて、練習開始。

遠的の的は大きいので(直径1mだったはず)
60mという距離があるにも関わらず、あまり遠くには感じられず
思わず普通に構えてしまいますが
実際は的が遠い分、矢が下へ落ちていってしまうため
狙うときの目安の角度を上にせねばならないとのこと。

一緒に練習に参加した 私と同じく「遠的お初」の方に
先生が指導している様子を見学していると
先生『最後に的の位置が普通は握りの上に見えるやろ。
   これが下側にくるくらいに』
弓の強さによって 上げる角度も変わってくるのですが
私達くらいの弓力の弓だと それくらい先を上げないと届かないらしい。

さて、私もやってみましょうと的に向かってみます。
「防寒対策の穴から狙う」という状態が初めてなので
何だか変な感じで弓を引くと
『あー、そのままだとビニールに当たる』と
常連の先生がやってこられて
ハサミでジョキジョキと穴を広げてくださいました。
ありがとうございます。

で 実際に引いてみますと
本当に上に向けないと、矢が的の位置まで届きません。
ちょっと上過ぎて、少し下げようと調整すると
一見ちゃんと届いたように見えても 長距離を飛ぶ矢は
しっかり上下に放物線を描くので、最終的には届いていない。

滞空時間が長い分、空気の抵抗を受ける時間が長くなるので
矢がふらふらした状態だとやはり届きにくくなり
先生いわく『遠的をしていると離れが上手くなる』そうです。

このところ練習に来られる日が少なくなっている私
まず 普通の射でも 安定がよろしくない状態ですので
そこへもってきて、「弓を引き切った状態から先を上げる」と
更に不安定になって、よれよれ。
しみじみと力不足を実感して練習終了いたしました。




[PR]
# by my-pavane | 2018-01-08 06:20 | 京都 | Comments(0)

下鴨神社

出町柳までくれば すぐそこは下鴨神社。
ここまで来ておいて、
パン屋さんの営業を確かめ
お昼だけ食べて帰るのも失礼かと
お参りしていく事にしました。

出町柳から参道を北上。

b0205694_09201997.jpg
思えば下鴨神社へは 西側か北側からだったので
(パン屋さんの帰りとか 和菓子屋さんの帰り)
こちらの参道正面からのお参りは新鮮。
加えて、初詣の時期に来るのも初めてです。
b0205694_09202277.jpg


舗装されていない
参道まで来ると
屋台がいっぱい出てました。

先ほどお昼を食べたばかりなので
さすがにもう買い食いしませんが
これがあるとわかっていたら
こちらでお昼にしても
よかったかなあ。

どこでも見かける
唐揚げとか
餅菓子・綿あめ
焼きそばとかの他
お酒・漬物など
京土産系のお店もあります。

その中で一番ひかれたのが
八百屋さんです。


安いわっ。
ニンジン・玉ねぎ・ジャガイモ・ゴボウなど
根菜類は 葉野菜ほど値上がりしていないけれど
それでもご近所のスーパーより安い。

b0205694_09202521.jpg
初詣の帰りに 野菜を抱えて帰るのもどうかと
(地元ならともかく はるばる大阪まで)思ったので
買出しは我慢しました。


拝殿前まできて手を合わせ 参拝終了
今年もよろしくお願いします。
b0205694_09202633.jpg





[PR]
# by my-pavane | 2018-01-07 06:17 | 京都 | Comments(0)

さるぅ屋

太秦広隆寺の釿始めへは いつも京福電鉄で行っていたのですが
今年は 初めてバスで行ってみました。
同じ大宮出発でも、これなら乗り換え不要
バス一日乗車券で乗れば、その日1日他へ移動するにも便利です。

というわけで
行事終了後、さっそくバスに乗って京都市中心部へ移動。
お昼をどうしようかなと考えて
出町柳周辺に 行ってみることにしました。
気になるお店が何軒かあるからなのですが
問題は 正月2日目は営業お休みの可能性が高いという事
HPで あらかじめお休みとお知らせを載せているところもありますが
気になるお店のほとんどは HPが無いか、あっても「休み」とは載せていない。

ならば行って確かめるしかないですね、と出町柳。
で 気になるお店
お寿司屋さん・食堂・パン屋さん5~6軒確認して
全部 お休みでした

お腹が空いてきたものの
河原町まで戻る元気が無いです。
(無理に我慢して戻ったら 空腹のあまり
 かなり適当な物で済ませてしまいそう)

どこか 開いているお店はないかなあ と
今出川通を歩いていると
営業しているらしいCafeを発見。
お店オリジナルのバーガーとカレー
スィーツも食べられるようです。

b0205694_01093019.jpg
お店の名前が「さるぅ屋」

この名前、かなり以前から持っている京都の地図に載っていて
変わった名前の店がある、と認識はしていたのですが
こういう店でしたか。

これも何かの縁、と ここでランチを食べていくことにしました。
お店のおすすめは「さるぅ屋バーガー」という
バンズに具沢山のサンドイッチらしいですが
見本を見るに 端からかじって食べるのは不可能と思われるかさ高い形状

私、本日 着物を着ております。
このバーガーを崩さず 上品に食べきる自信が無いため
食べやすそうなカレーを注文することにしました。
(ちなみに 先客さんは バーガーを注文されていて
 運ばれてきた実物を前に「どうやって食べたら」と考え込んでおられました)


3種の豆のカレー

b0205694_01152248.jpg

3種の豆って何だろうと見ると
1つはヒヨコ豆とわかりますが 残り2つがよくわからず。
なんとなく 金時豆と緑豆っぽく見えます。
カレーはさらさらして 一見薄そうですが
思ったよりスパイスがなじんでほどよい辛さ
ごはんと合わせて ちょうど良い量でした。

b0205694_01191148.jpg


ランチのセットで
飲み物が付くので
本日のハーブティー
をお願いしたら
「レモンと蜂蜜のお茶です」
と 運ばれてきました。

飲んでみると
レモンではなく
レモンバーム(ハーブ)
のような気がします。

ちなみに
「さるぅ屋」の名前
何から来ているんだろうかと
お店の中を見渡したところ
やたら
「猿」グッズが目についたので
そこからなのかもしれません。


さるぅ屋さん、表から見ると シンプルな建物ですが
中に入ると 古い町家を改装して使っている感じ。
椅子も机もソファも 結構年季が入っております。
お正月時期だからなのか いつもなのか そんなに混んでいなくて 
店員さんが とても丁寧に気くばりしてくださいました。

今出川通に面しているとは思えない まったりした時間が流れるお店。


[PR]
# by my-pavane | 2018-01-06 06:51 | 京都 | Comments(0)

平成30年 釿始め:太秦広隆寺

元日は初詣
そして 1月2日は 太秦広隆寺
「釿(ちょうな)始め」です。
b0205694_11132469.jpg
新年2日目に行われる「釿始め」の行事
弓道の先生が木遣りを唄われるというので
興味を持って初めて行ってみたのが4年前ですが 
翌年(一昨年)再チャレンジして初めてきちんと見られました。
昨年は行事全部ではなく「木遣り」だけ聴きに行き
今年は あらためて「全部」見てみようと。

なにしろ 最初に見られた時には 段取りがわかっていなかったので
早めに到着したにも関わらず、行事を見るためのいいポジションを確保できず
居並ぶ人の隙間から どうにか祭事の流れを確認する程度

今回は 初めから最後まで 1番よく見える場所で見るんだ!
と 行事の始まる15分前には到着して
無事、背伸びしなくても全部見えるポジションを確保いたしました。
b0205694_11145750.jpg


b0205694_11160465.jpg
b0205694_11160925.jpg
場所は手水舎のすぐ前
屋根がある場所ですので
万一雨や雪が降ってきても安心です。


b0205694_22213557.jpg


時間は10時
笙や笛の音が流れ
儀式が始まりました。

最初の時は
運ばれる木材の
背後の方にいたので
見送る形だった行列
今年は前から見られます。




まず先頭が大工の棟梁さん。
その後ろに奏楽担当の
3名が続きます。
b0205694_22233097.jpg




続いて 大工の助手(黄色の衣裳)2名
助手の助手(青い衣裳)2名、助手(白い衣裳)1名
その後ろで木材を捧げ持つのが、木遣りを唄うメンバーの方々
b0205694_22234863.jpg




全員が一旦席に着き
青い衣裳の助手さんが並んで
大工道具を受け取り、前の材木の上へ運びます。
b0205694_22240804.jpg

用意された道具を使い
墨入れ(墨で印を付ける)をする助手さん。
2人ずついる助手さん達は 所作をそろえて動きます。
もっとも 完全にそろえるのは難しいので
だいたい歩幅を揃えて なるべく同じタイミングで動く
という感じ。

b0205694_22241320.jpg

大工の棟梁さんが手斧で木を叩いているところ。
ちなみに この材木、木の種類はヒノキで
重さは約240kgだそうです。
新しい材木なのか 毎年同じ木を使っているのか聞くのを忘れましたが
なんとなく、去年や一昨年と同じ木に見えます。
b0205694_22241638.jpg
b0205694_22350557.jpg





所作を1人で行う場合
道具は一つなので
これを持ち運ぶのは
1人だけの助手さん。

見ていると
受け取る時
持ち上げる時
道具の上を手のひらで
なでるような仕草をされ
弓道では矢取りの時
同じような所作があるので
先生がおっしゃっていた
「お祓い的所作」
という意味がわかりました。






b0205694_22384250.jpg





こうして 一通りの儀式が済むと
木遣りが唄われます
b0205694_22385492.jpg
ここまで 木遣りを唄われる方々は
ずっと横に並んで立ったまま待っているので
さぞかし寒いだろうなと思います。
たぶん 下に着こむとか貼るカイロを忍ばせるとか
なにか寒さ対策はされていると思いますが それでも 大変。

1時間弱で 行事は終わりましたので
先生にご挨拶した後 お先に失礼いたしました。


[PR]
# by my-pavane | 2018-01-05 06:20 | 京都 | Comments(0)

お雑煮 あなご丼:志る幸

「かさぎ屋さんで一服」は私の希望でしたが
同行の友人の希望は「志る幸さんでのランチ」。

木屋町通と河原町通の間、
四条通りの1本北の通にある【志る幸】さんは
「お汁」つまり お味噌汁やおすましの専門店。

前々から興味はあったものの
たまたま見たTV番組に取り上げられていたのを見た時
お味噌汁とは思えないお値段にびっくりして
(確か1杯で1000円くらいだった)
ものすごく美味しいのだろうな、どうしようかな
と悩ましく思っておりました。

しかし 本日はお正月
お祝いのご馳走としていただいてみようではないですか。

b0205694_20560932.jpg
で 志る幸さんのお店の前へ来て見ると
既に10人以上の行列が。
もうすぐ開店ですか?
(現在時刻 11時15分前)

11時からの営業かなと思いきや
友人は
「いや 11時半だったと思う」

それで こんなに並んでいるの?
と あらためて驚き
まあ それでも
せっかくの機会ですので
並びました。

その後 最終的には 
私達の後ろに更に行列が伸び
お店が開く頃には36人くらい
並んでいたと思います。
15番目くらいだった私達は 
ぎりぎりお店に入れました。

中に入ると、想像以上にこじんまり。
中央にカウンター席ががあり
それをぐるりと囲むように 
細長いカウンター席がもう一組窓際に沿ってあるという
「全席カウンター」のお店です。

カウンター上にはお品書きがありますので
さて、何を頼みましょうかと見てみると
具を選べる汁ものについては お値段が標記されておりません。
具によってお値段が変わるからなのでしょうけれど
だいたいの目安もわからないというのは少々コワイ。

他のお客さんも ほとんどの方が初めてのご来店の様子で
わからない時は「お決まりのセット」にしておこう
とばかりに 皆さん お値段表記のある
「利休辨富(りきゅうべんとう)」という
かやくご飯に 焼き魚や鶏肉などのお菜と 
お汁のセットを注文されています。これが2500円。
(追加料金でお汁がお雑煮に変えられるらしい。)

まあ、それでもいいのですが
お品書きに載っている「あなご丼」「鯛めし丼」の方が
点心風なセットよりおいしそうなのですね。
どちらも1600円、これにお汁を付けると
いくらになるのかがわからないのですが
まあ、利休辨富とトントンくらいではないかと予想し
お雑煮と合わせて注文してみました。



私が注文したのは あなご丼。
お雑煮、京風白味噌でお餅が入っております。

b0205694_21061549.jpg

あなご丼は「頼んでよかった」。
ふわふわのあなごで、ごはんに浸みるタレごと美味。
あまりに美味しくて、
山椒をふるのを忘れたくらいです。

お雑煮は京風白味噌仕立て
大きなお餅が入っていまして
汁は濃厚、すごい満足感。


ちなみに友人が注文したのは 鯛めし丼
鯛の身を一緒に炊いたご飯を想像していましたら
ごはんの上にふわふわとほぐされた鯛の身が
ぎっしり敷き詰められた丼で意表をつかれていました。

結局 丼とお雑煮 両方あわせて2700円でしたので
お雑煮は1100円だったという事ですね。
とらやさんのお雑煮を想えばそんなに高くないかも。)

今回の「お汁」はお雑煮でしたが
具が選べるお味噌汁も食べてみたいなあと思うので
いずれ機を見て再訪するかもしれません。



3食連続
[PR]
# by my-pavane | 2018-01-04 06:40 | 京都 | Comments(0)

お汁粉:かさぎ屋

清水寺をお参りし終えて
時間はまだ10時台。

門前の漆器・焼き物のお店が
ようやく開き始めるところです。

八橋のお店は既に開いていたので
新商品・季節ものの八橋を物色。
お正月限定らしい「京雑煮風」な八橋がありました。
生八橋、「皮」だけの販売は前からありましたが
逆に「中のあんこ」だけの販売もされております。
今更 八橋をわざわざ買って食べようとはあまり思いませんが
あんこ単体なら欲しいかも、と思いつつ
まあ今日でなくてもよいか、と 坂道を下りていきました。

ところで今回 
清水寺方面へ来たらば 行ってみたいお店がありました。
甘味処の『かさぎ屋』さん。
(確か大正くらいの創業で、おはぎやお汁粉が名物らしいので
 それなら きっと餡子が美味しいのではないかなあと。)

清水寺へは何度も来ていますし
前を通って「あ、甘味屋さんがあるな」と
気にかけてはいたのですが いまだ訪問できておりません。
今ならお店も空いているかも
と お店を探します。

二年坂の途中にあるはずなんだけど
行きに見つけられなかったのは 
たぶん 営業時間前だったからでしょうねー
事前に調べたら 営業時間11時からってありましたし

・・・

現在時刻、10時。

まだ お店開いていないでしょうね。
仕方ない、場所だけでも確認しておこう
と 二年坂へ向かうと
b0205694_00205445.jpg


見つけました、
かさぎ屋さん。


急いでいたら
見落としそうな
小さな店構え。

お客さんが入っている様子はなし
やはり 早かったかー

と 店頭に立つと
扉にある札には
「営業中」と。







あれ?営業始まっていますか?
でも、誰も入っている様子はないし。

念のため、扉を開けて中の様子をうかがうと
お店の方らしき男性がこちらに出てこられました。

あの、もうお店 やっていますか?
『はい』

よかったー

お正月だから 早めにお店を開けられたのかしらね、
と 友人と話しつつ
いそいそと席に座り お品書きを確認。
お餅は朝ごはんのお雑煮で食べたから
ここはやはり おはぎかなあ、と思ったものの
寒かったもので 温かいお汁粉に惹かれまして
結局 お汁粉を注文。


すると まず
かわいらしい急須と湯呑がやってきまして
b0205694_00262456.jpg

続いて 上品なこぶりのお椀に入ったお汁粉と
口直しのお漬物。
b0205694_00262625.jpg
中のお餅は かなり小ぶりでしたので
朝も食べているのですが 飽きる前に食べ終われました。
あんこは素直な甘さで小豆の風味がしみじみ美味しい。
身体も暖まって満足です。

ちなみに この後からも
「お店、やってます?」
と不安げに入ってくるお客さんが続きまして
中に私達がいるのに気付いて安心されていました。

かさぎ屋さん、
入口の印象通り 店内もこじんまり
お客さんが3~4組も入ったら満席かな という感じです。
店内には 何やらお札がたくさん貼られ
黒電話が現役で使われている様子に
古い建物・骨董大好きな友人は大喜び。
(黒光りする柱を撫で撫でしてました)

ところで
今日こんなに早くからお店に入れたのは
やはりお正月の初詣客に合わせてですか?
と うかがってみたところ

『いや、雑誌の取材には11時と言ってますけど』
実際のところは 準備でき次第なんだそうで
公式な情報として出しているのは
「いくら遅くてもその時間には開いている」
くらいの意味合いらしい・・・


[PR]
# by my-pavane | 2018-01-03 06:06 | 京都 | Comments(0)

平成30年 初詣:清水寺

八坂神社を南門から出て 南へ。
途中 石塀小路を抜けて東寄り、高台寺方向へ進み
二年坂・産寧坂を上がっていきます。
b0205694_09424726.jpg


観光名所の清水寺参道
元日9時台ですと
こんなに空いていますか。

既に開いているお店もありますが
大方のお店は
ぼちぼち開けるところ
食べ物屋さんは
まだ開いてないようです。

人が少ないと
歩きやすいので
さくさく坂を上がり
あっという間に
仁王門の前に到着。



b0205694_09425586.jpg




「阿阿」の狛犬の間を通って
門をくぐり、境内へ。
b0205694_09465137.jpg


三重塔を横目に随求堂へ進みお参り。
ご本尊が大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)さまといって
あらゆる求め、願いを叶えてくださる仏様だそうで
たくさんのご利益のお守りが販売されております。



b0205694_09472146.jpg

「清水の舞台」
で有名な本堂は
現在檜皮屋根の
葺き替え工事中。

故に こんな感じで
足場と覆いに
包まれております。

清水の舞台へは
何度か上がっているので
今回はまあいいかと
これにて引き返すことに。

本堂手前のところからでも
充分に京都市を見下ろす
いい景色が見られます。





中央に小さく見える京都タワー
あれがあると京都駅方向がすぐにわかるねー
と友人がつぶやいておりました。

b0205694_09480312.jpg




[PR]
# by my-pavane | 2018-01-02 06:36 | 京都 | Comments(0)

平成30年 初詣:八坂神社

元日の朝。

まず地元の神社で 最初の初詣
(八坂神社、混んでいて無理かもしれませんし)と
高槻市の八幡大神宮で手を合わせ
b0205694_00054338.jpg

お神酒をいただく時間も惜しんで
待ち合わせ場所へ向かいました。

京都到着、四条通りを東へ進み
突き当りの八坂神社へ。
b0205694_00072000.jpg
人がそれなり集まっているようですが
思ったほど混んでません。
門をくぐってすぐの境内には
屋台が立ち並び、そこは人が多いのですが
屋台エリアを抜けてしまうと 結構空いております。

b0205694_00085647.jpg

並ぶことなく 拝殿にて お参り終了。

b0205694_00184733.jpg

友人はおみくじを引いておりました。
戌年なので、戌の形のおみくじ
見事 大吉だったようです。

思えば 私
かつて一度だけ ここ八坂神社でおみくじを引いた出ら
「凶」が出まして
初詣の時でも ちゃんと凶が入っているなんて
すごいなー 手心加えないんだー
と感心したものです

八坂神社、9時前だから空いていたのかと思ったら
それもあるけれど
八坂さんの場合「2年詣り」で
大晦日の晩から日付をまたぐ時間帯が一番混むらしく
元日の午前早めの時間は 一番お参りしやすいタイミングだったようです。




ここから南の門を抜けて境内の外へ
お次は 清水寺です。


[PR]
# by my-pavane | 2018-01-02 06:03 | 京都 | Comments(0)

平成30年 初詣お散歩計画

高校時代の友人に安否確認も兼ねまして
「年末年始、お散歩に行きませんか」
と お誘いをかけましたところ
『じゃあ、初詣に行きましょう』とのお返事が。

 とはいえ あちらはなかなか忙しいらしいので
あまり辺鄙なところまで歩いていくのはきついとの事。
では、バスで行けるところか
駅から歩いて行けるところですよね。

元日だと混むかもしれませんが
あまり寂しいところよりはよいかと
『清水寺へ行きましょうか』という事になりました。
神社よりは空いていそうですし
なんといっても観光名所ですから
お休みしているお店が多い元日でも 
ここなら営業している店が多くて、食べる所に困らなそう。

阪急河原町駅からですと 八坂神社を通り抜けていく事もできます。
八坂神社、元日は人が多いかもしれませんので
空いていたら寄っていく、くらいの気持ちで。

というわけで
初詣のお散歩計画は
八坂神社~清水寺へ行き
どこぞの甘味処でお茶か、お雑煮でも食べる、と。

午前中、早い時間ほど空いていそうですので
待ち合わせは8時半です。



[PR]
# by my-pavane | 2018-01-01 06:40 | お散歩計画 | Comments(0)