おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-10-22 08:01
和栗モンブランとパンプキンパ..
at 2017-10-20 06:23
月見だんご:たから餅老舗
at 2017-10-11 06:45
和栗のプリン:SugarTo..
at 2017-10-10 06:12
秋の壬生狂言(2度目)
at 2017-10-09 06:10
最新のコメント
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
タグ
(424)
(333)
(271)
(183)
(89)
(78)
(67)
(58)
(53)
(48)
(38)
(35)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

御所周辺散策


四条大通りから、大好きな寺町通をずっと上がる(北上する)と
丸太町通りに出ます。
ここから左手に見える緑地は、京都御苑

もっとも、地元の皆は『御苑』なんて呼ばず、『御所(ごしょ)』と言い慣れてしまっているので
御苑のまん前で 観光客の人に、
「あのー、京都御所はどこでしょうか?』と聞かれ
『目の前に見えているのが、御所ですよー』と返してしまう。
「えっ?でも、ここには御苑って…」と、戸惑う観光客の皆様。
御苑の広いスペースの、北側の一部が、
本来の意味での「京都御所」なんですよね。


それはさておき
この御所周辺には、古いお寺や西洋建築、老舗が多い。

御所に出入りしていたというお店も多いのですよね。
だから、この周辺は いろいろと見ごたえがあって楽しいお散歩コースなのです。

いつも春先は、祇園周辺で「桜」の花見でしたが
たまには、「桃の花見」もよいのでは?
と友人に言われ、
桃って、どこで見られるんだろう。
と、調べることになりました。
そうしたら、御苑の敷地内に 梅林と桃林があるのですね。知らなかった。

よし、桃の花を見て
ついでに 御所の周りをぐるっとお散歩してみよう。

一緒に歩き回る人、いませんかー?
で、いつものお散歩仲間が集まりました。



さて 今回の 散策コース。

御所の南西角から出発して

香樹園八百林(果物屋さん。生ジュースが売りらしい)

聖アグネス教会(明治31年建築の教会。煉瓦作りのすてきな建物)

京都府庁旧館(春の一般公開時期。中庭のしだれ桜と二階の知事室見学)

護王神社(猪の狛犬で有名)

とらや(和菓子)

本田味噌本店(味噌の老舗。御所へも出入りしていたらしい)

このあたりで御苑に入り、桃林と御所北のを愛で
猿ヶ辻を通って御苑の東側へ。

野呂本店(御苑北東の漬物屋さん)へ行ってから
今度は寺町通を南下

梨木神社(染井の水)

新島旧邸(同志社大学創立者の旧宅)

村上開新堂(京都最古の洋菓子屋さん)

こんなには回れないだろうなーという予想を超えて
しっかり回れてしまいました。
特に、アグネス教会と新島旧邸は、中に入れると思っていなかったので
嬉しい誤算。

残すところは
[PR]
# by my-pavane | 2010-04-11 19:13 | 京都 | Comments(0)

上賀茂神社 手作り市

毎月第4日曜にある、手作り市。

もともと、骨董市は好きですが
手作り市は、そんなに興味が無かったのです。

おいしいパンが食べたいなーと思って
「キートス」というパン屋さんを検索していたら
この手作り市に、「キートスで修行した人がやっているパン屋さん」が来ていた
という記事を見つけて

それは行ってみないと。

と思ったのがきっかけ。

でも、そのパン屋さんが毎回参加するとは限りませんから
問い合わせしてみました。
主催するのは上賀茂神社ではなく、別の団体のようですから
そちらへお電話。

「どこのパン屋さんが来るのですかー?」
「申し訳ありません、関係者以外には そういう情報はお話できません」

具体的に、○○は出店しますか?という質問だったら答えられるみたいです。
お店の名前はわからないので、もう行ってみるしかない。


せっかく行くのですから
上賀茂神社 入り口にある、焼餅の老舗「神馬堂」
ここの、焼きたての焼餅を食べたい!

手作り市は9時から。
あまり早くに着いてしまって、時間が余っても困るなあと
おっとり11時頃に行ってみたら
神馬堂は既に行列。
お店の方が『一時間待ちでーす!』と叫んでいました。

しまった。
これから一時間並んでいたら、今度は 手作り市の方が終わってしまう。

ここは、涙をのんで 神馬堂を諦めます。

さて

手作り市ですが

塗り物(うるしのお椀や端、皿など)
焼き物(陶器)
焼き菓子(ケーキ・クッキーその他)
パン(ハード系が多くてうれしい)
漬物(すぐきもあった)佃煮
野菜・ドライフルーツ・乾物
手作り雑貨いろいろ

ほどよく、見やすい数のお店と 品揃え。

上賀茂神社から近い場所の「レディオ・ベーグル」のベーグル
滋賀県から遠征してきているパン屋さんのパン
近くの漬物屋さんの 漬物と佃煮(3つ1000円のを おまけでもう一つつけてもらえた)
などを買いました。

そろそろ手作り市も店じまい。

そして神社から出て来ると、神馬堂は売れきれ閉店しておりました。
次に市ついでに来るなら、ここは8時着ですね。
[PR]
# by my-pavane | 2010-03-28 21:57 | 京都 | Comments(0)

鞍馬寺~貴船神社

2010年、寅年の初詣。


知人から「虎の狛犬があるお寺で初詣しましょう」
と提案があり そりゃ 行ってみないとねと、初詣先は決定。

出町柳で待ち合わせ、そこから、叡山電鉄で北上していきます。
だんだん山の中に入っていき、とうとう終点「鞍馬」駅。

降りると、駅舎の前には巨大な天狗の顔が飾られていました。
そういえば、鞍馬天狗って 有名でしたね。

お寺へ向かう途中には 鞍馬の名物 佃煮のお店が何軒か。
おいしそうですが、市内のデパ地下でも買えるし と
今回は まっすぐお参りに向かいます。


少し行くと、山門。
そして、この山門の両側に、ありました 虎の狛犬。
b0205694_2214338.jpgb0205694_2225468.jpg























さっそく写真を撮っていると、雪がちらついてきました。

山門をくぐって進むと 右手に短いケーブル車の路線があり
坂道がきついわーという人が、楽に上へたどり着けるようになっています。

もちろん、ケーブルは使わず、坂道を登っていくと
左手に「鞍馬の火祭り」で有名な 由岐神社。

さらに  くねくね曲がる坂道・階段を上がっていくと
鞍馬寺に到着です。
そしてここにも虎狛犬

b0205694_2232580.jpg       b0205694_2235227.jpg
























山門のより 縞模様のでこぼこが はっきりしていて
思わず
『・・・モンブラン?』とつぶやいてしまった。




お参りを済ませ、さて、これから貴船へ向かいます。

牛若丸(後の源義経)が 駆け回り、天狗と修練を積んだという 鞍馬山の山道。
木の根がぼこぼこ 起伏を作り、確かに天然のアスレチック状態。
毎日走り回っていたら、そりゃあ足腰も鍛えられるであろう・・・。

魔王殿を回って、山道を下り(この辺りで吹雪いてきました)
山を下りきると、鞍馬寺西門、貴船です。

川の上流へ向かって歩いていくと、左手に神社があります。
ここが、丑の刻参りで有名(になってしまった)貴船神社。

もっとも、京都市内に住んでいる女性が
いくら怨みが深いとはいえ、こんなところまでやってくるはずもないので
有名な「金輪の鬼」の話は 京都市内のどこかでだと思いますが
(実際、清水寺の上の地主神社の境内には 釘の痕が残る杉の木があります)

こちらも ご挨拶がてらお参りし
さあ、帰りましょう。

ここからは叡山電鉄の貴船口駅までバスが走っていますが
川沿いの一本道の上、坂も下りですし
しゃべりながら てくてく歩いていたら 駅に着いてしまいました。

今度は、夏の川床か
秋の 火祭りを見に行きたいな。
[PR]
# by my-pavane | 2010-01-03 21:16 | 京都 | Comments(0)

OSAKA光のルネサンス 2009

職場の先輩から
御堂筋方面でのイルミネーション、きれいよ~
見に行ってきなさいよ、と お勧めされまして

それならば、と仕事の後 
自宅と全然反対方向の電車に乗って中之島方面へ。

昼間にイルミネーションの飾りつけを見てはいたのですが
こんなに広範囲にわたって イルミネーションがあるとは知りませんでした。

b0205694_13525741.jpg
b0205694_13532917.jpg





結構長い中之島。
周辺には、屋台がいっぱいです。

寒い中、夕ご飯もまだの空腹状態なので
さっそく屋台の一つ、コロッケ屋さんで揚げたてのコロッケを一つ。
おいしい~ 胃に しみるわ~

寒いせいか、やはり 熱々の食べ物や
ワインのお店などに人が集まっています。

中之島周辺のお店の出店もありますが
同じ関西でも、結構遠くから出店している店もあり
あれもこれも食べてみたくて大変。

『北浜レトロ』の入り口が いつもと全然違う雰囲気になっていて面白かった。
来年もするのかな?

2010年
[PR]
# by my-pavane | 2009-12-16 20:33 | 大阪 | Comments(0)

信州 善光寺参道

祖母が住む、長野県長野市

有名な善光寺は 歩いて行ける距離。

坂道を登って、善光寺へ行き
そこから長野駅周辺まで てくてく歩いて往復するのがお散歩コースです。

今回は、夜行バスを利用して行ったので
朝7時頃 長野駅に到着。

駅前には、不思議な銅像が(銅像というか噴水ですが)。
b0205694_021932.jpg

善光寺の門前町だから、
仏像かなと思ったら違う。
如是姫(にょぜひめ)、という 
仏教のお話に出て来る
娘さんの銅像です。


そういえば、子供時代 家に
漫画で読むお釈迦様の伝記
みたいな本があり、
それで この話を読んだような。


b0205694_033229.jpg




祖母の家には遠回りだけど、
参道沿いは面白いお店が多いし
何と言っても歩きやすい道なので
まずは善光寺へのびる参道をてくてく。

しばらく来ないうちに、見たことのない食べ物を売る店ができています。
b0205694_011135.jpg

もなかでおにぎりを。

イラストを見ると 
海苔で巻いたおにぎりを 
もなかで包むように見えますが
どんな食感になるのでしょうか。

そして一体、具は何を?

いずれ確認しようと心に決めて、
善光寺へ向かいます。

b0205694_05243.jpg

お寺なので、朝は早いはずですが
それでも、お土産物屋さんは 人影なし。
奥に向かって呼びかけて、お土産を売っていただきました。
すみませんねえ、こんなに朝早くに。

もなむす その後
[PR]
# by my-pavane | 2009-10-08 21:27 | 長野 | Comments(0)

寺町通(てらまちどおり)


京都御苑(いわゆる「京都御所」)の東側を 南北にのびる寺町通は
一番好きなお散歩コース。



丸太町通(御所の南側の通)から 下りていくと

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

パンの進々堂や、お茶の一保堂 

京都最古の洋菓子屋さんの村上開新堂

末廣(お寿司屋さん)

書道関係の古梅園 


丸太町以北には

紫式部ゆかりの廬山寺

「染井の井戸」の名水が汲める梨木神社

更に上がって お漬物の野呂本店があります。

おいしい焼芋屋さんの「川越」や
八百卯(梶井基次郎の「檸檬」で有名な八百屋さん)は
残念ながら閉店してしまいましたが


御池通からの商店街に入るまでは
京都の歴史を感じさせる静かな道で、のんびり散歩するのに最適。

梨木神社で おいしいお水を汲んで
一保堂のお茶を買って
自宅で ゆっくりお茶をいれるのが お散歩後のお楽しみ。

気になる。
[PR]
# by my-pavane | 2009-09-30 00:00 | 京都 | Comments(0)

一保堂茶舗

いつも、阪急の河原町で降りて
四条大通りから 寺町通を上がって歩きます。

にぎやかな寺町商店街を抜け
御池通を渡ると、とたんに 静かになる寺町通。

京都御苑南の丸太町通りと 御池通のちょうど中間地点
二条通を少し上がったところで、右手に見えてくるのが
『一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)』。

茶壷の形をした看板が、ほのぼのした風情で
大きなのれんをくぐって お店に入ると
お店の方がにこやかに応対してくださいます。

今日は何を買おうかな。
定番のほうじ茶。
とっておきの玉露。

いろいろ見ている間、店員さんが
「よろしかったら どうぞ」と
玉露を試飲させてくださったりします。

初夏に行った時は、水出しの玉露をいただきました。
香りと 甘味と、冷たいのどごし。おいしい~

『玉露』と言えば
普通は、沸かしたお湯を 2~3度器から器へと移しかえて
60度くらいまで温度を下げたお湯を
急須の中の茶葉に注ぎ
ゆっくりと出していきますが
水出し玉露って 初めていただきました。

店員さんに、どうやって淹れるのですか?と尋ねると

「こちらでは、地下水を汲み上げる井戸があるので
 その井戸水で 20分ほど水出しにします」
とのこと。

自宅でなら、軟水のミネラルウオーターに茶葉を入れて
冷蔵庫でゆっくり出せば、同じ感じにできるでしょう、と。

そういえば、ここから更に北へ上がった
下御霊神社には、おいしい水の出る井戸があるそうですし
御所の東側には梨木神社という神社があり、
ここでは「染井の水」で有名な名水が汲めるのです。

一保堂の井戸も、同じ水脈なのかな?

というわけで 
一保堂で玉露を買い
梨木神社から持ち帰ったお水で、水出し玉露。

おお、一保堂でいただいたのに負けないおいしさ。

一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)

中京区寺町通二条下ル
9:00~19:00(喫茶室「嘉木」は11:00~17:00)
休み:1月1日~3日
[PR]
# by my-pavane | 2009-09-29 00:00 | 京都 | Comments(0)

村上開新堂

明治37年(1904年)創業らしい。

京で一番古い洋菓子屋さん?

もとはと言えば、
『京都市内の 古い西洋建築を見て歩こう』
というコンセプトで、お散歩を計画した時

ここは「西洋建築」というイメージとは ちょっと違ったので
最初は見落としてしまったという なんともな思い出があります。


春のお花見シーズン、
1度だけ、友人らとお店に入ってみたら

扉に「をす(押す)」という表示があったり
クッキーが入ったショーケースが なかなかの年季ものだったり
外から眺めるより ずっと面白かった。

ロシアケーキと呼ばれる 昔風のクッキーが並んでいたけれど
予約しないと買えないという、贈答詰め合わせ用の
小さなクッキーの方が おいしそうだったなあ。

ロシアケーキと
好事福廬(こうずぶくろ)という名前の蜜柑のゼリー
が ここの名物らしく、ゼリーは要予約。

好事福廬は、そのうち予約して食べてみようと思うのだけど
ここ、日曜祝日定休なので、なかなか買いにいけない・・・
[PR]
# by my-pavane | 2009-09-28 19:40 | 京都 | Comments(0)

柳桜園茶舗


寺町通の洋菓子屋さん、『村上開新堂』の向かいに
細い通りがありますが
これが二条通。

同じ「条」が付くのに
四条通や五条通に比べてなんで 二条・三条って細いんでしょうね?
不思議。

その二条通を西に進むと すぐ右手に見えるのが
お茶の老舗「柳桜園茶舗」。

すぐ近くにある「一保堂」さんが 基本定休日なし状態なのに対し
こちらは日曜定休。

しかも、昔ながらの 小さいお店なので
知らないと、たどり着けないかもしれません。

もとはと言えば、ある本で
玉露を淹れるのがどんなに下手な人でも おいしく淹れられる
『熱湯玉露』を置いている店として紹介され
(玉露をおいしく淹れるには温度が大切。低温でゆっくり、が基本なのです)
どんなお茶!?と興味を持ったのがきっかけで

住所を頼りに たどり着いたのが最初。

試してみた熱湯玉露は
確かに熱湯でもそこそこおいしいけれど
普通に淹れたら もっとおいしいと思います。

そして、今 一番のお気に入りは
かりがねほうじ茶「香悦」。

その名の通り、香り高いほうじ茶で
これを飲んでしまうと、スーパーの安価なほうじ茶が飲めなくなってしまうという
困ったお茶です。

日曜にしか来られない時は、
京都高島屋の地下でもお取り扱いがあるので、そちらで購入可。

10月30日(土)

ほうじ茶が切れそうなので、再訪。
いつもは袋入りのお徳パッケージで購入するのですが
今回は缶入りを買おう!と決めていました。

柳桜園の茶缶は、鳥獣戯画の絵がかわいいのです。

お店に入って、茶色の茶缶を確認。これです。
ふと、玉露などを置いている場所に目をやると 
同じ鳥獣戯画モチーフだけど、白い和紙を使った茶缶を発見。

「こちらは、週末限定のお品です。」
香悦より上質のお茶を、同じ製法で焙じ茶にしたものだそうです。

そうかー、いつもは金曜日に来ていたから知らなかったんだ。
というわけで、お買い上げ。

これから寒い寒い季節。
熱々のおいしいほうじ茶が嬉しい。

本店にて
[PR]
# by my-pavane | 2009-09-27 00:45 | 京都 | Comments(0)

亀屋良永

寺町通と御池通の角。

シンプルなウィンドウに 和菓子が並んでいます。
それも、とても上品に。

御池煎餅の缶を見ると、
デパ地下でよく見かけるあのお店、と気付くけれど
これはやはり、本店で買いたい。

でも、日曜定休なので
平日なかなか来られない身としては
結局 デパ地下で買ってしまうのですけれどね。

麩菓子のような 軽い軽い食感の御池煎餅。
口にすると、ふっと冷たさを感じます。
煎餅の表面に 何か白いものが薄く塗ってあるのだけど
何だろう?
いつも 不思議を感じながら食べる お菓子です。
[PR]
# by my-pavane | 2009-09-26 19:49 | 京都 | Comments(0)