おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-06-28 08:01
南京町でお買い物
at 2017-06-26 06:41
メリケン波止場とメリケン地蔵尊
at 2017-06-25 06:38
遥かなるルネサンス展:神戸市..
at 2017-06-24 06:41
あん食フレンチトースト:トミーズ
at 2017-06-23 06:16
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(418)
(317)
(267)
(179)
(86)
(65)
(60)
(56)
(51)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

寺町通(てらまちどおり)


京都御苑(いわゆる「京都御所」)の東側を 南北にのびる寺町通は
一番好きなお散歩コース。



丸太町通(御所の南側の通)から 下りていくと

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

パンの進々堂や、お茶の一保堂 

京都最古の洋菓子屋さんの村上開新堂

末廣(お寿司屋さん)

書道関係の古梅園 


丸太町以北には

紫式部ゆかりの廬山寺

「染井の井戸」の名水が汲める梨木神社

更に上がって お漬物の野呂本店があります。

おいしい焼芋屋さんの「川越」や
八百卯(梶井基次郎の「檸檬」で有名な八百屋さん)は
残念ながら閉店してしまいましたが


御池通からの商店街に入るまでは
京都の歴史を感じさせる静かな道で、のんびり散歩するのに最適。

梨木神社で おいしいお水を汲んで
一保堂のお茶を買って
自宅で ゆっくりお茶をいれるのが お散歩後のお楽しみ。

気になる。
[PR]
by my-pavane | 2009-09-30 00:00 | 京都 | Comments(0)

一保堂茶舗

いつも、阪急の河原町で降りて
四条大通りから 寺町通を上がって歩きます。

にぎやかな寺町商店街を抜け
御池通を渡ると、とたんに 静かになる寺町通。

京都御苑南の丸太町通りと 御池通のちょうど中間地点
二条通を少し上がったところで、右手に見えてくるのが
『一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)』。

茶壷の形をした看板が、ほのぼのした風情で
大きなのれんをくぐって お店に入ると
お店の方がにこやかに応対してくださいます。

今日は何を買おうかな。
定番のほうじ茶。
とっておきの玉露。

いろいろ見ている間、店員さんが
「よろしかったら どうぞ」と
玉露を試飲させてくださったりします。

初夏に行った時は、水出しの玉露をいただきました。
香りと 甘味と、冷たいのどごし。おいしい~

『玉露』と言えば
普通は、沸かしたお湯を 2~3度器から器へと移しかえて
60度くらいまで温度を下げたお湯を
急須の中の茶葉に注ぎ
ゆっくりと出していきますが
水出し玉露って 初めていただきました。

店員さんに、どうやって淹れるのですか?と尋ねると

「こちらでは、地下水を汲み上げる井戸があるので
 その井戸水で 20分ほど水出しにします」
とのこと。

自宅でなら、軟水のミネラルウオーターに茶葉を入れて
冷蔵庫でゆっくり出せば、同じ感じにできるでしょう、と。

そういえば、ここから更に北へ上がった
下御霊神社には、おいしい水の出る井戸があるそうですし
御所の東側には梨木神社という神社があり、
ここでは「染井の水」で有名な名水が汲めるのです。

一保堂の井戸も、同じ水脈なのかな?

というわけで 
一保堂で玉露を買い
梨木神社から持ち帰ったお水で、水出し玉露。

おお、一保堂でいただいたのに負けないおいしさ。

一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)

中京区寺町通二条下ル
9:00~19:00(喫茶室「嘉木」は11:00~17:00)
休み:1月1日~3日
[PR]
by my-pavane | 2009-09-29 00:00 | 京都 | Comments(0)

村上開新堂

明治37年(1904年)創業らしい。

京で一番古い洋菓子屋さん?

もとはと言えば、
『京都市内の 古い西洋建築を見て歩こう』
というコンセプトで、お散歩を計画した時

ここは「西洋建築」というイメージとは ちょっと違ったので
最初は見落としてしまったという なんともな思い出があります。


春のお花見シーズン、
1度だけ、友人らとお店に入ってみたら

扉に「をす(押す)」という表示があったり
クッキーが入ったショーケースが なかなかの年季ものだったり
外から眺めるより ずっと面白かった。

ロシアケーキと呼ばれる 昔風のクッキーが並んでいたけれど
予約しないと買えないという、贈答詰め合わせ用の
小さなクッキーの方が おいしそうだったなあ。

ロシアケーキと
好事福廬(こうずぶくろ)という名前の蜜柑のゼリー
が ここの名物らしく、ゼリーは要予約。

好事福廬は、そのうち予約して食べてみようと思うのだけど
ここ、日曜祝日定休なので、なかなか買いにいけない・・・
[PR]
by my-pavane | 2009-09-28 19:40 | 京都 | Comments(0)

柳桜園茶舗


寺町通の洋菓子屋さん、『村上開新堂』の向かいに
細い通りがありますが
これが二条通。

同じ「条」が付くのに
四条通や五条通に比べてなんで 二条・三条って細いんでしょうね?
不思議。

その二条通を西に進むと すぐ右手に見えるのが
お茶の老舗「柳桜園茶舗」。

すぐ近くにある「一保堂」さんが 基本定休日なし状態なのに対し
こちらは日曜定休。

しかも、昔ながらの 小さいお店なので
知らないと、たどり着けないかもしれません。

もとはと言えば、ある本で
玉露を淹れるのがどんなに下手な人でも おいしく淹れられる
『熱湯玉露』を置いている店として紹介され
(玉露をおいしく淹れるには温度が大切。低温でゆっくり、が基本なのです)
どんなお茶!?と興味を持ったのがきっかけで

住所を頼りに たどり着いたのが最初。

試してみた熱湯玉露は
確かに熱湯でもそこそこおいしいけれど
普通に淹れたら もっとおいしいと思います。

そして、今 一番のお気に入りは
かりがねほうじ茶「香悦」。

その名の通り、香り高いほうじ茶で
これを飲んでしまうと、スーパーの安価なほうじ茶が飲めなくなってしまうという
困ったお茶です。

日曜にしか来られない時は、
京都高島屋の地下でもお取り扱いがあるので、そちらで購入可。

10月30日(土)

ほうじ茶が切れそうなので、再訪。
いつもは袋入りのお徳パッケージで購入するのですが
今回は缶入りを買おう!と決めていました。

柳桜園の茶缶は、鳥獣戯画の絵がかわいいのです。

お店に入って、茶色の茶缶を確認。これです。
ふと、玉露などを置いている場所に目をやると 
同じ鳥獣戯画モチーフだけど、白い和紙を使った茶缶を発見。

「こちらは、週末限定のお品です。」
香悦より上質のお茶を、同じ製法で焙じ茶にしたものだそうです。

そうかー、いつもは金曜日に来ていたから知らなかったんだ。
というわけで、お買い上げ。

これから寒い寒い季節。
熱々のおいしいほうじ茶が嬉しい。

本店にて
[PR]
by my-pavane | 2009-09-27 00:45 | 京都 | Comments(0)

亀屋良永

寺町通と御池通の角。

シンプルなウィンドウに 和菓子が並んでいます。
それも、とても上品に。

御池煎餅の缶を見ると、
デパ地下でよく見かけるあのお店、と気付くけれど
これはやはり、本店で買いたい。

でも、日曜定休なので
平日なかなか来られない身としては
結局 デパ地下で買ってしまうのですけれどね。

麩菓子のような 軽い軽い食感の御池煎餅。
口にすると、ふっと冷たさを感じます。
煎餅の表面に 何か白いものが薄く塗ってあるのだけど
何だろう?
いつも 不思議を感じながら食べる お菓子です。
[PR]
by my-pavane | 2009-09-26 19:49 | 京都 | Comments(0)

スマート珈琲店

寺町通商店街の中の、珈琲店。

京都は コーヒーのお店が結構ありますよね。
紅茶党としては、あまりコーヒー専門店って入らないのですが
スマート珈琲店は、古くて雰囲気のある建物が素敵なのと
2階で、おいしいランチがいただけるらしいということで

動機の半分は「店内の内装が見たい」
という、お店の方には申し訳ない理由で伺いました。

1階は喫茶室、ランチは2階。
入り口を入ると、焙煎用のおおきな機械が横にあり
2階に上がる階段が右手に。
その手前に、ランチの順番待ちのお客さんが5~6人並んでいました。

ランチは、
ライスかパン
メインを2品選んで注文。

喫茶店のランチということで そんなに期待していなかったけれど
料理は 立派な洋食屋さんのメニューで
これが、予想外においしくてびっくり。

白身魚のコキール?を頼んでみたのですが
今まで食べた魚料理の中で、1番好み!というおいしさ。

いつ行っても、順番待ちのお客さんが並んでいるけれど
今度はオムライスも食べてみたいな。
[PR]
by my-pavane | 2009-09-25 19:48 | 京都 | Comments(0)

和菓子屋さん巡り 秋

和菓子屋さん巡り、春・夏ときて3回目の秋。

今回のメインは 【川端道喜】さんの ちまき。
なんといっても一人でほいほい買える値段じゃありません。
(五本一束で3900円になっていた)
共同購入してくれる同志がいる今回が、最後のチャンス。


というわけで、今回は
北山にも店舗がある【長久堂】さんから出発して、
同じく北山通りにある【川端道喜】さんを通過し
南に下るコース。


北山駅から、更に北へ上がったところにある【長久堂】で
「きぬた」「吉備求肥(肉桂味)」「わさび餅(山葵の求肥)「求肥昆布」
の詰め合わせセットを お買い上げ。

そこから東へてくてく進んで、下鴨本通りへ
【川端道喜】さんで、待望の 水仙粽購入。

そこから再び西に歩いて、鴨川岸で休憩し
(というか できたての粽を食べた)
南へ下って北大路。

ここから近いのは
お煎餅がおいしい【田丸弥】さん。
「味噌半月」というお煎餅を買いました。
試食もいただけて嬉しい。

次に、【竹濱義春老舗】。
北大路を、烏丸に近い新町通まで進めばある…はず…。

が、行けども行けども、店の姿が見えず
烏丸通に到着?あれれ?
2人がかりでよく見て歩いていたつもりだったけれど 見落とした?

後から来たメンバーと合流し、お店に電話して 再びお店探し。
今度は親切なお店のおかみさんが、店の前に出て待っていてくださいました。
(すみません・・・)

こちらでは、青海苔をまぶした円いお菓子「真盛豆」が目的だったのですが
『今の時期は作っていない』とのことで、せっかく到着したのに購入できず。


最後は もう1度東へ、烏丸通りまで戻って南下、
【水田玉雲堂(みずたぎょくうんどう)】さんへ。
地下鉄鞍馬口付近の御霊神社まん前にありまして
「唐板」の白いのれんが目印。
この 「唐板」という、ほんのり甘い 薄い卵煎餅のようなお菓子が有名で
というか、ここ、これしか作っていません。
素朴にして、しみじみおいしいお菓子。


『秋』と銘打って回ったけれど
この日は すごい晴天で、秋というより夏。
川端道喜さんも、夏場は 粽を作らないそうでして(2ヶ月休み)

煎餅系でない和菓子は、10月くらいから巡るべきだったかなー
真盛豆は、いずれ再訪せねば・・・
[PR]
by my-pavane | 2009-09-15 23:20 | 京都 | Comments(0)

川端道喜

京都の和菓子の本には 必ずといっていいほど載っている

有名な【川端道喜 かわばたどうき】さんの 『水仙粽』を食べてみたいね、
という話から じゃあ、一緒に協同購入しよう!と
和菓子巡りのお散歩コースが決定。

ちなみに、川端道喜さんの 「ちまき」は 
羊羹粽(ようかんちまき)と 水仙粽(すいせんちまき)の二種類ありまして
どちらも、祇園祭の厄除け粽のように
五本を笹で包み束にした形で販売しています。


つまり、バラで一本だけ という買い方ができない。
しかし 
その粽を知った時のお値段が、『五本一束、3150円』ですよ。
一人で3000円以上の粽の束を買って、もりもり食べる…
いや、さすがにそんなことはできない。

食べたいなーと思っていながら 買いに行けずにいたのは そういうわけで
今回 一緒に買って分け分けしましょう!と決めた時には
値上がりしていて、五本一束3900円。

今買わないと、きっと4000円越えたら買う気も無くなります。

そんなわけで、川端道喜へ、水仙粽を予約。(さすがに二種類は頼めなかった)

場所は北山通りと下鴨本通り交差点の南西角。
入り口は小さく、中に入ると
畳2枚分もあるかどうか?というスペースがあって
そこがお菓子の受け渡し場所になっています。

受け渡し場の奥は すぐ作業場になっているらしく
作っている忙しそうな気配が伝わってきます。
予約して行ったのに、名乗ってから 結構待たされたのは
到着してから作り始めたのではないかと。

実際、粽を渡してくださった方は
「生もので、鮮度が命ですから なるべく早く召し上がってください。
 やはり出来たてを味わっていただきたいので!」
と おっしゃっていましたから。

確かに、今すぐ食べたい。
だからといって、パンじゃありませんから
(歩きながら食べるには向かない和菓子です。)
車がびゅんびゅん走っている北山通りでは さすがに食べない。

たったか歩いているうちに、鴨川に着きました。
・・・河原でいきますか?

で、河原でいただきました。
しっかり巻かれた笹の葉をむきむき。
中身は、かすかに透明感のある 白い葛菓子。
笹の葉の香が 辺りにぱあぁっと広がります。

水仙粽の材料は、 葛と、砂糖と、水。それだけ。
よい素材で、丁寧に作られたシンプルなお菓子は
純粋な水のおいしさです。

ホロホロと 口の中で くずれていく、柔らかい葛の粽。
残りは 家へのお土産に。

More
[PR]
by my-pavane | 2009-09-11 22:32 | 京都 | Comments(0)

田丸弥

以前、よくいただいたお菓子に
『白川路』という名前のお煎餅がありました。

薄く 表面には唐草っぽい模様が浮き出たデザインの
ほんのり甘い、胡麻の風味がする お煎餅。

秋の和菓子巡りで、いわゆる「老舗の和菓子屋さん」を回ろう、と
【田丸弥】さんを候補に入れましたが
本店に着いて、お菓子を見たら 
見慣れたお煎餅があって、びっくり。
いつものお菓子のお店って、ここだったの!?

知らず知らずに いいお菓子をいただいていたんだなあ
と 今さらながら実感しつつ、他のお菓子も眺めます。

田丸弥さんは、老舗といっても 気取ったところでは全く無く
昔ながらのおせんべい屋さん、という風情。
土間から 並ぶお煎餅を眺めている間に
優しそうなご主人とおかみさんが
「こちらをどうぞ~」と
焼きたてのお煎餅と お茶を出してくださいました。

出してくださったのは、おなじみの「白川路」。
焼きたてだけに、香ばしさが全然ちがいます。
これは本店でしか味わえないおいしさ!来てよかった!

場所:堀川通今宮下る西入る

More
[PR]
by my-pavane | 2009-09-10 23:04 | 京都 | Comments(0)