おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-12-14 08:01
千枚漬け:近為
at 2017-12-13 06:18
釈迦堂さんの手作り市:千本釈迦堂
at 2017-12-09 06:03
大根焚き:千本釈迦堂
at 2017-12-08 06:31
焼そばパンその2:ル・プチメ..
at 2017-12-01 06:48
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(432)
(345)
(272)
(189)
(95)
(82)
(68)
(58)
(54)
(48)
(38)
(36)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

近代西洋建築ツアー

高校時代からの友人に
古い西洋建築が大好きな人がいます。

特に、レンガの建物に弱い。
京都国立博物館なんて、展示物より 建物だけ見ていたい
そんな人です。

日頃 私の趣味に合わせて お散歩に付き合ってもらっていたので
今回は、彼女のためにツアーを組みました。
名付けて西洋建築 見学ツアー

明治・大正・昭和初期の 京都市内の西洋建築物をピックアップし

1回で回るには、数が多いし 範囲も広すぎるというわけで
どこを優先したいか選んでもらいました。

というわけで、選んでもらったのがこちら。

三条通沿い
【家邊徳時計店ビル】(明治23年)
【京都文化博物館別館】(明治39年)
【中京郵便局】(明治35年)

烏丸通沿い
【新風館】(大正15年)

御池通
【京都市役所】(昭和6年)

御池から烏丸通を上がって御所の西
【聖アグネス教会】

新町通から
【京都府庁旧館】

四条大橋の東と西両端
【東華菜館】(大正15年)
【レストラン菊水】(大正15年)

南禅寺境内
【水路閣】(明治23年)
そこから、水路沿いにインクラインへ抜けて
【ねじりまんぽ】(明治23年)
【蹴上発電所】(明治45年)


円山公園内
【長楽館】(明治42年)



歩いて回るとしたら、こんなところでしょうか。


レストランやお店として使われている建物は
お客さんとしてではないと入りにくいし、
お役所関係の建物は、日曜は入れないので
これらはたぶん、外から眺めるだけ。

新風館や、中京郵便局も、古いのは外壁部分だけらしいので
これまた外からだけ見て楽しみます。

今回、入って楽しむぞ!と決めてあるのは
京都文化博物館別館(ちゃんと 展示物も見るのです。今回は焼き物関係)
長楽館(中のお店でお茶をする予定。レストランは高そうなので。)

さ~て、本当に1日で回れるかな。
[PR]
by my-pavane | 2009-04-15 00:17 | 京都 | Comments(0)

京都府庁旧館

西洋建築巡りの中で 今回の目玉。

明治の建築、京都府庁旧館。
今も一部現役で使用されている この建物は
基本的に 土日祝日はお休み、つまり入れない。

だから今回は、
外から眺めることしかできないだろうなーと思っていたのです。

ところが
季節は春。桜のシーズン。

府庁旧館の中庭には 枝垂れ桜が植えられておりまして
お花見シーズンのこの時期だけ
「春の特別公開」と
平日でなくとも、入場できるのです。
入れないと思っていたところに嬉しい驚き。

いそいそと入っていきます。

そもそも「西洋建築巡り」ということで
美しい建物の造りや内装が見たかったわけでして
何故 特別公開されているかという理由も忘れ
真っ先に一階の資料室へ入って行った私達。

内装に見とれていましたら
資料室の係りの方に
『中庭を探して迷子になった人達』と認識されたらしく
「中庭は あちらですよ」と 親切に 部署を離れて先導し
中庭まで連れてきてくださいました(笑)

b0205694_1654510.jpg


でも 本当に綺麗な桜。

この後、2階の知事室 控え室を見学させていただきました。

正面入口から2階へ上がる階段。
b0205694_23445275.jpg
b0205694_23453725.jpg


b0205694_2346416.jpg
控え室(知事室の隣室です)
←知事室がある方の壁に、暖炉が一つ。

で、同じ壁の知事室側にも暖炉が一つ。
同じ煙突につながっているのですね。

b0205694_23512280.jpg
















控え室側の暖炉の枠が木製なのに対し
知事室側の枠は大理石製。
こういうところに差をつけております。
b0205694_23482136.jpg 
知事室は、やはりこの建物の中で一番豪華。
調度品も よい木材で、彫刻も見事です。

単なる帽子置きや テーブルも
よく見ると、菊の御紋が入っていたりする。
天皇陛下がいらした時に使われたとか。














ちなみに、控え室にあった面白い物。↓

b0205694_23494419.jpg

b0205694_2350826.jpg

表示灯、という ピンポン玉の半球が並んだような物。
半球部分には よく見ると「刑」とか「都」とか「河」などの漢字が書かれていて
これが光っていると、知事や部長が 登庁している事がわかったり
呼び出された人が応答したことがわかる仕組みだったらしい。
[PR]
by my-pavane | 2009-04-14 17:30 | 京都 | Comments(0)

長楽館 

円山公園から 高台寺へまわる南の方にある、
ルネサンス様式の 立派な洋館。

明治の煙草王と呼ばれた実業家、村井吉兵衛の建てた迎賓館です。


西洋建築大好きな友人と『入ってみたいねー』と話していたのですが
用も無いのに入るのは駄目でしょうねえ。

レストランのランチは6000円からなので、まず論外。
しかし、カフェならば コーヒーや紅茶が700円からいただけます。

よし、お茶だけしてこよう

というわけで、お茶とケーキをいただきに 長楽館へ。


1階のレストランは、この日貸切で 結婚式の2次会パーティーをしているようでした。

階段を上がって3階へ。
どこもかしこも贅沢な作り。
絨毯敷きのフロア アンティークなカーテン、いろんな調度も なかなか古そう。


で、お茶をいただきましたよ。

お味は、まあまあ。もう1回来るほどではないかなあ・・・
不味くはないけれど、この値段なら他においしい所がいっぱいあるし…
あくまで、場所と雰囲気を楽しむお店ですね。

本当はゆっくりしたかったけれど
[PR]
by my-pavane | 2009-04-13 18:00 | 京都 | Comments(0)

東華菜館 :西洋建築

四条大橋の西側にある、東華菜館
中華(北京料理)のお店なのですが
なんとも素敵な西洋建築。

京都や滋賀にはヴォーリズ氏の建築物がちょいちょい見られますが
これも やはりヴォーリズ氏の手になるもので
大正15年の建築。

最初に入ったのは 親戚の集まりの食事会で
手動でシャッターを開け閉めして運転する
レトロなエレベーターに(日本最古らしい) どきどきわくわくしたものです。

外見も素敵ですが
中も ほどよく時代を重ねたよい雰囲気です。


b0205694_10451077.jpg


More
[PR]
by my-pavane | 2009-04-12 10:38 | 京都 | Comments(0)

和菓子屋さん巡り 春

京都といえば「和菓子」のイメージ
老舗の和菓子屋さんも多いです。

一人では入りにくいけれど、1度はその店の和菓子を食べてみたい

という仲間が集まって、和菓子屋さん巡りをすることになりました。

どれだけ巡ったかといいますと


栖園 亀屋則克 本家尾張屋 亀屋伊織 二條駿河屋 
二條若狭屋 源水 植村義次 松屋常盤



実際に入らず外から眺めただけ、のお店や
和菓子ではなく ついでに寄ったパン屋さんも入れると
12軒ぐらい巡ってますね、半日で。

巡った順に

栖園:琥珀流し(4月だったので桜蜜)

亀屋則克:お干菓子 
(いずれ浜土産や わらびもち、葛焼きを買いに来る予定なので下見を兼ねて)

本家尾張屋:蕎麦板
お蕎麦屋さんとしてしか利用していなかったけれど、お菓子もあるのですね。
いろいろ試食させていただきました。

途中で「Flip up!」の前を通りかかったため ベーグルを購入。

亀屋伊織:お干菓子(有平糖,桜色のおせんべい)
要予約、のお店です。一人だったら本当に入りずらい。

二條駿河屋:
目的の水羊羹は まだ作っていなかったので入っただけ

二條若狭屋:,家喜芋,不老泉,やき栗
デパ地下で不老泉以外は買ったことがありました。
すごく気前よく試食を出してくださいまして、恐縮・・・

源水:ときわ木,古都絵巻
こちらは 友人がいくつか購入

植村義次:洲濱
棹物です。10人くらいで 切り分けていただきました。

松屋常盤:味噌松風
ちょっとわかりにくい場所にあります。
地図を持っていたにもかかわらず、見つけるのに手間取りました。
結構ねっちりとした生地のカステラみたいなお菓子。
[PR]
by my-pavane | 2009-04-11 17:36 | 京都 | Comments(0)

醍醐の花見

お散歩仲間の お一人が 以前から口癖のように
『醍醐の花見をしたいー したいー』と。

では、行ってみようではありませんか。

というわけで、醍醐へ。

太閤秀吉さんが お花見をしたという、醍醐寺。
ついでに近くの、随心院・勧修寺も回ってみましょう。

待ち合わせは、地下鉄東西線、醍醐駅。

お花見シーズンならでは、『桜わらび餅』というものが駅前で売られています。

出発前に地図を覚えていたものの、
この駅で下車する人は 皆 醍醐寺に向かうので
ぞろぞろ人の流れに乗っていくと、到着。

総門前左右に 枝垂れ桜が一つずつ。
門をくぐると、桜の馬場と呼ばれるらしい 桜の並木。
本当に、桜だらけ。

そして人も多い(笑)

歩くのも大変なので、今回見学するのは三宝院・金堂の二つ。

三宝院は、庭園の素敵な建物で
建物に入る前にも 立派な枝垂れ桜が見られ
中に入ると、今度はすっきりとした日本庭園が見られます。

その日本庭園の一つに
能の演目の一つ「藤戸」の藤戸石(ふじといし)があったらしいのですが
その石に看板が立っているわけではないので
多分あれかなあ?と思いつつ見学。

平安末期の建物、金堂。
中に入るより、外から離れて眺めている方が風情を感じます。
この金堂の脇に植わっていた枝垂れ桜が それはもう見事で
滝のような花でいっぱいの枝を見上げて うっとり。

限定品らしいアイス
[PR]
by my-pavane | 2009-04-04 18:00 | 京都 | Comments(0)

醍醐の花見2 随心院~勧修寺

せっかく醍醐まで来たのだからーと
そこから歩いてすぐの随心院へ。

【随心院 ずいしんいん】

美女として知られる「小野小町」の住いが、この辺りだったということらしく
小町ゆかりのお祭(はねず踊り)があるそうです

ちなみに、門をくぐってすぐ右手の林の中には
『小野小町が化粧をしたという井戸』があります。

昔の井戸って、階段を下りていった先の水溜りみたいなのですね。
今宮神社の前のあぶり餅のお店「一和」さんにも、こんな井戸があったはず。
『小野小町』の名前に惹かれて 見に行きましたが
現役の井戸ではないせいか、あまり ここでは顔を洗いたくないような状態…。
昔は水もきれいだったのかなあ。


『小野梅園』
小町が晩年、梅の時期に里の子ども達と遊んだ
という伝説にちなんでか 広い梅園が作られています。

この梅の色(薄紅)を『はねず色』というらしく
毎年3月にある「はねず踊り」では
深草少将が小野小町の元へ「百夜通い」したという逸話を歌って踊るそうな。

この梅にちなんで、近くの山科わかさ屋(和菓子屋)さんでは
「はねず餅」という梅をかたどった和菓子(大福?)を販売していました。

ちなみに このお店に寄った目的は
クリーム珈琲大福』という面妖な名前の大福があると聞いたから。
本当に、大福の中に 珈琲風味の餡と生クリームが。
モチクリームがお好きな方なら 全然問題なくおいしいと思います。



近くのお蕎麦屋さんでお昼をいただき
次は勧修寺へ。

【勧修寺 かじゅうじ】

これが、位置はすぐわかるのに、入り口がどこかわかりにくいお寺でした。
この辺りかしらーと目を向けると、駐車場の電光看板みたいなものが見え
それに「勧修寺」とあったので
ああ、そこが駐車場なのね、じゃあ入り口はこちらかしら
と 回っていったら、行けども行けども 入り口が無く。
どうやら、さっきの電気屋さんの看板みたいな表示が 本当に入り口だったらしい。

結局、お寺の周囲をぐるり一周してから入ることに


蓮と花しょうぶが有名らしく、庭には大きな池がありました。
楓もいっぱいあったので、たぶん紅葉もきれいかと。

醍醐というと、皆 醍醐寺の方へ目がむきますけれど
随心院にも 見事な桜の木があって
静かにゆっくり見られる点では、むしろこちらの方がいいなあ。

勧修寺という名前
[PR]
by my-pavane | 2009-04-03 00:30 | 京都 | Comments(0)