おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-08-19 08:01
宮津 灯籠流し花火大会
at 2017-08-16 06:42
弓道体験 55回目:武道センター
at 2017-08-12 06:41
弓道体験 54回目
at 2017-08-05 06:42
プリンアラモード:Sugar..
at 2017-08-04 06:00
最新のコメント
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
タグ
(420)
(322)
(269)
(182)
(87)
(66)
(66)
(57)
(52)
(48)
(37)
(35)
(35)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

洋風お惣菜:リンデンバーム

ほうじ茶と黒糖みつの在庫が無くなりそうなので、
お散歩もかねて、久々に京都へ買い出しです。

「黒糖みつ」は四条にある【祇園小石】さんで
「ほうじ茶」は丸太町通の【竹村玉翠園】さんでと決めているので
まず四条河原町から八坂神社方向へ歩いて
小石さんでお買い物。

四条通、前回来た時は 歩道を広くする工事中でしたが
今回は工事も終わっていて、歩道は広々 歩きやすいです。
(もっとも車を運転される方は迷惑極まりないと感じていると思いますが)

黒糖みつを買ったら、東大路をどんどん北上
竹村玉翠園さんへ向かいます。
ほうじ茶をまとめ買いしたところで
時間はちょうどお昼。

さて お昼をどう調達しましょうか。

このままどんどん北上して下鴨神社まで行けば
そばの【えびす屋加兵衛】さんで矢来餅(やきもち)が
御所の北へ回れば『大黒屋』さんの鎌餅が食べられますから
とりあえずお腹ふさぎはできますね。

とりあえずは 鴨川まで戻りましょうと西へ歩き出し
b0205694_20544987.jpg
熊野神社を過ぎてまもなく
ふと足が止まったのは
このお店。
【リンデンバーム】

ガラス越しに店内を見ると
カウンターの中に
なんだか いろいろ
美味しそうな物が並んで見えます。

右横の棚には
焼き菓子やパンもありますし
左側にはジャムやマスタードの瓶。

何屋さんだろう、ここ。

洋風お惣菜屋さんかな・・・

気になるし(お腹も空いているし)
入ってみることにしました。

お店の横の棚には
こぶりのパンがいくつかと焼き菓子
カウンターの横にはヨークシャープディングが3種とキッシュらしきもの
カウンターの中には たくさんのソーセージやテリーヌ、
ピクルス・サラダ・スープなどなど
どれを食べても外れがなさそうな品ぞろえ。

『日替わりサラダ』(お店のお薦め詰め合わせボックス)に
かなり惹かれましたが
お箸やフォークを持ってきていなかったので
手に持って食べられるサンドを購入。

さて どこで食べましょうか。

で 結局
焼き餅・鎌餅を買った後、京都御所まで移動しまして
御苑のベンチにてお昼ごはん。
b0205694_854841.jpg

今の時期、観光オフシーズンとはいえ
本当に人の少ない御苑内。


b0205694_20565267.jpg
おかげで
全く気兼ねなく 落ち着いて食べられます。

お店でいただいてきた
案内カードを見てみると
『自家製ソーセージ・ハムの店』
と ありました。

専門は肉加工品でしたか。

食べてみると
ハムが本当においしい。
一緒に挟んであるチーズや
パンとのバランスも良くて
これだけシンプルで
これだけ美味しいのはすごいなあ、
と 感心。

パン屋さんでも和菓子屋さんでも
1つ食べて、ここ好きだなあ 他のも食べたいなあ
と思える店と
1つ食べたら (おいしくない事はないけれど)
もういいなと思う店がありますが

ここは前者。
次にここへ来る時には食器とお茶持参で
近くでピクニックだ!と思っております。
[PR]
by my-pavane | 2015-06-30 06:43 | 京都 | Comments(0)

なんばパークスガーデン 上階

雨のため ガーデンを歩く人は誰もおらず
貸し切り状態のパークスガーデン。
b0205694_8255337.jpg
上の方には もうアジサイは無いようですが
せっかくなので 上まで登ってみます。

パークス中ほどの階の花壇
エキナセア(バレンギク)が
たくさん植わっております。


花の種類が少なくなるこの時期
かわいらしく
色のバリエーションも豊富なので
人気のエキナセアですが

最初にこの花の名前を知ったのは
風邪やインフルエンザ予防に効くハーブ
としてだったので
(免疫力を高めたり
 抗菌・抗ウイルス作用があるらしいです)
つい条件反射で
『風邪薬の花』と思ってしまう・・・
b0205694_834326.jpg

階段状の庭園なので ふり返ると 山の斜面にある公園、という感じ。
木もよく育っているけれど、どこまで大きく育つのかなあ。
b0205694_8412236.jpg

b0205694_840248.jpg

上の方まで来ると レストランのある階なので
お庭も 「レストランのお庭」風に おとなしい感じとなってきます。
b0205694_8454966.jpg

b0205694_8473071.jpg
建物が分割している部分も見えるので
ああ、ビルの上だったんだなあ
と 実感。

グランドキャニオンみたいな眺めを見つつ
上階を歩き回っていると
エスカレーター横に池があって
蓮の花が咲いておりました。
b0205694_8501632.jpg


b0205694_8493184.jpg
b0205694_852534.jpg
下の方に比べると 
やや個性的な植物が多い上階。


アメリカデイゴ
という 真っ赤な花が
たわわに咲いております。

いかにも豆科な形の花。
コロコロしていておいしそうと思い
帰ってから調べたら
本当に サラダあるいは煮物で
食べられるらしいです。
知っていたら
落ちていた花を持ち帰って
調理してみましたのに



季節的に、まだバラがあってもよいはずだなあと探してみましたが
意外にバラは少なく、上階の隅に ちょっとだけ。
b0205694_901071.jpg

で このバラの植え込みの手前に
妙な『手形』のプレートがありまして
場所柄(大相撲春場所が開催される大阪府立体育館がすぐそこです)
「お相撲さんの手形」かと思い 近づいてみると これが
b0205694_954420.jpg

「浜村淳」の手形

何故に。

その後 さらに上階に行くと
「西川きよし」の手形がありました。

どうも
何かしら 大阪に縁のある人物の手形
を 展示しているようです。


b0205694_9154630.jpg

ちゃんと「お相撲さん」の手形もありました。
好きだったお相撲さん 横綱「千代の富士」の手形。
b0205694_9195886.jpg

見つけたのは3つだけでしたが
探せば全部で20以上はあったらしいです。
[PR]
by my-pavane | 2015-06-29 06:21 | 大阪 | Comments(0)

なんばパークスガーデン 6月

大阪のミナミ、難波(なんば)は
御堂筋など 交通量の多い道路に挟まれ
ごちゃごちゃと いろんなビルが建ち並び
お散歩するには あまりむいていない場所
かと思うと いきなり ぽっかりと変な神社があったりするので
難波八坂神社とか)おもしろいところでもありますが

一芳亭の近くには「なんばパークス」という商業施設があり
建物の階段状になった屋根部分を利用して
『パークスガーデン』という 空中庭園が作られています。
いわゆる 都会のオアシス。

ここでは毎年初夏に「ホタル観賞の夕べ」という
ホタルを庭園に放って、来場者に楽しんでもらおうというイベントがあるらしいので
一度見てみたいなーと思っているのですが
これが、残念ながら明日からの2日間となっており
せっかく来ているのに 今日は見られません。


緑いっぱいのお庭を歩くだけでも和みますし
ホタルが放されるであろう場所を眺めて
雰囲気を想像するのもいいかな、と

南海電鉄の方から 2階に上がり
なんばパークスの建物には入らずガーデンへ。
b0205694_7381290.jpg


ちなみに ふり返ると
阪神高速とビルで 殺風景な眺め。
対比がすごいです。
b0205694_738286.jpg

b0205694_7463549.jpg
この周辺で仕事している人
お天気がよければ
ここに通うかもしれないなあ
と思いつつガーデンの中へ。


今の季節
花はあまり無いかもね
と 思って入ってみましたが
それなり花はありました。

右の紫系の花は
アンゲロニア(という名前らしい)
金魚草に似ているなあと思ったら
やはり同種(ゴマノハグサ科)。


b0205694_746240.jpg

b0205694_7564679.jpg
この季節だからアジサイはあるよね、と
進んでいくと 思ったとおり
アジサイの植え込みがありました。


さすがに三室戸寺ほどではありませんが
階段左横の斜面いっぱいが
ほとんどアジサイ。



種類はそんなに無いかわり
色や種類をそろえて植えているので
お庭としてはまとまりがあって
綺麗です。

b0205694_755377.jpg

ここだけかな、と上を見上げると
上階右手の方にもアジサイの花。
b0205694_7583765.jpg

日当たりの問題か、下より花が遅いようです。
b0205694_7585494.jpg


さて ホタルが放される場所は どこでしょう。

確か、この庭園内には 人工の小川があったはずなので
そこじゃないかなあ と階段を上っていくと
「せせらぎの杜(もり)」のプレートを発見。
ここかな?
b0205694_874573.jpg
ほとんど緑だけの場所ですが
唯一鮮やかな黄色が目立つ
この花だけが見頃。
ニッコウキスゲ(ヘメロカリスともいう)
b0205694_8104353.jpg

人工の「せせらぎ」である小川
周囲の植物がよく茂って水面があまり見えませんが
b0205694_8192829.jpg
明日から始まるホタル観賞
イベントは2日間だけとはいえ
このくらい緑が茂っていれば
その後2・3日くらい 
まだホタルが見られるかもしれない。
b0205694_8194761.jpg

[PR]
by my-pavane | 2015-06-28 06:18 | 大阪 | Comments(0)

しゅうまい:一芳亭

仕事に必要な資料を確認するため
大阪市内の本社までお出かけ。

用事があるのは心斎橋ですが
平日、そこまで行くのなら お昼はここで
 と 向かったのが
なんばにある『一芳亭』さん。

よく行く研修会場から 非常に近い場所にあるらしく
『シュウマイが ものすごく美味しい』と聞いていて
ずっと食べに行きたいと思っていながら
日曜日が定休ゆえ行けずにいたお店です。

なんばパークスのすぐ近く
なんばCITYに入っている無印良品の店がある辺りの信号
b0205694_6473311.jpg

b0205694_650241.jpgここを左手、
なんばCITYと反対方向の道に入ると

目的の【一芳亭】さんです。

お昼には微妙に早い時間
幸い まだ満席になってはおらず
1階のカウンターに座れました。

名物はシュウマイで
シュウマイ定食が1番人気だそうですが
メニューに載っている
春巻きもおいしそうだなあ

単品で注文して
ごはんを付けようか・・・と思っていたら
ちゃんとシュウマイも春巻きも付いた
定食がありました。

春巻き定食 850円。
b0205694_6533672.jpg

ごはんのサイズはどうされます?と聞かれ
??と思ったら
お値段同じで大盛りもできるのだそうです。
(普通でじゅうぶん いつもより多いくらいなので
 普通に盛っていただきました。)

名物のシュウマイが5個、春巻きとキャベツ
豚肉の入ったスープとごはん、お漬け物。

シュウマイが、本当においしいです。
ふわふわと柔らかく、お肉の旨みがじゅわ~っと来る。
「食べる」というより「飲む」という感覚でいけるわ
というくらい、やわらかいシュウマイです。

シュウマイだけだと飽きるかも、と春巻き定食を選びましたが
(もちろん春巻きもおいしかったけれど)
やはりここはシュウマイだなあ と思いました。

お土産用にお持ち帰り。
15個入りで1000円でした。
b0205694_72115.jpg
b0205694_721298.jpg

あの ふわふわの食感、どう温めたらできますか?
と お店の方にうかがうと
「それは やはり、蒸し器で蒸すのが一番やね」

言われた通り、蒸し器で蒸しました。
レンジも試したけれど、確かに蒸し器の方がふんわり仕上がります。
それでも
お店でのできたて蒸したてには かなわない。
[PR]
by my-pavane | 2015-06-27 06:41 | 大阪 | Comments(0)

Sプレッド

お散歩終了。

さて 何か食べなければ。

なにしろ これまでお腹に入れたのは
山下とうふ店で買った「豆乳どーなつ」1個だけです。
b0205694_1111324.jpg
この付近で おいしいパン屋さんを、と
物集女街道から 五辻で東方向へ。

ちなみに この『五辻』には
目立つ石灯籠がありまして
「柳谷」と彫られています。

もとは江戸時代に
楊谷寺(楊谷観音)へ参詣する人達によって
建てられた常夜灯があり
これは それを再現したものだそうで
元あった古い石灯籠は
他の場所にあるようです。

楊谷観音といえば
眼病に効く名水が出ると聞いて
「水汲み」が趣味の私としては
気になるところであります。

もっとも 今は 水より寺より 食べるもの。

この辺り、道が斜めに枝分かれしていまして
この道で合っているのだろうかと不安になりつつ
どうにか お店に到着です。

【Sブレッド】さん。
b0205694_1195337.jpg


買ったパンを中のカフェスペースでいただけますので
ミックスサンドと お店の名前と同じ「Sブレッド」をお買い上げ。
b0205694_11113390.jpg

ミックスサンドは ふわふわでいながら しっかりした生地の食パンがおいしく

お店の名前を冠した「Sブレッド」 は 言うなれば
お砂糖をたっぷりまぶした
S字型のデニッシュパンです。

このSブレッド、結構大きいし 甘そうだし
食べきれるだろうか、と心配しましたが
何しろ飲まず食わずで歩きまわってきておりますので
罪悪感もなく、ぺろりと完食。


しかし このお砂糖じゃりじゃり感、なんとも懐かしい。
子ども時代、トーストした食パンに
グラニュー糖とシナモンパウダーをふって食べたことを思い出しました。
今思えば すごい食べ方だった・・・
[PR]
by my-pavane | 2015-06-26 06:01 | 京都 | Comments(0)

古代衣装体験:史跡長岡宮朝堂院公園

今回のお散歩 最後の目的地
「長岡宮朝堂院公園」
西向日駅がすぐそこに見える、という位置にある
朝堂院(国の政務・儀式を行うための建物)跡地です。
b0205694_221898.jpg
b0205694_2212349.jpg
b0205694_751334.jpg

跡地、ということで
柱の跡以外 何も残っておりません。

朝堂跡の手前に
当時の建物の配置と
現在の地図を重ねた図があったので
全体からの位置関係はわかりました。


先ほど見て来た『宝幢』(赤矢印)から
ずっと南へ下がって
敷地の左下(南西)の建物が
今いる第四朝堂ですね。
(黄色の印の位置が現在地)

この朝堂跡公園入口に
案内所がありまして
ここで無料で「古代衣装体験」ができます。

中に入ってお願いしますと
住所氏名を記入したのち 着させていただきました。
女性の衣装は2種類

身分の違いは色で表す時代で
身分が高い← 紫 / 緋(赤) / 緑 / 縹(青) →身分が低い
ですから
赤い衣の方が、身分が高いのです。
b0205694_814163.jpg
b0205694_815021.jpg

一見 重ね着しているようですが
実際は ほぼワンピース。
左の衣装は、襟(えり)をつけてから 
衣(きぬ)と背子(からぎぬ)の重ね着が
1つのパーツになっているものを羽織って、
最後に帯の結んだ形になった物を差し込むだけ

身分が下の方の衣装も
下の裙(巻きスカート)を付けて
上はやはり全て一体になった物を羽織り
帯の端部分を差し込んでできあがり。

と 造りは単純な体験用古代衣装ですが
生地などは そんなに安っぽいことなく
近くで見ても、なかなか綺麗です。

下の写真は 身分が高い方の衣装の紕帯(そえおび:ベルトになる飾り帯)
b0205694_8143480.jpg

[PR]
by my-pavane | 2015-06-25 06:05 | 京都 | Comments(0)

長岡宮大極殿跡

資料館見学の次は 長岡宮の大極殿(だいごくでん)跡へ。
(『長岡宮』は、長岡京という都の宮殿で
 『大極殿』は その敷地にある天皇の宮殿の事です)


物集女街道を更に南下していくと、向日神社の前に出ました。
b0205694_2159978.jpg

ここは昨年 
「夏越の大祓(おおはらえ)を7月末日にする神社」を探していた時
検索に引っかかって知った神社でして
創建が奈良時代と かなり古い神社のようです。

時間が無いので 参拝は見送りまして
この前の角を 神社と反対方向(東)へ。

b0205694_21562710.jpg
右斜め前に公園らしきものが見え
これかな?と名前を見てみると
北大極殿公園、とあります。

が ここは跡地というより
記念碑があった場所というだけで
実際の跡地は その横の
何も無い広場。

「史跡長岡宮跡を保存しています」
の看板が掲げられていたので
史跡だとわかったけれど

なにしろ 金網で囲われ
ただ砂利の広場が広がるだけなので
住宅建設予定地かと思いました。

   ↓

b0205694_21565158.jpg


これだけ?と思いつつ 更に南側の方へ回ってみると
道路を一本はさんで向こう側に、赤い柱の建つ公園が。
b0205694_21571287.jpg

こちらの方が史跡っぽいなあ、と思いつつ南へ回ると
『史跡長岡宮跡・大極殿公園』とありました。

赤い柱のような物は、大極殿の敷地内にあった「宝幢(ほうどう)」を再現したものだそうです。
b0205694_21572940.jpg



b0205694_21574535.jpg

b0205694_7364352.jpg
宝幢って何だろう、と思って調べたら
 『儀式用の旗飾りを立てるための物』
だと ありました。

そういえば、先ほど資料館で
『長岡宮のミニチュア再現模型』
を見ましたが
確かに 奥の門と大極殿の建物の間に
ずらりと7本、
色鮮やかな旗が並んでいました。

大極殿とその周囲の建物の
配置図で見ると、
赤い矢印がこの宝幢の場所。

上(北)にある建物
(一つだけ色が変えてある建物)が大極殿で
さっきの砂利広場は
この大極殿の北西(左上)辺り
になると思われます。
[PR]
by my-pavane | 2015-06-24 06:46 | 京都 | Comments(0)

向日市文化資料館

さて 次の目的地は【向日市文化資料館】。
物集女街道沿いにあるようですので
駅前から再び西方向へ戻ります。

そろそろ建物が見えてもいい頃なんだけどー
と思いつつ右手(西)を見ていたら
「図書館」の表示のある建物が。

図書館?資料館が見つからない・・・
と思ったら、この建物左手が図書館、右手が資料館となっていたのでした。
b0205694_21541693.jpg
b0205694_21542848.jpg



こういう施設の入口って、たいていガラス張りで中が見えるものですが
この通り、全然見えません。

開館中、という看板が出ていますが
入口は こんな感じで、入れるのだろうかと不安に。
(開かないんじゃないかと思いました)
b0205694_21543942.jpg

自力で開けるのかと思ったら自動ドアでした。

入って左手に 受付がありまして
入館者は ここで住所氏名を記入。

初めて来ました、と伝えると
受付の方が ご案内しましょう、と
中の展示品について説明してくださいました。

向日市の文化資料館、ということで
基本、長岡京についての展示となっております。
解説によりますれば

長岡京といえば 平城京から平安京へ移る間
一時的に都があった場所ですが
都として機能していた期間が 784年から794年までのたった10年
しかも、平安京へ移転する際 『平安京の都造りにリサイクル利用する』ため
長岡京の建物のほとんど全てを運び出したので
後には 何も残っていない状態

かろうじて、使えないので持っていかなかった
『壊れた瓦の破片』とか
『築地(ついじ)の土台の盛り土』が見つかって
どうやら幻ではなく実在した都だったらしい、
と わかったのがほんの60年くらい前だそうです。

というわけで
展示されているのは
「持っていけなかった瓦」「井戸の枠」「盛り土の一部」「食器の破片」
および「木簡(もっかん:税として納められた品の目録や事務的書類など)」

ついでに
当時の労働者・お役人・貴族のお食事や
衣装(人形に着せてある)も再現されておりました。

ちなみに労働者に支給された食事は、1日の総カロリーが
今の普通の1食分あるかどうかというくらい少なく
しかも、タンパク質は全く無いので
自力で(川で魚獲ったりして)補ったのであろうとの事。
都建設は 難波京の建物を移設したので
半年という短期間の工事だったそうですが
半年でも こんな食事で労働してたら死ぬわ
というのが同行の友人の意見です。

案内してくださったのは
歴史にくわしいボランティアの方らしく
それはそれは丁寧に 
ほぼ全部の展示品について解説してくださいました。
(1時間くらいかけて案内してくださった)
[PR]
by my-pavane | 2015-06-23 06:44 | 京都 | Comments(0)

天国と地獄:栄久堂

さて、ライフシティの中にある もう一軒の目的のお店
【栄久堂】さんは
山下とうふ店さんの左隣にあります。
b0205694_2282323.jpg

子どもの日はとっくに過ぎているのですが
店頭に何故かぎっしりと鯉のぼり。

和菓子屋さんと聞いていたのですが
お菓子よりも 商品名と値段のポップと大量の鯉のぼりとで埋め尽くされ
何のお店だか ちょっとわかりにくくなっております・・・
(最初 玩具屋さんかと思いました)

こちらの辛モノは、もちろん和菓子。
唐辛子の効いた『激辛大福』
ゆずあんの入った普通の焼きまんじゅうに
やはり一味・七味を効かせた『天国と地獄』
注文すれば
『罰ゲーム用激辛饅頭』も作ってくださるらしい・・・

元が甘いものだから、多少辛くても大丈夫だよね
と思ったのかどうかは わかりませんが
激辛大福は 羽二重餅がみごとなオレンジ色で いかにも辛そうです。

ちなみに
『天国と地獄』は 本来のというか
普通においしい『ただの柚子餡焼きまんじゅう』があります。
つまり、
普通のまんじゅうと、激辛のまんじゅうが
同じ包装で販売されているわけで
これで『ロシアンルーレット』のごとく遊べるという商品らしい。


店頭に並ぶお饅頭の上には「天国」「地獄」
それぞれのお値段表示が書かれていますが(値段は一緒)
どっちが天国でどっちが地獄かという表示が無いです。

品物を一つ手に取って裏の成分表示を見ると
ちゃんと「一味・七味」が記載されていたので
それが書かれていない方のお饅頭を手にお会計。
念のため、「これは天国ですよね?」と お店の方に確認しました。
b0205694_2291978.jpg
お店の方、裏の材料の方ではなく
表を見て『そう、こっちが辛くない方。』
と おっしゃった。
どうやって区別しているのだろうかと
うかがってみると
「天国と地獄」シールの貼り方に
違いがあるのだそうです。
(どう違うかは秘密)
b0205694_2293344.jpg


b0205694_2294883.jpg
熱々のほうじ茶を友に
「天国」をいただきました。

ほんのり柚子香る
白あんの焼き饅頭です。

天国だと何度も確認した上でも
食べて「ああ大丈夫だった」
と思うと
より一層おいしく感じられます。
[PR]
by my-pavane | 2015-06-22 06:07 | 京都 | Comments(0)

山下とうふ店

古墳見学前に、一度立ち寄った【山下とうふ店】。
創業70年以上、現在の当主さんは4代目だそうですが
激辛商店街企画に参戦していて
「激辛の豆乳どーなつ」 「ピリ辛絹ごし豆腐」と
2種類の辛モノを扱っているとHPには載っていました。

激辛豆乳どーなつ は ともかく、ピリ辛絹ごし豆腐はおいしいかも、と
売れ切れないうちに買いに来てみたものの 店頭には並んでおらず 
お店の方にうかがったところ
「あれね、生のいい唐辛子が入手できなくて、今は作っていないんですよー」

残念。 HPで見た辛モノ食品の中では
これが一番おいしく食べられそうでしたのに。

b0205694_224468.jpg
激辛だという
豆乳ドーナツはあるようですが 
こちらはそんなにそそられませんので
普通の木綿豆腐と
お店のお薦めだという
柚子とうふを購入。
b0205694_2251257.jpg
b0205694_2254381.jpg
古墳見学後
再び お店へ寄ってみました。

小腹が空いていたので
今度は『普通の』豆乳どーなつを。
1個105円でした。

豆乳どーなつは
他に 胡麻・ココア・シナモンなど。
(もちろん激辛もある)

おやつとして
ほのぼの安心のお味です。

ちなみに
柚子とうふは、単に柚子の味がする
という豆腐ではなく
生の柚子の皮が入っているようで
豆腐の素直な味と
柚子のさわやかな風味が生きて
大変おいしくいただけました。

柚子とうふが こういう味なら、
唐辛子入りのお豆腐もおいしかったんだろうなあ
と 食べられなかったことが残念です。
[PR]
by my-pavane | 2015-06-21 06:03 | 京都 | Comments(0)