おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-06-28 08:01
南京町でお買い物
at 2017-06-26 06:41
メリケン波止場とメリケン地蔵尊
at 2017-06-25 06:38
遥かなるルネサンス展:神戸市..
at 2017-06-24 06:41
あん食フレンチトースト:トミーズ
at 2017-06-23 06:16
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(418)
(317)
(267)
(179)
(86)
(65)
(60)
(56)
(51)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2014年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

はこべ塩歯磨

虫歯の予防にと 歯ブラシ・歯磨き粉にはこだわり
毎食後の歯磨きは欠かしません。

歯ブラシはこれ、と定番を決めておりますが
歯磨き粉は まだ「お気に入り」を決めかね
いろいろ試している最中です。

そんな折
「大阪に、昔ながらの粉歯磨きを作って販売している店がある」
という情報を手に入れました。
『はこべ塩歯磨』という その歯磨き粉は
さかのぼれば 江戸時代からという
びっくりするような歴史ある商品らしい。

販売している場所は 大阪市西区京町堀(四つ橋線の肥後橋駅が最寄り)
昭和11年(1936年)築のレトロビル、安田ビル本館です。

この素敵なレトロビル、何度かいいなあと思いつつ前を通っておりますが
この手のビルの(更に老舗の)常として土日祝日はお休み。
平日、大阪方面本社での研修があったので
その前に寄っていってみよう、と初訪問。
b0205694_22235617.jpg
秋も深まり
ケヤキが黄葉している靭公園。

この公園の北側に
安田ビル本館が建っています。
b0205694_22262373.jpg

b0205694_22265786.jpg
もとは薬屋さんであった『安田屋』さんが
現在は「安田画廊」という
画廊を経営するかたわら
歯磨き粉も販売している、という事でしたが
玄関を入って正面の「安田画廊」
人のいる気配が無くて
入っていっていいものかどうか。
b0205694_22271148.jpg


b0205694_22274457.jpg
画廊の入口で立ち止まっていたところ
会社の方らしい人が
「どうされました?」と
声をかけてくださいました。

歯磨き粉はどこで買えるのでしょうか?

「ああ、それならこちらへどうぞー」
と案内してくださったのが
ビルの入口すぐ右手にある
アンティークショップ
『A&Cギャラリー』さん。

こちらに商品を置いているのだそうです。


というわけで めでたく「歯磨き粉」購入。
一箱500円でした。
後ろにあるのは 「ウンチクです」と添えてくださった紙筒です。
広げてみると 大阪の名品を紹介する記事のコピーと
はこべ塩歯磨についてのご案内パンフレット。
歴史や使い方などが書いてあります。
b0205694_2228786.jpg

さっそく使ってみましょう、と開封。
この手の粉モノは、扱いを気をつけないと悲劇を起こすので慎重に。
b0205694_22282322.jpg


小さい容器に入れておいて、
湿らせた歯ブラシに粉を付けて使うとあるので
用意しておいた容器にそおっと移しました。
b0205694_22283548.jpg


もともとは その名の通り
ハコベ(という植物)と塩を竹筒に入れて焼いて作っていたそうですが
現在は ハコベではなくペパーミントを香料として代用しているとのことで
確かに封を切ったとたん、ペパーミントガムを思わせる爽やかな匂いが。

使ってみた感想ですが
それまで使っていた歯磨き粉も塩気があるタイプだったためか
「塩歯磨き」という名前から想像していたほどには塩辛くありません。
泡立ってしまうことなく、ほどよくなじんで磨きやすい上、
口をすすいだら後味が全く残らず、すっきり。

一箱買って、使い切れるか心配もしたのですが問題なし。
リピートするかもしれません。

ちなみに
歯磨き粉を置いているアンティークショップの【A&Cギャラリー】さん
骨董市巡りも好きな私にはツボな店でして
時間があったら もっとゆっくり見ていきたいところでした。
さしあたり、壁紙を再利用したというブックカバーが可愛かったので
2つ お買い上げ。
b0205694_20461245.jpg

[PR]
by my-pavane | 2014-11-30 06:14 | 大阪 | Comments(2)

和菓子屋さん3軒:今熊野商店街

紅葉の季節の東福寺、充分に堪能いたしました。
思ったほどには混んでいませんでしたが
のんびりしていた事もあって、時間は10時半。
歩いて駅に戻るなら、もう帰らないと仕事に間に合いません。

東福寺を出て、東大路通りをどんどん北上。
この東大路通、途中までは
『今熊野商店街』という商店街。

前回 来た時には この商店街に店を構える
末廣屋さんで和菓子を買って帰りました
b0205694_21351010.jpg
この末廣屋さんの看板商品は
前回買った「老松」と もう一つ
「かすていら」つまりカステラ。

というわけで
今回買うのは看板商品のカステラ
ではなく
メレンゲです。

カステラというお菓子は
たっぷりの卵
それも黄身を使います。
結果、たくさん余るはずの
卵の白身をどうしているか。

おまんじゅうの皮など
他の菓子の材料として利用するのが
一般的な使い方かなあと思うのですが

前回【末廣屋】さんを訪問した際
お店に並ぶ商品の中に『メレンゲ』の大きな箱があるのを発見し
ストレートにそのまま使っていらっしゃるわー
(メレンゲは泡立てた卵白に砂糖を混ぜて焼いたお菓子です)
と感心し
カステラよりむしろ こっちを食べてみたいと思っていたのです。
以前は ケース入り大と小があり 小でも結構量があって1500円くらい
こんなには要らないと あきらめましたが
今回は少量の袋売りがありました。(280円 お日持ち20日)
b0205694_21432459.jpg

カリカリさくさく、シンプルなメレンゲ。
食感が良いので紅茶の友でいただいております。

さあ、おやつも買ったし お家へ直行!と歩き出してすぐ
b0205694_2148222.jpg【音羽屋】さんです。
店頭に並べられたお菓子の中には
「ゆずおこし」が。
そういえば先ほどの【末廣屋】さんでも
ゆずおこしがありました。
11月の季節ものなのかもしれませんね。

ならば 一袋、買っていきましょう。
b0205694_215946100.jpg

一袋200円
ゆず味のおこしって初めてですが
予想以上にしっかり柚子の風味でおいしいです。

さあ、帰らねばっ!
b0205694_223456.jpg
で 最後にひっかかってしまった
【奥田菓舗】さん。

11月ならではの季節もの
「お火焚きまんじゅう」を買いました。
1個140円
b0205694_2262741.jpg

紅白2色ありますが 味は一緒なので白いのを一つ。
炎の焼印がちょっと香ばしい皮に
少し粘りのある甘いこしあんが包まれております。

今熊野商店街って
通りの西側に和菓子屋さんが並んでいるのですよね。

ならば
反対側の東の歩道を歩けばよいかといいますと
そちらには 豆菓子・パン屋さん・甘味処(兼和菓子屋)がありますので
どっちを歩いても同じ事になるのです。
[PR]
by my-pavane | 2014-11-29 06:24 | 京都 | Comments(0)

開山堂: 東福寺

通天橋を渡り、右手(北東)へ進んでいくと
たぶん東福寺の中で一番高い位置になる建物へたどり着きます。
【開山堂】(常楽庵)
b0205694_610199.jpg

その名の通り、このお寺を開いた方(聖一国師)を祀っているらしく
独特の形の建物は重要文化財となっています。
上にある楼閣が『伝衣(でんね)閣』
金閣寺・銀閣寺の上層部と同じような造りが
こういう建物の上にくっついている、というのは確かに珍しい。
b0205694_6104028.jpg

方丈と同じく
サツキの植え込みと 市松模様の描かれた砂による枯山水庭園。
b0205694_652550.jpg
b0205694_654314.jpg

先ほど見てきた 玉洗澗の紅葉景色と対照的に
静かで落ち着いたお庭に、ちょっと ほっとします。
紅葉目当ての人は ほとんどこちらに来ないので
普門院(開山堂の西側の建物)の軒先に腰かけて、
のんびり、ゆったり休憩する人多し。↓
b0205694_6215944.jpg

紅葉の木は見当たりませんが 水盤には紅葉の葉で季節感。
b0205694_6202545.jpg

モミジの代わりに鮮やかな紅葉を見せるのは
開山堂入口手前のドウダンツツジです。
周囲の松の緑と対照的に くっきりと赤が映えて綺麗。
b0205694_624173.jpg

[PR]
by my-pavane | 2014-11-28 06:41 | 京都 | Comments(0)

紅葉見物:東福寺

JR京都駅から東に進み、鴨川にぶつかったら
川沿いに南下して、橋を渡り
東福寺への参道 北端へ到着。

東福寺はもちろん『紅葉の名所』ですが
そこへ行く途中にあるいくつかのお寺の紅葉も
なかなかに綺麗なのですよねえ。
途中で足を止めて、周囲の紅葉の写真を撮る観光客もちらほら。

しかし
お寺に近づくにつれて
人がどんどん増えていくのですけど
今日って平日ですよね?しかも9時前ですけれど?
お寺の北西にある臥雲橋(がうんきょう)の前へ来ると
橋の上は人でぎっちぎちの通勤ラッシュ状態。
青葉の頃には 人っこ1人いなかったのに

東福寺の北を流れる小川「玉洗澗(ぎょくせんかん)」
ここに架かる橋のうち一番西の臥雲橋は、
【無料で渓谷の紅葉を堪能できる穴場】ですので
無理もないのですが

臥雲橋から川上(東)に見える『通天橋』へ目をやりますと
向こうの橋の上は、更に人でいっぱい(に見える)。
b0205694_237421.jpg

正直、あきらめて帰ろうかと思いました。
(ここでも十分綺麗な紅葉は見えますし)


とりあえず、拝観入口までは行ってみようと
臥雲橋を渡ってお寺の入口へ。
b0205694_239413.jpg

通天橋拝観券売り場の前へ行くと・・・思ったほどには並んでいない?
拝観する人は途切れないものの、停滞してしまうほどではないようです。
b0205694_23113267.jpg


時間は9時をちょっと回ったくらいです。
たとえ 混みに混んでいて、身動きとれず拝観に2時間かかったとしても
なんとか仕事に間に合うように帰れるはず。
ここ何年かのうちで、もしかしたら一番綺麗かもしれない紅葉、
今日見て帰らねば絶対後悔するに違いない!
というわけで 拝観料400円を払い、通天橋へ。

通天橋を渡る手前から 既に美しい色とりどりの紅葉。
b0205694_2320037.jpg

b0205694_23333349.jpg

橋の半ばから山手(東)を見上げると
燃えるような紅葉の向こう側に
市松の苔庭が美しかった方丈が見えます。
b0205694_232384.jpg

反対側(西)に見えるのは、先ほど渡ってきた臥雲橋。
遠目にも人でいっぱい。
b0205694_23243595.jpg

『通天橋の拝観』は てっきり「橋を渡るだけ」と思い込んでいたのですが
本来 通天橋は、本堂から川の北にある『開山堂』という建物へ行くための歩廊でして
その開山堂の枯山水の庭を見学できる他
玉洗澗の川面が見える所まで下りていくこともできるのですね。
b0205694_23284972.jpg
b0205694_2329655.jpg

b0205694_2340441.jpg

b0205694_23402582.jpg

紅葉は本当に今がピークで、
地面も川面も 散り紅葉の葉でいっぱいです。
b0205694_23395031.jpg


強引でも何でも、来てよかった。
満足です。
[PR]
by my-pavane | 2014-11-27 06:23 | 京都 | Comments(0)

半日お散歩計画:紅葉を見るのだ

2014.11.26

11月も末
いつもの年なら『そろそろ』紅葉シーズンという時期ですが
今年の紅葉はスタートが早く、早い所では散り始めているそうです。

昨日(25日)嵐山へ行ってきた人からは
「もう今週いっぱいがピークらしいよ」と聞かされ
では今週末の土曜日(29日)のお出かけついでに、と思うものの
『紅葉見頃シーズン最後の土日の京都』なんて
絶対に観光客だらけと想像がつきます。

平日の木金はどちらも仕事がありますしねえ。
木曜なら、仕事は午後からだけど・・・。

・・・・・

いささか強引な方法ですが
『早朝出発、昼までに帰る。』
これしか ないでしょう。

どうせ行くなら、いっそのこと
人気の高い紅葉の名所へ行ってやろうというわけで
狙うは『東福寺(とうふくじ)』でございます。
谷にかかる美しい橋『通天橋』で有名な【東福寺】
秋の紅葉の見頃ともなれば
渓谷は紅葉で赤や橙に染まり錦絵のごとき名勝です。

ゆえに、紅葉ベストシーズンの土日祝日に行こうものなら
おそらく神戸ルミナリエのごとく、
人波に流されるような状態での紅葉見物となると思われますが
(かなり昔、そういう状態で紅葉を見た記憶があります)
平日、それも拝観時間スタートの9時から行けば
そこそこ、余裕を持って楽しめるのでは?という希望的観測により、
7時台に家を出発し
拝観が始まる9時前に東福寺へ到着

という計画です。
たとえ鬼のように混んでいても
これなら仕事前に帰ってこられるはず。

できたら 帰りに本願寺周辺も歩き回りたいところですが
それは 紅葉見物がどのくらいスムーズに済むか次第。
寝坊したら、今年の紅葉は あきらめます。
[PR]
by my-pavane | 2014-11-26 06:05 | 京都 | Comments(0)

山本能楽堂

ナゾトキ・ラリーの ルート2の暗号で指定された
3つのポイントのうちの一つが山本能楽堂でした。

ポイントだという事はわかっていましたが
他のポイントから遠かったのと
ここへ来なくても問題が解決してしまったという事もあり、
後日 確認のために訪問。

他の2つのポイントの暗号は 最終ポイントの建物を指していたので
能楽堂のポイントの暗号は おそらく
『その建物のどこに情報があるか』を指しているはずです。

b0205694_22344837.jpg

さて 入口は開いておりますね。b0205694_22354465.jpg

中に入ると
秋らしい 菊の生け花が飾られ
その横に 
『ラリーの回答を入れる箱』
が設置されていますが

暗号の標示らしき物は見当たらず。

そもそも
パンフレットの暗号では
『山本能楽堂の通用口周辺』
を探せとありましたが
通用口ってここではありませんよね?

あらためて外へ出て
建物の前を 端から端まで確認。

b0205694_22394689.jpg


b0205694_22405660.jpg
ん?

よくよく見ると、
格子の一部に微妙な切れ目が。

もしや、と近づいて見ると
あった!扉が隠れてた!
b0205694_224166.jpg

これ、暗号より 何より
この通用口を見つけるのが一番大変なのでは

と思いつつ 扉下部にあった暗号を確認すると
案の定 暗号は どのポイントよりも簡単で
最終ポイントのヒントの場所を指しておりました。
(トイレ入口)
b0205694_22493927.jpg

[PR]
by my-pavane | 2014-11-25 06:28 | 大阪 | Comments(0)

ルート2:少彦名神社→芝川ビル→青山ビル

一応、3つの指定ポイントへ行かないと
最終ポイントはわからないとあるので、念のため
芝川ビルへ戻る途中にあるもう一つの指定ポイント、
『少彦名神社』へ寄っていきます。

b0205694_10271868.jpg

b0205694_10273625.jpg
指定された場所は
ご神木の向こう側にある
手水舎の周辺。

壁の掲示板の左上にありました。

こちらの暗号のヒントは
「大阪ガスビルではない」

つまり、
『淀屋橋が最寄駅になる建物』
の候補の中から
一つにしぼるためのヒントですね。
やはり「芝川ビル」で間違いないようです。

残る1つのポイントとして
【山本能楽堂】が残っていますけれど
ここからだと遠いし
行って戻ってくると時間が惜しい。
(これから仕事です)

たぶん、
『芝川ビルのどこにヒントがあるか』を
指しているのであろうと予測を付け
じゃあ 自力で探せるわ、と芝川ビルへ戻りました。
昨年、ラリーついでに建物内を探検した芝川ビル。
テナントのお店に迷惑をかけず
パネルを貼りだせそうな場所は予想が付きます。

一般人が出入りできて お店の邪魔にならない場所
というわけで
トイレの出入り口付近。
見つけました。
b0205694_1035552.jpg

この建物の中にある、ヒントが掲示されている場所へのご案内。

b0205694_10343538.jpg
トイレを出て
二十の小箱(郵便受け)から
左を向いて廊下を進み

突きあたりの階段を登らず
その裏に回ります。
b0205694_1038341.jpg


あった あった、ヒントのパネル。

ここで 容疑者の行動から犯人を確定し
犯人がここで落とした「手掛かり」が何なのかを示す、
『最後の暗号』を手に入れます。

暗号を解いて「手掛かり」がわかったところで
最後に「事件当日の犯人の足取り」から
盗品の隠し場所とわかる【青山ビル】へ。
行かなくても もう隠し場所はわかっているのですが
一応、確認に行きます。
b0205694_10431512.jpg

青山ビルは外壁の蔦(甲子園球場のものらしい)が名物ですが
その他にも名物の植物があります。
その一つが、建物の裏庭にあるという銀杏の木。
b0205694_10445520.jpg

先ほどの暗号の答えは「銀杏のリーフ」なので
この銀杏の木の下が隠し場所。

ラリー終了です。

さー お仕事 お仕事。
[PR]
by my-pavane | 2014-11-24 06:23 | 大阪 | Comments(0)

ルート2:芝川ビル~大阪証券取引所

パンフレットの暗号を解いて 指定されたポイントは 以下の3カ所
①大阪証券取引所
②少彦名神社
③山本能楽堂

今回は「仕事場(心斎橋)へ向かう途中で寄っていく」形ですので
北(梅田)から南へ進むルートを取ります。
b0205694_2357104.jpg
淀屋橋駅を出て
大阪証券取引所へ向かおうと
東へ進路を取ると
すぐ目の前に、芝川ビル

ここへ来る時は
梅田駅か本町駅から歩いてきたので
気付きませんでしたが
淀屋橋駅からだと、
こんなに近かったのですねー
と新発見。

そもそも、
TIKAL(チョコレート専門店)さんが
入っているビルという事で覚えていた建物。
急いでいる今は
チョコレートを買う時間が無いけれど
でも、このビルは好きなのですよねえ。

【ルート2】のラリーには必要ないけれど
せっかく近くを通るんだからと 
建物の中へ入ってみますと
『ブラックゆめまるくん』というヒントをもらえない残念パネルが。
b0205694_23504660.jpg


そう言えば、山本能楽堂のパネルもこれでした。
b0205694_23524762.jpg

・・・・・

ひょっとして、これは
【ルート1】で回る参加者と【ルート2】で回る参加者が
それぞれのルートで かぶらないよう
ルート2で重要になるポイントに限り
このパネルを設置しているのでは。

となると、
ここはもともと指定されたポイントではないけれど
重要なポイントである可能性が高いので
後で もう一度確認する必要があるな、
と思いつつ 大阪証券取引所へ向かいます。
b0205694_02138.jpg
最初のポイントは
ここの地下のB1 公衆電話の周辺、と。
b0205694_033617.jpg

ここでの指示は『暗号を解いて、最終ポイントへ向かえ』というもの。
そして、その暗号を解いて指定されたのは
エリアAで、最寄駅が淀屋橋である建物。

なんだ、やっぱり
さっき寄った、芝川ビルじゃないですか。


ちなみに、やはり ここのルート1のパネルも これでした。
b0205694_23575771.jpg

[PR]
by my-pavane | 2014-11-23 06:42 | 大阪 | Comments(0)

船場を遊ぼう ルート2

2014年【船場を遊ぼう】のイベントは『ナゾトキ☆ラリー』
架空の盗難事件を元に犯人の足取りを追い、
各ポイントにある暗号を解いて手がかりを得
犯人を当て、盗品の隠し場所を見つけるという設定です。

一般向けの【ルート2】は、
イベント用パンフレットに、3つのポイントを指す暗号が載っていまして
そこへ行って、手掛かりを集めなさいというもの。

お散歩目的だった私
3ヵ所を巡ってお終いとなるのでは『お散歩し甲斐が無いなあ』と 
一応 暗号は解いたものの、そちらのポイントは全く確認しなかったのです。

しかし10月中は
大阪市内へ行かねばならない仕事が多く
お仕事は午後からだから
その前にちょろちょろっと確認するくらい、できるかも
と、ちょっと早めに出発し【ルート2】のポイント3ヵ所を確認してみることにしました。

最初のポイントへ行ってみると
・・・あれ?暗号。
てっきり、手掛かりがポンと書かれているかと思いきや
手掛かりがもらえる最終ポイントを示す暗号
が出題されておりました。

とりあえず、暗号を解いてみると
ここじゃないかなと思われるポイントが一ヶ所浮かびますが
ラリーの設定上、3ヵ所のポイントで情報を集めないと
ポイントは確定できませんよ、と あります。

確かに、念のため他のポイントも確認した方がよいでしょうし
これだけだと、犯人は特定できない。

というわけで次に近いポイントへ移動。
ここにも暗号があり、解いてみると
やはり先ほど予想したポイントで間違いないようです。

そこで【最終ポイント】と示された場所へ。
ここには隠し場所のヒントとなる
犯人の落し物』を示す暗号がありますので
当日の犯人の足取りから、盗品が隠されたポイントを特定し
暗号を解いて『落し物』が何かを判明させ
最後に、その落し物の出どころを確認するため
『隠し場所』となるポイントへ移動。

というわけで
3ヵ所回れば済むと思っていた【ルート2】は
盗品の隠し場所となるポイントの確認を含めると
結局4カ所回ることになりました。
手抜きせず回れば5か所回ることになり
その途中で 他のポイントもちらちら見られることを考えると
このルートでも、ちゃんとお散歩できるなあと感心。

暗号は大人向けですが
(漢字や英語の知識がちょっとは要る)
ポイントからポイントへ移動している間に解けるものなので
仕事前の2時間で、無事ラリー終了、なかなかに楽しかった。

『ナゾトキ☆ラリー』の最終日は11月24日(月・祝)なので
具体的なコース巡り記録は 翌日25日からUPします。
[PR]
by my-pavane | 2014-11-22 06:21 | 大阪 | Comments(0)

抹茶ロールケーキ:油長茶舗 茶寮

中書島駅から 伏見桃山駅まで
伏見桃山駅から 一度東の方へ歩いて
御香宮神社へお参りし 御香水も飲みまして
今回の伏見観光終了。

どこかで休憩することにしました。

先ほどの 大手筋商店街の中で
お茶できるところがありましたっけ?
b0205694_22523286.jpg
先ほど ほうじ茶を買った【油長茶舗】
奥に茶寮がありました。
b0205694_22525119.jpg

こちらの抹茶ロールケーキは 『伏見の茶葉屋』さんだけに
よい抹茶をたっぷり使っている事と
生クリームに伏見のお酒を使っているのがが売りらしいので 
これに抹茶を付けた「お抹茶セット」をいただく事にしました。

注文を取りに来てくれた店員さんに
「この抹茶セットをください」と注文しますと
『竜馬セットですね』
そういう別名が付いているようです。

抹茶セット(竜馬セット) 
b0205694_22532483.jpg


飲み物は 紅茶やコーヒーとの組み合わせに変えることができ
その場合は 竜馬セットとは言わないようです。
ふっくら大きいロールケーキ、
このお抹茶の量では バランスが合わないかな?
と心配しましたが大丈夫
甘さがかなり控えめで、クリームもしつこくなく
お茶が無くても ある程度食べ進めていけるケーキでした。

コーヒーなどと合わせると
甘さが引き立って より甘く感じるのかもしれないです。
[PR]
by my-pavane | 2014-11-19 06:45 | 京都 | Comments(0)