おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-12-14 08:01
千枚漬け:近為
at 2017-12-13 06:18
釈迦堂さんの手作り市:千本釈迦堂
at 2017-12-09 06:03
大根焚き:千本釈迦堂
at 2017-12-08 06:31
焼そばパンその2:ル・プチメ..
at 2017-12-01 06:48
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(432)
(345)
(272)
(189)
(95)
(82)
(68)
(58)
(54)
(48)
(38)
(36)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

竹濱義春さんはどこだ 

秋の和菓子巡りで立ち寄った
北大路にある和菓子屋【竹濱義春】さんですが

目的の『真盛豆』は、 「暑い間はお作りしておりません」との事で
その時は食べることができませんでした。

寒い寒いこの季節(1月)、今なら絶対大丈夫。
というわけで、【竹濱義春】さん、二度目の訪問です。

前回 訪問した時は
地図で場所を確認して、気をつけて探していたにも関らず
お店の前を通り過ぎてしまい
最後は お電話をして、店の前でお出迎えしていただく始末。

今回は 烏丸通りから このくらいの場所、と距離感をつかんでいますから
たとえ見落としても辿り着けるはず。

それにしても、どうして前回 見落としてしまったのか。

前回同様、西側から東へ向かって北大路を進みます。
そろそろ お店がある新町通。
手前に 信号のある交差点があり、これを渡った先にあったはず。

そして、今回も危うく通り過ぎるところでした。


でも、原因がわかった。

北大路通、交差点(お店より西)からの眺め
b0205694_13175545.jpg


交差点を渡ってすぐの角に、金物屋さんがあります。
目立つ看板、イロイロにぎやかに積み上げられた雑貨。

その隣に、【竹濱義春】さんの店舗があるのですよ。
b0205694_13203324.jpg

こちらは すっきり静かなたたずまい。
b0205694_13214030.jpg

対比が凄すぎて、お店の存在感が薄れてしまうのですね、きっと。

まあ、これからは
「目立つ金物屋さんの隣にある」
と,金物屋さんを目印に覚えておけばよいわけです。

ようやく買えた、真盛豆。
b0205694_1322996.jpg


青海苔の風味がすっきりと
中のすあま生地がしゃりっと甘く
中心に入っているお豆が 硬くなく ほどよい歯応え。

お抹茶をたてていただいたら、すごーく合いました。
おいしいー 幸せー。
[PR]
by my-pavane | 2011-01-31 09:25 | 京都 | Comments(0)

鷹峯方面

京都の かなりの郊外にあるパン屋さん【クロア】へ、また行ってまいりました(三度目)。

以前 パンを求めて行った時は 完全に「パン」だけが目的でしたので
周囲に何があるかなど、全く知らずに行ったのですが
帰ってきてから あらためて調べてみると

光悦寺・源光庵をはじめ 風情あるお寺がたくさんありますし
【万湯葉】 【京つけもの長八】 【松野醤油】などなど、気になるお店も。


【京つけもの長八】さんは木曜日定休なので、今回は見送り。
【万湯葉】さんや 『お寺巡り』ともども、お楽しみを残しておきたいので、
次回のお散歩にとっておきます。

というわけで、
とりあえず パンと醤油を買いに 鷹峯(たかがみね)へ。

北大路通が大きく曲がる、佛教大学前を北上しますと
近辺の畑でとれたらしい野菜を売っている露台がいくつか。
白菜とか おいしそうだなー。

もっとも、これからパンを買ったり お醤油(割れ物)を買ったりするのに
(しかも その後金閣寺や御所方面を回るつもり)
白菜丸ごと一株を抱えて歩き回るのは無理であろうと 今回は見送り。

      *        *        *
まずは、クロアさん。
b0205694_2141964.jpg


外は寒いけれど、中はほかほか、パンのいい匂い~♪
お昼近かったためか、パンが少なくなっています。
初めて来た時に食べた、生姜入りのチャバタ(パンの一種)が欲しかったのだけど
残念ながら 今日は 生姜入りを焼かない日ということでした。

代りに買ったのは、バゲットと、クリームパン、黒豆パン、
そして これから行く【松野醤油】さんの醤油を使った大豆パン。

ほわほわと いい匂いのする袋を抱えて 再び通りを北上すると
左手に見えてくるのが【松野醤油】さん。
b0205694_21493264.jpg
b0205694_21571662.jpg


b0205694_21555198.jpg


店舗スペースの左側が、醤油を作る場所になっているらしく
大きな樽が 外から見えます。

お店に入ると、ダイレクトにお醤油のいい香り。
棚に並ぶ、醤油・醤油・醤油。
味噌やもろみ、柚子ぽんずもあります。

おすすめは柚子ぽんず、という おかみさんのお言葉に
柚子ぽんずと、小さい瓶のお醤油を 濃口・薄口 それぞれ一瓶ずつ。
b0205694_220775.jpg


パンとお醤油を抱えて 帰り道。
秀吉が作った「御土居」が ここにも。

b0205694_2253811.jpg
b0205694_226027.jpg


 

More
[PR]
by my-pavane | 2011-01-30 10:48 | 京都 | Comments(0)

木曜日のお散歩

京都の老舗(特に和菓子屋さん)は、『日曜定休』というところが多いです。

以前、「和菓子屋さん巡りをしよう!」と思い立って友人らと歩き回ったのも
そういうわけで土曜日でした。

だから、平日は そういうお店を回るチャンス。
もちろん 火曜日や水曜日が定休なんていうお店もありますから
どうしても 行っておきたいというお店は、 【定休日確認】必須です。

そんなわけで 木曜日。

第一目標の【神馬堂】さんは 火曜日の午後と 水曜日がお休み。
ならば木曜日は大丈夫だ!

と出かけていったら、何故か臨時休業されていて 膝から崩れ落ちそうになりました。

うう、もう二度と木曜日に京都へは来ない・・・
と 悲しい気持ちで ぽてぽて歩いていたのですが

捨てる神あれば 拾う神あり。

以前 秋に来た時には 作っていなくて買えなかった
【竹濱義春】さんの『真盛豆』
今回は ちゃんと買えました。

京都御苑の西側にある【本田味噌本店】でお買物をした後
そのまま南へ下っていくと
右手に いかにも古そうな煉瓦塀が。
b0205694_2274371.jpg

以前、この辺りは 近代建築巡りで歩きましたから
まだ見ていなかった西洋建築があったのかな?と近づいてみると
古いのは塀だけ。

看板には KYOTO YMCAとあります。
塀の奥にある建物の玄関には『京都キリスト教女子青年会』
入り口には 掲示板がありまして
何か お知らせが貼ってある様子。
b0205694_22113231.jpg

キートス?
『フィンランドのパン』を焼いている、あのキートスさん?

小麦の味がしみじみおいしいパン屋さん、キートス。
大宮の細い道にある、小さなパン屋さんでして
ここのパンはおいしいけれど、わざわざ大宮駅で下りる事がないので
一回行ったきりのお店です。
毎週木曜日なら、ここで お散歩ついでにキートスさんのパンが買える!

今日(木曜日)ここを歩いていなかったら、きっと気付かなかった。
木曜日のお散歩も悪くないなー
[PR]
by my-pavane | 2011-01-29 22:07 | 京都 | Comments(0)

金閣寺ふたたび。

平日のお散歩、
『神馬堂の焼餅』の他もう一つの目的が
金閣寺(北山鹿苑寺)。

正確には 金閣寺限定の『銘菓 金閣』

千本玉寿軒さんが、金閣寺のためだけに作って卸しているという
本店でも買えない 和菓子があるのですよ。

金閣寺には今まで2回は行っているのに
こんな名物があるとは知らず。
拝観料を払って中に入らないと、いただけないのですよねー…

というわけで、金閣寺です。

b0205694_2115070.jpg

b0205694_21324753.jpg

b0205694_21333675.jpg黒門を入り
総門を抜け
受付を通って、

すっかり覚えた通路を曲がると

b0205694_21365482.jpg

あいかわらずの きらきらしたお姿。

この日は 一日中雪がちらつき 風も強かったので
金閣の浮かぶ鏡湖に映る姿は いまひとつ。

とはいえ、写真を撮ろうとしたら 
反射光で姿が見えなくなる建物って やっぱりすごいと思う。

冬枯れの金閣寺庭園。b0205694_2138487.jpg
b0205694_21382757.jpg
皆 金閣ばかり見ているので あまり目を向けてもらえないようですが。


夕佳亭せっかてい(表側)
b0205694_21395483.jpg


こちらは夕佳亭裏側から。b0205694_21401897.jpg


さて、お待ちかねの 『金閣』。
緋毛氈を敷いたお茶席もあって、
お菓子とお茶をいただけるようにもなっていますが
この寒風吹きすさぶ中、お抹茶席へ行く人はありません。

めでたく、銘菓『金閣』入手。

予想外。
[PR]
by my-pavane | 2011-01-28 08:30 | 京都 | Comments(0)

上賀茂神社

平日に ぽつんと入った お休みの日。

京都の老舗には 『日曜定休』であるところが多いので
じゃあ、せっかくだから京都へ行こう!と
下調べもせず、京都へ出発。

まずは 上賀茂神社(賀茂別雷神社:かもわけいかづちのじんじゃ)へ!
というか、その門前の焼餅の老舗【神馬堂】さんへ。

とにもかくにも 前々から
【神馬堂】の、「焼きたての焼餅」が食べたかったのです。
平日だし、朝から行けば 絶対食べられる!

本当は歩いて行きたいところですが、時間勝負ですので
ここは時間のショートカットのため 烏丸から北大路まで地下鉄に乗り
そこから御薗橋まで川沿いに歩きます。
(バスは 前回来た時、渋滞して遅くなると学習したので使わない)

着いた!

b0205694_20222138.jpg


・・・・・閉まっている・・・

店の入り口には「休業」の張り紙。
何だろう。私と神馬堂さんって相性悪いんだろうか。

あるいは 食い気だけで お参りする気の薄い私に
賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと:神社のご祭神)が罰を当てているのかも。
焼餅食べたら、ちゃんとお参りするつもりなのにー

あまりにがっくりしたので このままお参りせずに行こうかと思いましたが
それは それで 返って祟られそうですので
ちゃんとお参りしてきました。

参道の木々は 冬の風情。
春には綺麗な枝垂れ桜もこの状態。
b0205694_2023935.jpg


b0205694_2024524.jpg
b0205694_20242696.jpg



境内に入ると、桧皮葺の建物の
上には先日降った雪がまだ残っています。
b0205694_20244928.jpg


何はともあれ、お参り、お参り。
お賽銭を入れ、二礼二拍手一礼。

次に来た時には、
神馬堂の焼餅が食べられますように。


こんなことを祈っているから 食べられないのかもしれない。

思わぬところで
[PR]
by my-pavane | 2011-01-27 19:23 | 京都 | Comments(0)

巨大チョコレート:明治製菓工場

JR京都線沿線には、工場が多く
大阪方面へ向かっていると、
車窓から カメラやらビールやら 歯磨き粉やらの工場が見られます。
 
そして、高槻-摂津富田間にある工場の一つが
【明治製菓】の 工場。

歌手の槇原敬之さんの歌の中に出て来る「チョコレート工場」は
たぶん、間違いなくここと思われます。
(高校への登下校ルートになるので)

わりと大きな建物ですので
大阪から京都方面へ向かう時、
「この工場が見えたら もうすぐ高槻駅」という目印にもなるのですが

日曜、用事で大阪方面へ向かう時
見慣れたはずの工場の様子が いつもと違う。

何か茶色いものが・・・

b0205694_21581646.jpg


板チョコ? 
巨大な板チョコみたいなものが 積み上げられつつあるように見えたけど。

5日後、別の用事で大阪へ向かう時 再確認。

b0205694_21595227.jpg


チョコレートだー!!

この大きさ、わかっていただけるでしょうか。
少なくとも、5階建てのマンションくらいの高さはある この工場。
斜めに伸びているのは、鉛筆ではなくクレーン車です。

なんでまた いきなり こういう改装を始めたのかは謎ですが

この工場ではチョコレートを作っていますから
当然、チョコレートの匂いが 周囲に広がるわけです。

高槻市では、
この『チョコレートの匂いが強く遠くへ流れると、翌日は雨』
という 地元ならではの天気予報ができるくらいです。

巨大チョコレートから流れてくるチョコレートの匂い。
うーん、リアルだ。
[PR]
by my-pavane | 2011-01-21 14:46 | 大阪 | Comments(0)

靱公園と ブランジュリ・タケウチ

仕事場は北摂(大阪北部)ですが
本日は、朝から本町(大阪市内)で研修。

この後に仕事が無ければ
心斎橋や梅田で お茶したいところ。
しかし、そこまでの時間はありません。

だからと言って
まっすぐ仕事場に戻るのはあまりに残念なので
駆け足で『平日だからこそ行けるお店』に寄り道。

本町から歩いて数分
四ツ橋筋に面した『靱(うつぼ)公園』。
b0205694_23271566.jpg



b0205694_23252967.jpg 
b0205694_23261135.jpg




春・秋にはバラが見事なバラ園も、冬の現在は寂しい景色ですが
よく見ると、隠れるように咲いている1輪も。
b0205694_23263467.jpg


お店に入って食事する時間はないけれど、パンならば。
というわけで
この公園の南側にある ブランジュリ・タケウチ(日・祝定休)でパンを買い
公園のベンチでお昼ごはん。
b0205694_23275468.jpg


 
お昼を過ぎていたので
品数が少なくなっていたものの
オリーブ入りのパンは焼きたて。おいしい~♪

More
[PR]
by my-pavane | 2011-01-20 12:42 | 大阪 | Comments(0)

大阪城公園駅

冗談みたいに冷え込んだこの日
『仕事ではないけれど仕事上の用事』で、JR大阪城公園駅へ。

行きの環状線の電車の中で、「妙に おしゃれした女の子が多いなあ」とは思ったのですが
駅に着いて、理由が判明しました。

『Hey! Say! JUMP』という アイドルグループのコンサートが
大阪城ホールで これからあるらしい。

いずみホールへ、『クラシック』のコンサートを聴きに行くことは多かったので
大阪城公園駅へは、何度も来ているのですが
この駅の、こういう状況は初めて見るので新鮮。

駅員さんは
「帰りのチケット売り場が混み合いますので
 帰りの切符は 今ご購入ください!」と叫んでいるし

見慣れたキオスクでは、
見慣れないグッズ(ルミカ棒・星型ライト)が一番目立つ場所に置かれているし

おそらく、この冬1番の冷え込みではなかろうかという日
「チケット譲ってください」の札を持って 駅周辺に立っている女の子がわんさか。
 
ジャニーズってすごいなあ
と感心しつつ、自分の用事は別の場所なので
大阪城を遠目に眺めつつ そこを離れたわけですが


その後、用事が思ったよりも時間を取りまして
「すっかり遅くなったから
 もう あちらのコンサートも終っているでしょう」
「帰りの切符、買わなくてもよかったかも。」
「ライトアップされた大阪城って、意外と昼より見栄えがするわねー」
なんてことを のんきに友人と話しつつ、大阪城公園駅へ戻ってきたわけです。

そうしたら

ものの見事に あちら(コンサート)も終了したばかりらしく
大阪城公園駅、大混雑。

環状線の電車の中が こんなにラッシュ状態なんて
初めて見たかもしれない。しかも 皆女の子。

途中の駅で乗車してきた外国人の男性が ぎょっとして
乗ってからも 『これは一体!?』
という表情で きょろきょろしている姿が 何ともおかしかった。
[PR]
by my-pavane | 2011-01-16 22:52 | 大阪 | Comments(0)

野見神社

本日は1月10日、『十日えびす』のお祭です。

地元 高槻の【野見神社】でも 9・10・11日と三日間が
えべっさんのお祭で
日頃は人通りが少なく、静かな神社の前の通りには
商売繁盛を願う皆さんが 参拝のため行列に。


さて、この野見神社、歴史は結構古いです。
神社の鳥居前にある縁起によれば、
今から1000年以上前 宇多天皇の御世に疫病が流行り
牛頭天皇(スサノオノミコトと同一視される神様)を祀れば治まる
という神託を受け 祀ったのが始まり、とのこと。
だから 元々の名前は『牛頭天皇社』なのですね。

ちなみに、この野見神社の前の通りを 北に進むと すぐ
カトリック高槻教会(高山右近記念聖堂)がありまして
ここには有名なキリシタン大名『高山右近(たかやまうこん)』の像もあります。

全国的には、たぶん 高槻→キリシタン大名・高山右近
と連想される人の方が多いでしょうねー。
私も、歴史の教科書に載っていた名前でしたから
「こんな身近に、歴史的人物がいたのねー
 キリスト教を捨てられなかった 信心深く、純粋な人だったのだろうなあ」
と 『いい人』イメージを持っていたのですが

野見神社の縁起には
キリストへの信仰心から 神社の社殿を破壊し、社領を没収した大名
として記録されておりまして
(そのため当時の神職さんは 御神体を石清水八幡宮に避難させたらしい)
今の社は、後にやってきた別の領主が新に祀りなおしたとのこと。

徒歩1分もない、こんな近い距離に 
宗教的に対立した立場の建物があるのは不思議。
(しかも、さらに教会から東に進んだ位置には お寺が林立。何故に?)

それはさておき、野見神社の十日えびす。
実は祝日にもかかわらず、仕事があるという日だったので
移動の間をぬって 覗いてきました。

めでたそうなお囃子が スピーカーから流れる中
初詣なみに並ぶ人の列
屋台や植木市
成人の日でしたから、振袖姿の女の子の姿も多く
華やかな雰囲気でした。

時間があれば、たい焼きを買っていきたかった。

More
[PR]
by my-pavane | 2011-01-10 14:30 | 大阪 | Comments(0)

金閣寺。

年末、関西地方にしては珍しく 雪が降りました。
大阪北部でも吹雪いて、いくらか積もりましたが
京都は どっさり積もったらしい。

ニュースで「雪の金閣」の映像が流れ

あの キンキラキンの建物も
ほどよく雪で覆われると 上品になるものだなあと(失礼)



京都の観光名所の代表的な一つであろう【金閣寺】
(正式名称は 北山鹿苑寺)

初めて実物を見たのは、高校を卒業した後。
『日帰り卒業旅行』のノリで、
仁和寺から きぬかけの道をてくてく歩いて
金閣寺まで行ったのです。

それまで、仁和寺・竜安寺と
すっきり さっぱり 無駄な装飾ナシの建物を見て来て
最後に到着した金閣寺。

総門を入って、受付で拝観料を払いますが
この受付周辺は こんもりと茂る木々で
有名な金色の姿は全く見えず。

境内に入るまで、妙に曲がりくねった通路を進み
最後の角を曲がると

突然 キンキラキンの姿が目に入ります。

「うわー・・・」

初めて見た時には 感動します(いろんな意味で)。

すごいわー 本当に 金色だわー。
いや、よくこんな馬鹿馬鹿しいくらいに派手なモノを作ったものだ。
思いついても、本当に作るなんてすごい。

この日、天気がよくて風も無く
舎利殿(つまり金閣)を囲む『鏡湖池』は
文字通り、金閣の姿を鏡のように映していました。

写真を取って、上下ひっくり返しても 
どちらが正しいかわからないくらい、見事な鏡状態。


金閣の姿ばかりが有名だけれど
お庭も それは綺麗に整えられていますし
歩き回ると、それなり結構広い。

地元だと、身近過ぎて案外行かない金閣寺ですが
行って、見ておいてよかった、と思う。

金閣寺の和菓子。
[PR]
by my-pavane | 2011-01-10 08:00 | 京都 | Comments(0)