おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-10-22 08:01
和栗モンブランとパンプキンパ..
at 2017-10-20 06:23
月見だんご:たから餅老舗
at 2017-10-11 06:45
和栗のプリン:SugarTo..
at 2017-10-10 06:12
秋の壬生狂言(2度目)
at 2017-10-09 06:10
最新のコメント
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
タグ
(424)
(333)
(271)
(183)
(89)
(78)
(67)
(58)
(53)
(48)
(38)
(35)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

タグ:食べ物 ( 333 ) タグの人気記事

和栗モンブランとパンプキンパイ:SugarToothカフェ

弓道のお稽古が午後からでしたので
早めに出かけて お昼代わりにSugarToothさんでお茶。

壬生狂言を観た日にも お茶しておりますが
考えてみると 今月はハロウィン月間
毎週カボチャのお菓子が登場しているにもかかわらず
前回食べたのは アップルパイと和栗のプリン。

・・・・・

いえ、カボチャのスィーツも食べたいのですが
他に魅力的なケーキがあり過ぎるもので
胃の許容量と 食べたいケーキの優先順位の都合で そういう事に。

前日のブログで 今日出されるケーキメニューを確認し
パンプキンパイ、これは絶対食べなくては!と決意。

その他
『和栗のモンブラン』が出るようで
これも食べないと後悔しそうですので この二つですね、
と 出かけてまいりました。





お店のカウンター上部に掲げられた黒板。
そうですよね、ハロウィンにはカボチャのお菓子を食べなくては。
b0205694_20372009.jpg


で 到着するなり 即
「和栗のモンブランと パンプキンパイを」と注文。

どちらが先に出されるでしょうか。
同時に来るようでしたら
アイスクリームが添えられるパイが先かなあ(溶けるので)
と カウンター席から作業を眺めていると

厨房のカウンターの上には、白く丸く成形して盛り付けられた何かが。
そこへ、メレンゲらしき物を乗せ、しぼり袋が登場したので
どうやら これは「モンブラン」らしい。
SugarToothの店長さんは 向こう側を向いて作業されているので
マロンクリームをどう乗せているのかは 全く見えません。
最後に クッキーをひょい、と乗せて

『お待たせしましたー』 と カウンターにやってきたモンブラン。
b0205694_20522833.jpg
来た瞬間に うわあ。とびっくり。

厨房の作業台に乗っていた「土台」の状態では
結構小ぶりに見えていたのですが
マロンクリームでボリュームアップした姿は
お行儀よく収まったモンブランではなく
マロンクリームが自由奔放に踊っております。

一瞬、小布施で見た「朱雀(すざく)」という
モップのような巨大モンブランを思い出しました。
さすがに あんな巨大ではありませんが
「上に綺麗に納めること」を放棄して乗せたいだけ乗せました
という雰囲気が似ています。

モンブラン(山)というより
ジブリ映画「もののけ姫」に出て来るタタリ神のようにも見え
ハロウィンらしいと言えばハロウィンらしい。
(一応、コウモリさんクッキーがハロウィンなのでしょうけれど。)



食べ始めて、この形状となった事に納得。

b0205694_21081301.jpg
マロンクリームの下は ほとんどがフレッシュな生クリーム
食感のアクセントにメレンゲがパラリと入っていて
大き目の栗の渋皮煮がごろんと埋まっております。

生クリームとマロンクリームの量のバランスがよくて、とっても美味しいのですが
こんな柔らかい土台の上に この量のマロンクリームは乗りきらない。
乗りきらないけれど、この生クリームをおいしくいただくために
見合うだけのマロンクリームは必要なわけでして
結果、上のような姿になったものと思われます。

もっとも今日が このメニューの週の初日ですので
明日以降、だんだん技術が上がって
最終日には お行儀のよいモンブランに進化されるかもしれません。
(実際、翌日のブログを拝見したら クリーム、土台の上にまとまってました)



モンブランを食べ終わる頃に到着した
パンプキンパイ(自家製バニラアイス添え)
b0205694_21144933.jpg
温められたパンプキンパイと、冷たいアイス。
まずカボチャをシンプルに味わおうとパイだけ食べ
それからアイスを乗せていただいて

絶対にアイスは必要!と思いました。
2倍増し3倍増しで、美味しくなります。

今月(10月)SugarToothさんの営業日に来られるのは
今日が最後になりそうなので
ちゃんとカボチャものが食べられ思い残すことはありません。
満足。










[PR]
by my-pavane | 2017-10-20 06:23 | 京都 | Comments(0)

和栗のプリン:SugarToothカフェ

壬生狂言を観た後のお楽しみ、
SugarToothカフェでのティータイム。


今月最初の訪問ですが
10月はハロウィーンということで
必ずカボチャを使ったお菓子があるようです。

b0205694_22472280.jpg
前日 SugarToothさんのブログでメニューをチェックしたら
和栗のプリンと アップルパイが出るとのこと
カボチャのケーキも惹かれますが
栗にプリンにリンゴと 大好物が並べば
どうしても それは外せない。


というわけで迷わず注文した和栗のプリン。
b0205694_22480569.jpg
アップルパイ。リンゴは紅玉です。
温められたパイに自家製バニラアイス添え
b0205694_22475476.jpg
狂言を一緒に観に行った友人と お茶したのですが
二人とも 全く同じものを注文するという。

どちらを先に食べるかで迷いましたが
私は 「アイスクリームが溶けないうちに」と パイが先
友人は「繊細な和栗の味わいを楽しむために」とプリンを先に。

どちらが先でも、どちらも美味しい。

パイは紅玉リンゴを使っているので
ほどよい酸味のリンゴと さっくさくの温かいパイ生地
そこへ冷たいアイスクリームの甘さが 素敵なバランスです。

和栗のプリン、味は繊細ではありますが
何しろ採算度外視の 贅沢な栗の使用量ですので
後から食べても 全く問題なしでした。


証拠写真
[PR]
by my-pavane | 2017-10-10 06:12 | 京都 | Comments(0)

栗きんとん:亀屋則克

秋になりました。

季節感というものは
もちろん秋草や虫の声で感じますが
何といっても 食べ物から。

毎年楽しみにしている
亀屋則克さんの『俵銀杏』というお干菓子
昨年は秋の内に買いに行けず、品切れで
「俵(福俵)」だけを買いましたが
やはり銀杏との組み合わせが楽しいものですから
今年は「俵銀杏作り始めました」のお知らせが出たところで
早速買いに行きました。

そのお知らせを確認したHPで
季節の上生菓子も紹介されておりまして
そこに「栗きんとん」の文字が。
前日までの予約で購入できるとあります。

大好きなきんとん、それも栗。
というわけで 即 電話予約を入れまして
久々に亀屋則克さんへ。
b0205694_09553267.jpg
お店に入ると、塗りの箱の中には季節の上生菓子が並びます。

ススキをあしらった葛焼きや うさぎの薯蕷饅頭
わらび餅・きんとん・桔梗の練り切り

綺麗ですねー、桔梗は夏の花のイメージですが
秋も使えるんですね。というと
『もうすぐ 栗に変わりますよー』と女将さん。
ちょうど切り替わる境目のタイミングだったようです。

お願いしていた俵銀杏と 栗きんとんを受け取りまして
自宅に帰って いそいそをお抹茶をたてました。

b0205694_10033850.jpg



お楽しみの栗きんとん。(450円)
お日持ち2日ですが、当然今日食べます。
b0205694_10034731.jpg



お箸でそっとつまんでも すぐへこんでしまう柔らかさ。
まわりのそぼろは完全に栗です。
中にこしあんがありますが、見事になじんで一体化
b0205694_10035174.jpg

秋っていいなあ、と幸せになりました。


亀屋則克さんの あの上生菓子、本当に美味しそうでした。

「これを全部ください」をやってみたいのですが
ちょっとずつ楽しむからこそ美味しいのですよねえ。

年内にもう一回行けるといいな、と思います。








[PR]
by my-pavane | 2017-10-06 06:06 | 京都 | Comments(0)

パリ アッシュ

b0205694_23334537.jpg国立近代美術館から
ちょっと歩いたところにある
ダイビル本館

以前もこの前を歩いて 
いい建物だなあ
入ってみたいなあ、
と思っておりました。

実際は 建て替えられていて 
昔のままの建物ではないのですが
ここに
『パリ アッシュ』という名前の
おいしいパン屋さんがある、
という事は知っていました。
それでパンを買いに来たかったのです。

ダイビル、日曜日は閉まっているので
こういう機会でもないとパンが買えません。

ところで
肝心のお店はどこ?

確か 最初にパン屋さんを訪問しようとした時も
どこにあるのか よくわからなくて
時間も無く訪問を断念をしたような気がします。

建物の中かな、と中に入りますと
案内板を見つけまして
建物の外側だけれど 外の歩道からは見つけにくい位置
にあることが判明

建物の外側を半分くらい回り
中に入って また外に出て ぐるっと回って お店発見。
b0205694_23350738.jpg

b0205694_23380959.jpg


お店、思ったより
コンパクトな造りです。

パンは自分で取るのではなく 
お店の人に取ってもらう方式

品ぞろえはと見ると
バゲット バタールなど
ハード系フランスパンも
ありますが

オレンジピールや
チョコレートを使った
甘いタイプのパンが豊富。

焼き菓子も販売していて
目移りします。




今日はパン、と決めているので
まず基本 バゲットを一本

バゲットトラディション 300円
b0205694_23424598.jpg

フルフル 290円(左手前)チョコレートぎっしりとオレンジピールのハード
ヴァランシア390円(右奥)オレンジピールとホワイトチョコのブリオッシュ
オレンジのエピ 280円(左奥)ベーコンエピはよく見るけれどこれはオレンジピール入り
b0205694_23434497.jpg
ケーキ並に満足度高い、お菓子パンです。
個人的にはオレンジのエピが好きでした。
オレンジのいい香りと ベーグルのようなもっちもちの食感が美味しい。

バゲットは しみじみ小麦のおいしさが味わえ
このベースがあって おいしいパンが焼けるのね、と納得の味。


[PR]
by my-pavane | 2017-09-29 06:48 | 大阪 | Comments(0)

焼き芋プリン:SugarToothカフェ

弓道審査まであと一週間、練習に行ける日は
日曜と月曜(祝日)の2日だけ、という状況で
台風18号接近中。

週末が近づくにつれ 台風の予想進路を見ていると
日曜日の夕方から月曜日の朝にかけて通過
のように出ているのですが

本当に この予想通りに来られると、練習予定とまともにかぶります。
直撃されたら練習に行けない
(やる気はあっても足(電車)が止まる可能性が高い)

どうしよう、と ハラハラして迎えた日曜日
午前中から早々に「暴風警報」が発令されておりますが
警報が必要なほどの風は感じられず
雨も全く降っておりません。
台風、まだ九州にいるようですし。

練習は午後2時からですが
これくらいなら大丈夫な気がする・・・
一応、電車が止まらない内に到着しておいた方がよかろうと
出発を早めて お昼には大宮へ移動し
腹ごしらえを先に、とSugarToothさんへ。


台風のため臨時休業されていたらどうしよう
と心配していましたが、大丈夫でした。
b0205694_00161555.jpg
前回来た時には気づかなかった
新しいお店の看板を確認し、店内へ。

日曜日とはいえ 
台風直撃が予想される中
お客さんは来ているのだろうか
と思ったら

むしろ今のうちに
みたいな感じで
お客さん、多めでした。

さて 本日のケーキ。
お昼ご飯代わりでもあるので
2つは食べよう、
と思います。

秋らしい「焼き芋プリン」
カウンターの上に出ていた
リンゴとブルーベリーの
クリームチーズケーキ。

b0205694_00194451.jpg


クリームチーズケーキは 以前食べたことのあるケーキ
ブルーベリーがごろんっと入っていて
ほどよい酸味がおいしい焼き菓子。

そして 今回の目的であった
焼き芋プリン。

これもまた初めてではありませんが
出ると毎年食べるケーキ。
b0205694_00203789.jpg

見た目は 「ちょっとしっかりめのプリン」ですが
みっしりとサツマイモペーストが詰まっていまして
「普通のプリン」を想定してスプーンを差し入れると
スプーンが止まります。

絵的にどうかと思うので写真には撮りませんでしたが
スプーンをちょっと差し入れて手を離すと自立します。
(SugarToothカフェの店長さんがご自身で
 『プリンというより 洋風芋羊羹』とおっしゃっていましたが
 的確な例え)。

こっくりまったり おいしい焼き芋に
バターとクリームとほろ苦いキャラメルをたっぷり
おいしくない訳がない、という味ですが
本当の焼き芋に それらを合わせたからといって
こういう美味しさにはならないんだろうなあ・・・

来月は10月なので
きっとカボチャのプリンが。
そのうち栗のプリンも出るはずです。

秋はお楽しみがいっぱいで嬉しい。



SugarToothカフェの場所について
行ってみたいけれど、どこにあるの?
と聞かれました。
どう説明したものだか という場所なのですが

まず「丸太町通と七本松通の交差点」を座標の目安にしていただいて
七本松通を北上して 丸太町通の一本手前(南)の道を西に入った突き当り、
で わかっていただけたようです。
丸太町通からだと、京都市中央図書館の向かい側(南)に伸びる道を入ったところ
なんとか たどり着いて、美味しいケーキを召し上がっていただきたい。







[PR]
by my-pavane | 2017-09-17 06:32 | 京都 | Comments(0)

「だし道楽」でふりかけ

昨年、友達に教えてもらった
『自動販売機で買えるだし』

『だし道楽』という名前のこの商品
購入したのは大阪の職場に近い自販機でしたが
後に 木屋町にも同じ自販機があるのを発見しました。
塩気強めではありますが、味は良く
うどんを打って そのだしに使った後も
それなり便利に使ってきまして、とうとう最後の一滴まで使い切り
残ったのは だしの素である 昆布とトビウオと宗田節(かつおぶし)。

ペットボトルから ごろんと取り出して
捨てるのももったいないですよねえ、と眺め
そういえば、容器には
「こんがり焼いて粉にしてふりかけに」と書いてあったことを思い出し
どんなものか試してみることに。

オーブントースターにアルミホイルを敷き
弱めで数分様子を見ながら焼いて
b0205694_09465653.jpg



このままで食べられないものだろうか
と 小さく切ってみましたら
昆布とトビウオは そのままいけましたが
カツオブシは 固すぎて 噛み切れず。
(すごく丈夫なビーフジャーキーみたい)

で 素直に細かく刻みました。
b0205694_09480357.jpg

それぞれで味わってみると

昆布: それなり香ばしく 出汁の味も浸みていて普通においしい
あご: 食感がソフト。出汁の塩気もよく浸みていて これだけだとちょっと塩辛いけれど
    ごはんの友にはちょうど良い味
宗田節: 細かくしても まだ硬い。
    硬いために味も浸みていなくて、出汁の元としてのうま味は残っている感じ

3種混ぜると ほどよい ふりかけになります。




[PR]
by my-pavane | 2017-09-16 06:46 | お家で | Comments(0)

生姜つまみせんべい:宝玉堂 (伏見稲荷)

日持ちのするおやつを買っていこうと
駅に近い 宝玉堂さんへ。
b0205694_11382251.jpg

稲荷煎餅発祥の店
を名乗る
宝玉堂さん。

以前は 狐せんべいと 
鈴せんべい(おみくじ入り)
を食べたので
今回は また違うものを。

豆入りと
味噌せんべいと
生姜風味のものとで
迷っていると
海外、それも中国からの
観光客が増えているので
お店の方も 
『これはシャオトウ(小豆)、
 おいしい。』
と 中国語混じりの言葉で
説明しているのが聞こえます。


お店の人も いろいろ勉強しておられる・・・
と思いつつ
結局選んだのは 生姜つまみ煎餅。
たたんでいない「柴舟」もあったのですが
味は同じようなものですのでこちらに。

上に乗っているのは
おまけでいただいた 空豆のせんべいです。
b0205694_11452958.jpg


b0205694_11460215.jpg



形が鈴せんべいと同じなので
鈴せんべい並みに硬い
かと思ったら

思ったより
生地が薄くて
全然硬いことなく
手でパリっと割れます。

カリカリした食感で
甘い生姜風味が美味しい。
軽いので
どんどん食べられてしまって
結構 危険です。




[PR]
by my-pavane | 2017-09-15 06:46 | 京都 | Comments(0)

みたらし団子:桃山餅

黄檗での目的は果たしました。(ほていまつりとたま木亭)

宇治・伏見1Dayチケットでのフリー区間
次はどこへ行こうかな?

京阪電車で 中書島~伏見桃山方面まで戻れば
元気のいい商店街と酒蔵エリア
御香宮神社で名水も汲めますね。

というわけで
御香宮神社のある伏見桃山駅まで移動
まず お水、と神社へ向かいます。
b0205694_22282466.jpg
9月に入り、いくらか涼しくなりつつあるといっても
やはり日中はまだ暑いためか
参詣される方は まばらですが
それでも 途切れず観光客がやってくる御香宮神社。
b0205694_22285818.jpg
まず拝殿に手を合わせ

b0205694_22301180.jpg


それから向かって左にある
「御香水」が湧き出ている場所へ
ありがたく水を
汲ませていただきます。
(しっかりペットボトル持参)

すぐ横なので 
お参りされた方は一応
こちらへやってこられるのですが

←拝殿に近い方の水場は
浄化装置が付いていないため
「飲用できません」
の注意書きがありまして

『なんだ、飲めないのかー』と
皆さん 回れ右をして
帰ってしまいそうになります。




b0205694_22305435.jpg




その更に左へ数歩進んだところ
つまり ほぼお隣の位置に
「浄化装置を通った水」
を汲める水場があるのに
皆さん、あまり気付かれない。

まあ、「水汲み」に
熱意を燃やしているような人でなければ
一々 汲める場所を探そう
とはしないのかもしれません。

拝殿を後に入口の門へ戻っていくと
b0205694_22355170.jpg
正面にあるお店は
【桃山餅】さん。
b0205694_22362047.jpg



みたらし団子がおいしいらしいので
御香宮神社へ来る度
訪問したのですが
これまで3回来ていて、
3回とも休業中だったというお店。

初めて営業している所を見ました。

b0205694_22364356.jpg

b0205694_22393234.jpg


店頭には炭火のコンロがあり
その向こうに炊飯器

基本炭火で焼くようですが
ほどよく焼けたら
それ以上焦がさないため
炊飯器で保温するようです。

1本80円(税込)
注文すると
炊飯器から串を取り出し
甘辛たれにとぷっと浸して

竹皮でくるくるっと包み
『はいどうぞー』

ほかほかの、みたらし団子。




下鴨神社横の 賀茂みたらしと同じく
1個だけ離して串に刺された5つのお団子。
もっちりして美味です。

b0205694_22393969.jpg
竹皮で包んで、一応ビニール袋をかけて渡してくださるのですが
意外に竹皮だけで、タレがこぼれることなく運べます。すごい。

伏見桃山、
古代伏見羊羹の【総本家伏見駿河屋本舗】さんや
酒まんじゅうの【富英堂】さんと
と 和菓子目的で通ってきましたが
これで、やっと心残りが消えました。
満足。



[PR]
by my-pavane | 2017-09-13 06:47 | 京都 | Comments(0)

平日午前のたま木亭

午前10時半の少し前、黄檗に到着。
まず、パン屋さん【たま木亭】へ向かいます。

本来の目的である 萬福寺とは逆方向ですが
黄檗で(というか おそらく京都で)1番人気の【たま木亭】
前回行った時は、お花見シーズンだったこともあり
確か30分待ちの大行列でした。
今回は平日ですし 観光シーズンでもないですし
午前中ですから そんなに行列にはならないと思いますが
早い時間に行っておいた方がよいでしょう。

お店の前まで行ってみると
前回のように 店の外まで続く行列はなし。
b0205694_22203808.jpg
b0205694_22210701.jpg


駐車場はいっぱいですが、
お店の中はどうかなと 
入口へ近づいてみると
扉の向こうは行列でした。

ただし、
それほど人ぎっしりではなく
トレーとトングを取れるまでが
だいたい5・6人待ち

あとは パンが並ぶ棚の前を 
1列に並びながら歩き
さほど窮屈な思いをせずにレジの前へ

店内に入ってから
レジでお会計を済ませるまで
15分程度でしたから
空いている方ですね、きっと。



入口の一番近くには
要冷蔵の 生クリーム使用の菓子パン
次にカスクート・サンドイッチ類
棚の半ばまで進むと
あんぱん・クリームパンなどの菓子パン
ネギやベーコン・チーズを使ったお食事パン
栗やオレンジピールが入ったハード系が並び
レジに近いケースには シンプルなハード系バゲット・食パン

私が好きなのは ハード系ですが
朝ごはんが早かったもので、食べやすいものをと
柔らかそうなクリームパン(180円:外税)を一つ。
b0205694_22224629.jpg
他は
栗と黒豆とオレンジピールのハードパン:180円
おやつ用にブリオッシュ・カネル(あずき入り):230円
お食事用に シンプルなハード コンプレ(330円)を選びました。


真っ先に食べたクリームパン。
b0205694_22233646.jpg

中のクリームが「玉子そのもの」の黄色で
見た目 ふんわりしたスクランブルエッグですが
食べるとなめらかで 絶妙な硬さ。

栗・黒豆・オレンジピールのパンは
そういえば、ここは「黒豆のシュトーレン」を作っているお店であった
という事を思い出させる味。
ほっくりした黒豆がおいしく、意外にオレンジピールと合います。
b0205694_22243362.jpg
b0205694_23080048.jpg

    ブリオッシュ・カネルは しっとりした小豆がたっぷり入り
シナモンが効いて完全にケーキ。
b0205694_22251518.jpg

最後にコンプレ。
国産小麦を使った生地は 小麦のおいしさが素直に出て
最後にとろけるような食感です。
シンプルなこのパンが一番好きでした。

結局 何も入っていないハードが好きなのですね、私。
欲しいパンが わかっているなら、
電話予約しておけば 並ばず買えるとわかっているのですが
お店に並ぶいろいろなパンを見て選びたくなるのが人情です・・・





[PR]
by my-pavane | 2017-09-09 06:16 | 京都 | Comments(0)

京都のどまん中に酒蔵:佐々木酒造

以前、おつかいの移動途中
榎木町通の住宅街で 気になる建物
瓦だらけの堤瓦商店さんを発見しましたが
その少し西側に、もう一つ気になる建物がありました。↓
b0205694_10433309.jpg
酒蔵のように見えます。
壁にも「聚楽第」とお酒の名前らしき看板があるし。



しかし酒蔵?この京都市内のど真ん中に?

京都の酒どころといえば伏見を思い浮かべますが
こんなところにも酒造があるとは。

かなり興味をひかれ、1本くらい買っていってみようかと思ったものの
この時は 他のお買い物を抱え、更にまだ買う予定の物がありまして
酒瓶は重いしね、と見送り。

9月に入り、少し秋の気配を感じる頃
ある人のお誕生日祝いを贈るにあたり ご本人に
「食べるものと飲むものと どちらがいいですか?」
とうかがったところ
『飲む方(酒)』と即答されましたので
ちょうど良い機会、と 初訪問することにいたしました。

通から南へ折れた方にある店舗
b0205694_10482521.jpg


b0205694_10493023.jpg


入口には
「お酒できました」の目印
杉玉が下がっております。

中に入ると
左手が事務所
右手が小売りの店になっており
商品のお酒には それぞれ
名前と説明書きの札が。


どれにしようかなと
説明の札を読んでいると
店員さんが
「こちら 夏の商品の案内です」
夏向けのお酒の紹介ちらしを
渡してくれました。



夏向け、という事で
載っているのは「冷や」で飲むのに向いている
爽やかな吟醸酒や 蔵から出して瓶詰したばかりのお酒。
ちらしは表裏印刷されていて
裏側には4月~9月限定で作っているらしい
「白い銀明水」というノンアルコール飲料が紹介されています。

さて
お酒を所望された方の好みのお酒は
しぼりたての新酒より 「じっくり寝かせた」まったりタイプ
ここに並ぶのは そんなに何年も寝かせたようには見えません。
一応確認してみると、やはり全部昨年のお酒。

味の違いは、説明によると どれも
「すっきりとしたフルーティーな飲み口」
みたいな事が書いてありまして、そんなに差は無いようです。
まあ、同じ水を使って同じ蔵で作っているのですから
微妙な差は米の種類と材料の削り具合くらいでしょう。


b0205694_10595974.jpg


結局
お祝いですから 良い物を、と
純米大吟醸の「聚楽第」

ついでに 
9月までの発売であるらしい
ノンアルコール飲料
白い銀明水をお買い上げ。

銀明水、というのは
この辺りに湧いていた
金明水・銀明水という
名水の名前の1つで
かつて茶席の水にも使われていた
と説明されていました。






考えてみれば
京都市内も名水はあちこちに湧いています。
一本北の出水通は
名水が湧くから付いたような名前ですし
1軒くらい「その名水を使ってお酒を造ろう」
と思う人も出てきて当然かもしれない。



b0205694_11000993.jpg

聚楽第 純米大吟醸

フルーティーですっきりした味わい
低温でじっくり寝かせたお酒
と説明されておりました。

後ほど 贈った方に
一口わけていただきまして
飲んでみたところ、
確かにすっきりめ
思ったより甘みがあるお酒でした。

伏見の水に比べると
京都市内の名水は
より軟らかい印象ですが
お酒も心なし
口当たりが軟らかいかな
と思えます。




b0205694_11001562.jpg


白い銀明水
150ml入り 184円(税込)

店頭ではすぐ飲めるよう
冷やした物もありました。

b0205694_11001960.jpg

材料が米と米麹と梅エキスなので
梅エキス入り甘酒ですね。

梅の味がはっきりしていて
甘酒という感じは無く
優しい味の梅シロップという印象。
夏バテに効きそうです。



[PR]
by my-pavane | 2017-09-02 06:22 | 京都 | Comments(0)