おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
コロッケ:味のタテハラ
at 2017-05-22 06:44
弘法さん 5月:東寺
at 2017-05-21 06:40
おさらい:五人立ち(座射)
at 2017-05-19 06:40
弓道体験 46回目
at 2017-05-18 06:06
2017年 ヒメボタル:高槻..
at 2017-05-15 06:41
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(413)
(309)
(265)
(175)
(85)
(65)
(57)
(55)
(49)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(21)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ブランジュリー マッシュ キョウト

2011.5.27

Boulangerie MASH Kyoto
下京区東洞院通 高辻下る
b0205694_11234898.jpg


京都へ行った時の お散歩コースは
基本『四条より北』なのですが

たまに、お昼を食べる場所を探して南へ下る時があります。

ここも、そんな時に見つけたパン屋さん。
入るのは かなり久しぶり。


ハード系2種と おやつパン1つを購入。
b0205694_11243610.jpg

 エピ (ハーフ 340円)
大きい。とにかく大きい。ハーフで食パン2斤ぶんくらいはあります。
シンプルで、でも小麦の味を楽しめるパン。
お店の看板的パンらしい。


b0205694_11252396.jpg
右:
オリーブ・ピスタチオ・トマト入りブール
(180円)
見た目からして オリーブやピスタチオがゴロゴロ、おいしそうだった。
食べたらやっぱり美味しい。小さいけれど満足度大です。

左:さくらメロンパン(130円)
上のクッキー生地がかわいいピンクで、桜の形をしているのです。
(これと同じデザインで抹茶のもあり)

b0205694_11255692.jpg

ピンクのクッキー生地には桜が練りこんであり
しかも、中のソフトパン生地にも桜の花の塩漬けが入っている。
だから塩気も結構強く、単純に『甘いメロンパン』を予想して食べるとびっくりします。

More
[PR]
by my-pavane | 2011-05-31 06:07 | 京都 | Comments(0)

丸久小山園 西洞院店

宇治にあるお茶の老舗、丸久小山園さんの 西洞院店。

こちらで販売している【宇治茶松露】という和菓子
以前から
『とても美味しい、おもたせにもお薦め』と聞いていて
機会があれば買いに行きたいと思っていたのですが

これ、1年中購入可能な品では なかったのですね。
販売時期が5月までなのです。

これを逃すと、秋まで買えない。
(6月からは 宇治茶こはく という琥珀糖に変わるらしい)

5月もそろそろ終わるので、あわてての訪問です。

b0205694_1231238.jpg


茶房がメインで、お茶や和菓子は出入り口付近に品よく置かれています。
お菓子を買うと、お茶をふるまってくださいました。


b0205694_12314330.jpg

ころころした、かわいいキノコ形の和菓子。
抹茶とほうじ茶の2種入っていました。
砂糖の衣の中に やわらかい餡が入っていて 
口に入れると 餡がほろっとほどけるように広がります。
どちらも お茶の香り風味がしっかり、美味です。

お水事情
[PR]
by my-pavane | 2011-05-30 08:53 | 京都 | Comments(0)

京の黒染め屋 柊屋新七 (馬場染工業株式会社)

柳の水を汲ませていただく際、
何かと協力してくださった 黒染め屋の親切な店員さん。

「汲み終わったので さようなら」 とお別れしてしまうのは惜しいです。


というわけで
『お店の品を見せていただいても良いですか?』と
お店に上がりこんで いろいろお話を聞かせていただきました。

      *      *      *

柳の水自体は1200年前後から記録が残っているようですが
黒染め屋さんは、明治3年(1870年)創業。

黒染め、というわけで 店内の品物は
衣類・小物入れ・その他モロモロ ことごとく黒。
鮮やかに 艶やかな 漆黒。

染料は 植物性 鉱物性いろいろらしく
赤染め、という 赤く染めてから黒く染めた赤味を帯びた黒
青染め、という 青く染めてから黒く染めた青みのある黒もあり
単純に黒くするだけではないのです。

戦国武将紋や、自分の家紋などを染め抜いてくださったりもするらしく
紋の入ったブックカバーは すっきりとして綺麗です。
これなら、欲しいなあ。


ここでは 黒染めの商品を販売するだけではなく
色あせて着られなくなってしまった洋服を
綺麗に黒く染め直してくれたりもします。
(黒染の他、紺染もしてくれる)

黒、という色は 退色の激しい色でもあるので
デザイン・着心地がとても気に入っているのに
色がさめてしまった、という服を持ち込むお客さんは結構多いとのこと。


木綿・絹・ウールなど 天然素材なら ちゃんと染められるため
デニムのパンツ・ブラウス・セーター・コート・帽子(柔らかい素材のもの)
いろんな物が染め直し可能。
大物では 『ウエディングドレスの染め直し』の依頼もあったとか
(コンサートドレスとしてリサイクルされたらしい)

染め直し料は、重さに比例し
ショールやブラウスくらいなら 2625~5250円
ジーンズだと重いので、3990~6300円。
b0205694_22484255.jpg

比較しやすいように半分だけ黒く染め直したジーンズ

ワンピースやジャケット コートなどの大物になると4200~8400円で
プレス処理が必要だと 別途費用がかかりますが
それでも上限は1万円強、といったところ。


せっかくなので何かお買い上げしていきたいところですが
・・・・・

指ぬきソックスなるものを発見。
5本指ソックスは見たことがありますが
これは指の根元が分れているものの、指部分は無し。
履きやすく、脱ぎやすい。指が分かれるので 蒸れない。

もうすぐ父の日がやってきますので
1足購入してみました。
b0205694_22551540.jpg


父が嫌がったら私が履きます。


馬場染工業(ばんばせんこうぎょう)株式会社
中京区西洞院通三条下る 柳水町75
営業時間:平日9時~17時 (休)土日祝

http://www.black-silk.com
[PR]
by my-pavane | 2011-05-29 11:30 | 京都 | Comments(0)

京都の名水 柳の水 

2011.5.27

京都の名水は『染井の水』が有名ですが

『柳の水』と呼ばれる名水があることを つい最近知りました。
もと織田信長の三男が住んでいた屋敷の敷地内
千利休が茶事に愛用したという名水。

それは 行ってみないとね、というわけで位置を確認。

調べてみると、場所は 西洞院六角上がる
【馬場染工業】という『黒染め』を専門とする染物の会社の敷地内にあり
営業時間内であれば、(もちろん器は持参)汲ませていただけるとのこと。

西洞院方面って あまり歩き回ったことが無いのですが
とりあえず、行ってみましょう。

烏丸通から六角通を西へ。西洞院通で右折(北上)。

井戸のある会社の外観って どんなのだろう?
名前しか わかっていないので 看板を探しつつ歩くと

あった。
b0205694_2271924.jpg
馬場染工業株式会社

思っていたより小さな建物。
近づくと、
手前には 案内の立て札がありました。
b0205694_2294279.jpg


細い通路を進んでいくと
左側には井戸らしきものとつるべ、石碑が。

へえ~、これが柳の水の井戸。と眺めていると
横の黒染めを扱うお店から店員さんが出てきて
「水を汲めるのはこちらですよ」と 水を汲める蛇口へ案内してくださいました。

写真を撮るには暗いので、どうしようかなーと迷っていると
「あ、電気つけましょうか?屋根も開けますね!」と
照明をつけてくださるわ 開閉式の屋根を開けてくださるわ
いたれり 尽くせりの お気遣い、恐縮しきり。

b0205694_22164780.jpg

右に見えるのが井戸の跡(水は枯れていますが、中は井戸の形が残っています)
左に見えるのが 水を引いた蛇口

b0205694_22201374.jpg

持参のペットボトルに水を詰め、任務完了。

柳があった場所であろう井戸は枯れていますが
水源が枯れたわけではなく、むしろ 敷地内全体で汲めるため
飲料としても、染物用としても いまだ現役のお水とのこと。

帰ったら、この柳の水で何のお茶をいれよう?
玉露かな?千利休愛用の水なら、お抹茶?

b0205694_1220161.jpg


【柳の水】 京都市中京区西洞院三条下る 柳水町75
 馬場染工業株式会社敷地内
水が汲めるのは 会社の営業時間(平日9:00~17:00)
[PR]
by my-pavane | 2011-05-28 00:50 | 京都 | Comments(0)

八百三 柚味噌

そもそも、京都の老舗を巡ってみたいな と思ったきっかけのお店
【八百三】(やおさん)。

創業は宝永五年(1708年) かれこれ300年という歴史あるお店らしい。

位置的には いつものお散歩コースとかぶるのに
いまだに訪問したことがなかったのは
老舗の常、日曜が定休 であることと
位置的にもっと北の方(御所より北だと思っていた)にあると 
かんちがいしていたからです。

で 一度も訪問しないまま
【本田味噌本店】(御所西)やら 【米忠味噌本店】(梅田)やら
他の 味噌屋さんの方を先に訪問してしまいました。

というわけで、念願の 八百三 初訪問。
2011.5.27
b0205694_22282727.jpg


店頭のショウウインドウに かわいい柚子の陶器が飾られ
入口上には 『柚味噌(ゆうみそ)』と 貫禄の古そうな看板
この文字は もともと 北大路魯山人の手によるものだと本で読んだなあ。
(表に掛けてあるものは複製で、店内に本物が飾られています。)


この『柚味噌』が 初代から伝わる一子相伝の品
店内には 曲げ物(木製)の容器に入った大小2サイズが ガラスカウンターの上に
贈答用 柚子の実の形の陶器入りの 『柚味噌』がカウンターの中に
置かれていました。

柚味噌しか扱っていないかと思いきや
パック詰めの赤だし味噌も置いてあります。これを買う人もいるのかな。

カウンターの上には 七味入れのような器が置いてあり、中には柚味噌。
店員さんが『試食どうぞー』と勧めてくださいました。
指に取ってなめてみると、
米忠さんのところの柚味噌と、大まかな味や甘さの加減は似ているけれど
【柚子の風味】が違う感じ。

贈答用には かわいい柚子の形の器に入ったものが販売されていますが
とりあえず 家使い用ということで
曲げ物入り(880円)を。
b0205694_22483815.jpg


常温で1ヶ月の日持ち、
冷蔵庫に入れると 固くなって半月で風味が落ちます、とのこと。
これからの季節、揚げ茄子に乗せていただくのが お薦めとか。
温めると より一層柚子の香りが立つのだそうです。

ふふふ 楽しみ。

さて
柚味噌を購入した後で、
聞きたかった事をあれこれ質問。

私が購入したのは 曲げ物、木製の容器入りのものですが
b0205694_22485827.jpg


贈答品用の陶器と、曲げ物と
味噌の味のためには どちらが良いのでしょうね?
と伺うと お店の方は あっさり
そりゃあ、陶器の方です

曲げ物はやはり木製なので 
徐々に水分が飛んで 周囲から固くなっていくのです。
だから、水分が飛ばない陶器入りが保存に向いている、と。

しかし、陶器入りって3500円します。
いくら何でも、300年前からこの器で販売していたとは思えないし。
そもそも、焼物に入れて売るようになったのは何時からでしょう。

『それはもう、かなり前からですよ』
300年続く老舗の「かなり」ね…
(時間の感覚が違うので 相当に昔からと見ました。)

でも、この柚子の形の容器ではないですよね?
『そうそう、もとは 楽焼に入れて売っていたんです』
あ、想像できる。素朴な楽焼に入った柚味噌。
むしろ 柚子形の器入りより おいしそうです。

『それが、マッカーサーが来日してからね
マッカーサー登場。

『塩分を含む食品を 楽焼に詰めて売ってはいけない事になってねえ』

ということは、戦後になってからなのですね、柚子形陶器は。



【八百三(やおさん)】 姉小路通東洞院西入る
営業時間 午前9時~午後6時
定休日:日祝 第3木曜

井戸端会議は続く
[PR]
by my-pavane | 2011-05-27 14:16 | 京都 | Comments(0)

お豆の季節

マンション住いだというのに 植物でジャングル状態となっている我が家

今年は さやえんどうの鉢があるので
かわいい豆の花を楽しめました。

で 花のあとには お豆ができます。

これが 馬鹿にならないくらい実る実る。
採れたてを 塩茹でして食べると
柔らかいわ 香りが良いわ すんごく甘くておいしいっ!
ささやかな収穫ながら ほくほくして楽しんでおりました。


ベランダの鉢植えですので、収穫には限りがあり
そろそろ収穫も終わりかな というある日
仕事先のお客様から
「家の家庭菜園で採れたものですがー」
スナップエンドウをいただいた!

といった調子で 毎日のように豆を食べていたこの頃ですが


先日 ご近所の方からいただいたのは 
『家の畑で採れましたので おすそわけ』
と ビニール袋の中に ごろごろと 30本以上の蚕豆(そらまめ)。

ゆでて食べるだけでは もったいないな~

で そら豆ご飯を作ってみることに。

もち米も混ぜて、おこわっぽくしてみようか?
水加減など うるち米と もち米では違うんだけど
レシピを検索してみると、混合した方法は見当たらない。

で もち米のみの水の分量 うるち米のみの水の分量をそれぞれ計算して
合わせて炊くことに。

いろんなやり方があったけれど、選んだ手順は以下のとおり。

米を研いで、ザルに上げておく(炊飯30分前)

蚕豆の実をサヤから出して 塩茹で(茹で汁は取っておく)

昆布を水に浸してだし汁を作っておく

炊飯器に米を入れ 量っただし汁&茹で汁 昆布 塩を入れてスイッチポン。

炊き上がったら 茹でておいた蚕豆を上に乗せて5分蒸らしできあがり。

b0205694_1345035.jpg

豆の量が少なく見える…
混ぜたら 豆のあるところ 無いところ 偏りそうな感じ


b0205694_13463468.jpg


一応、春らしい雰囲気は出ている?

ごちそうさまでした。

More
[PR]
by my-pavane | 2011-05-20 12:00 | お家で | Comments(0)

川島小鳥 写真展 :HEP HALL

b0205694_0352734.jpg


川島小鳥さんの写真展が 5月17日(火)までということで
梅田へ お出かけ。

HEPホールってどこだっけ?と思ったら
あの真っ赤な観覧車の乗り場のあるHEP FIVEの8階でした。

今回の写真展のモデルは、未来ちゃん という 佐渡の女の子。
広告で いくつか見た写真でも
今の日本にも こんな生命力あふれる子がいるんだなー
と感動したものですが

あらためて写真展で眺めても すごい存在感の女の子でした。

見に来た甲斐があった・・・

名物の観覧車
[PR]
by my-pavane | 2011-05-14 00:36 | 大阪 | Comments(0)

靱公園でピクニック 

連休が明けてから 雨続きだった大阪。

天気のいい日に、ブランジュリ・タケウチのパンを買って
新緑の靱公園で ピクニックしよう!

と計画していたら、おあつらえに 久々の晴天。

張り切って梅田から本町まで歩き、靱公園に到着です。
公園内は、周囲の会社の人々が お弁当を広げてランチタイム。
外で食べるのが気持ちいい季節ですからねー。

しかし、不思議なことに 公園内には
ブランジュリ・タケウチのパンの袋を持っている人が一人もいない。

もしや、という心配は的中
ブランジュリ・タケウチのシャッターは下りていました。
売れ切れで閉まっているのではなく
研修期間とかで、今週いっぱい 臨時休業しているようなのです・・・

しかし、『靱公園で おいしいパンを食べる』ために わざわざ来たのです。
タケウチが休みなら、確かこの近くにはもう一軒
【パンデュース】さんという おいしいパン屋さんがある!

b0205694_0211316.jpg靱公園から四ツ橋筋を越えて 東へ直進した位置にあるパンデュースで
無事お昼のパンを購入し、めでたく ピクニックを果たしたのでした。




明日から 靱公園ではバラ祭が催されるらしく
バラ園は 今 花盛り。

b0205694_0221889.jpg


b0205694_023479.jpg

b0205694_0232995.jpg
b0205694_0234338.jpg

b0205694_024737.jpg
b0205694_0241871.jpg

b0205694_0243029.jpg

b0205694_025296.jpg
[PR]
by my-pavane | 2011-05-13 12:30 | 大阪 | Comments(0)

長刀からくり時計 :野村証券四条店

2011・5・8

全国的に知られている 京都のお祭
『祇園祭』が行われるのは7月ですが
ここは1年中、山鉾が見られる場所。


野村証券四条店(四条堺町角)のからくり時計は
山鉾巡行の先陣をきる『長刀鉾』の形なのです。

時間になると カバー部分が上に動いて
中から長刀鉾が現れ
祇園囃子に合わせて 動きます。

b0205694_793567.jpg
b0205694_795432.jpg


b0205694_2111053.jpg
2時間に1度なので、
実際に動いているところは 
見られそうで見られなかったりする…
久しぶりに動いているところを見ましたー


本当の山鉾巡行は7月16日。
四条通のこの辺りは、
山鉾巡行の際 『くじあらため』の儀式があるので
全ての鉾が ここを前を通ります。
[PR]
by my-pavane | 2011-05-09 07:04 | 京都 | Comments(0)

オ・グルニエドール

前々から食べてみたかった、【オ・グルニエドール】のケーキ♪

かつて京都で一番おいしいケーキがあるお店、と聞いていて
食べてみたいなーと思っていたものの
なんとなく行きそびれていたお店です。

錦市場から堺町通を北に上がってすぐ という立地
錦市場には 年がら年中通っているので
いつも近くを通る場所なのですけどねー


いざ買おうと思った日に限って定休日だったり
既に他のお店で和菓子を大量購入した後に通りかかったり
どうも間が悪かったのです。

今回は、初めから ここでケーキを買うことを目的に出発。

午後3時過ぎに到着したら
ケーキは あまり残っていませんでした・・・

木の実のタルトなどにも惹かれましたが
せっかくなので 今回は生ケーキを。

b0205694_6583014.jpg

ジャスミンティーのクリームブリュレ(左)
上はこんがりパリパリのキャラメル
クリームブリュレは ジャスミンティーがほどよく香りおいしいです。
ほうじ茶や烏龍茶 ジャスミンティー
ミルクを入れて飲む人は少ないと思いますが、ミルクと合うのです。

プティ ポット オ フロマージュ(右)
卵のようなつるんとした陶器の器に 
チーズを使ったクリームブリュレとラズベリーソース。
上の白い部分はホワイトチョコで、くりぬかれたハート部分は
ラズベリーソースの上に乗っているのです。



b0205694_703737.jpgキリのクリームチーズタルト
安心の美味しさ。間違いなくおいしい。
タルト部分がサクサクです。紅茶に合う♪

ポワブルショコラ 上にピンクペッパーが乗っています。
『チョコレートと辛いもの』の組み合わせは大好き。b0205694_71495.jpg


 

More
[PR]
by my-pavane | 2011-05-08 15:00 | 京都 | Comments(0)