おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
コロッケ:味のタテハラ
at 2017-05-22 06:44
弘法さん 5月:東寺
at 2017-05-21 06:40
おさらい:五人立ち(座射)
at 2017-05-19 06:40
弓道体験 46回目
at 2017-05-18 06:06
2017年 ヒメボタル:高槻..
at 2017-05-15 06:41
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(413)
(309)
(265)
(175)
(85)
(65)
(57)
(55)
(49)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(21)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ロシアケーキあと2種:村上開新堂

グランディール御池店に入る前
実は もう一か所寄り道しておりました。

b0205694_21524342.jpg村上開新堂さん

前回、5種類あるロシアケーキのうち
3種類を買って食べております
残り2種類は また今度~
と思っていて、それっきり。

平日に 店の前を通れる機会を
逃してはなりませぬ、
というわけで
残りの2種類を食べるため入店。

カウンターの上には
「本日の好事福蘆は売れ切れました」
の札が。


好事福蘆って基本
予約しないと買えないはずですが
やはり、
いくらか余分に作っているのですね。
早い時間に来れば
予約しなくても買えるらしいです。

何はともあれ、ロシアケーキを買いましょう。
今回は この3種類
左から
ゆずジャムサンド・レーズン・ぶどうジャムサンド
(ゆずジャムは前にも食べていますが ぶどうと比較したかったので)
b0205694_2152585.jpg

  

b0205694_21373884.jpg      レーズン



見た目が一番華やかですが
結構素朴な味わい。
レーズンは思ったより軟らかく
ドライチェリーがなんとも懐かしい味です。
   




ぶどうジャムサンド
b0205694_21375275.jpg
b0205694_21375440.jpg 

中にサンドしてあるのが
ぶどうジャムのはずですが
「ぶどう」とは あまりわからないです。
でも、ほどよい甘さとかすかな酸味は
ぶどうを活かしているのかな?
味のバランスがとてもいいクッキー。
[PR]
by my-pavane | 2014-02-26 06:01 | 京都 | Comments(0)

パニーノ:グランディール御池店

大豊神社でゆっくりしていたら
時間は既に1時を回っております。
いいかげん、お昼ごはんを食べたいところ。

寒いので、食べて温まるもの
あわよくば「千登利亭の蒸し寿司を」と思っていたのですが
千登利亭、ここからだと時間がかかります。
(現在地:哲学の道)
着く頃には お昼の時間をかなり過ぎてしまうけれど
行くだけ、行ってみようかなあ。

そのようなわけで、哲学の道から西へ進み
吉田山のふもとにぶつかったところで、東側にそって南下。

ここで歩いていて気付いたのですが
この辺り 化粧地蔵が多いです。

京都市内、中心部ですと
お地蔵さんが入っていそうなお堂は
きっちり扉は閉められ、鍵がかけられている
あるいはお堂の周りを更に金属製の檻で覆っているなど
いささか過保護な印象ですが
この辺りは かなりおおらかでして
お堂にすら入ることなく ずらりと並んでいたりします。
b0205694_21283436.jpg

むきだしだと、顔の化粧が落ちてしまうのではないかしら。
きれいに お掃除されている様子からすると
こまめに化粧直しされたりするのかなー
などと考えつつ、南へ向かって歩き続け

あっという間に寺町通二条

そういえば 京あられの【永生堂】さん、
閉店してしまったのですよね。
お店はどうなっているのかな、と前へ行ってみると
シャッターは閉まり、年季の入った看板だけが残っていました。


そのまま左(南)へ目をやると
あれ?パン屋さんができている。

【グランディール】。
こんな南の方にも出店されたのですか。


b0205694_21423015.jpgこちらのパン、わりと好きなのですが
これから蒸し寿司を食べに行くし…

ふと下に置かれた看板を見ると

b0205694_21434268.jpg


御池店限定のパニーノ?
パニーノ(あるいはパニーニ)自体は珍しくないですが
どうやら こちらは
店頭で注文を受けてから焼いてくださるらしいです。

焼き立てのイタリア風ホットサンドかあ。
この寒空を歩いてきた身には あまりに魅力的。
しかし、これを食べるとお寿司は無しですよね…

とりあえず、お店の品ぞろえだけでも見て行こうかな
と 店内に入り
美味しそうなベーグルに陥落し
カウンターに並ぶパニーノのバリエーションに

『遠くの蒸し寿司より 目の前のパニーノ』

食べたいパニーノを伝えて
番号札を受け取り
待つ事3分。
b0205694_21483522.jpg
チーズ&ソーセージのパニーノ
360円。

ピクニックにはいささか寒い時期ですが
市役所前のベンチにて
できたてをいただきます。

温かいパンと
ソーセージと とろけたチーズ
バジルがアクセントとなって
おいしいなー

パニーノは売れ切れているものもあったので
何があったか 気になるところ。
次回は早い時間帯にのぞいてみたいです。
[PR]
by my-pavane | 2014-02-25 06:20 | 京都 | Comments(2)

椿は これから :大豊神社

境内に湧く 名水が
『椿ヶ峰の御神水』と名付けられている事からわかりますように
大豊神社の境内には椿(つばき)がたくさん植わっております。

今回一番の目的は『お水を汲む事』でしたが
椿の花も見られるかなあと
そちらも少々楽しみにして参りました。

参道の横にも境内にも
確かにたくさんの椿の木。
それも、同じ品種ではなく
一本一本違う、珍しい品種のようです。
(ちゃんと 名札が付いている)


咲いている椿もありましたが
残念ながら ちょうど見頃は少なくて
早咲きのものは盛りを過ぎたところ
これからのものは まだ蕾

この様子だと、見頃は3月半ばくらいかなあ。

かろうじて 綺麗な花が見られた3種類。
赤い花の品種の方が早く咲くみたいですね。

本殿左手前に植わっていた 卜伴錦(ぼくはんにしき)
b0205694_045444.jpg
手水舎のすぐ近くに植わる
太神楽(だいかぐら)
b0205694_046071.jpg


参道の入り口近くに植えられた 京錦(きょうにしき)
今日見た中ではこれが一番好きでした。
椿は、侘助みたいな 一重の抱え咲きが好きなのです。
b0205694_0463938.jpg
ちなみに
本日の 狛ねずみくん。
頭に椿の花が一輪乗せられていました。
b0205694_0494210.jpg


椿は残念でしたけれど
大豊神社、他にもいろいろ花を楽しめる木があります。
b0205694_1351662.jpg
本殿の石段向かって左上の木は
枝垂れ桜。
どうやら丸山公園の枝垂桜の
3代目らしいです。

なかなかに元気そうだったので
タイミングが合えば是非今年のお花見に。


一番見頃だったのは
蝋梅(ろうばい)の花。

涼やかな甘さのある香り
大好きなのです。
b0205694_049211.jpg
b0205694_0485012.jpg


b0205694_13142455.jpg
参道入り口付近の 馬酔木(あしび)
蕾がわさわさと鈴生りです。
これまた微妙にまだ早くて
咲くのはこれから。

More
[PR]
by my-pavane | 2014-02-24 06:31 | 京都 | Comments(0)

椿ヶ峰の御神水:大豊神社

お茶を買ってお店を出
さて、これから どこに行こうかな。

聖護院だから
ちょっと東へ行けば、哲学の道

哲学の道の南側には
狛ネズミさんの【大豊神社】があります。
そして 大豊神社には
『椿ヶ峰の御神水』
と呼ばれる名水があると聞いております。

幸い、今日はペットボトルを携帯。
よし、哲学の道へ向かって東へ出発!

というわけで
丸太町通りを東へ向かって歩き出しましたら
霰が ぱらぱら。
傘をさすほどではないけれど…
と 思っていたら
勢いを増して 吹雪状態になりました。
あわてて傘をさし 岡崎神社の前まで来たら
ぱたっと降りやみ、まぶしいくらいの上天気に。

思えば、熊野若王子神社に行った時も
すごい雪に見舞われたものでしたね。
哲学の道方面は、桜より雪に縁があります。

そうこうする内、鹿ケ谷通り
大豊神社の鳥居があります。
b0205694_233956.jpg鳥居をくぐって 進んでいきますと
哲学の道、と また参道。
b0205694_233512.jpg

b0205694_234794.jpg

まだ参道。

b0205694_2344686.jpg
そうでした、この大豊神社
鳥居から本殿まで、結構奥行きがあるのです。

そろそろ本殿が見えるかな、というところで
左手に手水舎が見えました。
あれかな、名水が汲める場所は。
   ↓
b0205694_2391582.jpg

b0205694_23101035.jpg
当たりです。
「椿ヶ峰の御神水」と
札もついておりますね。

さっそく汲みたいところですが
まずは参拝してから

手と口をすすいで清め
奥へ向かいます。




まずは 狛ねずみさんのいる 大国社
b0205694_23423243.jpg


b0205694_23433824.jpg

次に 本殿を参拝。
こちらには
少彦名命様が祀られています。

「少彦名(すくなひこな)」と言えば
日本の薬の神さまでしたね。
前回参拝した時には
この神様を知らなかったので
全然 記憶していませんでした。




最後に 北側の
狛鳶(とび)と狛猿さんにもご挨拶して
b0205694_23515912.jpg

さあ、水汲みです。

b0205694_23541816.jpg
水道の蛇口ではなく
普通に手水用の竹筒から
だーっと流れっぱなしの水。

最初に手水を使う時にも
思いましたが
こんなに勢いよく水が出ている
手水舎って 珍しいです。

だいたい
ちょろちょろ 細々と出るので
手のひらにかける分を
ひしゃくに溜めるだけでも
結構時間がかかるものなのに
ここは一瞬で
ひしゃくが満杯に。


まろやかなお水
帰ったら、お煎茶を入れましょう。
b0205694_21494437.jpg



新顔さん
[PR]
by my-pavane | 2014-02-23 06:11 | 京都 | Comments(0)

飛鳥(煎茶):竹村玉翠園茶舗

「日常使いのほうじ茶」として
あちらこちらのお店のお茶を試してきまして
この価格でこの味なら 充分に満足
と お気に入りに決定したのが

聖護院に近い 茶舗【竹村玉翠園】さんの
「宇治ほうじ茶」です。
前回購入したお茶が もう切れる寸前ですので
何が何でも もう買いに行かなくては。

2月下旬、かなり寒い日ですが
お茶を買うために 河原町から聖護院方面へ。

大丈夫、寒くても 動けば温まる!
なんなら、河原町に戻ってきてから
寒い時期だからこそおいしい
『蒸し寿司』を食べに行く、というお楽しみもありますし。


b0205694_22571326.jpg鴨川沿いに北上し
冷泉通りで東へ進み
東大路でまた北上。

そういえば、この東大路にかかる
とくせい橋の横に
早咲き品種の「桜」らしき木がありました。
あれが咲くのはいつでしたっけ?
と 見に行ってみると
さすがに蕾です。
でも、周囲の木に比べると
はるかに丸々とふくらんでおり
やはり 早く花が咲きそうな気配。

b0205694_2257234.jpg


さて 
b0205694_22594396.jpg丸太町通り東大路の交差点から
北東方向すぐにある竹村玉翠園さん

お気に入りのほうじ茶と
前回試してみて 
飲みやすかった宇治荒茶
(葉が不ぞろいの煎茶)を手に
お店の中へ入ります。

前回は これ以外に
春霞(お徳用玉露)を買いましたが
今回は
普通のお煎茶を買ってみたいので
おかみさんにお薦めを伺ってみましょう。

カウンターの上には
3種類の煎茶が並んでします。
一番お手頃なのが
お店の名前を冠した「玉翠園」
次が「飛鳥」。


お茶は 安い方から試していくことにしておりますし
一番お安くても、お店の名前を付けているお茶なら
きっと美味しいだろうなあと思うので
まずは「玉翠園」から?と思っていたところ

おかみさんが
「よろしかったら 一服どうぞー」
と お煎茶を入れてくださいました。
こちらは、『飛鳥』。

なるほど、中間のこれを飲めば
前後のお味もだいたい予想できますね。

いただいた飛鳥は
一煎目は 口当たりやわらかく
二煎目は すっきりと
…これくらいが、いいかなあ。

というわけで、
試飲させていただいた飛鳥をいただくことに。
b0205694_23193131.jpg


どこかで おいしいお水を汲んで帰って
お家で ゆっくり楽しみましょう。
[PR]
by my-pavane | 2014-02-22 06:40 | 京都 | Comments(0)

本町で お花見

ひと仕事終えまして
本町の商店街をぶらぶら。

買ったパンをどこかで食べようと
アーケードを外れて公園へ。

b0205694_23193330.jpgパンを食べてから顔を上げると
公園の端にある木に 桃色が見えます。

え?桃色?
b0205694_23203340.jpg

桜!桜ですよね!?

わりと新しく植えられた様子の木です。
ひょっとしたら早咲きの『河津桜』かもしれない。

今年最初のお花見だー♪
それを見るのが
この冬一番の大雪の日というのが何ともですが


それはともあれ
この日の本町でのお買い物。

本町は 衣料品の問屋街ですので いろんなものがお安く
呉服屋さんもセールになっております。


今年着物を着た時 足元が寒かったなーと 
店頭に並ぶ足袋を眺めていましたら
インターネットで調べた最安値のお店より
更に低価格で売っているお店を発見。


b0205694_2332030.jpg
店員さんから
これをこれを組み合わせたら最強!
と 太鼓判を押されまして

セットでは買いませんでしたが
ネル生地二重底の温かい足袋と
お手入れ楽ちんなストレッチ素材の足袋を
お買い上げ。

今月中に 試し履きしたいと思います。

雪が降ったら
[PR]
by my-pavane | 2014-02-18 06:15 | 大阪 | Comments(0)

ブーランジェリーKawa本町南店

リーガルロイヤルホテルから東へ
もう吹雪いてはいないものの
足元は 積もった雪が シャーベット状になっていて
つるつる しゃりしゃり 歩きにくいことこの上なし。

雪の積もった広場越しに眺める『大阪科学館』
b0205694_14365062.jpg

ダイビル本館。
これは2013年竣工ですが、元の大正のデザインを踏襲して
下の部分は素敵なのです。
b0205694_14375214.jpg
実はここに入っている
Paris-h(パリアッシュ)
というパン屋さんが
目的地の1つだったのですが

建物に見とれていて
うっかり見落としました…。
b0205694_1438112.jpg
御堂筋で右に折れて、南下していき本町へ。

本町の 商店街にも
比較的新しいパン屋さんができていたことを思い出し
じゃあ、今日はここで買っていこうと入店。

【ブーランジェリーKawa】
b0205694_14392879.jpg


b0205694_14394110.jpg
品ぞろえは前にも確認していますが
ハード系とおやつ系
お惣菜系からピザと
いろいろ置いているお店です。

とりあえず お試しに
朝食用イギリス食パンと
新製品らしい さつまハースを
お買い上げ。

どちらもトーストすると
食感がさくさく軽く
あっさりさっぱりタイプのパンです。

次回はハードを買ってみよう。
[PR]
by my-pavane | 2014-02-17 06:45 | 大阪 | Comments(0)

鶴屋八幡あんパン:メリッサ

仕事上、どうしても確認したい資料があり
それが 近場に無いがため
本社のある大阪市内へ出かけることにしました。

休日に 心斎橋とか本町方面
人が多くて あまり行きたくないのですがまあ仕方ない、
行く以上は いろいろ寄ってこよう
と計画を練っていたら
当日 朝から すごい勢いで雪が降ってます。
この冬一番の大雪。

うわ~ こんな天気の日は
お出かけしないで 家でぬくぬくしていたい。

というわけにもいかないので
覚悟を決めて、しっかり武装してお出かけです。

ともあれ
先に 燃料(食べ物)を確保していきましょう。

大阪に着いたところで
まず 西南方向、リーガロイヤルホテルへ。
b0205694_14242887.jpg
ここの1階にあるグルメブティック【メリッサ】さん
正確には ここでしか扱っていない
『鶴屋八幡あんパン』が目的でございます。

大阪倶楽部のすぐ横に本店がある和菓子屋
【鶴屋八幡】さんとのコラボ商品で
酒種を使った 特製のあんパンと聞きまして
和菓子好き・あんこ好きとしては 見逃せません。

グルメブティック【メリッサ】
b0205694_14251097.jpg

最初はホテルのパン屋さんと思っていたのですけれど
パンや焼き菓子の他
チーズなどの食品も扱っていました。
バレンタインなので
チョコレートも出していましたね。

それはともかく
第一目的の『鶴屋八幡あんパン』は?

あんパンはあるけれど、これは違いますよね。
どこにも『鶴屋』とは書いていないし。
(↑ごく普通のあんパンも売っているのです)
と パン売り場をぐるぐる歩き回り
ようやく発見したあんパン。

こしあん・つぶあんの2種類がありましたので
両方買って、つぶあんは すぐいただきます。
だってちょうど焼き立てほかほか状態だったのですもの
温かいうちに食べてみないと もったいない。


黒ゴマの乗っているのが粒あん、白ゴマが こしあんです。
b0205694_1431961.jpg
b0205694_14333553.jpg

ちなみに、このあんぱん
手にすっぽりと収まる可愛らしいサイズ(1個60g)ながら
お値段は250円(税込)いたします。
あんパンと思うと かなり高い。

が 食べて、なるほど、と思いました。

酒種を使っているパン生地が 酒まんじゅうのように いい香り。
中のあんも、あんパンの餡ではなく、和菓子の餡の味です。
b0205694_14354159.jpg

つまり、和菓子だと思えばこんなものかな、という価格。


ちょっと目先の変わったおもたせ
として使えそう。



ちなみに
リーガロイヤルホテルへは
無料送迎バスが 大阪駅から出ておりますので
「あんぱんを買うためだけに バスに乗って行く」
という事が お気軽にできます。

まあ 実行する人は少ないでしょうが
[PR]
by my-pavane | 2014-02-14 06:41 | 大阪 | Comments(0)

腹ごなし散歩:天神橋筋商店街 

北浜レトロでお昼をいただいて
さて、この後どうします?

軽くランチの後は 梅田の方へ戻りましょうか
と話していたのですが
特にそちらで買いたいものがあるわけでなし
お腹はいっぱいで この後お茶なぞ 入りそうになし


中之島からなら 天神橋筋はすぐそこですから
商店街を6丁目まで歩けば
ほどよく お腹もこなれるのでは と
お散歩することになりました。

前回と同じく
中之島を東の端まで進んで天神橋へ上がり
そこから北上コースです。

天神橋の北詰には、昔の天神橋に架かっていた
『天神橋』の額が。
b0205694_019437.jpg

今の天神橋、橋の下の鉄骨骨組みも立派な橋ですが
昔は もっとかわいらしい橋だったみたいですね。
b0205694_108572.jpg



←昔の天神橋の写真



現在の天神橋
  ↓
b0205694_1091146.jpg




1丁目から アーケードに入る手前
今回は平日ですので
日曜定休の「とりゐ味噌」さんが営業されております。
b0205694_022634.jpg
お店の中に入ってみると
左手には
味噌の入った甕がずらり。
右手には 
いろんな種類の味噌が
桶に入っています。

そして、店内中
ぷわ~んと味噌のいい匂い。

味噌は全て計り売りで
100gでいくら、と表示されています。

赤だしが切れていましたから
赤味噌を買っていきましょうか。

見ると
「米赤だし」と「豆赤だし」
の2種類あります。

b0205694_026795.jpg

お店の方に聞くと

米赤だしはお汁向き
豆赤だしは肉料理などの下味用に
との事。

というわけで
米赤だしを200g強購入。


b0205694_031797.jpg

浪華昆布さん(ここも日曜定休)で
耳昆布を購入。


浪華昆布さん、
天満宮の梅祭の際に
店の前を通ったことがありまして

お徳用だし昆布とか
切り落とし部分である耳昆布とか
酢昆布の切りおとしとか
魅力的な品が気になっていたのです。
b0205694_0312235.jpg

b0205694_0313464.jpg
道南産 耳昆布
1袋(250g強) 525円。

この後
中村屋さんにてコロッケを
(夕食のおかず用)

ぷらら天満にて
レンコン・菜の花を
買って帰りました。
本当は 南瓜(半分で105円だった)や
長いも・タマネギ・里芋も
買って帰りたかった…。


6丁目まで来たところで
買い出しお散歩終了。
ほどよく お腹もこなれました。

b0205694_033374.jpg

[PR]
by my-pavane | 2014-02-12 06:33 | 大阪 | Comments(4)

大量サンドイッチ:北浜レトロ

梅田から御堂筋を南下した後
大江橋を渡ってから中之島を東へ てくてく。

バラ園手前の難波橋まで来れば、斜め向こうには
かわいらしい【北浜レトロビルヂング】が見えます。


b0205694_18563558.jpg
さて、時間は11時半
人気の北浜レトロも、まだ空いておりまして
すぐ二階の喫茶室に案内されました。
b0205694_18572811.jpg
b0205694_1857399.jpg

ご一緒の方は
「アフタヌーンティーセットを食べてみたい」と おっしゃいましたが
すぐ横の席のお客さんが まさにその
アフタヌーンティーセットを注文されておりまして

3段トレーの最上階に乗るケーキを一見し

「…今日は まあ止めておきます」
(↑ かなり巨大サイズだった)

あらためて メニューをながめ、
『サンドイッチ・セット』という
サンドイッチ・デザート・飲み物の
ランチセットがありましたので
それを注文して、スコーンを追加で付けたらどうですか、
という事に。

注文を取りに来てくださった店員さんに
サンドイッチセットを2つ、お願いします。

店員さん
『あの、サンドイッチ かなり量がありますけれど 大丈夫ですか?』

「??? (と言ってもサンドイッチでしょう?)
 はい、大丈夫です。それと別に
 スコーンを2個、追加で付けたいのですが」

『それでしたら、セットのデザートがスコーンとなっております。』

あ、それなら注文しなくていいか。
足りなかった時、後から注文することにしましょう。

b0205694_1858046.jpg待つことしばし。

まずは ポットに入った紅茶と
足し湯の入ったポット
ウエッジウッドのティーカップ
ミルクが運ばれてきました。
そして
『ハムサンドセットのお客様は?』
あ、そちらの方です。

『お待たせいたしました、
 ハムとポテトサラダのサンドイッチです』

b0205694_18582559.jpg
・・・・・

これ、2人分ですよね?
でも、乗っているサンドイッチの種類は
ハムサンドのセットだけ。これがまさか一人分?

横に紅茶のカップがあるので
大きさがわかるかと思います。
遠近法が変なわけではありません。

『お待たせいたしました、季節の野菜のサンドイッチです』(←私の注文)
b0205694_1859974.jpg


スコーン、入るでしょうか。

不安になるも、ともかく食べ始めます。
で、案の定 半分くらいでほどよくお腹が満ちてきました。

スコーンはいざとなれば持ち帰ればよいですし、
と せっせと食べる。
野菜がシャキシャキして とってもおいしいサンドイッチ
ポテトサラダの味も好みです。
でも、量は半分でいい。
b0205694_196081.jpg
『デザートのスコーンです。
本日のスコーンは黒糖です。』

よかった、一つだ。


結構大きいスコーンですが

甘すぎず、さっくりとして
何とか美味しくいただけました。

次回ここへ2人で入る時は

サンドイッチセット(2人で一つ)
紅茶 1人分と スコーン1個か2個追加
が適量だと 学習いたしました。

に しても
店員さん、「量が多いですよ」では 
やはりあの量を想像できませんので
1皿で2人前くらいありますよ、と 
具体的に教えていただきたかったです。
[PR]
by my-pavane | 2014-02-08 06:38 | 大阪 | Comments(0)