おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-12-12 08:01
釈迦堂さんの手作り市:千本釈迦堂
at 2017-12-12 06:03
大根焚き:千本釈迦堂
at 2017-12-08 06:31
焼そばパンその2:ル・プチメ..
at 2017-12-01 06:48
焼そばパンその1:まるき製パン所
at 2017-11-30 06:30
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(432)
(344)
(272)
(189)
(95)
(82)
(68)
(58)
(54)
(48)
(38)
(36)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

烏丸通

阪急京都線に乗って終点『河原町』へむかうと

その一つ手前の駅が 『烏丸(からすま)』。

京都へ遊びに行くようになったばかりの頃は 
いつも「通過する駅」でした。

しかし 京都に慣れて、行動範囲がだんだん広がってくると
烏丸&河原町 1セットで考えるようになってきます。


例えば、行きは河原町で下車しても
あちこち歩き回り、最終的に錦市場を冷やかしながら西に抜け
烏丸の方が最寄駅になるので、そこから帰るとか

祇園祭ともなれば、鉾は 祇園八坂神社周辺よりも
むしろ 烏丸周辺の方に集まっていますから
籤あらためや 注連縄切りなどの儀を見るなら
断然 烏丸が最寄駅なので、そちらで下車。

また、この『烏丸通』
名前そのままで、南北に延びている道なので
(通の中には ある地点から名前が変わるものもある)
慣れない場所(かなり北寄りとか、南寄り)を歩き回る時、
自分の位置を確認する目安にもなるのです。

北へ進めば 御苑の西側を抜けていけますし
四条通では地下鉄と交差 
更に南へ進めば、JR京都駅に着ける。


車がびゅんびゅん走る 大きな通なので
あまり散策向きではないなーと敬遠していたのですが
良く見ると、古くて素敵な近代西洋建築が あちこちに残っているし

お香の老舗『松栄堂』さんとか
蕎麦の『尾張屋』さんとか
和菓子の『とらや』さん などなど
好きなお店も結構多い。

まだまだ行っていなくて、これから行きたいお店もたくさん。

今年は どこへ行こうかな。
[PR]
# by my-pavane | 2011-01-09 23:30 | 京都 | Comments(0)

イギリス土産にシュトーレン。

年末年始をイギリスで過ごしてくるという友人から

「何か、買ってきて欲しい物とかあります?」
と 聞かれ

「テトレーの紅茶!」とお願いしました。

もとはと言えば、
イギリスへ旅行してきた人からのお土産でいただいて
初めて知ったイギリスの会社の紅茶でして

あちらでは番茶なみに低価格、
完全に日常使いのティーバッグ紅茶なのですが,味と香りは 抜群に良く、
以来 家では
イギリスからはるばる船便でお取り寄せしたものを飲んでいます。

今回は いつかイギリスに旅行する日のために
あちらのフットパス(歩行者専用道路)が載っている
ガイドブックも購入してきていただきました。

今のところ、行く時間は作れそうにありませんが、
でも、いつか、きっと。

b0205694_2021438.jpg



「あ、それから これはお土産です」

と いただいたのは、あちらで販売していたシュトーレン。
ロンドンのデパート、セルフリッジのものらしい。


  
b0205694_2024396.jpg

年明けてから まだシュトーレンが集まってくるとは予想外…

More
[PR]
# by my-pavane | 2011-01-07 20:07 | その他 | Comments(0)

レモンカード・レモンピール

2010年

知人よりいただいた 無農薬の国産レモン。

農薬の心配が無いので、皮から何から全部使えるわけですが
レモンって、急にたくさんいただいても
そんなに使い道がねえ・・・

とはいえ、冷蔵庫に入れておいても、レモンって意外と日持ちしません。

柚子でママレードを作ったことはあるけれどレモンでもできるかなあ。
たぶん、作るのは難しくないけれど
ものすごく 酸っぱいママレードになっちゃったらどうしよう。

検索してみると
『レモンカード』なる食物を発見。
ジャムと違って、卵を入れるため いくらか味がまろやかになるらしい。
これなら、食べられるかな。


皮をむき、果汁をしぼり(皮はおろしておく)
ボウルに入れて、バター・砂糖・裏ごしした卵と合わせ
かき混ぜながら、湯せんで温める。 

レシピの分量からすると 皮が余ってしまいますが
こちらは 冷凍保存できるので 白い薄皮を取ってから冷凍庫へ。

できました。

  
b0205694_20423988.jpg


       見た目は立派なレモンカード。




2011年

お正月、冷蔵庫の整理をしていたら
冷凍された「レモンの皮」に気付きました。
ああ、そういえば 昨年レモンカードを作った時、使い残したのでした。

レモンピールは仕事が始まってしまうと、作っている暇はないので
(レモンカードより手間がかかる)
この際 作ってしまうことにしました。

【レモンピール】

材料:レモンの皮 砂糖(グラニュー糖)

・「熱湯でレモンの皮を10分煮て引き上げ、水気を切る」 作業を2回。

・30分 水にさらしておく

・「皮の8割くらいの重さの砂糖」を加え、ひたひたの水と一緒に 弱火で30分ほど煮詰める

・水気がとんだら、引きあげて乾かし 
 グラニュー糖を振るか、洋酒に浸けておく

b0205694_2044010.jpg

   まだ ちょっとしっとりしている状態。



  勢いで、そのままパウンドケーキの具にしました。

  
b0205694_20425792.jpg

[PR]
# by my-pavane | 2011-01-05 14:55 | お家で | Comments(0)

奈良 興福寺

動物好きな お姫様(2歳未満)にお付き合いして奈良へ。

特に 大極殿を見ようとか
せんとくんキャラが好きだとか
博物館を見学するとか 
そういうのではなく
単純に鹿を見に行ったのです。

だから、基準は
日当たりがよくて 人が少なくて 鹿がそこそこ見られる場所。

ちょうど 興福寺は 中金堂の復元再建工事中で
五重塔と南円堂周辺に人がちらほらいる程度。

b0205694_2054942.jpg
b0205694_20564066.jpg

b0205694_20562121.jpg


鹿といえば、広島へ行った時 宮島にもいたけれど
あちらの鹿は華奢でおとなしかったなあ。

こちらは 鹿せんべいの気配を察するや わらわらと寄ってきて
一頭など、私のお尻をかじろうとしてくれました。

しかし 奈良は広々として のんびりできます。
工事現場も のどか。
b0205694_2057820.jpg




帰りに 菓匠 千寿庵吉宗さんで わらび餅をお土産に。
お菓子を買うと、わらび餅と 昆布茶でおもてなししてくださいました。

b0205694_20572429.jpg

[PR]
# by my-pavane | 2011-01-04 12:30 | 奈良 | Comments(0)

花びら餅 食べ比べ

仕事用の新しい黒靴が欲しくて、初売りセールへ行くことにしました。
とはいえ、
大阪は人が多すぎて 靴売り場は戦場状態となるかと思われる。

というわけで、京都の高島屋へ行ったものの
靴売り場をぐるぐる巡って、
『これぞ!』というものを見つけると サイズが無い…

結局、決定打が無く セールで探す事は断念。

さて、これからどうしよう。
せっかく京都へ来たけれど
八坂神社など まだまだ人混みがすごいだろうし
大好きな和菓子やお茶の老舗は、お正月休みが長くて開いていないだろうし。
でも おいしい和菓子を食べたいなあ。


種類は限られるものの、間違いなく 京都老舗の和菓子が購入できる
地下食料品売り場で 『花びら餅』を買って帰ることに。

お正月ならではの和菓子、『花びら餅』。
【川端道喜】さんが 初釜用に考案したという和菓子です。

今では いろんなお店で作られていている「花びら餅」
白い皮は、羽二重とか求肥
食感のアクセントなのか、野菜の牛蒡(ごぼう)が入っています。
味を決める中身は 味噌餡で、薄い菱餅(桃色のものが多い)が入り
これが、白い皮の内側からうっすら透けて、春らしい繊細な色合いに。

デパ地下の和菓子屋さんは、数が限られるとはいえ
ほとんどの店で この花びら餅を扱っていまして、迷う迷う。

結局、「二條若狭屋」「長久堂」「千本玉寿軒」から 一つずつ購入。

お家に帰ったら、
早速お茶をいれ、花びら餅を 3人で切り分けて 試食。

【二條若狭屋】
求肥?羽二重?
やわらかい皮の下の餡は、味噌餡と、ピンクの濃い菱餅(というか餡)。
皮越しに見た時、餡のピンクが一番濃かった。
味は、味噌が甘めで、生姜の風味が効いていて
『花びら餅』というイメージとは違うけれど、和菓子としてはありだと思う。
 好きな味。

【長久堂】
「きぬた」や「山葵求肥」「昆布求肥」など
求肥がおいしい「長久堂」さん。
花びら餅の皮も、しっかりした求肥で
厚みもあり、餡より もちもちした皮をおいしく味わう感じ。
花びら~ という繊細さは あまり無いかも。
大福に近いです。

【千本玉寿軒】
羽二重の皮が 薄く柔らかく
中の味噌餡は 味噌らしいおいしさが残ってほんのり甘い。
桃色の菱餅も うすーく入っていますが
外から見ると、ほとんど気配くらいしか感じない。
でも、全体を合わせて食べた時のバランスが すごく良いのです。
三つの中で、一番「花びら餅」らしいと思った。
 

いつか、本家本元
『川端道喜』さんの 「試餅」
(初釜の前に作る、『お試し用』と銘打った 花びら餅)も
食べてみたいなあ。

ちなみに、花びら餅
もとは 宮中で配っていた
汁なしの「包み雑煮」が原型なのだそうです。
『はなびら』という丸い餅に菱餅を乗せ
牛蒡を置いて味噌を付けたものらしく
食べる時には 2つ折にしていただくのだそう。

言われてみれば、
お餅と牛蒡と白味噌ですものね。
京風白味噌のお雑煮だー!

牛蒡が入っているのが謎だったのですが
お雑煮の具なら 納得。

友人情報。
[PR]
# by my-pavane | 2011-01-03 15:00 | 京都 | Comments(0)

ホットケーキタワー 2回目

昨年作ってみた ホットケーキタワー
写真ではわからなかったかもしれませんが

実は、一人で食べる事を前提に作ったので
直径10cm  
高さ14cmくらい
超・ミニミニサイズのホットケーキタワーだったのです。

本当は せめて
直径16cm×厚み3cmくらいのホットケーキを8枚は重ねたい。

幸い、年末年始は 胃袋(親戚)が集まっております。

『お正月といえば、お決まりのお節ばかりでは飽きますよね?
 というわけで、2日の朝食はホットケーキです!』
と宣言して 
強引に 2回目のホットケーキタワー。

本当は、粉の配合から全て作りたいところだけれど
時間が無いので、泣く泣くホットケーキミックス使用。

600g入りのホットケーキミックスを全て使い
大きさ・厚みがそろうように、小さいフライパンで 表を焼き
大きいフライパンに移して、裏面を焼きつつ
次のホットケーキを小さいフライパンにセット。

これを繰り返す事10回。

できた。
b0205694_12133271.jpg


最後の方は 種が少なくなったので 薄い出来上がりになり
最終的な高さは24cm。
種さえあれば、まだまだ積めたなあ。

お約束のバターとメイプルシロップとろり。

More
[PR]
# by my-pavane | 2011-01-02 07:00 | お家で | Comments(0)

クリスマスのお菓子作り

毎年、この時期になると作る クリスマスプレゼント用焼き菓子。

今年は バターのストックが大量に(約1kg)集まってしまったので
何が何でも消費せねばなりません。

というわけで
まずは、アイスボックスクッキー。
1回で、400g弱のバターを消費できます。

次に パウンドケーキ。
(私の得意な焼き菓子。ただしバターは40gしか使わない。)

うーむ、まだ2本(400g)以上バターが残っている・・・


この際ですから、新しいレシピに挑戦しましょう
と、いうことで

『キプフェル』
というクッキーを焼いてみることにしました。

材料は、バターに小麦粉、アーモンドパウダーに 粉砂糖と塩少々。
種ができたら、三日月形に成形して焼き、粉糖をたっぷりまぶすお菓子。
つまり、 「真っ白な三日月形クッキー」となるわけです。

ですから、
なるべく焼き目がつかないよう 「色白さん」に焼き上げるのがコツ。

レシピ本には180度で20分ほど焼く、と書かれていますが
オーブンによっては、火の回り具合が変わってきます。

家のオーブンは どちらかといえば 火の廻りが速い方なので
本の通りに20分焼くと、焦げてしまうかもしれません。
 ので、念のため 15分にオーブンをセット。

三日月形の成形作業は それなり手間取るので
焼いている間に次の種を 三日月形にしていきます。

そうこうしているうちに、香ばしいっていうか 焦げ臭いにおい?

焦げたー!

まだ12分くらいなのに?バターが多いから 焦げやすい?


2回目 焦げなかったけど 茶色い仕上がり。

3回目 理想的色白クッキー

焦げた分はどうしようもないですね。
茶色いのは、粉糖をたっぷりまぶせば白くなるでしょう。
味に変わりはなし!


色白さんだけ、プレゼントに配りました。


茶色の白塗りメイクのクッキーは これから当分私のオヤツです。
[PR]
# by my-pavane | 2010-12-20 08:06 | お家で | Comments(0)

クリスマス シュトーレン

シュトーレンという食べ物があります。

楕円形で、たいてい表面をびっしりと砂糖衣でおおわれていて
中には ドライフルーツ(ラム酒浸けのレーズンやオレンジピールなど)
ナッツ類、マジパンなどが入っています。

2年前、パン屋さん巡りをしたのが12月だったので
何軒かのパン屋さんには シュトーレンが置かれていて
試食できるところもありました。

それまで 『シュトーレン』という物がある事は知っていても 食べたことがなく
レ・ブレドォル(北大路のパン屋さん)の試食で初めて食べ、おいしい!と感激。

もともと ドライフルーツ・ナッツ類大好きな私
洋酒やスパイスの香り 
ドライフルーツやナッツの風味が複雑にからみあう独特の味

 はまりました

一見 多すぎるのでは?と思う砂糖衣も
オーブンで熱々に加熱すると
シュトーレン生地からじゅわ~っと出て来るバターがからみ
部分的にキャラメル状態となって、
カロリーの事は ひとまず忘れましょう
と思わせる美味しさとなります。

以来、同じくシュトーレンにはまった友人と 
毎年 何種類か買っては おすそわけしあう12月。


2008年
【PAUL】 梅田 阪神百貨店地下 

初めて一本買いしたシュトーレン。
購入して手に取って、
そのずっしりとした量感に
本当に食べきれるだろうかと不安になったものですが
あっさり食べきりました。おいしいのです。


2009年 
【ベッカライ ビオブロート】 兵庫県 芦屋

甘党の友人から、芦屋においしいパン屋さんがあるよ と教えてもらい
たまたま12月に芦屋へ行く用事があったので 
これ幸いと 電話予約して買いに行きました。
表面は砂糖衣ではなく、グラニュー糖(というかザラメ?)がまぶしてあります。
バター以外は全てオーガニック素材。
小麦本来のおいしさ、素材の良さが味わえる逸品。


【Jamin ジャマン】 大阪 茨木市

地元で人気のフレンチのお店。
1度、ランチのコースをいただいたけれど、デザートの紅茶のブリュレがおいしかったなあ。
2階がティールーム【サロン・ド・テ・ジャマン】になっているらしいです。
シュトーレンは いただきもの。マジパンが入っているタイプは初めてで
最初 何が入っているのかと びっくりしました。
香料がきいていて、独特の香り。

この年、同じくシュトーレンを食べ比べていた友人と
互いに集めたシュトーレンを分けっこ。

【オークフード】【さらさ3】【木のひげ】【ヤマダベーカリー】【不思議工房】
・・・のをいただきました。


2010年
【ブランジュリ・タケウチ】 大阪 本町

ここは、お気に入りのパン屋さんでしたが
シュトーレンも作るという事を知ったのは つい最近です。
駅からちょっと遠いという立地と、平日のみ営業というところから
電話予約して買いに行こうと思ったら「電話予約はできません」

2010年は12月7日からの販売。
そちら方面へ出かける人に、
『通りがかりに もし、残っていれば買ってください!』とお願いしたら
奇跡的に買ってきていただけました~♪

b0205694_23182721.jpg

スパイスの香りが 食べる前からおいしい予感。
焦げる直前まで熱々にして食べる♪



【ジュ・エ・ボワット】 大阪 高槻市

一時は 毎週お昼ご飯のパンを買いに通ったお店。
今年は ベリー/オレンジピール&アールグレイ紅茶 の2種類のシュトーレンを販売。
試食させてもらって、オレンジピールの方を購入。
シュトーレンというよりは、素直に焼き菓子。
具だくさんのフィナンシェを食べているような感じです。
温めない方が、紅茶の香りを感じられるかも。


【Sugar Tooth】 大阪 梅田

阪急の高架下「ほなな」で、月曜日だけカフェ営業しているお店。
月に一回、日曜営業してくださるので その時をねらって お茶しに行きます。
今年は12月12日の日曜のイベントに出店され
シュトーレンも何本か出されるということで、仕事に行く前に買いに行きました!

ラムレーズン・柚子ピール・マジパンの入ったオーソドックスタイプ。
しっかりと浸けられたラムレーズンの水分がじっとりと染み出して
食べる前から 見た目だけでも十分おいしそう。
(もちろん、食べたらとっても美味しかった。)

SugarToothさんは、このオーソドックスタイプの他に、
後日『チョコマロンシュトーレン』も作られていまして
こちらは 友人から お裾分けしていただきました♪
シュトーレンという感じではなかったけれど、
焼き菓子の一種として とっても美味しかった!



【レ・プレドォル】 京都 北大路(松ヶ崎)

2年前のパン屋さん巡りで 最後の方に寄ったお店。
それまで あれこれ買いすぎて、ここでは あまり買えなかったのですが
お腹いっぱい状態だったにも関らず、試食したパンはおいしくて
来年は 絶対ここでシュトーレンを買う!と誓ったのです。
結局 翌年は行けず、2年目にしてようやく購入。
期待し過ぎて、そんなに美味しくなかったらどうしようと心配しましたが

いろいろ食べて、ここのシュトーレンが一番おいしいと思った!

スパイス・甘味・素材感 いろいろのバランスが とても良いのです。


【hohoemi】 京都 荒神口

河原町通と鴨川の間に ひっそりと隠れるようなパン屋さん。
始めてここで買ったエピが 感動的においしかった。
近くを寄ったついでに おやつに何か買って帰ろうと 入ってみたら
シュトーレンがあったのです。しかも 1個だけ。
迷わず買いました。 嬉しい。

砂糖衣も生地も、水分が少ないタイプ。
ナッツがいっぱいで、『木の実を食べている』感がすごいです。
ナッツの多さに、一見 存在感が薄いオレンジピールですが
食べてみると、ちゃんとピール独特の甘味苦味がしっかりします。
本体はそんなに甘くなく、周りの砂糖衣もしっかり食べて ちょうど良いバランス。

いただきもの
【ワルダー】京都
これまたオーソドックスなタイプ。
2切れいただいたけれどそのスライスのサイズからして
本体は 結構大きいと思われます。
『おすそわけ送ります』のお知らせがあって、 ここへ更に
【PAUL】が加わることに。
〔厚さ2cm以下〕の スライスだから、メール便で来るらしいです。

2010年は、全8種類。大漁です。

来年(2011年)目標の シュトーレン。
[PR]
# by my-pavane | 2010-12-18 20:03 | その他 | Comments(0)

冬の散歩

栖園の月替わりの『琥珀流し』
1年最後の12月「黒豆」を食べたくて京都へ。

せっかくこの時期 京都まで出かけるのだから
北大路通のパン屋さん【レ・ブレドォル】まで足をのばして
2年前の試食以来 ずっと買いに行きたかった シュトーレンを買いましょう。

と いうわけで 

四条烏丸から 北大路までお散歩。

阪急烏丸から大丸を通って 通い慣れた六角通の【栖園】へ。

b0205694_20594378.jpg

すっかり見慣れた 坪庭を眺めつつ ゆったりといただきます。
来年は また3月からの「桜蜜」をいただきたいな。

メインストリートは信号が多いので
寺町を上がっていきます。
二条で、以前いただいた 『ラムレーズン羊羹』を売っている
JOSEN(じょせん)のお店を確認。
ラムレーズンだけじゃなくて、
『コワントロー&オレンジピール』 『栗&ブランデー』 『白桃葛』 『カシス』の、【羊羹】が。
名前は羊羹ですけれど、完全に洋菓子です。
相手が保守的な舌の持ち主でなければ、プレゼントに良い感じ。

丸太町まで来たところで ふと
「ペットボトル持ってくるのを忘れた」(梨木神社の水汲み用)事に気付き
河原町通~鴨川沿いにコース変更。

出町柳の商店街をちょっとのぞき『揚げまんじゅう』なるモノを売っている店を発見。
今日は買わないけれど、次は食べに来よう。

以前入らなかったパン屋さん【ルーク】で イチジクとレーズンのパンを買い
鴨川岸を歩きつつ 栄養補給。
とんびが ちらちらこちらを伺っているので、警戒しつつ食べます。
(以前 ひったくられた事あり)

b0205694_21152429.jpg


北大路まで出る前に、天然酵母系のパン屋さん【ユノディエール】があったことを思い出し
久々に寄ってみることに。
しかし、あいかわらず わかりにくい立地。
確か病院の近くだったよね、と歩いて 1度しっかり通り過ぎ 戻ってきて探す始末。

無事たどりついて、(クリスマスの飾付けで店の雰囲気が違っていたのでわからなかった)
以前食べておいしかったクリームパンに惹かれつつも
やはりおいしそうなハード系のパンを購入。


下鴨本通に抜けて、せっかくなので下鴨神社へ参拝。
b0205694_21191439.jpg
b0205694_21195793.jpg



b0205694_21202350.jpg

舞殿には 既に来年の干支 卯の大きな絵馬。

下鴨神社を更に北上すると、ようやく北大路通。
ここで右(東側)に折れて ずんずん進みます。確か左手にあったはず。
2年ぶりなので、
(まだ営業しているかしら。閉店していたらどうしよう。)
と いろいろ不安がよぎりつつも
もし閉まっていたら、
斜め向かいの 美玉屋さんの黒みつだんごを買うからいいんだ!
と自分を励まし 東へ東へ。

久しぶりの 【レ・ブレドォル】。ちゃんと営業されていました。
シュトーレンも あるある。ちゃんとある。
2年越しの再会です。嬉しい。

後はまっすぐ帰るだけ。
信号待ち知らずの 最短ルート『鴨川沿い』をひたすら南下していきます。
現在位置は、橋のたもとに来ればわかるので便利。

b0205694_21353869.jpg


荒神口橋
[PR]
# by my-pavane | 2010-12-17 15:30 | 京都 | Comments(0)

OSAKA光のルネサンス 2010


今年も行ってまいりました。

仕事後に行くので、荷物を極力減らして準備。
なのに、こんな日に限ってお歳暮をいただき 荷物が増えた

この日の大阪は どんどん冷え込む方向で
梅田に着いた時点で かなり寒い。
地下街を歩いて移動していると、地上出入り口から入る外気が冷たい。

うーん、これは
人が少なくて歩きやすいかもしれない。(笑)

b0205694_13454057.jpgb0205694_1347595.jpg

b0205694_13464286.jpg

案の定、昨年より人は少なくて 歩くのが楽々♪

さあ、屋台で腹ごしらえ!
(ここで夕飯にする腹積もりでしたので)


去年きていた ミンチカツのお店もありますね。
今年はフランスの屋台が多いような。

レンズマメのポタージュ
ホットワイン
ブイヤベースにパスタ
ホットドッグの類
キッシュや ロールキャベツ
ボルシチにペリメニ(ロシア料理)
バウムクーヘンにドーナツ
トルコ・インド・韓国など世界各国料理もあるし
日本のB級グルメも来ています。

イルミネーションもきれいだけど
何しろ寒いので、暖かいものを食べつつ眺めます。

河の上は、ソリとトナカイのイルミネーションをつけた船が行き来
(サンタさんも乗っています)
b0205694_1344211.jpg


御堂筋から中央公会堂へ向かう通りには 光のアーチ

バラ園のスペースには巨大トナカイ(高さ7メートル?)
b0205694_13505219.jpg

b0205694_13512071.jpg


5時に始まるOSASA光のルネサンス
10時で終了となり、そこで ライト消灯。
仕事後に行くと、どうしても9時ころにしか到着できないので
一時間のお散歩(のうち ほとんどは屋台の前で何を食べようか迷っていた)

More
[PR]
# by my-pavane | 2010-12-15 08:45 | 大阪 | Comments(0)