おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-08-19 08:01
宮津 灯籠流し花火大会
at 2017-08-16 06:42
弓道体験 55回目:武道センター
at 2017-08-12 06:41
弓道体験 54回目
at 2017-08-05 06:42
プリンアラモード:Sugar..
at 2017-08-04 06:00
最新のコメント
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
タグ
(420)
(322)
(269)
(182)
(87)
(66)
(66)
(57)
(52)
(48)
(37)
(35)
(35)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2013年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

きんつば・桜餅:小松屋

梨木神社にて 名水『染井の水』を汲み
これで おいしいお茶がいただけます。



おいしいお茶には おいしい和菓子が必須ですよね?


今回は『純粋にお花見のため』に京都へ来たはずですが
そういういかんともしがたい理由によりまして

b0205694_934232.jpg寺町商店街の中の
【小松屋】さんに寄り
お茶菓子を求めます。

今まで こちらでは
「焼き芋」「八方焼き」「亥の子餅」
などを いただいてきましたが

最近、大阪の老舗
【出入橋きんつば屋】さんにて
きんつばの美味しさに目覚めたため
今回は『きんつば』を。

きんつばだけ買うつもりでしたが
季節柄「桜餅」が並んでいまして
つやつやと みずみずしい姿に負けて
こちらも お買い上げ。

b0205694_941183.jpgきんつば(190円)
桜餅(180円)


きんつば、
どっしり大ぶりですが
全く くどくなく
あっさり完食。
おまんじゅうの餡子とは
また違った美味しさで
これからしばらく
きんつばの食べ比べに走りそうです。

桜餅は
びっくりするくらい
桜の葉の香りが強いのです。
こちらは小ぶりで
道明寺餅のつぶつぶが
繊細な美味しさ。


「おまんやさん」ですが
いいお茶に全く負けることのない
小松屋さんのお菓子。

順番に全種類制覇 が目標です。
[PR]
by my-pavane | 2013-03-31 06:01 | 京都 | Comments(0)

京都御所でお花見 2

3月24日

花は、桜だけではありません。
『桜』ならぬ『桃』のお花見。


近衛邸跡の桜のエリアから西児童公園や 
御所の南西側には『桃林』があり、
多くの種類の桃のお花見が楽しめます。
b0205694_20225027.jpg


b0205694_9142038.jpg
b0205694_9143626.jpg


桃林のさらに南には『梅林』

b0205694_9153550.jpg
b0205694_9154686.jpg

梅・桃・桜 の順に咲いていくので
梅はさすがに 最盛期を過ぎ 花吹雪の木もありました。


御苑内西側で、遠目に 何か咲いている木を見かけ
何かと近づいてみたら、木蓮(もくれん)。
b0205694_9232997.jpg


b0205694_9203769.jpg
b0205694_9211565.jpg


b0205694_9223631.jpg

桜とか桃とか梅とか
小さな花がいっぱい、
の木をたくさん見た後だと

木蓮の花は大ぶりなので
おっとりと優雅な感じ。





暖かくなったら
[PR]
by my-pavane | 2013-03-30 06:01 | 京都 | Comments(0)

京都御所でお花見 1 

3月24日
御所のお花見へ。

b0205694_8481490.jpg

広い広い御苑内、ほとんどは 
こういう だだっ広い砂利道と 芝生と 松林ですが

御所の北西、近衛邸跡は桜が多く植えられていて
枝垂れ桜が楽しめます。

この日は まさに花が開ききったばかりの状態
満開で、一輪たりとも散っていないという素晴らしさ。
b0205694_8562223.jpg


b0205694_8592573.jpg
b0205694_902269.jpg

b0205694_2022030.jpg
b0205694_2022320.jpg
b0205694_20222553.jpg




紅枝垂れ桜など 遅咲きの桜は まだまだ蕾でした。
来週には咲くかな、という感じ。
御苑内の桜は 種類多く植えてあるので
長い期間桜を楽しめるのが良いところ。

b0205694_935841.jpg
b0205694_941529.jpg

[PR]
by my-pavane | 2013-03-29 06:01 | 京都 | Comments(0)

お花見の散歩:木屋町~梨木神社・御所

御所の桜が きれいでしたよ

と報告をいただいたのが、3月22日の金曜日。

お花見は来週かなと思っていたのですが
来週では 散っていそうです。

というわけで
純粋に『お花見のためだけ』に京都へ。

四条河原町駅から
まずは高瀬川沿いに、桜並木が続く木屋町通を北上

b0205694_827345.jpg
b0205694_8282671.jpg

b0205694_8314482.jpg


先週は 蕾だった桜
今週は 1~2分咲き?
今週末(30日頃)には
満開になりそうな感じです。

お天気がよく
高瀬川の水も きもちよさそう。

何故か今日は水量が少なくて
鴨さんは立って歩いて移動。



b0205694_833583.jpg

御所へ行くなら、
梨木神社の『染井の水』が欲しいなあと
途中で寺町通へまわり
御所の北東 梨木神社へ。

御所東北よりにある【梨木神社】
b0205694_8344030.jpg

b0205694_8361627.jpg

久々の梨木神社。

そろそろ観光客が増えてくる時期だし
日曜日ですから
行列覚悟で行ってみたら
誰一人並んでおらず。

おかげでゆっくり水を汲めました。

ついでに
手のひらで水を受けて一口。
あいかわらず まろやかで
おいしい水。
これで、先日買ったばかりの
お抹茶を楽しもうという腹積もり。

b0205694_8364418.jpg
b0205694_836581.jpg



さて
北東から一番近い門 から御苑の中へ。

御所の北
遠目にも そこだけ ふんわり白く見える場所が。
b0205694_843364.jpg

前回、御所周辺のお散歩して以来の御所の桜。
枝垂れ桜が 満開です。
[PR]
by my-pavane | 2013-03-28 06:06 | 京都 | Comments(0)

五感北浜本館

お腹がすきました。


北浜駅周辺ですと
お茶ができる素敵なレトロ西洋建築が2軒ありますね。

紅茶とケーキのお店『北浜レトロ』の【北浜レトロビルヂング】
『五感』北浜店が入っている【新井ビル】

どちらに行こうかな、と迷ったものの
北浜レトロは 2回行ったことがあるので
今回は お初の五感北浜店へ。
b0205694_1954496.jpg
b0205694_1984033.jpg

北浜レトロビルヂングは
両脇をのっぽのビルに挟まれた かわいらしいビルですが
こちらの新井ビルは、想像していたより大きな建物
内装はどのくらい残っているのかなあ。

お店に置いてあったパンフレットによると
大正11年(1922年)の建物
元は銀行だったようです。

b0205694_199795.jpg
b0205694_1961133.jpg
春らしい桜で飾られた玄関口

もっとも 食べ物屋さんなので
お店の中の花は全部造花のようです。

3時くらいに入店したら
10組くらいの順番待ち。

1階で名前を書いて
順番が来るまでの間
たぶんこの中から選べるんだろうなーと
ショーケースの中のケーキを眺めたり
お土産用の焼き菓子などを物色。

特に、ここ限定のお菓子という物は
無いようです。



といううちに順番がまわってきて、2階の席へ案内されました。

b0205694_19175680.jpg
幅の狭い階段を上がると
一階から吹き抜けになっている部分を囲う
回廊に沿うように個室が並んでいます。



さて
ランチは3時くらいまでですが
すでに売れきれという事で
注文はケーキとお茶のみ。


最初に渡されたメニューには
本日のデセールと飲み物
しか載っておりません。

あれ、ケーキは?


と思ったら
店員さんが 大きなトレーを持って登場。
そして そのトレーの上には

1階のショーケースに入っていたケーキが
全種類乗ってくるのです
それはもう、花が咲いたようで
見た瞬間、もう何が何だか


1階で順番待ちをしている時
ショーケースのケーキを眺めて
食べたいケーキを決めてあったから
選べましたけど

実物がずらり並ぶと
とても冷静に考えるなんてできません。

選んだケーキはこちら

季節のタルト デコポンの焼きタルト(315円)

b0205694_19352668.jpg

ケーキが お皿に乗るだけかと思いきや
口直しのシャーベット
お米のバウムクーヘンが一切れ付いていました。
バウムクーヘンには ラズベリーソースと練乳?らしきものが添えられています。

お米のバウムクーヘンって
初めて食べましたが
あっさりとして美味しいです。
さっぱりしているから
甘めのソースが添えられてちょうど良い感じ。

ケーキは 季節柄イチゴものが多かったのですが
紅茶と一番合いそうなケーキ、と考えて
でこポンの焼きタルト。

落ち着いた雰囲気の店内で
ゆっくりとお茶。幸せー。

今度は レトロ西洋建築大好きな友人を連れてこようかな。

限定ものは
[PR]
by my-pavane | 2013-03-27 06:22 | 大阪 | Comments(0)

綱敷天満宮

梅田茶屋町の『綱敷天神お旅社』から
そのまま 阪急の駅に沿って南方向へ
HEP FIVEから東方向へ曲がり
【綱敷(つなしき)天満宮】を目指します。

ところで
人間、地図を頭に入れて歩き回る
という事を繰り返していますと
だんだん方向感覚が強くなってくるものです。

京都市内のように 綺麗な碁盤の目状態でしたら
まず、迷うという事はありませんし
京都ほど整然としてはいないものの
大阪も「難波の宮」があった古都ですから基本碁盤の目で
(御堂筋のような『筋』が南北で、 千日前通などの『通』が東西)
おおまかな方向はつかみやすいのです。

これまでのお散歩で
方向感覚は かなり磨かれてきたはずの私。
それなのに

本当に こっちでいいのかと
不安になるような道を通らないといけないのですが


さすがに この界隈に神社は無いだろうと思えてきた頃
上を見上げると 神社の屋根のようなものが見えました。

もしかして、あれでは?
b0205694_955473.jpg

b0205694_917102.jpg当たりでした。『綱敷天満宮』です。

立派な入り口、意外と広い境内
周囲とのギャップがものすごい。
b0205694_9182259.jpg

b0205694_9204295.jpg

境内には ここ最近の暖かさゆえか
桜の花が咲き始めていました。
b0205694_9225397.jpg
b0205694_923124.jpg


天神さん、という事は 
菅原道真さん縁の神社なわけですが
由来を読んでみると

第52代天皇である嵯峨天皇が行幸の際、
ここに仮御殿を建て宿泊したことから
嵯峨天皇崩御の後、息子さん(源融)が追悼のために
縁のあるこの場所に神社を創建したのが始まりとのこと。(843年)

この時は まだ『神野太神宮』という名前でしたが
それから半世紀ほど後
左遷された道真公が、この地で咲いていた梅を眺めるために
船をつなぐ綱を座布団代わりに敷いて座ったところから
【綱敷(つなしき)】という名称が興ったのだそうです。


b0205694_926654.jpg

More
[PR]
by my-pavane | 2013-03-26 06:07 | 大阪 | Comments(0)

綱敷天満宮 御旅社

b0205694_2127479.jpg阪急京都線に乗って大阪へ。

梅田駅に到着する直前
Nu茶屋町あたりで
車窓から見える建物の中に
妙に浮いた雰囲気の屋根が。

これが
Nu茶屋町のすぐ北にある
【綱敷天満宮】の『御旅(おたび)社』です。b0205694_21292041.jpg

b0205694_21304128.jpg
3月10日に前を通った時には
かわいい梅の鉢が並んでいましたが
10日後の春分の日には
明るい黄色の菜の花がいっぱい。
b0205694_21313715.jpg

梅田の繁華街のど真ん中
突如出現したお花畑に
蜜蜂さんが 大喜びでやって来ておりました。
でもこの子達 どこから来たんだろう


b0205694_2132775.jpg


「お旅所(おたびしょ)」とは
祭礼の際、神様が一時的に移る仮の住い
言うなれば 「別荘」なのですが

逆に言えば「お祭りの時以外は留守」であるわけで
祭礼が無い通常では がら~んとして何も無い場所
お祭りの時だけ仮設のお社が造られる
というのが一般的です。

何しろ あの祇園祭のお旅所ですら、
通常は「お土産販売所」だというのに
このお旅社は、梅田繁華街のど真ん中にありながら
仮設ではなく 立派な社殿。

調べてみると、
もともとは「お旅所」ではなく
【梅塚天満宮】という ちゃんとした神社だったため
社殿があるのだとか。



本殿である【綱敷天満宮】の場所は
大阪市北区神山町。
地図で確認すると
梅田のHEP NAVIOからまっすぐ東に600m程度の場所。

もちろん、これから行ってみます。
[PR]
by my-pavane | 2013-03-25 06:01 | 大阪 | Comments(0)

春分の日 :大阪キタお散歩

3月20日(水)、春分の日です。

前日の、ゴミの回収日である火曜日に
今まで履いていたスニーカーを捨てました。
履いて歩く分には問題なくとも
『見た目がもう駄目』でした。
これでもう新しく買うしかないわけです


地元にも スニーカーを扱う店はありますが
品揃えを考えると、梅田まで出た方が良いかしら
と 考えたところで

確か今日は、知人のピアノコンサートが天満橋であったはず。
コンサートを聴きに行くついでに、靴を買ってくれば良いではないですか
と気付きました。


ちなみに会場は天満橋と北浜の中間くらいの場所。

北浜なんて、中ノ島公園からすぐですよねえ。
中ノ島~北浜くらい 梅田から徒歩圏内。
お散歩を兼ねて、歩いていこう。

梅田から中ノ島へ向かうなら
気になっていた神社も 寄っていけますし
中ノ島や北浜は 
北浜レトロビルヂング/大阪証券取引所ビル/新井ビル 
などなど
素敵な歴史的建築が盛りだくさん。


そうして
梅田から
網敷天神お旅社
網敷天満宮
中之島公園
…と歩いて北浜へ進み
神社めぐりに結構時間を取られてしまったがため
お昼抜きでコンサートを聴き
帰りに【五感・北浜本館】へ寄り ケーキと紅茶で一服。

で 結局 靴を買えずに帰ったわけですが

ブーツでこれだけ歩けると
まあ あわてて買うこともないかなあ と。
[PR]
by my-pavane | 2013-03-24 06:08 | お散歩計画 | Comments(0)

生姜糖 :京丹波

b0205694_2111744.jpg

3月半ば、お彼岸の錦市場。

麩嘉さんでも
店頭で湯気を上げていた
蒸し麩まんじゅうの蒸篭(せいろ)が姿を消し
お花屋さんには桜の枝が。
春ですねえ。

今回の目的は【京丹波】さんの生姜糖。

「丹波」の名前にあるように
丹波名産の栗と黒豆が主力商品ですが

初天神で生姜糖を買った後
こちらの前を通りかかったら
ここの生姜糖が 
天神さんの市よりずっとお安く
(大きな枡に山盛り一杯1000円)

うわー、次からここで買おう、と決めていたのです。


たっぷり1枡分の 生姜糖。
1枡分入れた後、さらに手づかみで
ひょいひょい、と足して入れてくださった

b0205694_2111984.jpg


こんなに大量に買って
消費しきれるだろうかと思ったのですが
お店の人は
『紅茶に入れたり 魚の煮物に使ったり(生姜と砂糖を使う煮付けに)できるから
 たくさんあっても大丈夫』と。

言われてみれば、生姜って 冷蔵庫に入れておいても
結構早く傷んでくるもので

生姜を効かせた豆腐のみぞれ鍋を作ろう思って生姜を出してみたら真っ白(カビてた)
という時
みごとに これが活躍してくれました。

もっとも 今のところは 調味料としてではなく
普通におやつとして もりもり食べております。
[PR]
by my-pavane | 2013-03-23 06:06 | 京都 | Comments(0)

常盤の昔(抹茶):柳桜園

年末に心斎橋宇治園で買ったお抹茶が切れて1ヶ月半以上。

年末年始は 洋菓子をいただく機会が多かったのと
抹茶がないからという理由で
自分でも 和菓子は買い控えていたので
紅茶やコーヒーでしのいできましたが
もうそろそろ限界です。


b0205694_2053787.jpg

二条にある柳桜園さん本店。

お茶を買うだけならば
百貨店の地下食料品売り場で
用は足りるのですが

本店だと
いろいろ質問できるので
やはりこちらで。



b0205694_20532744.jpg
前回買ったのは 
「冨嶽(ふがく)」(1050円)でしたが

前よりちょっと良いものを、と
『常盤(ときわ)の昔』(1260円)


お茶を包んでいただいている間
おいしいお茶をご馳走になりつつ

やはり お抹茶は
毎日立てると上達するとか

暖かくなってきたら
缶ごとビニール袋などに入れて
冷蔵保存すると風味が持つ

などという事を
教えていただいていたのですが

 

お茶を受け取る時 ふと
「このお抹茶の缶 新しいお茶を買う度に増えていくのですが
 捨てるにはもったいないのですよね…」
と 常々思っていたことを口にしたところ

『次回お持ちいただいたら、それにお詰めいたしますよ。
 この近所の方は皆さんご存知なので 空いた缶を持ってこられます。』
と。

お抹茶は37gでいくら、と表示されていますが
40gでないのは、缶代の分を差し引いているからで
缶を持っていくと、
同じ値段で40g詰めてくださるとの事。

『挽きたてを詰める事になりますから 新しいお茶が買えて良いですよ。
 缶は洗わなくても、軽く中を拭くか そのまま持ってきてもらえば
 きれいに拭ってお詰めいたします。』

「お茶だけ購入」可能でしたか。
本店に通える人なら、
空き缶を持って買いに来ることができますものねー。


「でも、同じ銘柄のお茶でないと駄目ですよね?」
と伺ってみましたら
違う銘柄のお茶でも大丈夫なのだそうです。

よかった、これから お抹茶の缶が増えることはありません。
[PR]
by my-pavane | 2013-03-22 06:01 | 京都 | Comments(2)