おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-06-28 08:01
南京町でお買い物
at 2017-06-26 06:41
メリケン波止場とメリケン地蔵尊
at 2017-06-25 06:38
遥かなるルネサンス展:神戸市..
at 2017-06-24 06:41
あん食フレンチトースト:トミーズ
at 2017-06-23 06:16
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(418)
(317)
(267)
(179)
(86)
(65)
(60)
(56)
(51)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2017年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

西院のお菓子屋さん:菓子職人

弓道の後は いつもなら
SugarToothカフェへ行くために円町方向へ北上し
その後東へ歩いて四条通りまで南下
烏丸駅あたりから電車に乗って帰るのですが
本日、SugarToothカフェさんは営業しておりません。

すると、北上コースは無しですね。
東へと言っても、今日は河原町から大宮まで歩いてきたので
また戻っていくのもつまらない。

うーん、と考えて
ふと思い出したのが
西院駅の近くにあるという【菓子職人】というお店。
行った事はありませんが、かなり前に誰かにお薦めされた事があり
いつか行こう、と思ってそのままです。

弓道場があるのが高辻通
菓子職人のお店は松原通にあるので
高辻通の一本南にある松原通りをひたすら西へ進めば
目的のお店の前を通過できるはずです。

では、お散歩がてら
いつもと違うコースを歩いて
そのお菓子屋さんへ行ってみよう。

で ひたすら西へ進んでいきますと
左手に 大きな児童公園が。
b0205694_22221875.jpg

入口の柵の上には 雀のオブジェが並んでおります。
奥を見ると、桃色の木が見えますが
ひょっとして、あれ 桜?
b0205694_22243596.jpg
間違いなく桜です。
ソメイヨシノではなく、早咲きの河津桜っぽい。
b0205694_22250166.jpg

白っぽい桜もありまして こちらは ちらほら咲き。
b0205694_22280449.jpg

思わぬところで
えらく早いお花見が
できてしまいました。

公園内には
早々にお花見を楽しむ
家族連れの方々の姿。

アスレチックほどではないですが
普通の公園では見られないような
遊具もありまして
なかなかに面白い公園です。↓
公園の名前の表示が見当たらなかったので
後で調べたら
『光徳公園』という名前らしい。
b0205694_22361301.jpg

本来の目的((お菓子屋さん)を忘れそうでした。
西院方向へ進まなくては。

公園をぐるぐる歩いたので
方向を見失いそうになりましたが
一度公園の外へ出れば 影の方向で西がわかります。
(京都市内は 通が碁盤の目だから)

再び松原通を西へ。
西大路の大通りを渡ってすぐ向こう
ようやく 目的地に着きました。
b0205694_22420256.jpg


中に入ると
生ケーキも焼菓子も充実しています。
焼菓子はいくつか試食があり
太っ腹なことに
クッキーなら丸一枚での提供。

オレンジのクッキーと
キャラメルナッツの焼菓子を食べ
このお店で自分の好みに合うのは
ナッツやラム酒漬け系統らしい
と思われたので

季節ものの
「桜」や「オレンジ」の
クッキーやロールケーキに
惹かれつつも
あまり季節に関係ないタイプ
を選びました。



b0205694_22425725.jpg

で選んだのがこの三つ
純生ロールクラブ(ロールケーキ)と
ミニクグロフ 2種
(ラムレーズンとナッツミルク)

ロールケーキは
基本のプレーンや抹茶の他
季節ものの「さくら」や「ストロベリー」
「生チョコ」「ハニーレモン」など
7種類くらいあったようですが
店内に入った時
カット売りは残り3種のみで
「さくら」は私の前で品切れとなりました。

他の焼菓子も
贈答用なのか
カゴに20個という勢いで
購入していくお客さんがいます。



b0205694_22432726.jpg


京都純生ロールクラブ
「ダブルナッツ」
(1カット230円)
ロールケーキは生クリームを
使っているので
お日持ちは2日間、要冷蔵です。

ダブルナッツの
ナッツの種類は何ですか?
と うかがうと
店員さん、『えーと』と言いながら
包装の裏の材料表示を見て
アーモンドとヘイゼルナッツです、
と答えてくれました。

お菓子の種類が多すぎて
覚えきれないのでしょうか・・
ヘイゼルナッツを使っているので
ちょっとクセのあるクリームを想像していましたが
思ったよりあっさり、キャラメルのコクを感じるケーキでした。
スポンジ部分はふわふわ。


b0205694_22441134.jpgミニクグロフ(230円)
お日持ち2週間です。

1番人気らしい
「ナッツミルク」→
上にミルクチョコレートが乗っていて
小さいけれど
食感はしっとりどっしり

サイズや見た目から
カヌレみたいな食感を
想像していましたが
ちゃんとクグロフです。

味はチョコよりナッツより
「コーヒー」を感じました。



b0205694_14352379.jpg

もう一種類の
ラムレーズン。

原材料を見ると
こちらにも
コーヒーやチョコレートが
入っているらしいですが
風味はラム酒とレーズン
生地に入っている
アーモンドプードルの味が
強いです。

「ラムレーズン」とあるので
もっと洋酒が効いているかと
思いきや、それほどでも。

レーズンもよく見る黒っぽいのではなく
赤みがかったさわやかなタイプ。
b0205694_14352801.jpg

レーズンは半生干くらいの物を
ラム酒に軽く漬けたのかな、という感じで
そういう意味ではクグロフにしては軽やかな味でした。


[PR]
by my-pavane | 2017-03-31 06:14 | 京都 | Comments(0)

田中長奈良漬店 本店営業再開

お花見は やはりまだまだらしい、と
河原町から大宮へ移動する事にしました。

弓道場のある大宮までは
阪急の駅で 河原町~烏丸~大宮と3つ分
四条通りを西へ進めばよいわけですが
途中通過する烏丸駅の近く
奈良漬けのおいしい『田中長』さんのお店があります。
古い本店が改装工事のため閉店し
仮店舗営業となって3年。
b0205694_21560266.jpg





確か、遅れに遅れながらも
『来年の春には』
本店営業できるはずと、
去年うかがったように
記憶しております。

  今年の2月
← 前を通りかかった時には
建物が出来上がっているようでしたし

そろそろ本店
営業再開されているのでは?











b0205694_21575017.jpg





本店の前へ行ってみますと

工事の柵が消えています。

店頭には
たくさんの花。

という事は
オープンされましたね?

お祝いの花が
まだ新しいようですので
本店オープンしてから
まだそんなに日は経っていない模様。
b0205694_22003643.jpg
これは寄っていかなくては。
改装前の本店に入った事がないので
これが本店初訪問です。

春の季節ものがあるかしら、と
品物をながめてみると
あります、春ならではの「筍の奈良漬け」

新商品もありまして
『こちらの金時人参が 新商品です。』
と 試食を勧めてくださる店員さん。
食べてみると、人参の風味が結構残っておりますね。
ちょっとゴボウにも似ている感じ。

やっぱりご飯が欲しくなる
田中長さんの奈良漬け。
b0205694_22063390.jpg


新商品も試したいけれど
1種類だけではなく他のも欲しい
というわけで
金時人参&長いも
2種類詰め合わせをお買い上げ。(500円)
b0205694_08253466.jpg
金時人参(紅)と長いも(白)で
実にめでたい「紅白」の粕漬です。

オープン記念で
紅白になるように作られたのかもしれないですね。



ちなみに 営業再開はいつからだったのですか?
と うかがうと
今月25日からとの事。

『3年、結構長くかかりましたー』と店員さん。
本店ができたので、これまでの仮店舗は店じまいするそうです。

オープン記念として お買い物をすると頂いた品。


b0205694_14284511.jpg

手帳みたいだけど
何だろう?と思ったら
付箋でした。
b0205694_14284844.jpg



[PR]
by my-pavane | 2017-03-30 06:47 | 京都 | Comments(0)

2017年 お花見下見:木屋町通

2017.3.29

今年の春はなかなか温かくならず
桜の開花も遅れ気味です。

今月25日に観桜祭が始まるはずの京都府庁
気温が急に上がって 開花が進みそうな29日
弓道が午後からだったので
その前に ちょっと下調べ、と
河原町で下車して 木屋町通り高瀬川沿いの桜を見に行きました。


b0205694_21295297.jpg



阪急河原町駅から地上に上がり
四条通りから高瀬川を見ると


蕾はだいぶふくらんで
ピンクの花びらが見えています。

もう一日温かい日が続けば
一気に咲きそう。
b0205694_21355152.jpg





これだけ蕾がふくらんでいたら
一つくらい咲いていないかしらね、と
高瀬川沿いに北上していくと
3つくらい開いた花を見つけました。

しかし、それだけ。
これから気温が上がれば
今日中にもう少し開くかな?
という感じです。

今週末には
「お花見」できるくらいに開くかも。






[PR]
by my-pavane | 2017-03-29 06:29 | 京都 | Comments(0)

食パン:ひつじ(もとhohoemi)

御苑でのお花見後も 
裁判所周辺の枝垂れ桜などをチェックしつつ
駅へ向かっておりました。

夷川通まで来たところで
『豆政』さんの店がすぐそこですから
おやつを買おうかどうしようか迷ったものの
今日はまあいいか、と そのまま夷川通を東へ。
すると今度は『ひつじ』さんの前へ出ました。
b0205694_19230024.jpg
もとは鴨川の西岸にあったパン屋さん『hohoemi』が
パン屋さんを休業してドーナツ屋さんをすると宣言し
ドーナツ屋さんとしてのお店『ひつじ』をオープンしてから
かれこれ5年以上経つのですが
いまだパン屋さんを再開される気配は無し
確かにドーナツはおいしいのですけれど
もう「hohoemiさんのパン」は食べられないのかなあ
と思いつつ店内をうかがうと

おや

食パンらしき物が見えます。
もしや パン作り、再開していらっしゃる?

で 店内に入ってみると、
カウンターの上には確かに食パン。
店員さんも
『こちらは かなり時間をかけて作った自信作です。おすすめです。』

というわけで 迷わず買いました、食パン。
(ちなみに メイン商品であるドーナツは既にほとんど売れ切れていて
 カウンターの上に2個しか残っていませんでした。
 ドーナツ屋さんとしても 人気おとろえておりません。)

b0205694_19251675.jpg

食パン

思えば
hohoemiさん時代には
食パンって
一度も食べていませんでした。

食べてみると
なんとも優しい味で
バターだけで食べるより
ジャムを付ける方が
美味しさが映えます。

食感が独特で
ふんわり柔らかく
最後にとろけるような感じ。

今日は食パンしか見なかったけれど
他のパンも再開してくださらないかなあ。



[PR]
by my-pavane | 2017-03-28 06:10 | 京都 | Comments(0)

お花見(梅と桃):京都御苑

2017.3.24

京都府庁の桜が 思い切り空振りに終わり
なんとも不完全燃焼なお花見気分
この物足りなさをどうにかしたいものですが
どうしたものか。

ここで、ふと思い出したのが
府庁からそのまま東へ進んだところにある京都御苑。
御苑には、桜以外に 梅林・桃林がありましたから
今なら むしろ、そちらの方が見ごろかも。

府庁の敷地を東に抜け 出水通りを東へ進み、
信号を渡って御苑の敷地へ。

御苑西南にある出入り口「出水口」
遠目にも何か咲いているのがわかります。
b0205694_23543678.jpg
ちょうど、梅林のある場所でした。
花は最盛期を過ぎて散り始めているようですが
それでも なかなかに綺麗です。
b0205694_00011124.jpg
b0205694_00025054.jpg

b0205694_00030243.jpg
b0205694_00025962.jpg
花粉対策のマスクをしていても、ほのかに薫る梅の香り。
マスクを外したら、もっといい匂いがするんだろうなあ(外しませんけど)。


風が吹くと 花びらが舞う梅林を北へ進むと
今度は 桃林に出ます。
こちらの見ごろはこれからのようで
梅に比べてふっくらした花が愛らしい。
b0205694_00060317.jpg

b0205694_00064863.jpg
b0205694_00064693.jpg


b0205694_00072441.jpg

桃林の北端まで来ると、すぐそこが京都御所です。
b0205694_00075133.jpg

この季節、御苑の中の人は少なくて
誰かいるなと思うと、海外からの観光客です。
桃の花を見ながら「サクラ!」と喜ばれている姿に
それは桃です、と教えてあげるべきかどうか迷いましたが
同じバラ科の花だし まあいいか、と桃林を後に。

ちなみに 梅林から少し南へ行った場所には
見事な枝垂れ桜の木が植わっております。

こちらはアイドリング中というか
蕾でほんのり枝先がピンク色。
咲くのは来週からという感じです。
b0205694_00142825.jpg

2013年の3月24日には 御苑の北の桜、そこそこ満開でしたが
今年の桜は やはり遅いようです。


一応「お花見」できて気が済んだので
御苑の南側から外に出ようと 敷地の南方向へ移動。
ちょうど御所の建礼門へまっすぐ伸びる
建礼門前大通りの南端へ来ると

ひときわ大きな 桃色に染まる木が一本。↓
b0205694_00165970.jpg
こちらも、梅の木でした。
b0205694_00201079.jpg
b0205694_00200289.jpg



b0205694_00211527.jpg

これだけ
紅白桃の花をたくさん見ると
緑や黄色が新鮮に映ります。

堺町御門近くに植わっていた
甘夏(?)らしき木。
たわわに実っておりますね。
自然落下したらしい実。
b0205694_00211921.jpg

これ、無農薬かなあ
落下した実、芝生や岩の上で傷んでいましたが
もったいない、もらえるならジャムにするのに・・・
と思いつつ 御苑を後にしたのでした。


[PR]
by my-pavane | 2017-03-27 06:47 | 京都 | Comments(0)

観桜祭「前日」:京都府庁旧館

2017.3.24
b0205694_19441147.jpg
そろそろ お花見の行先を決めないとね、と
インターネット上で情報を集めております。

もっとも 京都のお花見スポットは
どこもまだ「つぼみ状態」とあります。
弓道へ行く前日、あちこちを見ていたら
『京都府庁』で【観桜祭】の案内が出ておりました。

京都府庁は 基本「通常業務のある平日」しか入れませんが
桜の季節に合わせてこの期間中だけは
土日祝日でも、一般の人が入ることができるのです。

開催期間は3月25日から、とありますから
イベントそのものは弓道の次の日から。
しかし、25日から開催するという事は
ひょっとして早咲きで咲く桜があったのかな?
1日前なら、そんなに状況は変わらないでしょうし
下見がてら、寄ってのぞいてみようかしら

と SugarToothカフェからの帰りに寄り道することにしました。
b0205694_19440682.jpg


平日ですので 府庁に用事のある人以外、誰もいません。
明日からのイベントのため 何か設置作業している人がいるくらい。
さて、中庭の桜はどうでしょう。


こんな感じで、全くもって咲いておりません。
b0205694_19465705.jpg

中央の枝垂れ桜・西側の容保桜・大島桜どれも蕾。


中庭の南西側に植えられている『容保(かたもり)桜』は
これまで何度か見に来てますが
来るタイミングが遅いらしく、いつも散ったところしか見ていません。
b0205694_19482082.jpg

故に これが
一番早いのではなかろうかと
期待してきたのですが
さすがにこれも蕾。↓
b0205694_19505006.jpg


b0205694_19523586.jpg

うーん
これもダメか・・・

と がっかり。


花が咲き始めるのは
早くても来週からかなあ
と思われます。

花が無くても楽しめるよう
敷地内には
現代アートが展示されていますので

容保桜の前で
仰向けになった犬の像を見て
しばし和んでいきました。


b0205694_19592644.jpg


[PR]
by my-pavane | 2017-03-26 06:38 | 京都 | Comments(0)

苺のチーズケーキ:SugarToothカフェ

弓道の帰りに立ち寄るSugarToothカフェ。

3月もそろそろ終わりなのに
とっても寒い24日
SugarToothさんでは かぼちゃのプリンが出るらしい。
春らしい、苺を使ったチーズケーキもあるらしい。
と前日のブログでメニューをチェックし
本日は両方食べて帰る!と決めてきました。

お昼を食べていないので
かぼちゃプリンがお昼ご飯で
苺のチーズケーキがデザート、と 注文したのですが
いざ実物を前にして
b0205694_19172635.jpg

きれいな桜色のチーズケーキ、味が繊細そうです。
やはり、繊細な味がよくわかるように 先に苺の方を食べるべき?
と考え、こちらから食べることに。

b0205694_19184356.jpg


思った通り、新鮮な苺の風味がさわやかで
クリーミーなチーズが意外にさっぱり。
見た目、そんなに苺の存在は目立ちませんが
食べると苺のみずみずしさと甘さがしっかりします。
下に敷いてあるチョコレートのクッキー生地?がさくさくとアクセントに。

そして私が愛してやまない
『SugarToothさんのかぼちゃのプリン』。
b0205694_19233780.jpg
「プリン」と名乗りながら こっくりしっかりした食感で
カラメルのほろ苦さが映えます。
ああ、やっぱり好きだなあ、と思う。


b0205694_19313005.jpg



ちなみに
前回来た時のテイクアウトは
ビクトリアスポンジケーキと 
マフィン。

b0205694_19322366.jpg
ビクトリアスポンジケーキは
前回お持ち帰りしたのが予想以上に美味しかったので
今度はどんな味かなと楽しみに。

今回挟んであるのはオレンジのジュレでした。
これがとてもビターで、周りの甘さ控えめのチョコレートとよく合い
うっとりのおいしさ。

b0205694_19350499.jpg
このケーキはお持ち帰りできるので
テイクアウトの時置いてあれば順ぐりに試していこうかなー、
と思っています。

[PR]
by my-pavane | 2017-03-25 06:11 | 京都 | Comments(0)

弓道体験 42回目

今月は祝日がありますので
20日の月曜日祝日、うかがっても良いでしょうか?
と 予約の電話をしたものの
予約した日の前日、高熱を出しまして
これは無理。
と、あわてて キャンセルの連絡を入れました。

幸い、翌日には完全に症状が治まり 
これがインフルエンザだったとしても
5日経てばもう大丈夫であろうと
再び体験をお願いし、出かけていった弓道42回目。

とはいえ 寝込んでいた間
体力はかなり落ちておりまして
自分でもわかるくらい ふらふら。
筋肉も ゆるんでしまっているだろうなあ。

前回は11kgの弓を引かせていただきましたが
今日 11kgの弓で引き始めてみると
案の定、安定させる事ができません。
ここしばらく、矢が的の外へ行く事はほとんど無かったのに
最初の数本は 笑っちゃうくらい的から遠く外れた場所へ。
先生も見ていて危なっかしいと思われたらしく
『今日は10kgにするか?』
ハイ。

で 10kgの弓に交換して再び練習再開です。

以前、左手の弓の握り方(手の内)に問題があって
弓の握りの角に当たる部分が指に近すぎたのか
変な所(薬指の下の方)にマメができましたが
b0205694_11181146.jpg


では もうちょっと深く握ればよいのかな
と やや深めに握り込むようにしたら
今度は 天紋筋より手首寄り部分に血マメが。

先生『今度は深く握り込み過ぎ。』

そもそもマメができるほど
強く握る必要は無いらしいのですが
私、手のひらの肉が薄くて弓が手の中にひっかからず滑ってしまうため
どうしても しっかり握ってキープしようとするようです。

なんだか痛いなあ、と思って手のひらを見ると
マメが割れて出血してしまっていたので
先生が絆創膏を貼ってくださいました。
(なんだか最近 来るたびに絆創膏をいただいている)

本日の注意点
・左手の弓の握り方
弓の角と手のひらの当たるべき場所が
前は上過ぎ今回は下過ぎと、正しい場所からずれている。
・左手の親指を入れ込む角度
引き分ける時、親指を右向こうへ押すように回すのはよいが
回し過ぎ。

・体の中心がぶれる
最後の離れの瞬間、体がぐらつく。
(ので 矢がとんでもない方向へ飛ぶ)

ちなみに私、花粉アレルギーがありまして
花粉の侵入を防ぐべく、マスクを付けたままでの練習でしたが
これに、ちょっと問題が。
引き分けて、最終的に引ききった時の高さの目安として
『矢が鼻と口の間に来るくらい』と 先生は教えてくださったのですが
マスクが邪魔で 感触がいまいちわかりにくい(しかも 息苦しくて暑い)。
こちらも何か対策を考えねば、と思います。


この日は最初の4本を11kgで
その後は10kgの弓で 計20本。
体力が戻り切ってないなあ、と実感したので
今日はこの辺で、と おいとましました。




[PR]
by my-pavane | 2017-03-24 06:52 | 京都 | Comments(0)

手打ちうどん

風邪をひきました。
(39度台の熱だったのでインフルエンザだったのかもしれませんが
 折悪しく連休の真っただ中だったので診察を受けられず結局不明)

高熱と体の節々の痛みはあるものの
私自身は結構元気でして 食欲もごく普通
むしろ熱が下がってからの方が食欲が落ちました。
(たぶん風邪薬で胃が荒れたのだと思われます)

日頃は好き嫌いしない私も こうなると
「食感の悪いもの」がダメになります。
病人にはお粥が定番ですが、あのモタモタした食感がどうにもダメ。

ツルツル、しこしこした「うどん」が食べたい。

というわけで
買い物には行けないので、自力で作ることにしました。

しかし 乾物類のストックを見ると、
小麦粉『薄力粉』しかありません。
以前手打ちうどんを作った時は強力粉を使ったし
薄力粉ではコシのあるうどんにならないのでは・・・と
インターネットで調べてみると
小麦粉メーカーのサイトに「薄力粉で手打ちうどん」の作り方が載っていました。

よし、薄力粉でも大丈夫。

b0205694_13083954.jpg


そんなわけで 
薄力粉でのうどん作りスタート。

薄力粉100gに 塩水を加え
ざっとなじませたら ぐいぐいとこねます。
(病み上がりでこんなことをしていたら
 また熱が上がるかもしれませんが)



生地がなめらかになったところで
丸くまとめておいて
茹でるためのお湯を沸かし始め
沸くまでの間に 生地を薄くのばし
包丁で細切りに。
b0205694_13084325.jpg

b0205694_13093462.jpg

麺ができたところで 湯も沸いたので
そのまま投入し 茹でること10分。

b0205694_13104408.jpg

切った時は「うどん」の太さだった麺が
ゆだったら「きしめん」状に。
そうか、茹でると膨らむのでしたっけ。

ま 味に変わりなしと
ザルに引き上げ流水でしめて
出来上がり。

b0205694_13105182.jpg
ちょうど 珍しい「だし」を買ったところだったので
それをつけつゆにして ざるうどん。
打ち立てゆでたてのうどん、美味でした。

調べたレシピでは 生地を打ってから
10分か30分、場合によっては1時間寝かせる
と ありましたが
そんなに待ってられないと
全く寝かすことなく とっとと茹でてしまったうどん
すぐ食べる分には問題なかったです。




だし
[PR]
by my-pavane | 2017-03-20 06:01 | お家で | Comments(0)

ピーター・ラビット展:グランフロント大阪

b0205694_11391568.jpg

うさぎのピーターが主人公の絵本
『ピーターラビット』の作者である
ビアトリクス・ポター生誕150年周年に合わせて
グランフロント大阪では現在
『ピーターラビット展』が開催されております。

知人より、この優待チケットをいただいたので行ってみました。

ところで 「グランフロント大阪」
オープンしてからだいぶ経ちますが(グランドオープンは2013年の4月)
実は まだ行った事がありません。

人の多い大阪で、さらに人が集まりそうなエリア
オープン後しばらくは避けておこうと
遠目に眺めるだけでしたが興味はあって
(近畿大学水産研究所の近大マグロとか)

オープンから3年以上も経てば
そこそこ人混みも解消しているのではと
建物に入ってみますと
いや、結構 人がいます。

本店に入ったことがあるキルフェボン(京都にあるタルトのお店)は
京都店でも行列ですが、ここは輪をかけて大行列。
90分待ちとか、何かのアトラクションのようです。

ともあれ、ピーターラビット展が先。という事で
北館・南館と二つあるビルの北館地下にある
イベント・ラボへ向かいました。
(こちら、入口ゲートを含め撮影禁止ですので
 写真は全くありません。)

ビアトリクスが書いた暗号日記に始まって
絵本の元となった絵手紙や 書き写し
私家版の本や 挿絵の原画
ビアトリクスの使った机や眼鏡、画材
お気に入りの人形から絵付けされた食器類などなど
208点に及ぶ出品作品が展示されておりました。

ピーターラビットシリーズの絵本は自宅に9冊ありまして
おなじみの絵もいっぱい見られましたが
原画はやはり 細部までよくわかって見ごたえあります。
持っていない本で、カエルやカメが出てくる話もあるのですが
これが、かなりリアル。

解説を読んでみたところ
ビアトリクスは 動物の遺体を解剖したりして
骨格から筋肉の付き方まで研究していたらしく
挿絵の動物は 生物学的に無理のない動きで描かれているとのこと
言われてみれば、確かに 肉付きとかがとっても自然です。

たっぷり作品を堪能して
最後の記念グッズ売り場にて いろいろ迷ったあげく
使い良さそうなカップとキャニスター缶を買いました。

ところで
入場者には このグランフロントに入っているお店で使える
優待クーポンがもらえます。

その中にあった アフタヌーンティールームのクーポンに
印刷されていたイラスト。
b0205694_12081045.jpg

よく使われるので
絵本を読んだことが無い人も
見たことがあるかと思われます。

第一冊目であるところの
「ピーターラビットのおはなし」
の中で
青いジャケットを着た
ピーターラビットが
お母さんウサギに
ボタンを留めてもらっている
挿絵ですが

小学生だった私、そのシーンを
「飲んだくれてばかりいるパパうさぎが 
 朝帰りしたところを ママうさぎがシメている所」
だと思っていました。

誤解が解けたのは 結構前(高校生くらい?)ですが
第一印象という物はなかなか抜けないもので
わかっていてもその絵を見ると最初のイメージで見てしまう。
原画を見たことで、ちゃんとリセットできるといいなあと思います。

もっとも 原作のストーリーでは
ピーターのお父さんは人間に捕まって
ウサギの肉のパイにされてしまい
未亡人となったピーターのママが
女手一つでピーターら4匹の子ウサギを育てている設定となっております。
小学生時代の私の想像より はるかにシュール


[PR]
by my-pavane | 2017-03-14 06:04 | 大阪 | Comments(2)