おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-06-28 08:01
南京町でお買い物
at 2017-06-26 06:41
メリケン波止場とメリケン地蔵尊
at 2017-06-25 06:38
遥かなるルネサンス展:神戸市..
at 2017-06-24 06:41
あん食フレンチトースト:トミーズ
at 2017-06-23 06:16
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(418)
(317)
(267)
(179)
(86)
(65)
(60)
(56)
(51)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2013年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

釣鐘まんじゅう:総本家釣鐘屋

四天王寺へ行くならば
必ず行こうと決めていた【釣鐘屋】さん。

『釣鐘まんじゅう』という
こし餡入りカステラ饅頭が看板商品でして

大阪のデパ地下でも 見かけるのですが
ずっと『本店で買う!』と決めて見送ってきたお菓子。
b0205694_9343285.jpg
お店があるのは四天王寺の南西側

お店の入口の上には
『釣鐘』が下がっております。
窓枠も釣鐘型。
b0205694_9344712.jpg


明治33(1900)年創業という【釣鐘屋】さん

『釣鐘まんじゅう』の釣鐘は、四天王寺の梵鐘を模ったものらしい。
他にも「釣鐘カステラ」「釣鐘玉子せんべい」「五重塔玉子せんべい」と
四天王寺に由来するお菓子を販売しています。


ある本に この釣鐘屋さんの代表菓子として、
『芭蕉』というバナナの形のお菓子もあると載っていて
何故、いきなり『バナナ』なのだろうと思っていたのですが
店頭には
「当店では バナナ・芭蕉 という菓子は扱っておりません」
という張り紙が。

あれ?違う?

さらには
「当店の釣鐘まんじゅうは、本店と四天王寺境内以外での販売はありません」

じゃあ、デパ地下にある『釣鐘まんじゅう』のお店は?
と 思ったら
あれは、違う会社なのだそうです。

釣鐘まんじゅうは 一つから買えるので
4つ、お願いして袋に詰めていただきました。
個別包装はしていないので
数を伝えると、箱から袋へひょいひょい、と移して渡してくださいます。
b0205694_9353443.jpg



b0205694_9361779.jpg
b0205694_9362786.jpg


お店で焼かれた「釣鐘まんじゅう」
生地の味や食感は、想像していたのと違い
しっかり、味わい深い感じです。

別物
[PR]
by my-pavane | 2013-04-30 06:30 | 大阪 | Comments(2)

堀越神社

JR天王寺駅で降りるのは初めてかも?

今回のお散歩
四天王寺と清水寺(および周辺のお菓子屋さん)
に行こうと決めまして
谷町九丁目から南下コースと、天王寺から北上コース
どちらにしようかと考えつつ
清水寺の護摩供について 出がけに確認してみたら

これが朝からずっと続いているわけではなく
午前中の10時半か 午後3時の2回だけらしいのです。
家を出る時間を考えると、午前中のには間に合いません。

行っても見られないのであれば、あわてて行く必要は無し、というわけで
天王寺駅から、谷町筋沿いに北上していくことに。

b0205694_10165231.jpg



谷町筋を北に歩いていくと

左手方向が 新世界ですので
時々ビルの間から
『通天閣』の姿がのぞきます。


b0205694_7574456.jpg
そろそろ 
四天王寺の参道にさしかかるかな、
という辺りで
道路を挟んで向こう側に 
神社が一つ。
【堀越神社】です。

こちらは
聖徳太子創建といわれる、古い神社。


b0205694_7583292.jpg


でも 見えている鳥居は 
なんだか綺麗です。
(後で調べたら2009年に新調したらしい)

厄除け祈願のご利益と
「一生に一度の願い事」を 叶えてくれる神社と聞いていますが
特にお願いすることもないので

新緑の綺麗な季節
気持ちいいなあ、と境内をのんびり歩きまわり
ご神木の楠などを眺めていましたら


b0205694_7585654.jpg



『運転手さん付き』の車で
神社の前に乗り付けたご婦人が
長い時間をかけて
真剣に拝んでいかれました。





More
[PR]
by my-pavane | 2013-04-29 06:08 | 大阪 | Comments(0)

天王寺お散歩

去年の大晦日に 難波から谷町九丁目あたりを歩きまわりました。
もうちょっと南に進めば、四天王寺へ行けたのですが
時間の都合で 見送りとなったのです。


その後
今度こちらへ行くことがあれば
どこを巡ろうかな、と調べていましたら

四天王寺周辺に
釣鐘饅頭が名物の【釣鐘屋】さん
お干菓子を一つから選んで買える和菓子屋【河藤】さん
その他 気になるうどん屋さん
天王寺動物園や 新世界も近いなあ、と
お散歩心を刺激する場所がいっぱいです。


とどめに
「その近くの清水寺では 毎月28日に護摩供がありますよ」
という情報をいただきまして

4月なら行ける!
(4月の28日は日曜日)

というわけで、行ってまいりました。

さすがに全部は回れませんから
お寺と坂道と和菓子にしぼって動き
まだまだ心残りはあるのですが

なかなかに楽しいお散歩となりました。

【本日のお散歩コース】

JR天王寺駅 ~谷町筋を北上
播磨屋本店(おかき)
堀越神社
総本家釣鐘屋(釣鐘まんじゅう)
四天王寺 
河藤(和菓子)
愛染堂・大江神社~愛染坂・清水坂~清水寺(護摩供)
天神坂~安居神社~逢坂
新世界(通過)
[PR]
by my-pavane | 2013-04-28 06:07 | お散歩計画 | Comments(0)

すみれのアイスクリーム

いつぞや頂いたオーストリア土産、
【デメル】の『すみれの砂糖漬け』
一度はゼリーに 一度は焼き菓子に使いましたが
まだまだ残っています。

ゼリーはもういいなあ。
焼き菓子も、なんとなく気分じゃない。
お酒に入れていただくのがおすすめらしいけれど
今、白ワインとか無いですし
ビール(いただきもの)は駄目でしょう…

と悩んでいたところ あるレシピを発見。
詩人のジャン・コクトー(1889-1963)は
美味しいものをちょっとだけ食べる主義』だったそうですが
友人だった料理人 レイモン・オリヴィエさんは
コクトーを喜ばせる料理を作ることに『やり甲斐』を感じ
いろいろ作って、それを記録していたそうです。

そのレシピの中に
「甘いものはあまり食べなかったコクトー」が
これは食べた、というデザート
すみれのアイスクリーム」がありました。

それによりますと

『ラズベリージャムを器の底に敷き
 ヴァニラアイスクリームを盛って
 その上にすみれの砂糖漬けを添える』
と。

おお、こんなところに「すみれの砂糖漬け」の出番が。

レシピにはアイスクリームの作り方から載っていましたが
ラズベリージャムとアイスを買えば
あとは盛り付けるだけですよね、簡単だ♪


b0205694_14264664.jpg
ポイントは、
強烈なお味のすみれの砂糖漬けと
アイスとの
『合わせておいしく感じられる割合』
とみました。




まずは ラズベリージャムと
バニラアイスクリームを用意。


器の底にラズベリージャムを敷き、
アイスを盛って

b0205694_14283839.jpg
b0205694_14285868.jpg

b0205694_14312526.jpg

上にすみれの砂糖漬け。
完成です。

食べてみると
ラズベリージャムが多すぎた?
混ぜてしまうと
すみれの砂糖漬けは 
味も香りもあまり感じません。
そういう意味では
砂糖漬けを消費しやすいお菓子ですが
それでは あまり
使っている意味がないような。



b0205694_14331262.jpgとうわけで
もっと美味しくいただくべく、2回目。

ジャムの量を減らして
すみれの砂糖漬けは 
細かく砕いて混ぜる形に。

良い感じです。
冷たさと、乳脂肪のおかげか
すみれ独特の匂いのきつさが無くなり
ほどよく香りと甘さを楽しめます。
これなら
少々多めに砂糖漬けを入れても大丈夫。

砂糖漬けは コリコリとして
金平糖のような食感も楽しめます。

【ポイント】
ラズベリージャムは、すみれの砂糖漬独特のきつさを和らげる効果あるので
必要だけど控えめに使う。

すみれの砂糖漬は 乗せるだけではなく、砕いて混ぜる。
(溶けてなじんだりしないので、そのままだとゴロゴロします)

アイスクリームは ミルキーなものより、さっぱりめがおいしい。
ラクトアイスは ×。
[PR]
by my-pavane | 2013-04-21 06:01 | お家で | Comments(0)

ミッドナイト念仏in御忌 :知恩院

b0205694_14152697.jpg
受付を済ませ、いよいよ楼上へ。

楼上は 上がって行く階段周辺以外
ロープで塞がれて
立ち入り禁止となっております。
それでも周辺は見渡せて
京都市内の夜景が綺麗に見えました。

建物の中に入ってみると
ロウソクの灯りに照らされた 
お釈迦様・羅漢様が並ぶ前
大勢の参加者の方々が座り 
すごい勢いで木魚を連打しているという 
かつて見た事のない光景が目の前に。


一晩、延々念仏を唱えるのですから
もっと ゆるゆるとしたテンポで
やっているものだと想像していたのですが
むしろ 念仏の声はほとんど聞こえず
木魚の音だけが 平均200(1分間200拍)のテンポで
ポクポクポクポクポクポクポクポク
と響き続けます。

ほとんどの方は、やはり初参加のようでして
お経も読んだことも、念仏を唱えた事もないため
ひたすら無言で木魚を叩くだけ、になるのですね。


楼上には数人お寺の方がいらして
新しい参加者が上がってくると
「何人ですか?2人?ではこちらへ」と
畳の上にずらりと並ぶ木魚の中から
(最後にざっと数えたら140個はありました)
空いている場所へ参加者を誘導してくださいます。

私も後ろの方の空いた木魚の前に座り
ばちを持ってポクポクに参加。
ちゃんとお経を唱えなければいけないのかなと思っていたのですが
「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」だけでよいので 安心です。

ただ、このスピードに 
どういうノリで唱えればよいものかわかりません。
皆が唱えていれば、唱和すればよいのですが
肝心の念仏が聞こえない。

それでも、ずっと叩きながら耳をすませていると
少数ながら唱えている人の声も聞こえてきましたので
それに合わせる形で「南無阿弥陀仏」。

それにしても
田舎で聞きなれた念仏の唱え方は
(なーむ・あーみ・だー)の ゆるゆる3拍子ノリだったのですが
こちらは ハイスピードの木魚に合わせて
(なむ・あみ・だぶ・つー・なむ・あみ・だぶ・つー)の4拍子ノリ。
なんだか忙しい。

ひたすら叩くだけの方は
このスピードで叩き続けるのに疲れて
時々手を休めたりしてました。
慣れない木魚連打で、翌日筋肉痛になる人もいるだろうなあ。

私はといえば
『一定のテンポで打楽器連打』が あまりに慣れた動作のため
楼内の仏像・美しい天井画等を眺めつつ
1時間くらいきっちり叩き続け
滅多にない機会ですので 最後に 
左側にある巨大木魚も叩かせていただいた後、退席。

ちなみに
巨大木魚(ハロウィンの巨大南瓜サイズ)は1台しかないので
参加者の中で叩きたい人が そこへ並び
お寺の方からバチを受け取り
一定時間叩いたら 次の人が横から同時に叩き始め
途切れないよう入れ替わる、という形で交代していきます。

バチも大きく重たくなるため
ハイスピードでリズミカルに叩くにはコツが要ります。
バチを短めに持って、
重さと反動を利用して叩くと良い感じに。


それにしても
単調な打楽器連打音って時間の感覚を奪いますね…

腕時計確認しなかったら
終電を逃して帰れなかったところです。



消耗品
[PR]
by my-pavane | 2013-04-19 06:04 | 京都 | Comments(4)

深夜のイベント :知恩院

以前、知恩院の特別拝観期間に『三門』へ上がり
楼上からの景色も撮影禁止でした、
という話をしましたが
その際
「法然上人の忌日法要初日の夜から翌朝にかけて
 三門上で念仏を唱える法要行事があり
 この時は無料で上がって参加できる」
との情報をいただいたのです。

その名も
ミッドナイト念仏in御忌(ぎょき)』。
国宝である三門楼上にて
夜8時から翌朝7時まで
念仏を唱え続ける、という法要行事です。

今年(平成25年)ならば、4月18日(木)から 翌19日まで。
18日は仕事ですが、どのみちスタートは夜ですし
終了時間に至っては翌日の朝。
さすがに 夜っぴて念仏を唱えるまではいたしませんが
終電に間に合う時間までなら、参加できます。
幸い、翌日の金曜日の仕事はお休み。

というわけで
仕事終了後、軽く腹ごしらえし
空腹で参加したら雑念が入りますし
京都へ向かって出発です。

b0205694_1357599.jpg
b0205694_13571724.jpg

この時間帯に祇園界隈を歩く
なんて滅多にないもので

ライトアップされた八坂神社や 
道に並ぶ灯籠を
珍しい気持ちで眺めつつ、
知恩院へ。


『ミッドナイト念仏』という名称の通り
念仏を唱える行事だという事ですので
知恩院に近づいたら
大勢の念仏が聞こえてくるのかしらね
と想像していたのですが

円山公園側から知恩院へ近づいても
人の声は全く聞こえてきません。

建物の中だと、そんなに外に響かないのかな
と 思いつつ、三門の前へ来たら

ポクポクポクポクポクポクポクポク
ポクポクポクポクポクポクポクポク
ポクポクポクポクポクポクポクポク

すんごいハイスピードで
いくつあるのか かなりの数の木魚の音が。

楼上で叩いているのですよね?
ひたすら途切れることなく木魚の音だけが周囲に響いております。
b0205694_1401982.jpg


いつもなら通り抜けられる三門の正面は通行止めになっており
敷地に入るには横の石段から回っていくことになります。

b0205694_1493551.jpg

遅咲きの桜が咲く三門横

三門の楼上へ上がる入口が受付になり
こちらで申込書を兼ねた
アンケートに記入することになります。
(氏名・住所・電話番号・年齢
 御忌への参加回数や
 この行事をどこで知ったかなど)

記入が済んだら
靴を入れた袋を持って
楼上への急な階段を登ります。

暗いので、足元要注意。

深夜営業
[PR]
by my-pavane | 2013-04-18 06:40 | 京都 | Comments(0)

おはぎ:いなば播七

b0205694_21581367.jpg菊寿堂義信さんのお店がある北浜から
再び中之島を通って、御堂筋。

気がついてみれば
御堂筋の街路樹、
銀杏の木には初々しい 若葉。
これが秋になると、
ギンナンの爆弾を降らせるのですけれど


b0205694_21591079.jpg
JRや阪急の駅がある方向へ進むと
駅前ビルが立ち並ぶエリア。
駅前第3ビルの南側、横断歩道を渡ってすぐの場所から
まっすぐ北新地へ入っていくと
何故ここだけ?と思うような 石畳の小さな道があります。

b0205694_220526.jpg
この細い道に入ってすぐ右へ折れると
一軒の和菓子屋さんがあります。
ここが【いなば播七(はりしち)】さん。

b0205694_228426.jpg

店頭には
「うぐいす餅」「さくら餅」
と季節の和菓子の名前がありますが
看板商品は「おはぎ」と聞いております。

おはぎは一個から買えるとのこと。

先ほど 菊寿堂さんで
高麗餅を食べたばかりですから
食べきれる量だけにしないといけませんね。

店頭の見本には
きな粉とこしあんが並んでいましたが
一個が小さいので
これなら両方1個ずつ、
2個食べても大丈夫。
と お店に入ってみたらば

あれ?

こしあん・つぶあん・きな粉・白あん
4種類あります。

全部食べたいけれど
全部は多いかも…。

b0205694_2234129.jpg

悩みに悩んで3つにしました。

あと一つで全種類制覇でしたが
それは次回のお楽しみと言う事でー

つぶあん・こしあん・きな粉のおはぎ。
(一個147円)
お日持ち当日限り


b0205694_22344016.jpg


今まで食べて来た
大阪の老舗和菓子屋さん
どこも あっさりした餡子が多かったのですが

ここのおはぎも
餡子は 甘すぎずあっさりめ。
そして、中のもち米部分が
何というか、やわらかく
みずみずしいのです。

この あっさりしたみずみずしさ
一番似ているのは
京都の巨大おはぎのお店
松屋さんのおはぎかな。


ちなみに
この【いなば播七】さんにも
『大はぎ』
巨大おはぎがありました。
見た目の迫力も 松屋さんと張ります。
これもまた、次回ですね

お持ち帰り
[PR]
by my-pavane | 2013-04-17 06:44 | 大阪 | Comments(0)

高麗餅:菊寿堂義信

お気に入りのヘアクリップが壊れました。

と言っても、装飾のパーツが外れただけなので
接着剤で付けられそうなのですが
適当な接着で ちゃんと直るものなのか
ゆがんだり、すぐまた外れるのも嫌だなあと
買ったお店に問い合わせてみたところ
「無料で修理させていただきます」とのこと。
よかった よかった。

しかし、お店は梅田なのです。
電車一本20分で行ける場所とはいえ
ヘアクリップを預けるためだけに梅田へというのも…


せっかくですから、以前 お店の前まで行きながら
時間が無くて寄れなかった
【菊寿堂義信(きくじゅどうよしのぶ)】さんを訪問することに。
b0205694_10104626.jpg
梅田から御堂筋を南下
中之島で中央公会堂のある方向へ曲がり
中央公会前にかかる
栴檀(せんだん)橋を渡ります。

そこから1本東(御堂筋と反対方向)の道を
さらに 南に進んで3ブロック先へ。

到着です。
b0205694_1011183.jpg


前回ここを通ったのは、昨年の11月
高岡福信さんの酒まんじゅうを買った後
ここにも寄りたいなあと思いつつも
時間が足りず 場所確認で終わりました。

ちなみに 菊寿堂さんは
『梅干』という名前の
梅干そっくり和菓子が有名ですが(これも いつか食べる予定)
今回の目的は 高麗餅(こうらいもち)。

店内にはテーブルが3つあり
ぜんざいでも お薄セットでも
全て650円でいただくことができます。
高麗餅は お持ち帰りもできるのですが
やはり できたてをいただきたい、という事で。

高麗餅 一皿650円
b0205694_10154177.jpg

こしあん・つぶあん・白あん・抹茶あん・胡麻

抹茶の緑が とっても鮮やかです。
さて、どの順番で食べましょう。

いろいろ迷ったものの
味の個性が強いものを後に、というわけで
白あん→こしあん・つぶあん→抹茶→胡麻、でいただきました。

5つあると言っても一つ一つは小さく 
中のお餅も本体の3分の一くらいなので
ぺろっと食べられます。
抹茶は期待を裏切らず、お茶の風味豊か。
さっぱりしてきめ細かいこし餡が、本当においしいです。

生菓子は全て予約注文制らしいので
今回 お持ち帰りできませんが
お隣のお客さんが頼んでいたお薄セットの
お茶菓子のわらび餅が、おいしそうでしたので
またいずれ買いに来たいところ。

菊寿堂義信(きくじゅどうよしのぶ)
大阪市中央区高麗橋 
日祝休み
[PR]
by my-pavane | 2013-04-16 06:01 | 大阪 | Comments(2)

締めはケーキ :SugarToothカフェ

油たっぷりのチヂミを食べ
これまた大量の油の上で焼かれたホットックを食べ
蒸し豚とキムチを試食して
結構 お腹いっぱいなのですが
SugarToothさんのケーキは食べます

というわけで
鶴橋駅から環状線に乗って 大阪駅へ戻り
阪急高架下の 【ほなな】にて日曜営業中の
SugarToothカフェへ。

食べたいケーキは
お芋と小豆のロールケーキ。

今まで、何度か訪れているSugarToothさんですが
ロールケーキは食べたことがなく
しかも、サツマイモと小豆の組み合わせ
和菓子・お芋好きには たまりません。

b0205694_20321957.jpg
お芋と小豆のロールケーキ
手前は友人の注文した
ベリーの
クランブル・チーズケーキ。
(紅茶とセットで800円)

ちなみに 友人は
2つとも一人で注文して
食べるつもりでいたツワモノですが
腹も身の内ですので
1個ずつ違うのを選んで分けましょう、と
気持ちを納めていただきました。
ケーキの後ろに写っている
ジャム・焼き菓子は
ここで食べられない分を補うがごとく
友人が大量に買い占めた物(の一部)
思いのたけが察せられます




b0205694_20353131.jpg

小豆とクリームの組み合わせはよくありますが
芋のペーストとクリームと小豆は珍しいです。

お芋独特のやさしい甘さと なめらかな食感
そこに小豆の風味
もう うっとり。

ベリーのチーズケーキは
通常より軟らかめの出来だったそうですが
これはこれで ベリーのみずみずしさが生きて
甘酸っぱく美味しかった♪

大満足。
[PR]
by my-pavane | 2013-04-15 06:24 | 大阪 | Comments(0)

鶴橋商店街

コリアタウンを後に
御幸森神社の前のバス通りに戻って
鶴橋駅へ向かいます。
そろそろ鶴橋駅の近くかな、と左手を見ると
アーケードの屋根らしきものが。

あれかな?と 道を渡ってそちらへ入っていくと
b0205694_2095238.jpg

ほとんどのお店のシャッターは
閉まっておりますが
商店街です。

今日はお休み?と思いつつ
駅があるはずの方向へ向かうと
服飾・雑貨のお店が多いエリアは
営業中でにぎわっておりました。
b0205694_20141536.jpg


お店は撮影できないので
上の看板だけ。営業しているので 点灯しております。

海鮮を扱う市場の方は、日曜日だからかお休みのようです。
駅に近いところでは
キムチ屋さんが集まって、こちらは大賑わい。

かつて、ここでキムチを買って帰りましたが
ビニール袋に入れただけのキムチは
帰りの電車の中で 臭うこと 臭うこと。
ここへ来る時は 密封できる物を持ってこなくては。
と ジップロックを持ってきたのですが
結局 本日は 買わずじまいでした。

もっとも
韓国料理用の食器を扱うお店に
『キムチ専用の金属ケース』がありますので
それを買って詰めて帰る、という方法もあります。

パチンとフタを閉めたら
水を入れてもこぼれない、というところを
実演してくださいましたので
密封性は確かです。



チヂミは コリアタウンより小さいものが
1枚100円で買えるお店がありました。
この後ケーキを食べに行くのでなければ
買って食べていたところ。

というわけで
堪能いたしました コリアタウン。
次に来る時は
もっといろいろ食べたいなーと思います。
[PR]
by my-pavane | 2013-04-14 06:05 | 大阪 | Comments(0)