カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2018-12-19 08:01
銭幸餅:第113回京料理展示大会
at 2018-12-13 06:53
酒まんじゅう:栄久堂徳川
at 2018-12-12 06:35
富田のお土産屋さん:笠井屋
at 2018-12-11 06:02
甲賀名物?:櫟野寺大開帳物産展
at 2018-11-25 06:41
最新のコメント
> TheWayIam2..
by my-pavane at 10:50
ネタですね。。。。。。(..
by TheWayIam2 at 23:30
> 大食倶楽部さん 私..
by my-pavane at 09:42
基本的に多店舗経営の味を..
by 大食倶楽部 at 08:42
> 大食倶楽部さん 日..
by my-pavane at 23:47
マンハッタンのあんバター..
by 大食倶楽部 at 08:26
> 大食倶楽部さん 確..
by my-pavane at 16:21
今自分の写真を見てみたら..
by 大食倶楽部 at 08:44
> 大食倶楽部さん 名..
by my-pavane at 10:03
私も本店で以前一本買いま..
by 大食倶楽部 at 07:56
タグ
(484)
(427)
(292)
(203)
(114)
(113)
(75)
(60)
(59)
(56)
(48)
(47)
(35)
(33)
(28)
(26)
(24)
(23)
(18)
(18)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2017年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

焼そばパンその1:まるき製パン所

弓道の練習が午前中だった時は
練習後にお昼ご飯(か お茶)でしたが
ここしばらく先生のお仕事のご都合で
午後からの練習が続いております。

となると 
練習前に何かお腹に入れておく必要があるわけで
午前中いろいろ用足しして、
お店に入っている時間は無いなあ、という場合
パンでも買って食べますか、という事に。

今回はまるき製パン所。

何しろ大宮の弓道場に近いパン屋さんなので
思えば 1番初めに弓道場を訪れた時も
その前に食べたのが ここの(パン)ハムロールでした。
コッペパンの食べ比べをしてみようと
この秋 あんパン(あんを挟んだコッペパン)を食べましたが
今日は何を食べましょうか とお店に来てみると
既にいろいろ売れていて 品数が少ない。

ふと目に留まったのが
『焼そばパン』です。

そういえば私、焼そばパンって食べたことがない。
あんパンならば「餡子」という
それ単体では食べないものを具にするのは納得がいっても
「焼そば」という 普通それだけで食べるでしょうという物を
何故パンにはさむのか?という疑問と
だいたいこういう味になるであろうと想像がついてしまうので
わざわざ買って食べようと思わなかったわけです。

しかし 目の前にある焼そばパン。
世間にこれだけ長く売れ続けているのだし
最初に食べる焼そばパンが「まるき製パン所」さんの、というのも
ある意味 面白いかもしれない。


そんなわけで「人生初の焼そばパン」を買いました。

b0205694_21285770.jpg

人が食べているのを見たことがあっても
自分の手に取って近くで見る事は無かった種類のパン。

改めて見ると、紅ショウガの色がすごいなあ。
b0205694_21292719.jpg

あんパンでも ふんわり柔らかだった まるき製パン所さんのパン。
焼きそばの麺もやわらかくなじんで いい一体感です。
「おいしいパンと一緒に焼そばも食べているだけ」かと思ったら
焼そばの中に ほんのりマーガリンの風味が来て
おお、これは予想していなかったわ、と感心しました。

すごーくおいしいパンと一緒に焼そばも食べた
という 当たり前な感想ですが
「おいしいパン」で良かったな、と思います。





[PR]
by my-pavane | 2017-11-30 06:30 | 京都 | Comments(0)

弓道体験 65回目

さて 久々の弓道です。

前回から1か月以上間が開いて
果たして13kgの弓をちゃんと引けるのかどうか。
射形も崩れていそうだなあと思いつつ練習開始。

ちなみに かなり冷え込みが厳しくなってきたので
道場、床にマット型ヒーターが敷かれていました。冬だなあ。

まず2本ずつ引いてみて
思っていたよりしんどくなかったので一安心。
とはいえ
やはり体のバランス感覚は偏っていて
構える時は良くても、引いていく途中で
微妙に傾いていってしまっている様子。
引く途中で右腕の方が下がり気味になる癖も戻ってました・・・
24本引いて、後半になってようやく勘が戻ってきた感じ。

来月、練習に来られる日を先生と相談しまして
17日の武道センターの大掃除には行きます、
と申し出ますと
『その後 納会(射会)があるから参加したらどうや?』

そんなわけで 来月は
2回目の射会に参加することになりそうです。
「弓道場での射」自体が久々なので かなり不安ですが
体配、おさらいしておきます。

ちなみに この翌日道場に
テレビの撮影が入る予定だという事でしたので
「去年と同じ、三十三間堂関係ですか?」
(三十三間堂では 毎年1月に新成人が参加する大的大会があります)
とうかがうと
先生『いや、ぶらり途中下車の旅』
あー、ここは大宮ですから 京福電鉄と阪急
一駅向こうの烏丸駅に行けば 市営地下鉄もありますものね。

道場の的、皆が中心に当てるもので
真ん中がボロボロになっております。
(故に今日も 真ん中に当てると刺さらず落ちる)
先生、撮影前に作り直すようで
練習後、分解作業に取り掛かっておられました。


「ぶらり途中下車の旅」の放送は
日テレで12月23日の午前9時25分からだそうですが
番組表に見当たらないので変だなあと思ったら
関西だとサンテレビの放送で、土曜日夜7時から
(ほぼ2週間遅れ)の放送となるようです。
見られるのは来年でしょうか。




[PR]
by my-pavane | 2017-11-29 06:40 | 京都 | Comments(0)

御金神社

林万昌堂さんで甘栗
関東屋さんでお味噌
西村衛生ボーロ本舗さんでボーロ と
お買い物を楽しんだので
そろそろ 西へ向かいます。(今日は弓道)

ところで お腹がすきました

お昼ご飯、おにぎり1個でしたので
5時半からの弓道、途中でお腹が鳴りそうです。
何かお腹に入れた方がいいなと
西洞院通で南へ下がり
ル・プチメックOmakeにて パンを買い
そのまま 南へ進んでいくと

何やら明るく提灯のついた神社の前へ。
b0205694_23073111.jpg
これ、前には気づきませんでした。
提灯の灯りが入っていなかったからかな?
こんなキンキラキンの鳥居、見たら覚えていそうなものですが

掲げられた額には『御金神社』の名前が。
ああ、これが「みかね」神社でしたか。
(御金は「おかね」ではなく「みかね」と読みます)
b0205694_23081270.jpg
名前は聞いたことがありました。
黄金色の鳥居といい 御金という名前といい
いかにも『金運』のご利益がありそうな神社ですが
実は純粋に鉱山・鉱物に関わる「金属の神様」だそうで
人が生活に使う金属 
鋤(スキ)・鍬(クワ)・刀に ご利益がある、と。
現代だと、その延長で大型農耕具とか機械類
貨幣も金属ですので、一応資金運用にもご利益があるそうです。

私の仕事もある意味金属を使っていますし
これから行く弓道でも矢のシャフトは金属(アルミ)ですし
お参りしていくことにしましょうと 境内に入ると
右手にぎっしりと銀杏の葉の形の絵馬。
ご神木が銀杏の木なので絵馬もこの形なんだとか。
では、そのご神木を拝んでいこうかな
と奥に進んでみましたが
葉が全部散ってしまっているのか
どこにその御神木があるのかわかりません。

まあいいか、と 拝殿に向かいまして
身の回りの金属の無事を祈り
(先月矢のシャフト折ってますし、もう折れないように)
参拝を終えました。

ちなみに この金色の鳥居ですが
昔から金だったわけではなく元は木製
これが壊れた時 金属製の鳥居になり
その後金箔を扱うお店が金箔を提供されて
今の金色となったらしいです。
平成18年(2006年)だそうですから
金色になってまだ10年くらいなのですね。

こんなめでたそうな名前と金の鳥居の組み合わせ
金運のご利益を期待して参拝する人が増えそうですが
日本の神様は結構柔軟な対応をされそうなので
いけるのかもしれません。

[PR]
by my-pavane | 2017-11-28 06:34 | 京都 | Comments(0)

元祖「エイセイボーロ」:西村衛生ボーロ本舗

お味噌を買ったら
夷川通まで戻って そのまま西へ進みます。

間之町通(東洞院通の1本東)まで来たところで
左手(南)に目を向けると
「エイセイボーロ」の看板が見えました。
b0205694_11191430.jpg

そういえば、京都市内には
元祖エイセイボーロのお店があると何かの本で読んだ記憶が。
ここだったのですか、と近づいてみると
近づくほどに ふわ~んとあの懐かしい甘い匂いが。

実は私、子供時代 ポッキーやらポテトチップスやら
あまたあるお菓子の中で この「ボーロ」が1番好きでした。

b0205694_11193673.jpg



ここで作っているのかあ、
と見渡すと
通の向かい側に 立派な看板
建物の右下手前には 
ショーケースが見られます。

直接ここで買えるのかしら
と近づいてみると

近所のスーパーで見かけるのとは
違う包装のボーロが展示。
b0205694_11205437.jpg


人影がありませんが ここで買えるのかなあと見渡すと
事務所らしい所の手前に
山積みの「でんぷん」の大袋を発見しました。
これは めったに見られない。
b0205694_11220591.jpg

よくよく見ると、見本のあるショーケースの上に
『ご購入する品を決めた方は こちらを押してお知らせください』
という 呼び出し用ボタンが置かれていました。

せっかくですし
記念にここでお土産に買うのもよいですよね
と ボタンを押しますと
結構長い間 呼び出しブザーが鳴りました。
・・・・鳴りましたが 誰も出てきません。

人がいないのかな?と 建物の中(事務所)をうかがうと
社員さんらしき方1人のの頭だけが見え
どうやら電話中の様子。

あの電話が終わるまで 買い物はできないらしい。
と そのまま待っていると
建物の前で 商品を運搬している別の社員さんが
こちらに気付いてくださいまして
買えますか?とうかがうと
『大丈夫です どれにされますか?』と応対してくださいました。

無事 お買い物終了。

レトロパッケージの 普通の「エイセイボーロ」の他
b0205694_11212287.jpg



ニンジンのボーロ



野菜ボーロ(小袋6個入り)
ふくぼうろ(小袋6個入り)
b0205694_11214661.jpg


元祖エイセイボーロ(100g:135円)
にんじんボーロ(95g:180円くらい?)
ふくぼうろ と 野菜ボーロは2袋ずつ買って
しめて955円です。

後日、職場へのお土産&差し入れに持っていきました。
スーパーでも買えるのですけどね
「本店で買った」ところに価値がある、と。

日持ちもするし 「京都」の「元祖」のお菓子ということで
笑って楽しんでくださる人にはいいお土産かと思います。








[PR]
by my-pavane | 2017-11-27 06:25 | 京都 | Comments(0)

白味噌:関東屋

パラパラ雨が降っているので
屋根がある場所の方が歩きやすいと
そのまま寺町商店街を上がっていきつつ
お次は どこへ行きましょう。

今日を入れて後2日でもう12月
お正月用の白味噌を どこで買おうかなあ

と ここで思い出したのが
味噌の老舗の【関東屋】さん。
寺社仏閣の行事の際 京都の物産展のように
漬物屋さんやら 和菓子屋さんやらが
出張販売に来られることがありますが
その時 見かけた【関東屋】さん
まだ ここのお味噌は買ったことがありません。

確か、御所の南側
寺町通から一本西 御幸町通に本店があったはず。
ここからなら近いので
様子見がてら、行ってみましょう。

寺町通を北上し 御池通を渡ってさらに北へ
お茶の一保堂さんの前を通り過ぎて次の道
夷川通で西に入り 御幸通へ。


あった。
老舗だそうですから 古い町家を想像していたら
b0205694_11155671.jpg
下は町家風ながら新しい建物です。

ここ何年か、
和菓子屋さんとか
(笹屋伊織さん)
漬物屋さんとか
(田中長さん)
お店をリニューアルしている所は
多いですね。

中に入ると
古そうな量りなどが飾られています。
味噌を入れる樽が並んでいて
名前と値段が表示されていますが
中は空っぽ。

おや?

カウンターの手前には
500g入りの密封パックの
白味噌が並んでおります。

これ以上小さい袋での
販売は無いのかなあ
と眺めていると

店員さんが 空の樽の方を指さし
『こちらは量り売りで、
冷蔵庫に品がございます』

量り売りのお味噌は 
100gから売ってくださるそうです。

特上吟醸白味噌、という1kg1400円くらいの味噌も
100gなら140円、買いやすい。
お試しにもありがたい量り売りです。

では これを200g…と 注文しかけて
一番端の樽に
「豚汁とんとん」と書かれているのを見つけました。
これも味噌?豚汁専用?

『合わせ味噌ですね。豚汁用に 少し味の濃い味噌を合わせています』
寒さが厳しくなってきたこの頃
おいしいお味噌で豚汁、いいなあ。

では これも買います、と お願いしたところ

『では白味噌を200gではなく100gにして、 
 こちらも100gですか?』

白味噌200gに 豚汁用味噌100gで良かったのですけれど
差し当たって「お試し」ですから それでもいいかな。
しかし商売っ気がない店員さんだなあ
と ある意味感心しつつ お買い物させていただきました。
b0205694_11155948.jpg
量り売りしてくださるということは
ひょっとして
瓶などを持参したら詰めていただけるのでしょうか?
と うかがったところ
『はい、大丈夫です』

というわけで
買ったお味噌がおいしかったら
次回は 器持参で買いにきます。

後日
ちゃんと豚汁を作りました。
b0205694_09375295.jpg

しみじみ、おいしい。

[PR]
by my-pavane | 2017-11-26 06:18 | 京都 | Comments(0)

新栗の季節 河北栗子:林万昌堂

11月の弓道は先生の本業の都合上、夕方5時半から
少し早めに出かけて お散歩しましょう
と 午後3時過ぎ 京都に到着しました。

お散歩、つまり歩き回る気満々なので
スタート地点は 道場のある大宮ではなく河原町。
西方向へ進みつつ、買い出しやら買い食いやらをするのです。

四条通りを西に進んでまもなく
新京極の商店街入口に来ました。
ここの角にある天津甘栗の老舗【林万昌堂】さんの店頭を見ると
「新栗」の紙が貼られております。
b0205694_11103262.jpg

そうか  甘栗にも新物がありましたか。

そういえば今年は「栗ごはん」を食べてません。
食べたいな でも皮むきが大変だな
と思っているうちに 時期を逃してしまいました。

そんなこんなで、ちょっと栗を食べ足りなかった感がある今年
吸い寄せられるように店内に入り
河北栗子の小袋(150g入り)600円をお買い上げ。
b0205694_11104053.jpg
ついでに 
栗の粉が入っているらしい「万昌焼」なる
お煎餅も買ってみました。
b0205694_09384987.jpg


甘栗は店頭での焼きたてですので
 ほっかほかです。
b0205694_11104908.jpg

何年ぶりかなあ と思いつつ袋を開くと
包装紙の裏側に 折り紙の要領でゴミ箱の作り方が載ってました。
b0205694_11122749.jpg
甘栗、大変むきやすい。
ポロっと皮が離れ、コロンと出て来た栗の実をぱっくり。
ああ、この味。味が濃くて甘くておいしい。

スーパーなどに並んでいるレトルトパウチの袋入りに比べると
5割増しくらいのお値段ですが、食べるとやっぱり違うよね、と思います。
生ものなので お日持ちは3日
(もっとも 焼きたてがおいしいので その日に食べてしまうため
 あまりお日持ちを気にすることはありません。)

本当は「御栗」という 栗羊羹が欲しかったのだけど
この日店頭には見当たらず。
今、販売を休止しているようです。残念。

ちなみに 初めて買って食べた万昌焼は
卵煎餅を想像していたら全然異なるもので
薄い薄~い カリッカリの硬めのお煎餅
栗の風味は思ったほどわからないものの
かなり香ばしいお菓子でした。
バニラアイスの上にトッピングして食べたらおいしいかも。


[PR]
by my-pavane | 2017-11-25 06:25 | 京都 | Comments(0)

摂津峡 自然歩道コース

もみじ谷を抜け、くぬぎ谷を上り展望デッキに到着。
山頂であるここには第1キャンプ場があり
今は もう終わりかけ。
b0205694_08551466.jpg
ここからひたすら下りの道を進んで
まずは白滝方向へ。
白滝まで行く前に 分岐点があるはずですが
前回は それがよくわからなかった。


行者橋から山へ上がっていく手前の開けた場所
ここが分岐点のような気がするのですが
左手に「自然林コース」の階段があるのに対し
右側、道が途切れているのですよねえ。
b0205694_08563821.jpg
b0205694_08592348.jpg


ちなみに
ここが分岐点ならば
こちらに道があるはず、
という方向に
こんな看板が立ってます。

工事現場でかぶるような
ヘルメットみたいなのが乗っているので
最初 人が立っているのかと
思って ぎょっとしました。

この看板の近くまで行くと
向こうに橋らしきものが
見えましたので
どうやら道があるらしい、と
倒木をまたいで
そちらへ移動。



b0205694_08593082.jpg
下流の行者橋に比べると
こちらはいかにも金属製
味もそっけもないですが
近づいてみると
「上行者橋」と 書かれていました。

案内地図では
自然歩道コースに
この橋の名前があったので
一応、この道であっているようです。





b0205694_09073165.jpg
b0205694_09073526.jpg


最初に巡った渓谷コースが
渓流の景色は楽しいながら
わりと舗装された「遊歩道」で
いまいち「運動した」感が足りず

次に巡った中腹山林コースは
山を登るので運動のし甲斐はあるものの
景色は山頂に着くまで
あまり楽しめないのに対し

こちらは渓流を横目に
ほどよく坂道なので
歩いて楽しいです。

と 進んだ先で
分岐点。



目的地の萩谷総合公園へ
左は「自然歩道」
右に「萩谷連絡路」とあります。

b0205694_09075648.jpg

連絡路、ということはショートカットコース?
あまり起伏のない長い道をだらだら行くより
少々傾斜がきつくても早く着ける方がいいなあ

あまり深く考えず連絡路方向へ進んでみたらば
「これを道と呼んで良いのだろうか」
としか思えないような道のりで
ちょっと後悔しました。

トレッキングシューズで良かった、と思えたので
まあ靴の威力を実感できたのは 
今回の目的通りでよかったのかもしれません。

b0205694_09075903.jpg
ようやく上が開けてきて
そろそろ山頂?
尾根伝いの穏やかな道に
出ました。

先ほどの分岐の左側
「自然歩道」と
合流した模様。


b0205694_09082863.jpg

登って来た道から左手に進めば 目的地の「萩谷総合公園」
サッカー場とありますが こんな高い場所にサッカー場?

どんなところか確かめるだけ確かめてみようと
(ここから300mらしい)進んだ先には


うん、
確かにサッカー場。
b0205694_09083197.jpg
他に何もなく 芝生のサッカー場があるだけでした。
で ここまで来たら、帰り道
b0205694_09084380.jpg

帰りは遠回りでも、素直に自然歩道を行こう
と思っていたのに どこからが自然歩道かよくわからず
結局あのすごい「連絡路」を戻っていくことになりました。
唯一の救いは 下り道なので ちょっとは楽

そしてこの秋3度目の白滝。
b0205694_09084580.jpg
そのまま渓流に沿って下り
本流と合流する渓谷コースの道へ。
今の時期は ここが一番綺麗な紅葉。
b0205694_09091582.jpg
b0205694_09092059.jpg
b0205694_09092305.jpg
b0205694_23142216.jpg
b0205694_23142934.jpg
b0205694_23144133.jpg

これだけ歩き回っても上着を着たままで全然暑くなく
季節は冬に向かっているなあ、と実感できた摂津峡巡り。

3度も来れば 自分好みのコースもわかりました。

ジョギング代わりに 
これからも時々来ようかな。




[PR]
by my-pavane | 2017-11-21 06:43 | 大阪 | Comments(0)

摂津峡 もみじ谷(この秋3度目)

気晴らしと運動を兼ねて
地元の自然公園【摂津峡】へ
この秋既に2回行っておりますが

1度目は台風直後
2度目も雨が降った後

街ではザクザク歩けるウオーキングシューズも
石やら落ち葉やら倒木やらがいっぱいの
足場のよくない山道はどうにも歩きにくく
さすがに 山歩き用の靴が要るなと思いました。

で 早速トレッキングシューズを買いまして
歩き心地を試すべく、3度目の摂津峡です。

1度目は 最短の『渓谷コース』から展望デッキの往復
2度目は 中級向きという『中腹山林コース』もみじ谷~くぬぎ谷コースから
     展望デッキへ上がり、前回の『渓谷コース』で帰還

同じコースでは芸が無いというかつまらないので
今回は、まだ行っていないコース
『自然歩道コース』を試してみることに。

もっとも この「自然歩道コース」は
1番長くて、まともに歩くと9.2km
距離的には平気ですが、時間が無いので
途中にあるらしい公園で引き返すことにします。
これなら5kmか6kmといったところ。


b0205694_23080646.jpg


自然歩道コースは 
前回通った
中腹自然林コースの途中から
分岐して始まるらしいので

前回(11月上旬)では
まだほとんど緑だった
もみじ谷の紅葉が
ほどよく進んでいるかも、と 
前回のコースから
回っていくことにしました。



←もみじ谷への入り口 

摂津峡公園の紅葉が
だいぶ赤くなっておりますので
もみじ谷も期待できそう。



もみじ谷
b0205694_23105582.jpg

おお、赤いわ。
完全に紅葉しきっていませんが
微妙な橙・黄色・緑と
グラデーションになっているのも
なかなかに綺麗です。
b0205694_23112383.jpg
b0205694_23114465.jpg
b0205694_23114756.jpg
ここで
持参したおにぎりで腹ごしらえ。



[PR]
by my-pavane | 2017-11-20 06:12 | 大阪 | Comments(0)

法輪寺 秋

宝厳院・天龍寺の紅葉を見たら
人も多いことですし帰りましょう。

と 阪急嵐山駅方向へ戻り始めました。
そろそろ夕方という時間になっても
人でいっぱいの渡月橋を渡り
行きとは違う方向から駅へ戻ろうとした時
b0205694_19420916.jpg

法輪寺へ通じる道の
入り口に気付きました。

この通路、
法輪寺へ行った時には
お寺を出る時に
よく通っていましたが
こちら側から上がったことって
無かったような。

確か この通路沿いには
紅葉の木がありましたし
法輪寺正面の石段も
たくさん紅葉があったな
と思い出し 
寄って行くことに。






通路(石段)途中に見える紅葉。
道が細長く伸びているので
見上げる形で楽しみます。

b0205694_19432563.jpg



b0205694_19433515.jpg


階段を上がりきると
お寺正面の石段の上部へ出ます。

展望台の足場部分が工事中でしたが
展望台には入れました。


b0205694_19442128.jpg

b0205694_19470741.jpg


先ほどの紅葉を
上から見下ろしたところ。


写真では
色よく写っていますが
実際は結構枯れ気味。

この夏は暑かったので
葉っぱが弱っていたのかな
という印象です。

本日の法輪寺
境内にはほとんど
人影なし。

もともと
そんなに人が来る
お寺ではないですが


石段の紅葉は 結構きれいなんだけど
ここまで上がって来ようという人は少数派なんだろうなー


b0205694_19525974.jpg


[PR]
by my-pavane | 2017-11-19 06:48 | 京都 | Comments(0)

秋の天龍寺

能を堪能し
宝厳院の綺麗な庭園も見て
人も多い事ですし じゃあ帰りましょうか
と思いつつ
せっかく天龍寺の塔頭のお寺に来ているので
そのまま天龍寺を抜けていくことにしました。

宝厳院のある場所からそのまま道を北上し
右手(東)に入ると天龍寺。

八方にらみの龍が見られる
法堂の前を通過し
観光客でいっぱいの参道から
正面入り口へ向かいます。

b0205694_14182514.jpg

紅葉、夏の雨量が少なかったのか
葉っぱはいくらか傷み気味ですが
離れて見ればそれなり綺麗。
b0205694_14220015.jpg

b0205694_14222750.jpg

b0205694_14222096.jpg

入口のところには
「庭園の紅葉 見ごろ」という表示が出ていました。
無料で見られるところは 「そこそこ」でしたが
有料の庭園は もうちょっと綺麗なのかもしれません。

翌日TVで庭園が映っていましたので どんなかなと思ったら
紅葉の木がたくさんあるわけではないですが
池に映る紅葉は なかなか綺麗でした。




[PR]
by my-pavane | 2017-11-18 06:22 | 京都 | Comments(0)