おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
秋の天龍寺
at 2017-11-18 06:22
秋の鳴滝能:宝厳院
at 2017-11-17 06:16
宝厳院(天龍寺塔頭):嵐山
at 2017-11-16 06:48
おはぎ8種:小多福
at 2017-11-15 06:18
建仁寺 境内
at 2017-11-14 06:08
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(428)
(341)
(272)
(187)
(93)
(81)
(68)
(58)
(54)
(48)
(38)
(36)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2014年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新熊野神社

いまくまの商店街を 北上していきますと
屋根が無くなるところで
大きな楠がある神社が見えてきます。
b0205694_2222845.jpg
ここが【新熊野神社(いまくまのじんじゃ)】
b0205694_2225650.jpg

平安時代末期、三十三間堂の東側にお住まいだった
後白河法皇が建てられた神社で
『本当の熊野神社』まで行くのは大変だからと
(↑紀州:現在の和歌山県にあります)
『京都に熊野神社を造っちゃおう』と創建されたらしい。

境内に入って右手(北側)に本殿があります。
b0205694_2244774.jpg

この両側に ちゃんと
上之社 中之社  若宮社 下之社 があり
本殿の後ろ(北側)が『京の熊野古道』となっております。

b0205694_1958141.jpg矢印に従って
境内を進んでいきますと
b0205694_19583052.jpg

b0205694_19591430.jpg
『熊野古道』は山道なので
山へ上がる階段があります。
ここを上がって右へ。
b0205694_201525.jpg

途中にガラスケースの展示がありまして
神話に登場する神の使い、八咫烏(やたがらす)もいれば
後白河法皇様もいらっしゃいます。
(新熊野神社を創建された方ですが ご本人は紀州の熊野神社へ34回も参詣されてます)
b0205694_203364.jpg
b0205694_2035566.jpg

さて
京の熊野古道を巡った後
気になっていた、境内の大楠の方へ。
b0205694_20102138.jpg
弁財天を祀る社にある巨大な楠(くすのき)。

「後白河法皇御手植」とありますが
すると樹齢900年くらい?
でも枝葉も生き生き、元気そうです。
b0205694_20122597.jpg


「抱きつきなさい。」
[PR]
by my-pavane | 2014-05-31 06:30 | 京都 | Comments(0)

老松 :末廣屋

京都国立博物館へ『南山城の古寺巡礼』展を見に行ったのが
ちょうど一か月前。

展示されていた海住山寺の十一面観音さま
寿宝寺の千手観音さま、美しかったなあ。
展覧会の公式図録、あの時は買いませんでしたが
・・・やっぱり欲しい。

取り寄せもできますが、配送料がかかるなら
お散歩を兼ねて、直接ミュージアムショップへ買いに行きましょう。
というわけで、京都七条東山方面へお散歩です。


本だけ買いに来るのも何ですから
ついでにおいしい和菓子を買って帰りましょう。
今回の目標は、今熊野商店街にある【末廣屋】さんです。

JR京都駅から東南方向へ
鴨川に突きあたったところで川沿いに南へ
b0205694_22404029.jpg

すっかり夏日の京都(最高気温33℃だったらしい)
川沿いの木陰が嬉しいです。

しかし、ここまで来ると 鴨川を渡れる橋が少ないです。
今熊野商店街の北側から最短距離で行くつもりが
川を渡れずにいる内 結局南側から大回りして行くことに。

b0205694_22532084.jpg
久々のいまくまの商店街
このクマのキャラクターも
懐かしいです。

この商店街の南端にあるのが
目的の【末廣屋】さん。
b0205694_2258437.jpg


下の看板には『老松・かすていら』
このお店の代表銘菓ですね。

餡子大好きな私の目的はもちろん『老松』。

いそいそとお店に入ってショーケースの前へ。
おお、あるある『老松』
薄いきんつばみたいなお菓子です。
箱入りの物が並んでいますが
一番小さい箱でも、結構量が入っています。
しっとりしていそうだから、日持ちは長くないでしょうし
もっと少量で買えないものか・・・

ショーケースの向こう側には
女性の店員さんが1人いらっしゃいますが
何か文庫本を読んでおられます。
そういえば入店した時からいらしたはずですが
何も反応されなかったなあ。
放っておいてくださっているのか気付いていないのか。

あのーすみません と声をかけますと
『・・・あっ!すいません、おいでやすっ!』
(気付いていなかった方らしい。)

この老松、これより少量で買うことはできますか?
『ご自宅用でしたら、200gくらいでお売りできます。
 この箱で(と棚から箱を出して)、1080円ですね。』

あ、では それでお願いします。

ショーケースの箱の半量くらいで買えました。

店内には もう一つの看板商品かすていらの外に
大量のメレンゲの詰まった箱もあって
品ぞろえが面白いお店だなあと思いました。

めでたく 購入できました老松。
やはりお日持ちは3日と短く
冷蔵庫に入れるともう少し持ちますが
硬くなってしまいますとの事。
3日で食べきれる量で買えて ありがたいです。

b0205694_23411276.jpg
b0205694_23412549.jpg
200g分の老松。
(13枚入っていました。)

帰宅した後
おいしい緑茶と
いただきました。



味は しっとりした上品なきんつば、という感じ。
暑い京都市内を歩いて疲れた体に 甘さが沁みます。

ところで
[PR]
by my-pavane | 2014-05-30 06:44 | 京都 | Comments(0)

アフタヌーンティー:茶摩

天神橋筋商店街 5丁目からつながる
中崎通り商店街(おいでやす通り)。

本日の目的は
ここにある紅茶専門店【茶摩】さんです。
閉店してしまった堂島ムジカの
お弟子さんが開いているお店だという事ですので
きっと おいしい紅茶が飲めるはず、と期待しての訪問。

天神橋筋商店街を満歩した時
おいでやす通りでは手作り市を開催していて
茶摩さんも、定休日の日曜ながら
お店の下でチャイや焼き菓子を販売されておりました。
おかげで「ああ、ここが茶摩さんなんだ」とお店に気付けたわけですが

普通の営業日(平日)だと
かーなーり 注意深く見て歩かないと
お店を見過ごしてしまいます。

何しろ、お店は2階にある上、
そこへ上がる階段の入口が狭いのです。
下に看板はあるのですが、それでも見落としそう。
b0205694_995415.jpg
無事看板を見つけました。

b0205694_9105640.jpg


b0205694_9144258.jpg

梅田の『ほなな』さんと
良い勝負と思われる
細い階段を上がっていきますと
ステンドグラスの入った扉。

中に入ると
とっても落ち着く薄暗さの
小さなお店でした。


西洋茶館さんでは
アフタヌーンティーは
午後2時からでしたが
今、大丈夫でしょうか?
と うかがうと
大丈夫です、との事。



b0205694_2343388.jpg
こちらのアフタヌーンティーセットは
ポットの紅茶と
スコーン・ケーキ
サンドイッチ・バラブリス

紅茶は2種類から
(ストレート向きとミルクティー向き)
ジャムはメニューに載っている中から
ケーキはケースに並んでいるものから
一つずつ選べます。

2人分で2600円ですから
1人1300円とお手頃。
(1人で頼む場合は1500円)


上段には
サンドイッチ(ハム・チーズ・キュウリ)と
バラブリス
(レーズン入りパンのようなお菓子)

b0205694_2344148.jpg


下段は ケーキと スコーン(ジャムとクリーム添え)
b0205694_23493100.jpg

スコーンに添えられるクリームは基本生クリームですが
100円プラスでクロテッドクリームにしていただるという事ですので
クロテッドクリームにしていただきました。

こちらのスコーンは
バターたっぷりのホロホロタイプではなく
いくらかパンに近いあっさりタイプ。
なので クリームとジャムをたっぷり付けた時
とっても美味しくなるのです。

紅茶は文句なくおいしい。
お茶もミルクもたっぷりめで 1人3杯分くらいいただけます。

量としては軽食程度と思っていましたが
食べ終わると、かなりお腹いっぱい。
満足です。

店主さんは かなりのネコ好きらしく
店内は猫のインテリアがいっぱいでした。
(住吉大社の招福猫まであった)

堂島のムジカがなくなってしまったので
これから大阪でのお茶はこちらです。
もっとも ここも日曜祝日が定休日なので
来られる日は限られますが・・・

茶摩:
天五 中崎通り商店街の中
月~金 11:30~
  土  12:30~
[PR]
by my-pavane | 2014-05-24 06:02 | 大阪 | Comments(2)

中之島バラ園 初夏

先週 梅田へ出る際
早めに出かけてバラ園へ行こう!と思っていたものの
結局 取り止めて 一週間。

大阪方面に行く用事、今度の日曜日にもありますが
目的地が心斎橋なので
バラ園に寄って行くことはできません。

バラの見頃、今週くらいまでかなあ。
このまま来年までお預け…というのも残念。


平日の金曜日、バラ園へ行くことにしました。
ついでにそのまま天神橋筋商店街へ回って
お茶して帰ろうという下心付きです。

いつもは 中央公会堂の南側から入るバラ園ですが 今回は北側から。
ちゃんと門と『バラ園』の表示があったのですね。
b0205694_20121663.jpg

b0205694_20142372.jpg
b0205694_2017512.jpg

ある意味 デジタルカメラの練習を兼ねて、
というところもあって 来ているのですが
初めて使う『カメラが切り取る景色』に慣れなくて
というか、ちゃんとしたカメラって それなりの重さがあるので
落っことしそうになってハラハラしつつ 
『とりあえず撮ってみる』状態。

b0205694_2019790.jpg

b0205694_20162476.jpg

途中で面倒になって 使いなれた携帯電話カメラに。
b0205694_2023847.jpg

これだけのバラのお手入れ
大変だろうなあと思いつつ
進んでいきますと

雨で枝が曲がってしまったバラの枝を
作業員の方が刈り取っていました。

地面にいっぱい落ちた
バラの花と枝。

通りがかった人から
「これ、もらってもええ?」
と 聞かれて、その度
『それをしたら 皆にあげなあかんし
 そんな事をしたら 
 いくら花があっても足らへん
 あきません』
と お断りされていました。
b0205694_20292346.jpg

再び 普通のカメラに持ち替えて撮影。
だんだん慣れてきましたが
今度は電池残量が心もとなくなってきまして
電池が切れる前に!と あわててシャッターを切る状態。
b0205694_20314578.jpg
b0205694_2032846.jpg

b0205694_2035444.jpg

まだ そんなに暑くなっていないおかげで
花が全然へたっておらず、綺麗。
しかも、バラなので 公園中ふわ~っと甘い香り。
平日だから まだ人が少ないですが
これが土日だったらば、人を写さないように花を撮るのは
難しかっただろうなーと思いました。
b0205694_2035592.jpg

b0205694_20413286.jpg


ばらぞのばし(という名前の橋)を渡って
そろそろ バラ園もお終いです。
b0205694_2042783.jpg
b0205694_2043611.jpg

b0205694_20433140.jpg


いやー、良い目の保養をいたしました。

さて 今度は 胃袋を満たしに天神橋筋商店街♪

バラ・バラ・バラ
[PR]
by my-pavane | 2014-05-23 06:01 | 大阪 | Comments(2)

2014年 ヒメボタル :高槻市 新川

高槻市の芥川上流には「摂津峡」と呼ばれる緑豊かな山林があります。
ここでは、ゲンジボタルが見られるそうですが
そんな山の中へ分け入らずとも もっと下流、
市内中心部でホタルを見られる場所があるらしい。

『芥川(あくたがわ)』は 淀川に合流する一級河川ですが
その芥川に添って流れる準用河川「新川(あらかわ)」
ここでは、ゲンジボタルではなく 「ヒメボタル」が見られると。

昨年6月頭に、見に行った時は 時期的に遅かったらしく
一匹たりとも見ることができませんでした。

仕事を終えての帰り道
そういえば、おとといは飛んでいたと耳にしましたっけ
と 思い出し
帰宅ルートを大きく変更して 芥川大橋の東詰めへ。
b0205694_917462.jpg
当たり前ですが真っ暗。
橋はバス通りなので街灯がありますが
土手には全く何も無いので
懐中電灯は必須と思われます。
b0205694_9183545.jpg


いつも携帯しているマグライトで足元を確かめつつ 
舗装されていない土手道を北へ。

仕事帰りなので、スカートにパンプスという
土手道を歩くには不向きな装備でざくざく歩いてまいりますと
人がたくさん集まっている場所が。

見ると、皆さん 川ではなく
水道管理用の建物の横の地面を見下ろしています。
あ 光った。

どうやら風の強い日は ホタルは飛ばないそうでして
この日のホタルは皆 草などにしがみついたまま光っていました。
管理用の建物の横の土手は
建物で風が遮られる上、草が生えていないので
地面にいるホタルがよく見える、というわけ。

b0205694_9345111.jpg
b0205694_93514.jpg
b0205694_9351398.jpg
無理だろうな、と思いつつも
携帯電話のカメラで撮影。
点滅するので 光るタイミングを計って
えいっ!とシャッターを切ります。

一応、光は撮れました。
(説明しないと ただの黄緑色の点ですが)

後ほど 近くにいた一匹を撮影。↓
b0205694_0222513.jpg


ホタルを見るには
[PR]
by my-pavane | 2014-05-20 06:00 | 大阪 | Comments(0)

アフタヌーン・ティー:西洋茶館

『日本一長い商店街』と言われる天神橋筋商店街
去年の秋『天気が良くない時のお散歩コース』として
友人と一緒に完全踏破いたしましたが

この時、4丁目で見かけた【西洋茶館】さん。
店頭のショーケースに並ぶケーキが魅力的な上
2時からはアフタヌーン・ティーがいただけまして
1人で注文すると2段トレーですが
2人で注文すると豪華3段トレー
メニューの写真を見て
『これを食べるなら、絶対に2人でっ!』
と 意見一致してから半年が経ちました。

梅田に来ることがあっても
天神橋筋商店街方面に来る事って、そう無いです。
しかも、たまに梅田に来るその目的がSugarToothさんのカフェなので、
目的がかぶってしまう


が、今回は梅田にて、『食べる事目的ではない用事』ができまして
用事が済んだらアフタヌーンティー♪という事に。

西洋茶館さんは土日のお客さんが多く、席の予約はできないので
当日、セットの確保だけ電話でお願いすることにいたしました。

お店に到着したのは4時半ちょっと前。
b0205694_071367.jpg
b0205694_0113886.jpg

b0205694_0111947.jpg店内は ほぼ満席状態でしたが、
待たずに席に着けました。
が、最初に案内された窓際の席は
テーブルが小さく
『アフタヌーンティーセットが乗らないので』
と 店の奥の大きいテーブル席へ
移動することに。

席には着けましたが
何しろお客さんが多いので
待ち時間は長くなります。

店員さんがシャキシャキ
すごい勢いで動き回っていらっしゃる。
お店の中は英国調アンティーク
といった風情のインテリアで
統一されていますが

お客さんは関西人

待たされている間 静かに黙っているという事は無く
あちらでもこちらでも すごい勢いでしゃべっております。
たとえBGMが流れていても 恐らく聞こえなかったであろうと思われるにぎやかさ。

お店に入って注文してから およそ20分
お待ちかねのアフタヌーン・ティーセットがやってまいりました。
b0205694_0243610.jpg
b0205694_0244917.jpg
アフタヌーン・ティーセットだと
飲み物は選べますが
ケーキの組み合わせは決まっているらしく
自動的にこういうセットがやってきました。


上段トレー
ベリーの生ケーキ
小倉あんのスポンジケーキ
メレンゲ&クッキー


中段
キュウリとハムのサンドイッチ

下段
スコーンとパウンドケーキ

まずは 温かいうちに、と
下段のスコーンからいただきます。
b0205694_0304661.jpg

久しぶりのクロテッドクリームと、ブルーベリージャムでいただく
ほっくりしたスコーンは食べ応え十分。
横に苺ジャムの瓶が添えてありますが
これはジャムが足りなくなった時使うためで、
使わなければお持ち帰りできます。
パウンドケーキは生姜が効いていて美味。
紅茶がおいしくなるケーキです。

口の中が甘くなったら 口直しにサンドイッチを。
さっぱりしたキュウリとハムの塩気が美味しい。
b0205694_0325039.jpg

最後に生ケーキ類。
さっぱりしていますが 甘いことは甘く
さすがに お腹も苦しくなってまいりましたが
小さいケーキなので 甘さに飽きる前に食べきれます。
b0205694_0274751.jpg


満足~。
この内容で1620円って安いなあ、と思いました。
付け合わせのジャムや ケーキの量が
多過ぎず、少な過ぎず、ぎりぎりピッタリ、という印象。
お茶は もう少し余裕があるといいなあと思いました。

塩っておいしい
[PR]
by my-pavane | 2014-05-18 06:42 | 大阪 | Comments(0)

桂で買い出し。

中村軒さんで 待望のかき氷をいただきまして
このまま まっすぐ帰るのはもったいないなあと
桂駅まで戻ると 今度は
線路の向こう側(西)へ渡ります。

b0205694_20535584.jpg
先日 嵐山~桂と歩いた時見かけた【大宮社】
松尾七社之一とあるように 松尾大社と関係がある神社。
(先日参拝した月読社も同じく七社の1つ。)
4月下旬の神幸祭の際にはお御輿が出るようですが 今は静かですね。
明るい境内は入りやすく気軽に参拝できます。

そのまま道なりに西へ。
目的は お野菜です。

というのも、この桂一帯、住宅地の他は 畑が多く
あの桂離宮さえ 外周の一辺は畑地です。
一面ブロッコリー畑、という場所を歩いた時には
このブロッコリー、どこで買えるのかなあと気になって仕方なかった。

無人販売所みたいな場所が無いかと探したのですが
その時は見当たらず、後日 友人から
そういう場所もあるよと教えてもらったのです。

もっともその時(嵐山~桂を歩いた日)は
タケノコなど いいなあと思ったものの
持ち帰り用の袋を用意していなかったことと
自宅にタケノコが既にあるという事もありまして見送り。

今回は 初めから買う気で来ております。

しかし、販売所に行ってみると タケノコは もう出ていない。
お野菜も無いなあ。
平日だから 少なめで、売れ切れたのかしら。
と あきらめて帰ろうと道を戻ってきたら

さっきは品物がなかった所に野菜が並んでいます。
菜っ葉類など、見るからに新鮮。
出て来たおばさまに、これは どこのお野菜ですかとうかがうと
『そこ』、と後ろを指さして
『小松菜とホウレンソウは そこの裏から取ってきた。
 あ、カボチャは違うけど。』

並べたての野菜は 採りたてでもあるのでした。
というわけで
b0205694_210313.jpg

さっき 裏で取って来た という小松菜とホウレンソウをお買い上げ。
1把 100円。

持ち帰ってすぐ、ホウレンソウをおひたしに。
すぐ火が通るし、やわらかいし香りはよいし おいしかったー♪
[PR]
by my-pavane | 2014-05-07 06:48 | 京都 | Comments(0)

いちご氷:中村軒

桂離宮そばにある【中村軒】さんの かき氷。
季節のかき氷として3種類あり
4月から いちご・マンゴー・すだち と変わっていくのです。

まず最初にいただいたのが
すだち氷(おととし)
続いてマンゴー氷(去年)

そして、今年とうとう最後の1つ いちご氷です。
連休のすき間の平日、この日は非常に暑かった。
かき氷を食べても寒くならない、最適の日です。

ついでに つるんとした水羊羹も食べたいなあと
「水鏡」という名前の水羊羹を食べ、
それからかき氷を と思っていたらば
「水羊羹はまだお作りしておりません」
お店に出るのは来週(8日?)からだそうです。

そんなわけで、かき氷のみ注文。

b0205694_2021229.jpg

いちご氷 820円

シロップは色付き砂糖水ではなく
いちごをそのままつぶして作った物
添えられているのは練乳です。

本当の苺を使っているというシロップ
まずは これだけで食べてみますと
苺の実が使われているためか
冷たくなり過ぎず、
自然なやさしい甘さ。

これだけでも十分においしいですが
練乳も試したいという事で
半分くらい食べたところで 
練乳をかけてみました。
b0205694_20255874.jpg

苺に練乳ですから。
想像通りのおいしさです。

b0205694_20311312.jpgところで
中村軒さんと言えば、
おくどさん(かまど)で炊かれた餡子。

水羊羹が駄目なら、
代わりに何か他の餡子物を
と、おしながきを眺め
迷ったあげく
粒あんのおいしそうな
「きんつば」と
こしあんを使った
「六方焼」を注文いたしました。
(注:六方焼はお持ち帰り)
どちらも1個260円。

きんつば 

お茶も付けてくださるので
今度は温かいお茶をお願いしました。
粒あん、おいしい~

b0205694_20334669.jpg

結構大きめで 食べごたえがあります。

お家に帰ってから 今度は 六方焼。
1個のお持ち帰りだと、ビニルパックの包装です。
b0205694_20381615.jpg


b0205694_20383028.jpg
想像していたより やわらかい生地。
中のこしあんもなめらかです。
上品なモミジ饅頭、という印象。
b0205694_20384458.jpg


b0205694_20424036.jpg
京都のお店では
季節によってその時期の飾りが楽しめますが
この日は 端午の節句前という事で
五月飾りがありました。

お雛様の段飾りは見た事がありますが
五月人形の段飾りって初めて見ました。

飾られているのも
金太郎 桃太郎
その他いろいろ
正体のわからない人形もいっぱい。

お店の方も
特にテーマがあるわけではなく
いろいろ飾っています、
と おっしゃっておられました。




かつら瓜
[PR]
by my-pavane | 2014-05-06 06:01 | 京都 | Comments(0)

ピッコロモンド・ヤマダ

そろそろ お昼ごはんの時間です。

本日のランチは既に決まっておりまして
桂にある山田製油さんの工場のすぐ横に併設された
イタリアンレストラン【ピッコロモンド・ヤマダ】

桂へは 何度か来ておりますが
【中村軒】さんで かき氷を食べてから、ランチに寄っていこう
などと思っていたら、それなりお腹いっぱいになってしまって
ランチは入らないーとあきらめて帰ってしまった事が1度

その後、ここへ行ったことのある友人より
ピザなどを選べるので、いろいろ食べられるという点でも
一人で行くより複数で行く方がおすすめ
と教えていただいていたので
そういう機会を待っておりました。

【ピッコロモンド・ヤマダ】
(右の木の扉。左ののれんの方は胡麻製品を扱うショップ)
b0205694_13284120.jpg

予約の際、結構 予約でいっぱいで
1時半から カウンター席なら大丈夫です
と言われていたそうですが
実際に行ってみると、少々待てばテーブル席にご案内できます、と。

ありがたく、テーブル席へ。

注文したのはランチセットA(1620円)
b0205694_13362551.jpg
食前のお飲み物として 
冷たいジンジャードリンク

続けて前菜とパン。
彩りがきれいです。
フォアグラって初めて食べました。
b0205694_13354750.jpg

ピザその1。
新キャベツとアンチョビだったかな?
さっぱりして 食べやすく、口が飽きてきたら ゴマスコ(ごま油のタバスコ)をかけます。
b0205694_13394973.jpg

お店の名前を冠した『ピッツァ・ヤマダ』
b0205694_13395938.jpg

たっぷりの胡麻、松の実、そして蜂蜜を使っているそうで
お菓子のような味のピザを想像していたら
思いの外ゴルゴンゾーラチーズの塩気が効いて
そんなに お菓子お菓子していませんでした。
チーズがかなりたっぷりなので 食べ応えがあり
これ1枚を一人で食べるのはきつかったかも。

お腹いっぱい、満足ーと思っていたら
まだデザートがありました。
小さい器にちょこっとだけかと思いきや、3つも乗っております…
b0205694_13491423.jpg

左から 
アイスクリーム/胡麻ソース添え
シフォンケーキ 
パンナコッタ/ビーツ(赤カブ)のソース

お飲み物、コーヒーにしておいて良かった・・・
(消化促進の効果があるそうです)

この後、横のショップで 何か買って帰るつもりでしたが
満腹過ぎて、食べ物を買おうという気力がわきません。
すり鉢がかわいかったので、これを買おうかと思ったけれど
家には既にすり鉢2つありますし。

それにしても さすが ごま油屋さん。
ごま油は香りよく 全然もたれることなく おいしかったです。
[PR]
by my-pavane | 2014-05-05 06:18 | Comments(0)

鳥居工事中:月読神社

松尾大社から 桂へ移動。

山沿いに歩くと
【月読神社】の案内を見つけ
ちょっと寄っていきましょうか、と
行ってみることにしました。

神社のある場所の前へ行くと
・・・神社はどこに?
b0205694_782333.jpg


本来神社の入り口があるはずの場所には
足場と幕が張られ 何やら工事中の様子。

危険ですので すみやかにご通行ください
の注意書きに従いまして足早にくぐりぬけます。
よく考えてみれば
くぐらず横を抜けていけば良いのですが


ふり返ってみると
b0205694_793577.jpg

あ、これ鳥居だったんだ。

b0205694_7103279.jpg
鳥居をくぐった向こう側は石段。
新緑の楓がきれいです。

鈴虫寺へ紅葉を見に行った際
この神社の前を通っているのですが
参拝は これが初めての月読神社。

近所の神社にも
摂社として祀られたりはしていますが
代表的ご祭神として祀られているのは
珍しいなあ、と思いつつ参拝。


友人は何度か来ているようで
「ここに来たらこれを見ておくべき物」
を教えていただきました。

江戸時代のものらしい本殿と拝殿。
b0205694_11301615.jpg


b0205694_11403295.jpg
縁結びのご利益があるらしい
「むすびの木」

穢れを除く「解穢の水」
(飲水ではありませんの注意書き付き)

b0205694_11412165.jpg


願掛け陰陽石。
「なでたら願いが叶う」石ですね。
b0205694_1142361.jpg


「月」の神様だけに
子授け・安産の「月延石」という物もありました。

真ん中の子
[PR]
by my-pavane | 2014-05-04 06:10 | 京都 | Comments(0)