おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-08-19 08:01
宮津 灯籠流し花火大会
at 2017-08-16 06:42
弓道体験 55回目:武道センター
at 2017-08-12 06:41
弓道体験 54回目
at 2017-08-05 06:42
プリンアラモード:Sugar..
at 2017-08-04 06:00
最新のコメント
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
タグ
(420)
(322)
(269)
(182)
(87)
(66)
(66)
(57)
(52)
(48)
(37)
(35)
(35)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

白鳳展:奈良国立博物館

しばらく前から気になっていた 奈良国立博物館の 
開館120年記念特別展『白鳳展』

乙巳の変(大化の改新)以降7世紀くらいの
仏像を中心とした展示でして
仏像好きな私としては ずっと見に行きたかった。

でも、奈良って  京都や大阪に比べると
格段に行き難いイメージなのですよね。
自家用車があった時は車で連れていってもらっていましたが
公共交通機関を使うと どういうルートになるのか。

b0205694_21312246.jpg
いろいろ調べていると
『奈良・斑鳩1Dayチケット』という
奈良観光のお得きっぷに気付きました。

あちこちの私鉄と
近鉄電車
奈良のバス乗車券が
一つになったもので
阪急版で自宅最寄駅から利用すれば
ちょっとお得になります。
(しかも、お寺の拝観料などが
団体料金になったりと
特典が付いてくるらしい。)

よし、行きましょう。
9月に入ったら
またいろいろ予定がある事ですし
勢いがある時に行くべきです。

というわけで

阪急京都線→大阪市営地下鉄(堺筋線)
日本橋で近鉄に乗り換え奈良へ、というルートで向かいました。

たまたまですが
乗った近鉄電車が 奈良観光のラッピング車両で
車両の外側は鹿や仏像がてんこもり。
b0205694_21425761.jpg

b0205694_21461080.jpgさて
奈良に到着。

どこを歩いていても
出合ってしまう鹿さん達

外国人観光客の皆さまは
大変うれしそうに
一緒に写真を撮っておられましたが
私 足元に気をつけながら
(フンを踏まないように)
博物館へ急ぎます。


近鉄の駅から東へ東へ
ほどなく博物館に到着です。

特別展、
明治の素敵な西洋建築
なら仏像館(旧・奈良博物館本館)
で催されているのかと思ったら
こちらではなく新館ででした。

フレンチルネサンス様式の旧館は、
ただいま改修工事のため休館で入れず。
b0205694_21494649.jpg

敷地南側に立つ 新館。
この辺り、さすがに鹿はあまりいないと思ったら
フンはしっかり落ちていて油断なりません。
b0205694_21581360.jpg

白鳳展の観覧料金は1500円。
今回は 148件の出陳で うち半数が国宝と重要文化財という
なんとも贅沢な展示です。
b0205694_21582575.jpg

この時代、金属製の鋳造仏像が多いのですが
金属とは思えない やわらかな姿

中国・唐から伝わる十一面観音(これは木造)は
インド人らしい彫りの深い顔立ちが美しかったし

関東のお寺から来た 釈迦如来と薬師如来は
ものすごく ほがらかな笑顔で癒されるし

薬師寺の月光菩薩(国宝)は さすがの美しさ

奈良・金龍寺の菩薩さまは
珍しいくらいのタレ目でしたし

見ていて飽きることなく たっぷり堪能しました。
b0205694_2232525.jpg

見終わると 既に昼を過ぎておりまして
さて これから お昼をどうしようかな、と思いつつ
せっかく来たので 地下のミュージアムショップを覗いていくことに。

階段を下りると
120年記念という事で、写真での博物館歴史パネル展示がありました。
b0205694_22241025.jpg

ここを抜けて左に折れると
ミュージアムショップと カフェレストラン『葉風泰夢』。
b0205694_2227475.jpg

b0205694_22275485.jpg

ショップを眺めていると
おもしろいな、という物はあっても
欲しいものは あまり無いものですね。

『元気が出る仏像シリーズ』 →
筆記用具や クリップ
Tシャツなどがあり
Tシャツは人気で売れ切れの物もありました。

ほのぼのして
見ていて楽しいですが
自分でこれを買って着るかと言われれば
着ないなあ、と思うので
結局 何も買わず。

というわけで
外に出ようか、と思った時
b0205694_22341859.jpg

カフェレストランの前に
こんなパネルがある事に気付きました。

白鳳展特別メニュー
薬師寺×フランス菓子ラ・ポーズコラボ
『笛吹き童子のチョコレートケーキ』

チョコレート仕立ての
クリームブリュレに
横笛を持った飛天の姿の
チョコレートが突き立てられた物で

博物館の色ものメニューって
果たして美味しいのかどうか

迷ったものの
せっかく白鳳展に来たのですから
話のタネとして挑戦してみようかと
お店に入りまして

「チョコレートケーキって、まだありますか?」
(限定20食となっていますしね)

『はい、大丈夫です』

そうですか では それを。

そして やってきた笛吹き童子のチョコレートケーキ。
(ケーキ単品は1000円、 ドリンク付き1300円。
 こんな甘そうなケーキ 飲み物無しで食べるのは不可能ですから
 もちろん飲み物を付けました。)
b0205694_22413845.jpg


b0205694_22442993.jpg
上にそそり立つ
笛を吹く天人さま。

チョコレート板の上に
天人の形のチョコレートを重ね
更に金粉でコーティング。

下のケーキは
やわらかいミルクチョコレートの中に
緑茶が入っているらしい
クリーム状のもの。
クリームブリュレというか
ほとんどクリームです。

なめらかで
おいしい事はおいしい、と思いますが
何しろ こってりチョコレート。

b0205694_22444073.jpg


お薄をいただくが如く
先に ケーキを食べ進めておいて
最後に コーヒーを飲んで口直し

それでも 口から脳へ甘さが残って
もう これからお昼は 絶対に入りません。
そして、とうとう夕食の時間になっても
空腹は訪れませんでした。


1日限定20食
余らせないための数なのか
1日に作れる量の限界なのか
どちらなのだろうと思いましたが
「それくらいにしておいた方がいい数」なのだろうな
と 思いました。

2人で1個、くらいでちょうど良いと思います。
[PR]
by my-pavane | 2015-08-31 06:23 | 奈良 | Comments(0)

本能寺

御池通りに近い【本能寺】は
寺町通商店街と 河原町通の間に挟まれるような場所にあります。
b0205694_22374869.jpg
そもそも ここを知ったのは
京都に来て間もない頃
河原町通にある雑貨屋さんを出てすぐ横
ビルとビルのすき間に
細い道が伸びていることに気付き →

しかも そこに『本能寺』の表示があるので
こんな所に、有名な本能寺が?
と 半信半疑で入ったのが最初。


結局 そこは本来の入口ではなく
抜け道みたいな通路だったわけで



そのまま西へまっすぐ進むと
正門である立派な門が 
寺町商店街に向かって開いております。
   ↓
b0205694_22395257.jpg

というわけで 本能寺、
最初は何となく「通り抜けて」しまうだけに終わりました。

しかも、本能寺が有名になった
『本能寺の変』があった当時は
ここではなくもっと南、四条の方に建てられていた
という事を知っていたため
その後も
「通り抜けられるところに有名なお寺がある」
と 河原町と寺町の抜け道扱いで通過するのみという。

さすがにこれは、大変失礼であると反省し
この度 ちゃんと拝観させていただくことにしました。

【本堂】西側(商店街側)から見たところ
b0205694_22474412.jpg


この手前に 
『臥牛石』という 牛が座っているような形の石と
b0205694_2249479.jpg


b0205694_22504173.jpg
『御供水』と彫られた石が一つ。

一瞬「名水?」と
わくわくして周囲を探しましたが
井戸があるわけではなく
この向こうにある仏具的デザインの噴水が
「仏様にお供えする水」
という位置づけで置かれているようです。

つまり そのまんま
「お供えの水」

節電対策ゆえか
水も出ておりませんでした。

本堂から右奥、つまり
『抜け道』方向へ進みますと
ここに
【織田信長廟】があります。
b0205694_22541344.jpg


こちらと 本堂とに手を合わせまして
今回の拝観は終了。

入口の近くには
宝物館がありまして
時々 「信長展」として
いろいろ展示が見られるようです。
[PR]
by my-pavane | 2015-08-30 06:27 | 京都 | Comments(0)

尾崎食品(こんにゃく)

出町柳の弁天さんをお参りした後は
こんにゃく一筋の【尾崎食品】さんで お買い物。

b0205694_22103047.jpg

いつも「こんにゃくの切り落とし」という
お得な端物を買っているのですが
これが、簡単に袋詰めして口を縛っているだけの包装で
袋が倒れると中の水がこぼれてくるので
防水対策が必要なのです。

先月は うっかりジップロックを忘れてきてしまい
買うのを断念しましたが
本日は ちゃんと保冷バッグとジップロック持参。

人がいない場合、呼び鈴を押してください
という紙が下がっていますが
呼び鈴ってどこだろう。
と 探していると
お店の人らしいおじさんが荷物を運びながら
「そっちの左の柱の横にある」
と 一言。

お店の左端の方へ行ってみると
商品を置いているワゴンの向こうに『呼び鈴』が見えました。
見えるけれど、これ 体格の良い人は
ワゴンの横を通れないのではなかろうか
というくらい狭いすき間を何とか抜けてボタンを押し
いつもの「切り落とし」をお買い上げ。
b0205694_22242246.jpg
一袋150円の価格は変わりませんが
今日は いつもと違い、
切り落としはワゴンの右手に並べられて
自分で選べるようになっていました。

糸こんにゃくでもない 
微妙な太さのこんにゃくもあって
これは 
「出る時と出ない時」があるのだそうな。

切り落としのこんにゃくは
ふぞろいな直方体・三角と
形いろいろなのですが
今回、切り落としの中には
三角のものが一つも無く 代わりに
普通のパック詰めのこんにゃくの中に
『三角こんにゃく』
なるものがお目見えしておりまして
 お持ち帰りが大変な切り落としを 
ちゃんとパック詰めするようにされたのかと思いました。
(何種類か混合になっているのです)

ごく普通の量1パックで100円。
お手頃価格で水漏れの心配もなく
ジップロックを忘れた時は
これを買えばいいなあ、と思います。
[PR]
by my-pavane | 2015-08-29 06:08 | 京都 | Comments(2)

地下水の手水:青龍妙音弁財天

豆餅の『出町ふたば』さんは
その名のとおり、出町柳
(鴨川が今出川通と交差する辺り)にあります。

前回こちらへ来た時は失念していましたが
このすぐ近くに 水を汲める場所がありましたので
今回は ペットボトル持参でまいりました。

目的の場所は【青龍妙音弁財天】

以前 名水を求めて いろいろ調べていた時 見つけた所でして
京都の七福神巡りの一つで『出町柳の弁天さん』と呼ばれているそうです。
ここの手水舎の水は地下水で なかなかの名水らしい。
b0205694_14333329.jpg

出町柳は お散歩で何度も通っていますが
弁天さんなんてありましたっけ?
と 思い返してみると

鴨川デルタ
(鴨川が賀茂川と高野川に分かれる所)から
最初にかかる橋の横に 
鳥居があったような気がする・・・
もしかして、あれ?
と 思い当たりました。

出町ふたばの前の交差点を渡り
橋の手前の右手(南)を見ると
記憶通り、鳥居があります。


しかし緑の木々に埋もれるような感じで
しかも いつも 右手前に露店があるので本堂がほとんど見えず
そんな立派な名前の古い神社がある(本尊は鎌倉時代のものらしい)
とは思っておりませんでした。
b0205694_14335244.jpg


近づいてみると、確かに
『妙音弁財天』の碑が。
b0205694_14341087.jpg

境内に入ると 右手に手水舎と本堂が見えました。
外から見ると緑でうっそうとした印象でしたが
境内は案外 すっきりしています。

b0205694_14342468.jpg

おそらく これが地下水の手水舎。
とうとうと水が流れ出ております。
b0205694_1434452.jpg


先に本堂で手を合わせてお参りしてから
水を汲ませていただきました。
「飲用できる」とは表記されていませんので
自己責任で 沸かして使おうと思います。

ちなみに この【青龍妙音弁財天】について調べてみると
鳥居もありますし 奥にはお稲荷さんも祀られていますが
相国寺の塔頭
つまり「お寺」という位置づけになっているそうです。

帰宅してから
家族に『こんな所に行ってきた』、と報告すると
「ああ、あの蛇の弁天さんね」と返されました。
家族は「七福神めぐり」で 既にお参りしていたらしいです。

蛇の、というのは
本堂の中や外に たくさんの蛇の瓦や絵が奉納されているからです。
弁財天は金運も御利益ですので
そちらつながりなのでしょうか。
b0205694_14345844.jpg
b0205694_143586.jpg


汲んでお持ち帰りしたお水ですが
しっかり沸かした後 煎茶をいれたら
たいへんまろやかで お茶のうまみが良くでる水でした。
錦の水よりおいしい ような気がします。
[PR]
by my-pavane | 2015-08-28 06:32 | 京都 | Comments(0)

豆餅:出町ふたば

出町柳といえば
出町ふたばさんの豆餅。

「出町柳まで行ってくるけれど 何か頼みたいものは?」と家族に聞いたら
「豆餅買って来て!」とリクエストされましたので
枡形商店街を抜けまして、
河原町通にある【出町ふたば】さんのお店の前へ。

今日も平日のためか
行列というほどには並んでおらず
すぐに買うことができました。
b0205694_1427880.jpg


b0205694_14275638.jpg

何度か買って食べていますが
何度食べてもおいしい豆餅。

ごろごろ入ったエンドウ豆の塩気と
餡の甘さとのバランスが
本当にすばらしいです。

ふたばさんの豆餅
「あんなし(餡子が入っていない)」
もあるらしいのですが
これは いつ行っても
「売れ切れ」

餡の無い大福ってどうなのだろう?
と 興味深いのですが
これは開店直後くらいに行かないと
食べられそうにないです。

いつか、きっと。

b0205694_14281554.jpg

[PR]
by my-pavane | 2015-08-27 06:22 | 京都 | Comments(2)

SugaraToothカフェin Kyoto

7月に続きまして
8月にもオープンしました
SugarToothさんの京都営業カフェ。

今回は先にJR京都駅の方で用事がありましたので
そこから歩いて出町柳のカフェへ移動。
朝、つい いつものペースで3㎞走って
更にその後 ある事情で少々走り
最後に暑い京都市内を競歩(京都駅からだと6㎞くらい?)

これだけ歩けば 罪悪感ゼロでケーキが食べられるというものです。

カフェに到着。
b0205694_1485517.jpg

店内に入ると 7月の前回に比べ
お客さんがいっぱいです。
ちょうど食べ終わったお客さんと入れ替わる形で
カウンター席へ座ることができました。

さて 何を食べましょう。
本日のケーキに大好物の「かぼちゃプリン」がある事は知っていたのですが
他にもいろいろケーキがあって、どれも捨て難い。
b0205694_14113329.jpg
そんなわけで 今回は
いろいろ食べられそうな
おまかせ盛り合わせ(飲み物付き1300円)
をお願いしました。

かぼちゃプリンが入るかどうかは
SugarToothさん次第ですが
ちゃんと盛ってくださいました(嬉)

かぼちゃプリン(左)
ラムレーズンといちじくのケイク(手前)
シュケット(右)
チョコバナナチーズケーキ(左奥)
ココナッツアイス(中央グラス)

シュケット、最初カウンターの籠に
キノコのような形状のものが
コロコロ積んであってかわいいなあ、
何だろう、と思っていたのですが
聞いてみると
シュー皮にザラメをまぶしてキャラメル状にしたお菓子
との事。

これだけでも さくさく甘く香ばしくておいしいのですが
ココナッツアイスに合わせるとピッタリでした。
チョコバナナチーズケーキは絶妙なやわらかさで優しい甘さ
かぼちゃプリンはもう文句なしに美味しいです。
ラムレーズンといちじくのケイクは
乗せられたジャムとの相性がすごく良かった。
やはり、STさんのジャムはおいしいです。

京都カフェ営業、どうも 7月8月の2回だけのようで
大阪より京都が出やすい私としては残念。
涼しく歩きやすい時期に また再開してくださらないかなあ
と ひそかに期待しております。
[PR]
by my-pavane | 2015-08-26 06:20 | 京都 | Comments(0)

井戸水のかき氷 笹露:麩嘉

弓道場最寄りの駅は 大宮ですが
そこから まっすぐ帰るわけではない私達。

錦市場をのぞいてみよう、と
そのまま東へ歩いて錦市場に入りました。

焼き牡蠣のお店や
唐辛子・せんべい・いろいろ眺めているうち
麩嘉さんの前まで来ました。

麩嘉さん、おいしい生麩と麩まんじゅうは通年扱っておられますが
冬に「蒸し麩まんじゅう」など 季節限定物を出されたりするので
夏は何かあるかな?と近づいてみると
b0205694_20155730.jpg

かき氷があるようです。
麩のお店で何故にかき氷。と思いきや
井戸水の氷を使っているとの事。

b0205694_20162745.jpg
そういえば、麩嘉さんの本店には
滋野井という 名水の井戸がありました。
あのお水を使っているのなら
麩と同じ水を使っているので
意味がありますよね。
b0205694_20163889.jpg

笹露という名前のかき氷
(税込220円)
おいしい水で作ったかき氷
それはさっぱりと美味しいです。

かけられているのは白蜜
友人は「後味にうっすら笹の香りを感じる」と。
言われてみれば、ほのかにそんな気配も。

地下水
[PR]
by my-pavane | 2015-08-25 06:12 | 京都 | Comments(0)

弓道体験 10回目。

前回より またまた1カ月ぶりの弓道。
とうとう10回目となりました。

先生、初めに巻き藁練習で ざっと所作を確認されると
『じゃあ、上で』
弓は前回7㎏(弓を引くのに必要な力)でしたが
『9㎏でいけるやろ』と 9㎏の弓を渡されました。

この日は 「弓道体験お初」の友人が一緒でしたので
先生はそちらについて指導
私は自主練習というわけです。

渡された弓を抱えて、1階の練習場へ移動しますと
道場1番の常連さん(ほぼ毎日という勢いでいらっしゃるらしい)が 
座って休憩中でした。

「どうぞ、始めてください」と おっしゃってくださるので
遠慮なく 練習開始。

数回 交代で射ていますと
途中で一度先生が地下から上がってこられて
『右手の手首は 上に曲げないように』
カケ(右手に付ける皮の手袋のようなもの)にシワが寄るほど
手首を起こすようにして引っぱるのではなく
手首はまっすず、ひじから後ろへ引くように
と 引き方を注意されて、また地下へ。

手首の角度に気を付けて射ると
から~ん
と 矢は 思いきり 的から外れて落ちました・・・
それを観ていた常連さん
『疲れてきましたか?引きが足りなかったようですが』

手首をまっすぐにした分、ひじをもっと後ろに引かないといけなかったわけです。
ちなみに この先客の常連さんは5段をお持ちだそうで
先生がいらっしゃらない代わり この方が
後ろから いろいろアドバイスしてくださいました。

少し後に やはりこの道場の常連さんである女性が加わり
3人交代で練習。
1時間くらい経ったところで
友人と先生が地下から上がって来たので
終わったのかな?と思うと
『休憩しようか』

で おやつタイムとなりました。
1階の練習場正面にある時計は
3時で止まった状態ですので
「いつでも おやつの時間」らしいです。

おやつを食べ終えた頃に
体験2回目というお子さんを連れたお父さんが登場し
再び練習再開。

結局この日は ほとんど1階で引き続け
12射目くらいで体力・集中力とも切れてきましたので終了。


次もまた1カ月後くらいかなあ、と思いつつ
おいとましました。
[PR]
by my-pavane | 2015-08-24 06:11 | 京都 | Comments(0)

幸福餅:金つばの幸福堂

朝 「京都市美術館」にてマグリット展
近くの「大阪屋こうじ店」でお昼

そこから ぐぐっと西(大宮)へ移動して
キートスさんにてパンを購入。
キートスさんのお店がある坊城通を南下し
四条通を通過して京福電鉄の踏切を渡ると
『金つばの幸福堂』さんのお店の前に出ます。
b0205694_19472948.jpg

壬生寺に近い 金つばの幸福堂さん
これまで3回来て
3回とも買えなかったお菓子があります。

お店の名前を冠した よもぎの大福『幸福餅』
今日は買えるでしょうか。

お店に入ると、いつも「売れきれ」の札が出ていた
ショーケースの中には
「幸福餅」の乗るトレ―すら無い状態。

駄目でしたか・・・と ケースの上に目をやると
あれ?上に 
小包装の幸福餅が一つと
2個入りのケース入りのものが。

店員さんにうかがうと
通常 この時期はそんなに作らない幸福餅(暑くてすぐ傷むから)
お客さんから まとめて特注があったそうでして
(お盆の時期なので 法事関係かもしれません)
それで今日は残っていたのだとか。

しかし、それも ここにある3個が最後。
もちろん迷わずお買い上げです。

b0205694_19475786.jpg
その名もめでたい
幸福餅(1個200円)
お日持ちは当日限り
b0205694_19481688.jpg

ふっくらもっちりのよもぎ餅。
よもぎの風味がしっかりして
中の餡子は 金つば同様おいしいです。
やっと食べられて 満足。

b0205694_19482831.jpg

[PR]
by my-pavane | 2015-08-23 06:45 | 京都 | Comments(0)

フィンランドのパン:キートス

三条会商店街を西へ
フレスコ(スーパーマーケット)の横の道から 商店街を南へ出て道を渡り
坊城通をさらに南下。

このまま進むと 左手に
フィンランドのパンを作る【キートス】さんがあります。

キートスさんの定休日は 水曜日ですので
今日(土曜日)は基本営業日ですが
b0205694_7252269.jpg

お盆ですし
キートスさんの事ですから
たぶん休業でしょうねー
と 言いつつ店の前に来ました。



あれ 営業されている?
普通のお店は
定休日でなければ
営業は当たり前ですが
キートスさん 
かなりマイペースなイメージですので


ラッキー、ということで
お店の中へ。

b0205694_7253477.jpg

定番のパンは一通り並んでおります。

今回は
『ポイカ ユスタバ』653円を買ってみました。
(ハーフで購入したので 326円)

あんず レーズン シリアル
国産小麦・全粒粉 の天然酵母パン
密度の高い
ずっしりした生地のパンです。
食べごたえがあるので
うすーくスライスして
カリッと焼いてバターでいただく。

b0205694_7254595.jpg


ライ麦を使った
大きなハードパンも美味しそうでしたが
1個が大きいので今回は断念。

次回行ける時には
冷凍庫のスペースを確保しておこうと思います。
[PR]
by my-pavane | 2015-08-22 06:22 | 京都 | Comments(0)