おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-06-26 08:01
遥かなるルネサンス展:神戸市..
at 2017-06-24 06:41
あん食フレンチトースト:トミーズ
at 2017-06-23 06:16
ほうじ茶と和束煎茶:竹村玉翠園
at 2017-06-20 06:32
産湯の井戸:菅原院天満宮
at 2017-06-19 06:18
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(418)
(317)
(267)
(178)
(86)
(65)
(60)
(56)
(50)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

タグ:食べ物 ( 317 ) タグの人気記事

あん食フレンチトースト:トミーズ

4月から神戸市立博物館で始まっている特別展
『遥かなるルネサンス(天正遣欧少年使節がたどったイタリア)』
電車の中の広告案内を見て、行きたいなあと思っていたら
知人より 特別優待券をいただきました。

そんなわけで、早速神戸へ。
b0205694_11230396.jpg




三宮へ到着したのが12時頃だったので
先にお昼かなあと思いつつ
高架下を抜けて行こうとすると

以前は
雑貨屋さんや
衣料品の店が多かった高架下
食べ物屋さんが増えています。

ふーん、ここでも
お昼ができるなあ
ここのカレーにしようかしら
と思ってそのまま隣に目をやると

あ パン屋さんだ。

『トミーズ』という
昔懐かしい感じの字体の看板




b0205694_11252429.jpg
トミーズという名前は
どこかで目にした記憶がありますが
ここのパンを買ったことはなかったはず。

はて どこでだったか
と思いつつ
ショーケースの中を見ると
わりとお菓子系のパンが多い様子。

食事になるパンも
ない事は無いですが
デニッシュ系が多いかなあ。

一番左のケースを見ると
こちらは
角食タイプのパン。

1番人気、とポップが付いたパンは
「あん食」

アンコの入った食パン?



b0205694_11302476.jpg

と ここまできて、思い出しました。
餡子入り食パン「あん食」で有名だったんですね、この「トミーズ」さん。
たぶん何かのイベントで出張出店している時に見かけたのだと思います。

しかし1斤もは要らないなあ。
そもそもお昼ごはんを物色していたのだし。
とショーケースにあらためて目をやると
この「あん食」一切れをフレンチトーストにした一品が。
b0205694_11350206.jpg



一切れだけで購入できて、
フレンチトーストになっている分
そこそこボリュームあり。
軽く食べるに丁度良い
というわけで
あん食フレンチをお買い上げ。

1切れ130円でした。

一切れとはいえ
アンコは入っているし
卵液にひたして焼き上げられ
ずっしり重いフレンチトースト
実際、これを食べたら
その後お昼ごはんは要りませんでした。





[PR]
by my-pavane | 2017-06-23 06:16 | 神戸 | Comments(0)

ほうじ茶と和束煎茶:竹村玉翠園

京都御苑を抜け 河原町を通過し 鴨川に到着。

もうすっかり初夏の風情の鴨川。
b0205694_22352888.jpg
鴨川を渡って、熊野神社のある東大路交差点を過ぎたら
目的の竹村玉翠園さんは すぐそこです。

ああ、やっと着いた。
b0205694_22380311.jpg


すっかり夏日となった京都市内を
4km歩いてきたので
もう暑いのなんの。

ありがたいことに
店内に入ると すぐ
女将さんが
お茶を一杯ふるまってくださいました。

『バラとカモミールの緑茶です』
あれ?ハーブティー?

日本茶専門だと思っていたら
新商品を開発されたようです。

水出しのハーブ緑茶は
カモミールの風味が
一番はっきりしていて
バラの香りはほんのり程度
後味がすっきり緑茶。

このお茶いつから作られたのですか?
とうかがうと
だいたい一年前くらいからという事でした。

もともとはイベント用に開発したもので
最初は そのイベントの時だけ数量限定で出していたものを
最近 定番商品として置くようになったそうです。
人工的な香料は全く使われておらず
「いかにもバラ」みたいな きつい匂いも無いので
この手のハーブティーとしては かなり飲みやすいタイプ。
他に ミントとのブレンドや バラ&緑茶と
全3種類ありました。

今回の目的はほうじ茶なので
とりあえず それだけ購入するつもりでしたが
せっかくなので 他に目新しいお茶があるかなと
店内を眺めていたところ、見たことのない包装のお茶を発見。

これは?とうかがうと
昨年「日本茶アワードファインプロダクト賞」をもらったという煎茶でした。
「和束」という あまり量が作られていないお茶らしく
この昨年仕入れた分は 今出ているだけで最後
熱湯でいれても渋くならない良いお茶です、というお話に
飲んでみたくなり、こちらも1袋(10g入り)お買い上げ。
b0205694_22573682.jpg

(10gで580円、かなり上等のお茶ですので
もったいなくて まだ大事に取ってあります。
どこかでおいしい水を汲んできたらいれるつもり。)



おいしいお茶をいただきつつ のんびりしていると
お店の常連さんがいらっしゃって
『大和を』と注文。
そんな名前のお茶がありましたっけ?と見ていると
女将さん、カウンター後ろの茶箱から お茶の包を取り出して
お客さんに渡しています。

どういうお茶なんですか?とうかがうと
『分類すると荒茶ですね。』
葉が大きく、茎も入った日常使いの煎茶の一種だそうです。
軸が入ると甘くなりますが、青臭さも出ますからねーと女将さん。
店頭に並んでいる品ではないので
購入されるのは、これを知っている常連さんだけかな、と思われます。

b0205694_23072908.jpg


ところで
この竹村玉翠園さんを
初めて訪問したのは
かれこれ6年以上前

スタンプカードを作ってもらったのが
約3年半前

ようやくいっぱいになりました。

次回から500円分の金券として
利用できます。





[PR]
by my-pavane | 2017-06-20 06:32 | 京都 | Comments(0)

かぼちゃプリンのカラメルソース:SugarToothカフェ

弓道が終わったので、お昼ごはんならぬお昼のお茶。

だんだん暑くなってきたので
高辻通から丸太町通までの北上コースは
あまり汗だくにならないよう ゆっくりと歩いていきます。


SugarToothカフェに到着しました。
今頃気づいたけれど、入口上のランプにお店の名前。
(これが点灯する時間帯に来ることが無いから気付かなかった。)
b0205694_09004383.jpg


今日のメニューには久々にかぼちゃのプリンが出ているので
絶対にこれを食べて帰る、と決めていました。
もう一つ 木苺とココナッツの焼きタルトがおいしそうで
少し考えて、どちらも注文。
b0205694_09080186.jpg


昔はケーキ2個注文することに
いくらか躊躇したものですが
最近は
「運動してきたから」と 
迷わず食べるようになりました。

ちなみに
この日はお客さんが多く
私の前のお客さんも
迷わず
ケーキ2個にパフェを
注文されていましたので
同類が集う店
と言えるかもしれないです。








今日はどちらを先に食べようかなーと迷い、食べごたえのありそうなタルトを先に。
木苺のつぶつぶの食感と風味がしっかり、ココナッツの香ばしさが効いております。
紅茶によくあうケーキ。
b0205694_09102645.jpg
そして
愛してやまないSugarToothさんのかぼちゃのプリン。

b0205694_09103024.jpg


今の季節、プリンにして美味しい「ほくほくのカボチャ」ってあるのだろうか
と思いつつ食べてみると、ちゃんといつものコクのあるホクホクカボチャの味。
不思議に思って、後で店主さんにうかがうと
長崎とか宮崎とか九州の方のカボチャで
美味しい季節の貯蔵ものだと思う、との事でした。
カラメルソースのほろ苦さと甘さのバランスが絶妙です。

自分でもプリンを作る際にはカラメルソースを作りますが
この「ほろ苦いおいしいタイミング」で火を止めて作るのが難しいので
店主さんにどうやって、どのくらいの量で作っているのか質問したら
『テフロンのフライパンで目分量』というお返事が返ってきました。
(テフロンのフライパンを使うのは 後で洗うのが楽だかららしい)

カラメルソース作りは 砂糖と水を合わせて火にかけ、
少し色付いてきたらすぐ火を止めて、お湯をさすわけですが
この時煮詰まったソースが『ぶしぅっ』とすごい勢いで爆発状態になります。
これが私にとって、結構怖く苦手な作業でして
どうしたら爆発が控えめになるか相談してみると
「なるべく熱い湯を入れる」「あまり大量では作らない」など
コツを教えていただきました。

今度、フライパンで挑戦してみます。




[PR]
by my-pavane | 2017-06-17 06:18 | 京都 | Comments(0)

柴常:堀川商店街

堀川商店街、南の端から北上していきます。
八百屋さん・魚屋さんなど
昔からのお店らしいお店もありますが
結構新しそうな、きれいなお店も多いです。

元気そうな商店街と感じたのは
閉店してシャッター街となるのではなく
新しいお店が入っていくからかなあ
と思いつつ歩を進めていきますと
b0205694_04571367.jpg
やはり新しそうなお店の前に
こんな看板を見つけました。

「漬物アイスケーキ」

どんなケーキだ。
と 改めてお店を確認すると
どうも、漬物屋さんであるらしい。
b0205694_05005372.jpg

店構えは新しそうですが
店頭に置かれた木製の看板は古そう。
漬物ダイニング、とあるように
中では お漬物を使ったランチがいただけるようです。

「移転1周年記念セール」と書かれていて
今なら、お漬物は1割引きで購入できるらしい。

おいしそうなお漬物があったらお土産に買って帰ろう
と お店の中に入ってみました。

手前 右の方には常温保存できる古漬けタイプの漬物
左手の冷蔵ケースには 冷蔵保存する浅漬けタイプの漬物があり
奥の方には ずらりと漬物を盛られたコーナーがあります。
漬物バイキング、とあったので
お食事する人は ここから取るのかな?と思いつつ眺めていると
『よかったらご試食できますよ』
と 店員さん。

では、あまり食べたことがないようなお漬物を
と まず選んだのが長芋とレモンの漬物
「長芋&紫蘇」の漬物は あちこちで見かけますが
レモン、というのは珍しい。
『そちら、夏にさっぱりして人気です』
いただいてみると、さわやかなレモンの風味の効いた長芋。
漬物というより、サラダですね。
これはこれで美味しい。

生姜の芽の漬物、という物もあって
こちらはお寿司についてくる生姜の甘酢漬けみたいなものですが
生姜の芽、とあるように でき始めたばかりの
赤ちゃん生姜を使っているので 食感が柔らか。

刻み茗荷(みょうが)も人気らしく
そうめんや冷ややっこに合わせると良さそうな味です。

最後に大根と昆布の漬物。
これが昆布のうま味がしっかり浸みて
すごく美味しかった。

というわけで 選んだ2つ
昆布大根と 刻み茗荷。
b0205694_05043715.jpg

真空パックになっているので
2週間は日持ちするようです。
保冷バッグに保冷剤と一緒に入れてくださったので
先ほど買ったばかりのカゴの中へ。

店舗は新しいのに、看板は古かったので 気になって
後ほど 柴常さんがどんなお店なのか調べてみたところ
創業は大正13年、とありました。

よくデパ地下に入っている
「西利」さんの創業は昭和15年
「土井志ば漬本舗」さんが明治34年だそうですから
漬物屋さんとしては 中堅どころでしょうか。

移転前のお店は 烏丸御池にあったらしく
そういえば、
あの赤い暖簾(のれん)は 見たことがあったかもしれない
と思い出しました。

こちらの新しいお店の方が
中の様子が見えて入りやすいですね。
漬物アイスケーキは いずれ試してみたいと思います。







[PR]
by my-pavane | 2017-06-06 06:41 | 京都 | Comments(0)

玉締しぼり胡麻油:山中油店

SugarToothさんで お腹が満たされましたので
いよいよ 本日の目的地
【阿弥陀寺】(と【大黒屋】さん)目指して
更に北上しつつ東へ向かいます。

大通りの丸太町通は信号が多いので
一本北の通を進もうか、と下立売通へ。
少し進むと、左手に【綾綺殿】の看板を見つけました。
綾綺殿って、確か【山中油店】さん経営のカフェですよね。
いつか食べに行ってみようと思っていましたが、ここでしたか。

前回【山中油店】さんを訪問したのは結構前(6年前)ですが
あの胡麻油のおいしさは忘れられません。
せっかくだから、寄って胡麻油を買って帰ろう。
と お店の前へ。

b0205694_23315781.jpg
2度目ですので、食用油を扱う売り場はわかっています。
向かって右の扉を入ったところ(赤いノボリの右の位置)。
b0205694_11041506.jpg

前回同様、オリーブオイルも並んでいますね。
全部試食できるところも変わっておりません。
ずらりと並ぶ油いろいろの瓶を眺め
ふと右端を見ると
あまり見たことのない瓶が置かれています。
下の貼り紙には
「国産えごま油 ご購入はお1人様1瓶まで」

えごま?

そういえば母が『健康に良いらしいから』と
どこかで買ってきてパンに付けて食べていましたが
えごま油、今 流行っているのでしょうか。
(「えごま油」でパンを食べている母に
「それって おいしいの?」と聞いても
『・・・身体にいいらしいよ』という返事しかもらえないので
「おいしいもの」ではないらしい、と私は食べていませんが)

店員さんに えごまって何ですか?とうかがうと
『シソ科の植物の油です。』
「えごま」と言っても、「胡麻」とは全然違うものらしい。
試食させていただけるそうなので、それではと一口ずつ飲んでみると
かすかにシソの風味があるようで、クセの無いおだやかな味の油です。
2種類味を比べてみて、「こちらの方がややコクがある」
くらいの違いはわかりましたが
どちらにせよ そんなに特徴の無い味の油です。

これって何に使うのでしょう?とうかがうと
『ヨーグルトにかけたり、お味噌汁に数適入れるとコクがでます』
つまり、味にクセが無いので
オリーブオイルのようにパンに付けて風味を楽しむというよりは
ちょっと油のコクを足すという使い方になるのですね。

b0205694_11154082.jpg

えごま油、
すごーく貴重な油のようですが
食べるなら、やっぱり
おいしい胡麻油がいいです。
と言うと
店員さん、笑って 
胡麻油を包んでくださいました。

前回同様
『玉締めしぼり胡麻油』
180gで648円。

ちなみに 
応対してくださった男性店員さん
良質の油を食しているためか 
実に肌つやがよろしい方でした。
(もやし屋・菱六さんの
 「麹の効果?」を思わせる
 また違ったタイプ)


b0205694_11274740.jpg


山中油店さんの建物右手には
水車と池があります。
今回は初夏ですので
池の蓮の花が咲いていました。

石標に何と彫られているか
前は見ていませんでしたので
今回あらためて読むと
【平安宮一本御書所跡】
平安宮(内裏)の東にあった施設
書物を扱う機関だったらしい。


下立売通を挟んで向かいの方に
平安宮の建物と
現在との位置関係を示す
展示パネルがあったので
そちらを見てみると
内裏の東の端っこの位置だったようです。






b0205694_11323319.jpg



[PR]
by my-pavane | 2017-06-04 06:18 | 京都 | Comments(0)

チェリーのケーキ:SugarToothカフェ

午前中の弓道を終えて
これから午後のお散歩です。
お昼がまだですので
歩き回るためのエネルギーを補給しておかねば。

と いつも通りSugarToothさんへ向かいました。

気温が低い時期は 傷む心配が無いので
テイクアウトして自宅でお茶する事が多かったのですが
気温が上がってくるとテイクアウトできないケーキが増えるため
最近はお持ち帰りせずイートインが多くなっております。

今日のイートイン限定ケーキは
『アメリカンチェリーのチーズケーキ』
『コーヒークリームバノフィーパイ』
『ルバーブと青りんごのパイ』。
果物としては、ルバーブとリンゴが好きなのですが
パイよりはチーズケーキが好きなので悩ましい。

テイクアウトもできる焼菓子の方には
『チェリーとルバーブのクリームチーズケーキ』
というのがあるので、
これならルバーブとチーズケーキの条件が満たせます。

これと、アメリカンチェリーのチーズケーキと2つ頼もうかなあ。
でも「チェリー」「チーズケーキ」でかぶる・・・

いいや、かぶっても。

というわけで
結局 2つのケーキを注文

チェリーとルバーブのクリームチーズケーキ(左)と
アメリカンチェリーのチーズケーキ(右)
b0205694_21410119.jpg

b0205694_21434855.jpg
b0205694_21435191.jpg



どちらもアメリカンチェリーがゴロゴロ入っております。
「チーズケーキ」と言っても
クリームチーズケーキは 見た目通りパウンドケーキの食感ですので
フルーツたっぷりの菓子パンという感じでいただけます。
「生ケーキ」のアメリカンチェリーのチーズケーキは
チーズ生地のコクとさわやかなアメリカンチェリーがいいバランス
下に敷かれたココア生地(?)がさっくりとアクセントになって
もう1個食べたくなるおいしさ。
口は食べたくても 本当に食べると苦しくなるので我慢しました。
テイクアウト可なら お持ち帰りするのになあ。



先月 寄った時には何を食べたんだっけ?
と思い返してみると
ジューシーオレンジのレアチーズケーキ
b0205694_21535143.jpg

ベイクドチーズケーキ・レアチーズケーキ等
どうも私、『季節のフルーツを使ったチーズケーキ』に弱いようです。








[PR]
by my-pavane | 2017-06-03 06:27 | 京都 | Comments(0)

ハムとコロッケ:かわきた屋

6月生まれの甥っ子に
「お誕生祝いのプレゼントに おいしい物を送りましょう。
 お魚とお肉、どちらがいい?」(去年はお魚 西京漬けを送りました)
と 聞いてみたところ
おにく

というわけで
今年は おいしいハムとソーセージをプレゼントする事にしました。

ハムとソーセージ、といえば

京都市北区にあるデリカテッセン【かわきた屋】さんでしょう。
以前 カフェで出て来たソーセージが
びっくりするくらいおいしくて
そのカフェの人に教えてもらったお店です。

隔週の日曜日が定休なのと 場所が遠いがために
なかなか行けないお店ですが
今日は弓道に来たついでに 足を延ばして「おつかい」です。

武道センターのある聖護院周辺から向かうとしたら
さすがにバスですね(歩ける距離だけれど時間が惜しい)。
どういうルートで行こうかなあ、と考えていたら
弓道の先生が途中まで車に乗せてくださったので
素直に北上する路線のバスで、大変スムーズに到着しました。

堀川通・北山通の交差点を左(西)に折れ
大宮通りを北上すると
b0205694_19452781.jpg


久々の
【かわきた屋】さん。

営業しているはずですが
臨時休業していたらどうしようと
どきどきしました。

周囲のお店は閉まっていて
道を歩く人も少ないのですが
ここだけは
ほとんど途切れることなく
お客さんが来ます。


ハムもソーセージも
種類がいっぱいあるので
どれを送ろうか迷う一方



店頭の窓ガラスにあった
『コロッケ』の貼り紙が気になって
b0205694_19542796.jpg


後で 買って食べよう、と決めました。

ところで
ここのソーセージやハムって地方発送お願いできるのでしょうか。
(無理です)と言われたら
日持ちする品を購入して即宅急便で送るしかないですね、
と思いつつ お店の人にうかがうと
『大丈夫です』

よかった。
あまりスパイシーなタイプは
小さい子は食べられないと思うので
シンプルなタイプのソーセージ2種とハムを選び
発送をお願いいたしました。

それから自分のお土産用に
ハム(シンケンという名前)を100g分ほどと
コロッケ。
b0205694_20021702.jpg



お願いすると
すぐに店頭で揚げ始め
できたて熱々を
手渡してくださいました。

1個100円ですね。

外側はカリっと揚がっていますが
中はふんわりトロっとしていて
かじると衣からはみ出てきます。
使われているお肉のおいしさも
よくわかるコロッケ。



お持ち帰りしたハム
お店の方のおすすめは「厚めに切って焼いて食べる」との事でしたが
今回は 普通の厚さにスライスしていただき
おいしいハード系のパンとチーズに合わせて
サンドイッチにしました。
b0205694_20052237.jpg
ハムだから薄いのに、お肉としてのうま味たっぷりで
パンにもチーズにも負けず、美味です。

甥っ子が喜んでくれますように。


[PR]
by my-pavane | 2017-05-28 06:41 | 京都 | Comments(0)

ブラウニー ブレッド&ベーグルズ :東大路店

冷泉通りの疎水沿いに東へ進み
この辺で、と熊野橋を渡りました。

熊野橋の名前は たぶん
この北上した先にある熊野神社から来ているのでしょうねー。
もっとも 神社は、この道よりも一本東の東大路通との交差点にあります。
目的地の武道センターは その東大路通りより、更に東側なので
適当なところで 東へ抜ける道を通って東大路へ。

すると通りの向こう側に
小さなパン屋さんみたいなお店が見えました。
屋根のお店の名前の看板を見上げると
【ブラウニーブレッド&ベーグル】
b0205694_16413438.jpg


同じ名前のお店が他にあったなあ
と思うものの
他に支店があるとは
聞いたことがありませんし
こちらは見た所
わりと新しそうな店。

店頭の張り紙には
「人気のベーグル」の順位表。

弓道の後で北区の方へ行く予定なので
そちらのベーグル屋さんへ寄ろうかな
と思っていたのですが
どうしようかな・・・

しばし悩んだ後
せっかく見つけたのですし
後でお腹が空いた時の
おやつにいいかな、と
お店に入ってみました。


中に並ぶのは かなり大ぶりのベーグルいろいろ。
このボリューム感、やはり見たことがあるような
と思いつつ
プレーン(160円)チョコ(240円)チーズ(210円)を選んでレジへ。
b0205694_16554093.jpg

お会計を済ませると
『こちら 集めると食パンと交換できるサービス券です』
・・・・・

このサービス券、見覚えがあります。
あのー、もしかして
北大路通にあるお店の支店ですか?

『あ、もとはそちらにあった店です。
 1年くらい前に こちらへ移転しましたー』

知らなかった。

最後に行ったのが2年前でしたから
ここで寄らなかったら
知らずにこの後、北大路の店へ行って
店が無くなっている事にショックを受けていたはず。
偶然とはいえ お店を見つけられて幸運でした。

食パンのサービス券は かなりたくさん集めないと交換できないので
北大路までそんなに通えないですよねえ、
と思っていましたが
こんなに近い所へお店があるなら集められそうです。



[PR]
by my-pavane | 2017-05-25 06:16 | 京都 | Comments(0)

コロッケ:味のタテハラ

弘法さんの市での買い出しを終え
それでは帰りましょう、と京都駅へ向かいます。

大宮通を北上し、八条通を東に折れたところで
b0205694_22503768.jpg


店頭でコロッケを揚げている
お店を発見。

お肉屋さんでしょうか。
上を見上げると
【味のタテハラ】とあります。

先ほど曲がった
大宮八条の交差点を挟んだ
向こう側には
以前やはりコロッケを買い食いした
【味美亭】さんがありますが
こちらにも
お肉屋さんがあるとは
気付いていませんでした。

弘法さんの帰りらしい人が足を止めて
思わず といった感じで 
お店に並んでいます。
気持ちはわかる。


油はねを防ぐガラスの窓には
『毎月21日は弘法さんサービスデー』の文字。
いろいろな揚げ物が全て20円引きとあります。

b0205694_23042971.jpg
通常1個60円の オーソドックスなコロッケが40円
1個80円のビーフコロッケも60円。安い。
b0205694_23070018.jpg


というわけで
今夜の夕飯の一品に、と お買い上げ。
1つの袋にまとめて入れて
「こっちがビーフ」と袋の外側に鉛筆で書き込んでくださいました。
b0205694_23081241.jpg
ちなみに 味のタテハラさんは阪神ファンであるらしく
店内にわかりやすく いろいろ阪神グッズが見られます。

お持ち帰りしたコロッケ プレーン(左)とビーフ(右)それぞれ3個ずつ
b0205694_23081403.jpg

お肉屋さん独特の少し甘い味付けのコロッケ
プレーンもビーフもそれぞれ美味しかったです。
衣が結構しっかりしたタイプで
冷めても カリカリ、がっしり食べごたえありました。
レンジでチンしたらふにゃふにゃになりそうですが
水分がそんなに多くないのか、全くふやけず。

今度は店頭で揚げたてをほおばりたいなー
と思いました。

[PR]
by my-pavane | 2017-05-22 06:44 | 京都 | Comments(0)

新商品おこし:北尾晴富堂

弘法さんの市から 弓道場への移動途中
頼まれていたお買い物をしていました。

ひとつは朝食用パン
もう一つは お友達とお茶をする時用のお茶菓子

お茶菓子は 日持ちがして、500円くらいのもの
という注文付で
ここから そういう日持ちするお菓子が買える所となると
粟おこしの【北尾晴富堂】さんかなあ、と
本願寺の近くへ回りました。
b0205694_15551730.jpg


お友達に配るとなると
小分けになっている方が良いので
普通の小さいおこしの
詰め合わせ袋を買おう
と 棚を見ると

おや?
全体に包装が変わっています。
前はシンプルに
透明な袋詰めだったのが
半透明の
ちょっと洒落たパッケージに。

ほうじ茶おこし
という物も出ていて
これは前回、無かった気がする。




というわけで
食べたことがない ほうじ茶(1袋280円)と
個包装になっていた アーモンド(300)ゆず(280)をお買い上げ。


b0205694_15582741.jpg

こちらの おこし
以前 京ばしら、という紫蘇・海苔風味の詰め合わせを食べた時は
しっかり その風味がありましたが
「柚子」と「ほうじ茶」は あまり風味がきつくなく
ふんわり 香る、という程度。

変わり種もおもしろいけれど
やはり「定番」の生姜が好きだなあ、と思いました。

[PR]
by my-pavane | 2017-04-26 06:50 | 京都 | Comments(0)