おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
コロッケ:味のタテハラ
at 2017-05-22 06:44
弘法さん 5月:東寺
at 2017-05-21 06:40
おさらい:五人立ち(座射)
at 2017-05-19 06:40
弓道体験 46回目
at 2017-05-18 06:06
2017年 ヒメボタル:高槻..
at 2017-05-15 06:41
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(413)
(309)
(265)
(175)
(85)
(65)
(57)
(55)
(49)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(21)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2012年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

厄祓いし放題 : 夏越の大祓

今年一年前半 最後の日、6月30日。

今年前半分の厄を祓いましょう、という季節の行事
『夏越の大祓(なごしのおおはらえ)』

この日、神社では 茅の輪(ちのわ)が置かれ
これをくぐる事で 厄を祓うとされています。

この「夏越の祓」を行う神社と行わない神社がありますが
基本『厄払い』が本業の 
スサノオノミコトを祀っている神社は 行っているようです。

私としては
今年前半、いろいろありましたので
しっかり祓っておきたいところ。

たくさん回ればよいというものでもないでしょうが
せっかくなので2ヶ所くらいは くぐっておきたい。



b0205694_874863.jpg
というわけで

まずは地元の野見神社。

牛頭天王(スサノオ系統)を
祀る神社なので

ありました、茅の輪。
b0205694_881637.jpg


b0205694_8105142.jpg

毎年 神社の方が
作っていらっしゃるのかなあ。
ススキのような茅を
ぐるぐる縄でまとめて固定してあります。

横には ちゃんと
茅の輪のくぐり方の ご案内が。

「水無月の夏越の祓いする人は
 千歳の命延ぶというなり」
という古歌を 唱えつつ
茅の輪を 左・右・左と
八の字を書くように 3回くぐり
その後 本殿を参拝すると。



毎年 毎年していると覚えるのだろうけれど
初めて茅の輪くぐりをする人は
この「歌を唱えつつ」が
結構 難しいと思われます。

くぐりつつ
「水無月の…何だっけ?」
と なるのでは。
(初めての時 私はなりました)


まず地元で 茅の輪くぐりを済ませたら 
今度は京都へ。

西陣の神社【大将軍神社】
b0205694_8225690.jpg 

こちらの茅の輪は
地元のに比べると
きっちり 細く束ねられたタイプ。

下の部分が踏まれて傷まないように
板を渡してあります。

b0205694_8231071.jpg


お次は 御所の西側
【護王神社】
b0205694_8272290.jpg
参拝客の数に比例するように
こちらの茅の輪の造りは
さらに 丁寧というか
がっちり。

少々踏まれても大丈夫なくらい
きっちりと束ねられています。

b0205694_8273474.jpg


唱える古歌は どこも同じだったけれど
くぐり方は微妙に違ったりするのが
なかなか興味深かったです。




計三ヶ所にて 厄祓いを済ませ
さあ、今年残り半年
がんばるぞー



茅(ちがや)
[PR]
by my-pavane | 2012-06-30 06:28 | 京都 | Comments(0)

京の名水巡り計画

おいしい お水に目がありません。

そんなわけで
前々から計画しているのが

京の名水巡り。

いろいろ調べて、それなり 結構まわってきたつもりだけど
探すとまだまだあるもので。

・汲みに行ける
・飲み水として認知されている

という条件で調べてみると。

【貴船神社の御神水】 6:00~20:00

【平野神社 井戸水】 境内の手水

【梨木神社 染井の水】 平安時代よりの名水

【下御霊神社 香水】 200年前の井戸を復活

【柳の水】 西洞院三条下る 黒染の会社の敷地内

【錦天満宮 錦の御神水】 8:00~21:00

【八坂神社 祇園神水】 力水

【松尾大社 亀の井】

【若一神社 神供水】 1983年復活

【市比賣神社 天之真名井】 1995年復活

【藤森神社 不仁の水】 本殿東の屋形

【御香宮 御香水】 1982年復活


5ヶ所、まだ行っておりません。


貴船神社・藤森神社・若市神社・松尾大社・平野神社
貴船神社と松尾大社 平野神社は
実際 参拝したことがあるのになあ。
惜しいことをしました。

今年中にいけるかな?
[PR]
by my-pavane | 2012-06-26 06:34 | お散歩計画 | Comments(0)

永楽屋 本店

b0205694_17444395.jpg四条河原町交差点の 
北東側にある【永楽屋】さん。
佃煮と和菓子の老舗です。

四条河原町という場所ゆえに

祇園祭の山鉾巡行時には
お店の従業員らしき方々が
ここの2階から 身を乗り出して
『辻回し』を見物していましたが

この2階、
茶房スペースになっていたのですね。

1階の 
佃煮・和菓子の商品を扱う場所へは
入ったことがあり
『柚子大好き』である祖母へ 
柚子を使ったお菓子を物色したものですが
(永楽屋さんは 
 柚子菓子が充実しています)

6月半ば、天気予報は雨だったのに
これでもかと晴れ渡り 暑かったある日
友人とお茶する場所を求め
初めて ここの茶房へ入ってみることに。

b0205694_17455911.jpg
お店に入って右側奥に
茶房へと上がる階段があります。

造りが昔風というか
かなり急勾配の狭い階段
手すりが付いているものの
年配の方には
上がり降りが厳しそうだなあ…

実際
後からいらした
年配の女性客の方々は
こわごわ上がっていらした



ここを上がりきると
いくつか椅子が置いてあり
満席の場合ここで待つ事に。






置いてあったメニューを見ると
やはり店の看板
柚子を使ったシャーベットやパフェ
柚子のかき氷がありました。

抹茶のパフェや 宇治金時かき氷は
京都の甘味処なら たいていあるので
やはり 柚子ものがいいなあ。

でも わらび餅も捨てがたい。

b0205694_1755767.jpgさんざん迷って
結局 
量的にちょうど手頃だった
柚子のシャーベットを注文。

柚子和三盆シャーベット
600円




というのも
この永楽屋さんのメニュー

基本的に 量が多いのです。

友人が注文した『宇治金時氷』

テーブルに来た瞬間 二人して
「大きい…」
と つぶやいてしまいました。

b0205694_17563566.jpg

宇治金時氷
980円

横に添えられた
銀色のものはスプーン
黒いものはストローです。
溶けたシロップは
遠慮なくお飲みください、というお気遣い。

しかし大きい。
この半分か3分の一の量で充分な気がします。

もっとも
小倉餡も宇治シロップも
上品な甘さで
量が多いからといって
飽きが来ることはなかったそう。
氷もふわふわ。
(ただ 最後の方になってくると寒くなってくるそうです)

ここへ 二人以上で 入店して
かき氷を注文する時は

「一人につき1つ」ではなく
かき氷と 他の物を注文してシェアするのが良いかと思われます。
[PR]
by my-pavane | 2012-06-23 06:36 | 京都 | Comments(0)

四条通の雀さん

四条通を 烏丸から河原町方面へ歩いていて
ふと 目にとまったもの。


b0205694_8521089.jpg

ビルの鉄柵の上に
何か並んでいる。

・・・・・

雀?

雀さんらしき 金属製の小鳥がぞろぞろ。

b0205694_8522285.jpg


これは
ここに人が座らないように付けたものなのか
単に可愛いので装飾として付けているのか


後で東京在住のYちゃんに話したら
「それ、東京の公園にもあったよ」 と。
(江ノ島駅のは洋服を着ていて有名らしい)

どうやら
基本的には装飾らしいです。

それにしても
どうしてこんなに目だたなそうなところに。

場所:堺町通四条通西入る 南側アオキビル
[PR]
by my-pavane | 2012-06-22 06:00 | 京都 | Comments(0)

京都ゑびす神社

b0205694_823165.jpg
建仁寺の塔頭 禅居庵を出て
西側の通(大和大路通)を北上していくと
左手(西)に 見えてきた神社が
【ゑびす神社】

そういえば 正月明け
四条通を歩いていたら
この神社がある南側に向けて
人がいっぱいいたなあ。

屋台が並んでいたのは
たぶん
『十日ゑびす祭』
だったのですね。




b0205694_8384684.jpg

お祭が無い今は静かな境内。

神社の境内に入るのは初めてなので
ゆっくり眺めて回りますと
えびす神社だけに
えびす様が あちこちに。

熊野若王子神社のえびす様
ほどではないけれど
結構 いかつい顔のえびす様が
いらっしゃいました。 


b0205694_8344772.jpg

中の鳥居には
えびす様の顔と熊手付き。
こういう鳥居は初めて見たなあ。


熊手の中には
参拝の方が入れたらしい
小銭が ざくざく。

確かに
ここに入れると
金運が上がりそうです。
[PR]
by my-pavane | 2012-06-21 06:00 | 京都 | Comments(0)

甘露竹 :鍵善良房

暑くなってくると 食べたくなる
鍵善さんの水羊羹。

くずきりで有名なお店だけど
このお店を知ったのは
『青竹に入った水羊羹』がきっかけです。

くずきりにしても
水羊羹にしても
「暑い時期」に食べたい和菓子。
なので、訪問はいつも初夏から秋にかけて。

今年はこれが初訪問です。

b0205694_1435448.jpg
鍵の紋の 大きな白のれん。
店頭には初夏らしく
アジサイのような青・紫・白の
琥珀羹が。
b0205694_14352193.jpg

b0205694_14402455.jpg

目的の水羊羹
『甘露竹』

1本ずつ買えますが、
さて いくつ買って帰ろう。
と悩んで
結局 サービス箱に入った
五本入りを購入。






付属のピンで
竹の底に穴を開けて
つるんと出していただきます。


b0205694_14391613.jpg
b0205694_14392638.jpg

ほんのり塩気を感じる上品な甘さと 
すべらかな舌触り。
1年に一回は食べたい 美味しさ。

のれん
[PR]
by my-pavane | 2012-06-20 06:44 | 京都 | Comments(0)

寅の市 :建仁寺両足院

建仁寺の境内
法堂を拝観した後
猪いっぱいの禅居庵へ向かう途中に
『寅の市』の看板が。

ここでも市をやっている?
でも、人はあまり集まっている様子はなし
そもそも、今日 やっているのでしょうか。

市の無い日に看板を出すとも思えないけれどー
と 看板の指す方向へ進んでみると

建仁寺内のお寺の1つ、【両足院】の入口に
再び「寅市」の看板が。
b0205694_7175130.jpg
b0205694_7181484.jpg

両足院 毘沙門天堂
狛犬の代りに 狛虎さんです。
鞍馬寺みたいだなーと思ったら
本当に鞍馬寺の毘沙門さんとご縁があるらしい。
b0205694_7183514.jpg
b0205694_7184442.jpg


この境内での『寅市』、どうやら手作り市のようです。

知恩寺などのような大規模なものではなく
この日は10店舗あるかどうか?
最大で20店までのようです。
後で調べたら、毎月第二日曜日の開催となっておりました。

お店の人も お客さんも のんびりした雰囲気の
ほのぼのした手づくり市。
[PR]
by my-pavane | 2012-06-19 06:18 | 京都 | Comments(0)

京都大丸屋上

京都大丸。

阪急電車の烏丸駅は地下なので
地上に上がる時
逆に駅に入る時
通過するデパートです。

従って 利用するのは主に 
地下の食料品売り場
さもなければ
お昼を食べるために上階のレストラン
なのですが

この度、初めて 足を踏み入れた場所が
大丸の屋上。

どんなところなんだろうと思っていたら、
花屋さんと 広場とベンチのある
公園みたいな所ですね。


初めて行った その場所で何をしていたかというと

友人が
【ミディ・アプレミディ】さんの『タルト十色』を購入し
分けてくださる、という事なので

さんさんとお日様の照る屋上のベンチで
持参の包丁を片手に
10種類のタルトを全て切り分けて
ラップに包んで箱に移す

という作業を しておりました。

【ミディ・アプレミディ】さんは
美味しいタルトやロールケーキ等の焼き菓子で
それは それは有名なお店ですから
あちらこちらのブログで 
美しいタルトの写真は いくらでも見ておりますが


b0205694_22294036.jpg
こういう映像は そうはあるまい

と 思います。

全部半分になった 十種類のタルトを詰めていただいて
玉手箱のように大切にお持帰りし
お茶をいれて
ほくほくして いただきました。

ありがとうございます。
[PR]
by my-pavane | 2012-06-18 06:08 | 京都 | Comments(0)

梅酒 :青梅3kg

毎年自宅で漬けている梅酒。

去年までは 生協の個人宅配で頼み 
青梅を「1kg」単位で購入できていたのですが
個人宅配をやめてしまったので
今年はどこで梅を入手したものかと。


「古城」という品種が欲しいのですが
近所のお店で取り扱っているかどうかわからず
インターネットで買える場所を検索。

…あるには、あります。
5kgとか 10kgとか とんでもない量で。
せめて2kgとか…

あちこち探して、どうにか「3kg」で販売している所を発見。

いつもの3倍量ですが、まあ、3年分を今年漬けると思えば良いですか。

届いた青梅、その日の内に洗って漬けねばなりません。
b0205694_21224337.jpg
これで1kg分。


b0205694_21261199.jpg


3kg分の梅が 1度に入るザルやボウルなど無いので

3回に分けて
洗って、ふいて ヘタを取って
を繰り返します。

水気をしっかり切ったら
消毒した瓶に 氷砂糖と一緒に詰めて お酒を注ぐ。

今年は
1瓶 ブランデーベース
2瓶は ホワイトリカーで。

b0205694_2126269.jpg


現在、定位置(ピアノの下)にて 漬け込み中。

今のところ 主に
ドビュッシーとベートーヴェンを聴かせております。
[PR]
by my-pavane | 2012-06-17 06:14 | お家で | Comments(0)

幸福堂 松原本店

b0205694_1035196.jpg松原通、河原町西入る。

錦市場にも支店がある
 【幸福堂】さんの本店です。

何度か前を通っていて
わらび餅とか おはぎとか
いつも心惹かれながら 

既にいろいろお菓子を買い込んでいたり
後でもう1回寄って~と思って
結局寄れずに終ってしまったりで
「こちら」でお菓子を買ったことは
1度も無し。
錦市場の支店では
何度か買っているのですけどね。

建仁寺へ行った帰り道
ちょうど まん前を通ったので 
今度こそ。


茶団子・おはぎ・わらび餅
バターサンドみたいな
洋風のお菓子もあるのですね。

賞味期限の短くなったお菓子は
お買い得価格で並べてあります。


さて
前に来た時にも 心惹かれたわらび餅、
3個入りパックしかないけれど
1個から買えないのかなあ。

お店の方に伺ってみると
1個から売ってくださると。
では、2つ下さい~♪ とお願いしたところ
三つ入りパックを開けて、2個取り出して詰めなおしてくださいました。

好きな個数を買えるなら、
今度来る時には、タッパーかお弁当箱持参しよう。
茶団子なども 串に刺さずコロコロお団子をケースに入れてあったので
これも お願いしたら グラム売りしてくださるかもしれないし。


お持帰りして、袋から取り出して眺めると
あらためて「大きい」と思いました。
b0205694_10355488.jpg

今まで買ったわらび餅の中で 一番大きいかもしれない。

わらび餅の餅部分は、餡の無いわらび餅と同じような食感がしっかり。
餡も ボリュームあります。どっしり。

More
[PR]
by my-pavane | 2012-06-16 06:36 | 京都 | Comments(0)