おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-08-19 08:01
宮津 灯籠流し花火大会
at 2017-08-16 06:42
弓道体験 55回目:武道センター
at 2017-08-12 06:41
弓道体験 54回目
at 2017-08-05 06:42
プリンアラモード:Sugar..
at 2017-08-04 06:00
最新のコメント
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
タグ
(420)
(322)
(269)
(182)
(87)
(66)
(66)
(57)
(52)
(48)
(37)
(35)
(35)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

柴常:堀川商店街

堀川商店街、南の端から北上していきます。
八百屋さん・魚屋さんなど
昔からのお店らしいお店もありますが
結構新しそうな、きれいなお店も多いです。

元気そうな商店街と感じたのは
閉店してシャッター街となるのではなく
新しいお店が入っていくからかなあ
と思いつつ歩を進めていきますと
b0205694_04571367.jpg
やはり新しそうなお店の前に
こんな看板を見つけました。

「漬物アイスケーキ」

どんなケーキだ。
と 改めてお店を確認すると
どうも、漬物屋さんであるらしい。
b0205694_05005372.jpg

店構えは新しそうですが
店頭に置かれた木製の看板は古そう。
漬物ダイニング、とあるように
中では お漬物を使ったランチがいただけるようです。

「移転1周年記念セール」と書かれていて
今なら、お漬物は1割引きで購入できるらしい。

おいしそうなお漬物があったらお土産に買って帰ろう
と お店の中に入ってみました。

手前 右の方には常温保存できる古漬けタイプの漬物
左手の冷蔵ケースには 冷蔵保存する浅漬けタイプの漬物があり
奥の方には ずらりと漬物を盛られたコーナーがあります。
漬物バイキング、とあったので
お食事する人は ここから取るのかな?と思いつつ眺めていると
『よかったらご試食できますよ』
と 店員さん。

では、あまり食べたことがないようなお漬物を
と まず選んだのが長芋とレモンの漬物
「長芋&紫蘇」の漬物は あちこちで見かけますが
レモン、というのは珍しい。
『そちら、夏にさっぱりして人気です』
いただいてみると、さわやかなレモンの風味の効いた長芋。
漬物というより、サラダですね。
これはこれで美味しい。

生姜の芽の漬物、という物もあって
こちらはお寿司についてくる生姜の甘酢漬けみたいなものですが
生姜の芽、とあるように でき始めたばかりの
赤ちゃん生姜を使っているので 食感が柔らか。

刻み茗荷(みょうが)も人気らしく
そうめんや冷ややっこに合わせると良さそうな味です。

最後に大根と昆布の漬物。
これが昆布のうま味がしっかり浸みて
すごく美味しかった。

というわけで 選んだ2つ
昆布大根と 刻み茗荷。
b0205694_05043715.jpg

真空パックになっているので
2週間は日持ちするようです。
保冷バッグに保冷剤と一緒に入れてくださったので
先ほど買ったばかりのカゴの中へ。

店舗は新しいのに、看板は古かったので 気になって
後ほど 柴常さんがどんなお店なのか調べてみたところ
創業は大正13年、とありました。

よくデパ地下に入っている
「西利」さんの創業は昭和15年
「土井志ば漬本舗」さんが明治34年だそうですから
漬物屋さんとしては 中堅どころでしょうか。

移転前のお店は 烏丸御池にあったらしく
そういえば、
あの赤い暖簾(のれん)は 見たことがあったかもしれない
と思い出しました。

こちらの新しいお店の方が
中の様子が見えて入りやすいですね。
漬物アイスケーキは いずれ試してみたいと思います。







[PR]
# by my-pavane | 2017-06-06 06:41 | 京都 | Comments(0)

倉日用商店:堀川商店街

山中油店のある下立売通を東へ進み
堀川通りに出ました。

交差点の右(南)角に 見覚えのある建物があるなと思ったら
去年の12月に訪問した「鳴海餅本店」さん
そうかー ここにつながるのか、と位置関係がつかめました。
逆に山中油店へ向かう時は
鳴海餅さんの角を西に入ればよいのですね。


b0205694_22442115.jpg




この鳴海餅本店から北へ
ずずいと伸びているのが
堀川商店街。

先日かわきた屋さんへ
バスで向かった時
ちょうど この横を通りまして
この商店街は
結構にぎわっているなあ
と気になっておりました。

元気な商店街は大好きです。


そんなわけで
阿弥陀寺へ向かうにあたり
商店街を抜けて
北上することに。




b0205694_22464778.jpg


商店街の南端の方で
さっそく気になったのが
【倉日用商店】さん。

このお店 
名前は以前から知っていまして
(着物パスポートに載っていた)
一度のぞいてみたかったのです。

中に入ると
すぐ左手の棚には
地下足袋が並んでおります。
その向こうには
昔懐かしアルマイトの食器類や
曲げわっぱのお弁当箱
デットストックの日本製フォーク

右手にはセルロイドのケースや
洗濯用ピンチ
洗濯板(サイズいろいろ)

正面には カゴがいっぱいです。
小さなカゴバッグから お買い物用手提げカゴ
芋とか白菜を背負って運べそうな大物カゴまでいろいろ。
南部鉄瓶や棕櫚(しゅろ)たわしもある。

どうしよう。欲しい物がいっぱいあり過ぎる。

品ぞろえが 何というか
弘法さんや天神さんなどの『骨董市』系で
しかも物によっては骨董市よりお安いです。

梅干が干せるザルも300円くらいで買えますし
洗濯板は小が1800円くらい
デットストックのフォークは300円弱
手提げカゴもいいなあ。

これからお寺へ行くにあたり
あまり重たい荷物を運ぶのは大変だから、と
自分にブレーキをかけまして

とりあえず 軍足の「足袋」を購入。
b0205694_22552112.jpg


地下足袋の下に履くものらしく
よく見る「足袋靴下」と違い
ひざ下くらいまで長さがあるのです。

b0205694_22594034.jpg
「地下足袋」自体はどう見ても男性用しかなかったので
この『軍足足袋』サイズは大丈夫だろうかと
お店のご主人に確認したところ
24cm以上なら大丈夫であろうとのことでした。

洗濯板をどうしよう、と悩み
たくさんあるカゴにも心ひかれ
どうしても欲しくなったので
いろいろな素材のカゴの中から2種類まで絞って
最後に店主さんに
「どっちの方が丈夫でしょうか」
と耐久性を確認した後、購入いたしました。

カゴなら これから和菓子など買った物を入れるのに
さっそく使えますしね、と自分にいいわけ。
(実際にその後大活躍しました)

これから 骨董市へ行けない時は
ここに来ようと思っております。




[PR]
# by my-pavane | 2017-06-05 06:41 | 京都 | Comments(0)

玉締しぼり胡麻油:山中油店

SugarToothさんで お腹が満たされましたので
いよいよ 本日の目的地
【阿弥陀寺】(と【大黒屋】さん)目指して
更に北上しつつ東へ向かいます。

大通りの丸太町通は信号が多いので
一本北の通を進もうか、と下立売通へ。
少し進むと、左手に【綾綺殿】の看板を見つけました。
綾綺殿って、確か【山中油店】さん経営のカフェですよね。
いつか食べに行ってみようと思っていましたが、ここでしたか。

前回【山中油店】さんを訪問したのは結構前(6年前)ですが
あの胡麻油のおいしさは忘れられません。
せっかくだから、寄って胡麻油を買って帰ろう。
と お店の前へ。

b0205694_23315781.jpg
2度目ですので、食用油を扱う売り場はわかっています。
向かって右の扉を入ったところ(赤いノボリの右の位置)。
b0205694_11041506.jpg

前回同様、オリーブオイルも並んでいますね。
全部試食できるところも変わっておりません。
ずらりと並ぶ油いろいろの瓶を眺め
ふと右端を見ると
あまり見たことのない瓶が置かれています。
下の貼り紙には
「国産えごま油 ご購入はお1人様1瓶まで」

えごま?

そういえば母が『健康に良いらしいから』と
どこかで買ってきてパンに付けて食べていましたが
えごま油、今 流行っているのでしょうか。
(「えごま油」でパンを食べている母に
「それって おいしいの?」と聞いても
『・・・身体にいいらしいよ』という返事しかもらえないので
「おいしいもの」ではないらしい、と私は食べていませんが)

店員さんに えごまって何ですか?とうかがうと
『シソ科の植物の油です。』
「えごま」と言っても、「胡麻」とは全然違うものらしい。
試食させていただけるそうなので、それではと一口ずつ飲んでみると
かすかにシソの風味があるようで、クセの無いおだやかな味の油です。
2種類味を比べてみて、「こちらの方がややコクがある」
くらいの違いはわかりましたが
どちらにせよ そんなに特徴の無い味の油です。

これって何に使うのでしょう?とうかがうと
『ヨーグルトにかけたり、お味噌汁に数適入れるとコクがでます』
つまり、味にクセが無いので
オリーブオイルのようにパンに付けて風味を楽しむというよりは
ちょっと油のコクを足すという使い方になるのですね。

b0205694_11154082.jpg

えごま油、
すごーく貴重な油のようですが
食べるなら、やっぱり
おいしい胡麻油がいいです。
と言うと
店員さん、笑って 
胡麻油を包んでくださいました。

前回同様
『玉締めしぼり胡麻油』
180gで648円。

ちなみに 
応対してくださった男性店員さん
良質の油を食しているためか 
実に肌つやがよろしい方でした。
(もやし屋・菱六さんの
 「麹の効果?」を思わせる
 また違ったタイプ)


b0205694_11274740.jpg


山中油店さんの建物右手には
水車と池があります。
今回は初夏ですので
池の蓮の花が咲いていました。

石標に何と彫られているか
前は見ていませんでしたので
今回あらためて読むと
【平安宮一本御書所跡】
平安宮(内裏)の東にあった施設
書物を扱う機関だったらしい。


下立売通を挟んで向かいの方に
平安宮の建物と
現在との位置関係を示す
展示パネルがあったので
そちらを見てみると
内裏の東の端っこの位置だったようです。






b0205694_11323319.jpg



[PR]
# by my-pavane | 2017-06-04 06:18 | 京都 | Comments(0)

チェリーのケーキ:SugarToothカフェ

午前中の弓道を終えて
これから午後のお散歩です。
お昼がまだですので
歩き回るためのエネルギーを補給しておかねば。

と いつも通りSugarToothさんへ向かいました。

気温が低い時期は 傷む心配が無いので
テイクアウトして自宅でお茶する事が多かったのですが
気温が上がってくるとテイクアウトできないケーキが増えるため
最近はお持ち帰りせずイートインが多くなっております。

今日のイートイン限定ケーキは
『アメリカンチェリーのチーズケーキ』
『コーヒークリームバノフィーパイ』
『ルバーブと青りんごのパイ』。
果物としては、ルバーブとリンゴが好きなのですが
パイよりはチーズケーキが好きなので悩ましい。

テイクアウトもできる焼菓子の方には
『チェリーとルバーブのクリームチーズケーキ』
というのがあるので、
これならルバーブとチーズケーキの条件が満たせます。

これと、アメリカンチェリーのチーズケーキと2つ頼もうかなあ。
でも「チェリー」「チーズケーキ」でかぶる・・・

いいや、かぶっても。

というわけで
結局 2つのケーキを注文

チェリーとルバーブのクリームチーズケーキ(左)と
アメリカンチェリーのチーズケーキ(右)
b0205694_21410119.jpg

b0205694_21434855.jpg
b0205694_21435191.jpg



どちらもアメリカンチェリーがゴロゴロ入っております。
「チーズケーキ」と言っても
クリームチーズケーキは 見た目通りパウンドケーキの食感ですので
フルーツたっぷりの菓子パンという感じでいただけます。
「生ケーキ」のアメリカンチェリーのチーズケーキは
チーズ生地のコクとさわやかなアメリカンチェリーがいいバランス
下に敷かれたココア生地(?)がさっくりとアクセントになって
もう1個食べたくなるおいしさ。
口は食べたくても 本当に食べると苦しくなるので我慢しました。
テイクアウト可なら お持ち帰りするのになあ。



先月 寄った時には何を食べたんだっけ?
と思い返してみると
ジューシーオレンジのレアチーズケーキ
b0205694_21535143.jpg

ベイクドチーズケーキ・レアチーズケーキ等
どうも私、『季節のフルーツを使ったチーズケーキ』に弱いようです。








[PR]
# by my-pavane | 2017-06-03 06:27 | 京都 | Comments(0)

弓道体験 48回目

前回(武道センターでの練習)から1週間。
次に武道センターへ行けそうなのは2か月後となるので
せめて基本は安定するようにとまいりました。

道場に到着すると 的の両側に榊が供えられております。
(榊:さかき 神棚に飾られるツルツルした葉っぱの木)

あれは、前には無かったような気がしますが
道場には『神棚』を置くところが多いのでその代りでしょうか。
的の両側にという並べ方が斬新・・・。

榊が気になりつつも それについては聞きそびれて
本日は11kgの弓で練習スタート。

最初の10本ほどまでは 特に何も言われず自由に引いていましたが
後半くらいから左小指について注意が入りました。
最近よく注意されるようになったのが、この「小指」でして
弓を握る左手の小指が 離れの後、弓から外れてしまっていると。

で 気を付けてみるのですが
今まで『握りしめ過ぎないように』と注意され続けていたもので
軽く握るように、と意識すると
最後に「小指だけ」完全に脱力してしまうらしい。
・小指が他の指に比べて短めなので、最後に滑ってしまう
・小指が外れても中指・薬指の残り2本で踏ん張れてしまう
という事が原因かな、と思います。

新しい注意は【弓を持つ左腕の形】(というか角度)。
打起しの際、両腕はまっすぐではなく
軽く弧を描くような形で前へ伸ばすのですが
この時、肘の内側は それぞれ向かい合うように横向きです。
これが拳を上げて 引き分けて 矢を放つ時まで『横向きのまま』
つまり、『最後まで肘(ひじ)が下向きにならないように』と。

肘の向きが変わってしまっている事は
矢を放つ直前に気付いて、直したりしていましたが
気付いていない時もありましたし そもそも 
最初からそういう角度にならないようにせねばならない
という事です。


途中で もう1人お弟子さんが来られて 交代で引くことになり
私は合計30本引いたところで練習終了。

後から来られた方は 私より後から道場へ通われているようで
『もう、ここは長いんですか?』と聞かれました。
年数的には3年目に入るので長い方になりつつあるようですが
頻度が低いので 回数的には 後から来た方よりペーペー状態です。

ちなみに この方は既にご自分の弓をお持ちで
(インターネットで購入されたそうです)
先生から『あんたもインターネットとかで買うか?』と聞かれました。
以前にも『そろそろ自分の弓を買ったら』と言われたことがありますが
そうですねー 3年になるので そろそろでしょうか。

体重の3分の1の弓力が目安と言われていたので
17kgくらい引けるようになってから?と思っていましたが
そこまで行くには10年以上かかりそうですし
今11kg~12kgでの練習が多いですから
手近な目標として「13kg」の弓を安定して引けるようになったら
と思っています。





[PR]
# by my-pavane | 2017-06-02 06:25 | 京都 | Comments(0)

「命日」のお散歩計画

6月2日、弓道へ行くにあたって
ついでに どこをお散歩しようかと計画を練ります。

確か平安神宮では 神苑を無料公開している日で、
さらに夜には薪能が催されるはず。

『薪能』には大変心惹かれるのですが
・終了時間が遅いので翌日朝からの仕事に差し支えそう
・時期的に蚊の餌食になる可能性大

・・・平安神宮はやめておこう。
神苑の無料公開は以前一度行って、花菖蒲を見てますし。

しかし そうなると他には・・・

ふと、気づいたのが
6月2日といえば『本能寺の変』
つまり、織田信長の命日です。

2年くらい前、かま餅が名物の【大黒屋 鎌餅本舗】さんへ行った時
お店のすぐ前にある阿弥陀寺に、
織田信長公縁らしい事を示す石碑がありました。
見た所、一般公開している感じではありませんでしたが
命日の日なら、法要と合わせて一般公開している可能性が高いです。
大黒屋さんも、看板商品の鎌餅を買っただけで
「でっち羊羹」は まだ食べていないことですし

というわけで 6月2日は
からくり弓道場(大宮)での弓道終了後
丸太町まで北上してSugarToothさんで腹ごしらえ
そこから ぐっと北東へ移動して
阿弥陀寺(寺町通今出川通上る)拝観と、
大黒屋さんの「でっち羊羹」購入

題しまして「織田信長公 お墓参り」散歩

信長くんに祟られないよう
誠意をもってお墓参りしてきます。

[PR]
# by my-pavane | 2017-06-01 06:46 | お散歩計画 | Comments(0)

浦堂朝市:高槻

地元高槻北部には
摂津峡、という自然豊かな景勝地がありまして
温泉に 芋掘りに 森林浴に と
ちょこちょこ通っております。

自宅から歩いて行くのはさすがに厳しいので
自転車で向かっていたのですが その際
『浦堂』という看板や石碑を見た記憶があり
そういう通称のお寺があるらしいな、と意識していました。

ある時、地元の朝市って無いのかしらと調べていたら
この『浦堂』でも 朝市があるらしい。
日曜日か水曜日の朝8時スタートですか。

で 行ってみることにしました。

8時に着くには そうとう早く出発せねばなりませんが
11時までやっているそうですし
まさか30分で売れ切れという事もないでしょう
と ゆったり出かけていきました。

地図で確認すると かなり大ざっぱながら
服部図書館の前とあるので 何とかなるでしょう。
b0205694_22134456.jpg

途中、
「浦堂朝市」の看板を発見

ほどなく市立図書館の
案内板も見つけました。

b0205694_22134936.jpg


b0205694_22154180.jpgこの案内に従って
道を曲がり進んでいくと

図書館前の野菜直売所に到着。
b0205694_22162016.jpg
時刻は8時15分。
始まって15分しか経っていないはずですが
人がいません。野菜も無い?

無い事はないですが、明らかに品薄状態。
b0205694_22164951.jpg

後で知ったことですが
この浦堂朝市、かなりの人気で
8時スタートの15分前には既に買い物の行列ができるらしく
早い人は30分前から並ばれるらしい。
(残っているのはもともと数があった野菜と思われます。)

売れてしまった野菜は
「トマト 〇〇円」「ピーマン ○○円」と札だけ残っているので
早くにきていれば これが買えたのね、とわかりました。b0205694_22203161.jpg



わりと残っていた
タケノコ。

こちらは買いませんでしたが

ジャガイモ
玉ねぎ
小松菜
モロッコインゲン
まだ残っていたので
お買い上げ。

お会計は
野菜を作っているらしい
おじさまが
そろばんで計算してくれます。


お会計後「野菜」ではない物もあるのに気付き
近づいてみると「ハヤトウリの苗」

b0205694_22262783.jpg

ハヤトウリって 以前近所で
畑にいっぱい植えられていたあれですか。
実から直接ツルが伸びるとは
知りませんでした。
b0205694_22263183.jpg



スタートに出遅れたので品薄状態の朝市でしたが
それでも それなり新鮮な野菜を買い込めて満足。
これだけ買って、合計710円です。
b0205694_22293423.jpg




この日、調理して食べてみると
キャベツも小松菜もインゲンも どれもこれも
やわらかくて 甘みが強くておいしい。
これは並んででも買いますよねえ、と納得です。

頑張って、次回は 開始15分前に行ってみよう と思います。




[PR]
# by my-pavane | 2017-05-31 06:00 | 大阪 | Comments(0)

水火天満宮

大宮通から東方向へ進み、バスの走る堀川通に出ました。

バス停を探すと あるある
・・ありましたけれど
バス停の後ろにたくさん立つ赤いノボリは何でしょう。
b0205694_20454195.jpg

近づいてみると 神社のようです。
前のバス停には【天神公園前】と表示されているので
菅原道真を祀る天神さんという事ですね。

神社の木に埋もれるように立つ石碑には
【水火天満宮】b0205694_20482079.jpg

おや。
この名前、聞き覚えがあります。

確かお花見シーズン
千本釈迦堂の桜を見に行く
という人が
『近くに桜で有名な
 神社があるので
 そこにも寄ってくる』
と言って
挙げていたのが
この神社の名前でした。

今はもちろん
桜など咲いておりませんが
来年のお花見の下見も兼ねて
お参りしてみることに。





b0205694_20512338.jpg
鳥居の向こうの境内

和太鼓が並べられ
氏子さん?らしき方々が
練習の真っ最中です。

邪魔にならないよう
境内の端を移動しつつ
お参りする間
ドコドコドコ・・・
と 大変にぎやか。



道路から一番奥左手に
拝殿を見つけました。
その手前にある木が
どうやら桜のようです。
枝ぶりからすると
枝垂れ桜ですね。


b0205694_20534105.jpg

境内は 
ウナギの寝床の如く
奥へ細長いので
大きく枝を伸ばした桜の木は
小さな境内の空を覆うようです。

目立つ大きな桜は
この一本だけのようですが
花が咲いたら見事だろうな
と思われます。
(もう一本あったらしいですが
 花の季節ではないのでわからず)

小さな神社ですが
境内いっぱいに末社が並び
『出世石』とか
『金龍水』とか
ご利益のありそうな
いろいろもありまして



『金龍水』が名水であればお持ち帰りしたいなと思ったところ
「眼病に効く」と書かれているのみでしたので
飲むのはやめました。

ちなみに 
水火天満宮の後利益は
「水難・火難避け」だそうです。




[PR]
# by my-pavane | 2017-05-30 06:41 | 京都 | Comments(0)

今宮神社御旅所

お買い物を済ませたら 時刻はもう5時を回っておりますので
さすがに今日は 帰りもバスを使おう、と
バス停のある通りを目指して歩き始めました。

行きに来たルートは バスの本数が少なそうなので
バス路線の多そうな もう少し南の通から乗車しよう、と大宮通りを南下
b0205694_20172947.jpg





途中、どこかで見たような
ロゴマークのあるお店の前に。

よくよく看板を見ると

【ダリK】さんです。

知っていましたが
ここでしたか。



さらに進んでいくと

道路沿いに鳥居を発見。
そしてその鳥居に左側に 目立つ赤い店があり
『御旅飯店』とあります。
b0205694_20213258.jpg
『御旅』って 御旅所(おたびしょ)の「御旅」?
(御旅所:神社の神様がお祭の際、社外で鎮座する出張宿泊先)
ということは この鳥居、どこかの神社の御旅所ですか。
気になるので、道を渡って鳥居の前へ。

b0205694_20204358.jpg
右に立っている石碑を確認すると『今宮神社御旅所』とありました。
御旅所ってここだったのですか。
今宮神社があるのは大徳寺より北
ここは大徳寺より南の北大路通から更に下がったところ
ずいぶん離れた場所に 御旅所がありますね。

(もっとも 伏見稲荷大社の御旅所も 神社からかなり離れた場所にあるので
 あちらに比べたら こちらは まだ近いといえるかも。)


今宮神社も しばらくご無沙汰しております。
来年の4月の「やすらい祭」は 行ってみようかなー
と 思いつつバス通り目指して 再び歩き出しました。

[PR]
# by my-pavane | 2017-05-29 06:14 | 京都 | Comments(0)

ハムとコロッケ:かわきた屋

6月生まれの甥っ子に
「お誕生祝いのプレゼントに おいしい物を送りましょう。
 お魚とお肉、どちらがいい?」(去年はお魚 西京漬けを送りました)
と 聞いてみたところ
おにく

というわけで
今年は おいしいハムとソーセージをプレゼントする事にしました。

ハムとソーセージ、といえば

京都市北区にあるデリカテッセン【かわきた屋】さんでしょう。
以前 カフェで出て来たソーセージが
びっくりするくらいおいしくて
そのカフェの人に教えてもらったお店です。

隔週の日曜日が定休なのと 場所が遠いがために
なかなか行けないお店ですが
今日は弓道に来たついでに 足を延ばして「おつかい」です。

武道センターのある聖護院周辺から向かうとしたら
さすがにバスですね(歩ける距離だけれど時間が惜しい)。
どういうルートで行こうかなあ、と考えていたら
弓道の先生が途中まで車に乗せてくださったので
素直に北上する路線のバスで、大変スムーズに到着しました。

堀川通・北山通の交差点を左(西)に折れ
大宮通りを北上すると
b0205694_19452781.jpg


久々の
【かわきた屋】さん。

営業しているはずですが
臨時休業していたらどうしようと
どきどきしました。

周囲のお店は閉まっていて
道を歩く人も少ないのですが
ここだけは
ほとんど途切れることなく
お客さんが来ます。


ハムもソーセージも
種類がいっぱいあるので
どれを送ろうか迷う一方



店頭の窓ガラスにあった
『コロッケ』の貼り紙が気になって
b0205694_19542796.jpg


後で 買って食べよう、と決めました。

ところで
ここのソーセージやハムって地方発送お願いできるのでしょうか。
(無理です)と言われたら
日持ちする品を購入して即宅急便で送るしかないですね、
と思いつつ お店の人にうかがうと
『大丈夫です』

よかった。
あまりスパイシーなタイプは
小さい子は食べられないと思うので
シンプルなタイプのソーセージ2種とハムを選び
発送をお願いいたしました。

それから自分のお土産用に
ハム(シンケンという名前)を100g分ほどと
コロッケ。
b0205694_20021702.jpg



お願いすると
すぐに店頭で揚げ始め
できたて熱々を
手渡してくださいました。

1個100円ですね。

外側はカリっと揚がっていますが
中はふんわりトロっとしていて
かじると衣からはみ出てきます。
使われているお肉のおいしさも
よくわかるコロッケ。



お持ち帰りしたハム
お店の方のおすすめは「厚めに切って焼いて食べる」との事でしたが
今回は 普通の厚さにスライスしていただき
おいしいハード系のパンとチーズに合わせて
サンドイッチにしました。
b0205694_20052237.jpg
ハムだから薄いのに、お肉としてのうま味たっぷりで
パンにもチーズにも負けず、美味です。

甥っ子が喜んでくれますように。


[PR]
# by my-pavane | 2017-05-28 06:41 | 京都 | Comments(0)