おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
秋の天龍寺
at 2017-11-18 06:22
秋の鳴滝能:宝厳院
at 2017-11-17 06:16
宝厳院(天龍寺塔頭):嵐山
at 2017-11-16 06:48
おはぎ8種:小多福
at 2017-11-15 06:18
建仁寺 境内
at 2017-11-14 06:08
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(428)
(341)
(272)
(187)
(93)
(81)
(68)
(58)
(54)
(48)
(38)
(36)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

カテゴリ:大阪( 339 )

神服神社

この秋2度目の摂津峡散歩を終えまして
自転車で帰宅の途に。

山手の方の道は 起伏があったり川筋によって曲がったり
最短距離のコースが読みにくいため
毎回 最短コースを探して試行錯誤しております。

この道を曲がったら 行きに通ったあの道に出るかなー 
と当たりを付けて うまくつながったり 行き止まりで戻ったり
今回も この道を入ろうかやめようかと迷っていると
道沿いに大きな神社らしきものが見えました。

あれって、行きに(道の反対側から)も見えていたような?
同じ神社なら、この道で最初のルートに戻れます。
前まで行ってみるとb0205694_09225291.jpg

当たりです。
【神服神社】

行きに通った
道の向こう側の交差点が
確か
「服部交差点」

この「服部」は
この神社の名前が
もともと
「服部神社」だったから
と聞いたことがあります。

この辺り一帯も
町名が服部
神社の境内も広いし
なかなかに歴史がありそうです。



七五三のノボリがいっぱい立っていますが
境内は閑散としていますね。
神主さんらしき方が拝殿前に立っていらっしゃいます。

・・・クマ?
b0205694_09270235.jpg
拝殿前の椅子に腰かけた
かなり大きなクマのぬいぐるみ。何故。


b0205694_09283601.jpg



よく見ると
拝殿向かって右手に
カメラと三脚

どうやら
七五三のお参りの
お子さんの記念撮影で
一緒に写せるように
待機しているようです。

3歳くらいのお子さんって
着慣れない着物で
写真撮る時
号泣しちゃったりしますしね
写真スタジオなんかだと
ぬいぐるみや玩具を用意して
撮影していますが
神社でそういう用意は珍しい。



この地域は 古墳がたくさん残っているエリアで
古くから機織り関係の一族が住んでいたため
「服部」の名前が残っているようです。
(神社の創建は10世紀くらい)

御祭神は
スサノオノミコト・ヒノハヤヒノミコト・マラノスクネの名前が挙げられていますが
本来祀られていたのは「ヒノハヤヒノミコト」とその子孫である「マラノスクネ」
スサノオさんは 後から加わったようです。

機織り・養蚕関係のご利益があるというのは
マラノスクネが織物に携わる『服部連一族』のご先祖とされるところから。

もっとも 機織り関係の地であったのが大昔過ぎて(5世紀ごろらしい)
今 直接織物関係でのお祭というのは聞いたことがありません。






拝殿手前にある大きなご神木。
b0205694_09332440.jpg




ご神木としてはあまり見かけない種類の木だなあ、と近づいてみると
山桃の木でした。
近所の公園にも植わっていますが
これほど大きい古いヤマモモの木は珍しい。
b0205694_09333167.jpg
ちょうと花が終わった後で、枯れた花がたくさん散っていたので
来春には たくさんの実が生っていそうです。
実をわけていただけるなら、ヤマモモ酒を作ってみたいなあ。
(ご利益ありそう)




[PR]
by my-pavane | 2017-11-12 06:28 | 大阪 | Comments(0)

摂津峡2度目 別コース

2017.11.5

朝寝坊しました。

いつもジョギングは6時~7時前後と決めているので
(人が少ないのと、まだ暗くて日焼けしないから)
今日のジョギングは無し。

とはいえ、運動はしたいです。
先週、摂津峡へお散歩に行きましたが
あれは そこそこアップダウンがあっていい運動になりました。

ならば 今週も行ってみようかな。

前回は「渓流コース」という1番お手軽(らしい)ルートを中心に歩きましたので
今度こそ、「中腹山林コース」、山道を歩くコースを巡ってみましょう。


b0205694_22215075.jpg


もみじ谷を通るという
そのルートは
先日見たルート案内板の
すぐ横にある
「摂津峡公園」の端から
山手へ登っていくらしい。

公園の端っこには
もう紅葉している
楓の木が並んでおります。

この楓が植わっている
右手の方へ沿って
進んでいくと
山に上がっていける
階段状の小道へ
入れるように
なっておりました。



小道を上り進んでいくと
ベンチがいくつか並ぶ開けた場所に出ました。
ここがもみじ谷らしいです。

b0205694_22275982.jpg







b0205694_22281256.jpg
その名の通り、楓(かえで)の木が生えそろった谷状の場所で
ベンチもあるため ここでお弁当を食べている方もいらっしゃいました。
もっとも紅葉には まだちょっと早いようで、大方緑色です。


b0205694_22313561.jpg



これが全部紅葉したら
見事だろうなあ、と思いつつ
もみじ谷を抜けて 
山道を進みます。

ここからは
楓はほとんど無く
くぬぎの木が
だんだん増えていきます。

少し開けた場所に出ました。

こちらが
「くぬぎ谷」と呼ばれる
場所のようです。






b0205694_22344149.jpg
台風通過から1週間以上経っておりますが
いまだ あちこちに倒木が。
それに加えて 1mくらいの長さに切りそろえられた
くぬぎの木が積んでありまして
シイタケ栽培ができそうです。
b0205694_22384162.jpg

実際 キノコ、生えています。
(シイタケではなさそうですが)

このくぬぎ谷を上り切って右手を見上げると、見覚えのある建造物が。b0205694_22404888.jpg

展望デッキですね。
なるほど
ここで前のルートと
つながるのですか。

という事は
ここから進んでいくと
キャンプ場と
下りの階段があり
白滝へつながるはず。










b0205694_22442293.jpg
キャンプ場周辺の紅葉。
先週より紅葉が進んでおります。
b0205694_22444110.jpg


そして白滝。
先週より だいぶおとなしい滝になりました。
b0205694_22453178.jpg

b0205694_22462332.jpg

渓谷コースと
白滝方面への
分岐点。

先週は
こちらも「滝」状態でしたが
今回は この程度です。

渓流沿いの道まで来て
八畳岩の上でごはんを食べ
本日のお散歩は終了。

b0205694_22463241.jpg



[PR]
by my-pavane | 2017-11-05 06:23 | 大阪 | Comments(0)

カトマンドゥカリーPUJA

摂津峡を歩き回って ほどよく疲れたところで
山(といっても200m足らずの高さですが)のふもと
祥風苑の温泉につかって一休み。

いい加減お腹も空きました。

お弁当を持って自然の中で食べてもよかったのですが
朝にご飯を炊くのを忘れていまして
じゃあ、パンを買って行こうかなと思ったら
目ぼしを付けていたパン屋さんがまだ開いていなかった

で 第三の選択肢が
『気になっていたカレー屋さん』。

古墳巡りなどした時に前を通りかかって
いつか食べに来よう、と思っていた
カトマンドゥカリーのお店、PUJA(プジャ)さんです。

高槻市内の「おいしいカレー屋さん」として評判は聞いており
食の文化祭などのイベントの出店 あるいは
Route271(パン屋さん)のカレーパンの具のカレーなどで
ちょこっとずつなら食べたことがありますが
お店で食べたことはまだありません。

高槻市中心から少し離れた場所にあるお店ですが
自転車ならば 摂津峡から帰るルートで
ちょっと遠回りしたら寄れる位置。




そんなわけで 遠回りして到着したPUJAさん。
お店の中はほぼ満席です。
b0205694_00092279.jpg

1人だけなら カウンターにすぐ座れました。
お昼のランチセットは 4種類くらいあり
1番シンプルな「カトマンドゥカリーセット」(900円)を注文。
(日替わりカレーとスープ・惣菜1品・サラダ・ナン)
ナンはおかわり自由、カレーは辛さが選べます。

スタンダードは1番(中辛)だそうですが
辛さには強い方です、と伝えると
3番(辛口)がいいと思います、と店員さん。


スープ
 一見、卵とワカメの和風スープですが
食べてみると、スパイスが効いたカレー風味。
b0205694_00092879.jpg





b0205694_00093152.jpg




本日のカレー(ポークカレーでした)と
惣菜(ひき肉のレタス包み)・サラダ


辛さに強い方です、と言ったためか
店員さん
『辛さが足りなかったら
 これを入れて調整してください。』
と 唐辛子ペーストらしき物を
持ってきてくださいました。









真っ赤っかのペーストは いかにも辛そうですが
カレーを食べてみると全然平気だったのでペースト投入。

納豆に付いてくる辛子くらいの量を入れてみて 全く大丈夫だったので
結局 ちょいちょいペーストを加え おいしくいただきました。


b0205694_00093429.jpg
お店の中はほぼ満席状態で忙しそうにもかかわらず
店員さん、まめに店内を回っていろいろ気遣ってくださいます。
ナンのおかわり自由なので、何回か「おかわりは大丈夫ですか?」
と聞いてくださいました。
ナン、ほんのり甘く香ばしく とっても美味しいですが
1枚で十分なくらい大きいので 結局おかわりはせず。
むしろ、カレーがおいしいので 
カレーをおかわりしようか真剣に悩みました。

ちなみに メニューのカレーやナン おかずはテイクアウト可。
お持ち帰りを注文するお客さんも多かったです。





[PR]
by my-pavane | 2017-11-04 06:05 | 大阪 | Comments(0)

摂津峡:白滝~展望デッキ

滝の横の階段を上がった先
道が少しなだらかになってきたなと思うと
いい感じに苔むした橋がありました。

ルートマップにあった『行者橋』のようです。
b0205694_22363556.jpg

b0205694_22373958.jpg
b0205694_22375178.jpg



この橋を渡り 清流沿いに進むと
左手に上がる道が1本。

階段状になっている
そこを上っていくと
道をふさぐように
倒れている木がありまして

この倒木を
乗り越えるべきか くぐるべきか


これくらいなら 
またいで越えますけど







こちらは またぐには高い。

くぐるスペースは小さいですが
無理に上を乗り越えようとして
御柱祭のように
山を滑り降りるのは避けたいので
後でここを通る時は
おとなしく下をくぐり抜けました。

(御柱:おんばしら
 長野県諏訪大社のお祭。
 新しい神殿の柱となる木を
 運ぶお祭なのですが
 1カ所、急な坂道がありまして
 柱に乗って人もろとも滑り下ります
 死人が出る事もある結構危険なお祭)






ここからはひたすら 急な登りの階段
上が開けてきて 空がよく見えるようになってきました。
こんなところに電柱があるのが不思議な光景。
b0205694_08504537.jpg
b0205694_08505026.jpg


b0205694_08511842.jpg
山の頂上とおぼしき場所に到着。
たぶん、地図に載っていた
第一キャンプ場ではないかと思われる場所。

平地に比べて気温が下がるであろうこと
日当たりがよいこともあってか
紅葉が早く進んでいるようで
鮮やかな紅葉の木が見られました。


b0205694_08513978.jpg
b0205694_08523336.jpg


ここから向こうへは
きれいに整備された幅のある道が見えます。
反対側からだと車で来られるみたいですね。

この道を進んでいくと
左手へ伸びる小道がありまして
そちらは展望デッキがあるらしい。

せっかくここまで上がってきたので
見晴らしのいい場所から見下ろしてみようと
展望デッキへ。

山頂に造られた木製デッキ。

幼稚園くらいのお子さん集団が
遠足で来ていました。
b0205694_08553936.jpg

b0205694_08554134.jpg

頂上に上がったことで 一応満足し 帰宅の途に。
b0205694_09120896.jpg
先ほどの倒木をくぐって 
違うルートへ進んでみたら
渓谷コースの途中にあった
トイレの横に出る
ショートカットコースでした。

結局
中腹山林コースがどこにあったのか
よくわからないままお散歩終了。

白滝~展望デッキへのルートが
その一部だったらしいですけど
次回は ちゃんと歩いてみたい
中腹山林コース。

b0205694_09125094.jpg







[PR]
by my-pavane | 2017-11-03 06:48 | 大阪 | Comments(0)

摂津峡(渓谷コース~白滝)

2017.10.31

このところ街歩きばかりでしたから
緑豊かな自然の中を思う存分歩き回りたいな、と。
久しぶりに摂津峡へ出かけてまいりました。

秋も深まり 歩き回っても暑くないハイキング日和
美しい清流や緑いっぱいの山を歩き回り
ほどよく疲れたところで、山のふもとにある
【祥風苑】(摂津峡の温泉施設)にて
温泉につかって のんびり汗を流しましょう、という
大人の遠足です。


b0205694_15012454.jpg



そんなわけで、摂津峡。

自宅から自然公園入口までは
自転車で移動
入口の駐輪場に自転車を停め、
いざ 自然散策。



b0205694_15012989.jpg


今年は初夏の季節に
一度来ておりまして
「渓流コース」(A)という 
1番短く歩きやすいコース
を歩きました。

ですので 今回は 
少し歩き甲斐のある
「中腹自然林コース」(B)へ
行ってみようかと思います。

ルート確認のため
遊歩道の入り口にある 
摂津峡ハイキングコースの
地図を見てみますが
これがいまいちわかりにくい。






分岐点が示されているのですが
実際に行ってみると
ここに載っていない道や分岐点があるのです。
(逆に分岐点があるはずなのだけど どこが道なのかわからなかったりする)

こっちかなと進んでいたら もっと手前に分岐点があったらしく
気付いたら 前と同じ渓谷コースを歩いておりました・・・




b0205694_15013783.jpg


戻るのも面倒なので
仕方ない、
前回は行かなかった
「白滝」へ向かうことに。


八畳岩を過ぎ
屏風岩も通過して
白滝への分岐点(5)


b0205694_22215570.jpg


この分岐点は
摂津峡の川筋が
合流するポイントでもあって
ちょうど滝のような感じに
なっておりますが
先日の台風の影響か
水量が増えて
ここで十分に迫力のある滝状態。

滝でもないところが
滝みたいになっていたら
本当の滝はどんな状態なんだろう

そういえば
2度の台風接近で、
高槻北部 
土砂災害警戒区域になって
避難勧告も出ていたのですよね。

と川をさかのぼっていくと
早々に倒れた木が道を通せんぼ。


山の中の遊歩道、大雨で地盤が緩んで木が倒れ
遊歩道というより フィールドアスレチック状態です。



白滝に到着。
b0205694_22300074.jpg
水煙を上げて すごい勢いで落ちて来る水。

通常は もう少し穏やかな滝なんだろうなー
と思いつつ 感心して眺め
b0205694_22333418.jpg


ふと滝の右手に目をやると

「萩谷総合公園」の道標と
上の方へ伸びる道。

もしかしたら
最初に行きたかった
中腹山林コースに
合流できるかも?

もしダメでも
見晴らしのいい所へ出られそうだし
行ってみましょうか。




[PR]
by my-pavane | 2017-11-02 06:33 | 大阪 | Comments(0)

天神橋筋商店街(買い出し)



b0205694_19124405.jpg


ハロウィンモードの
天神橋筋商店街。

このハロウィンの装飾
5丁目 4丁目と
エリアごとに変わりまして
個性を出しております。

目的の「みみ昆布」が買えるのは
このずっと先2丁目の
『浪華昆布』さん。

というわけで
さくさく南へ進みます。

と言いたいところですが
ちらっとのぞくだけ、と
左に折れて
【ぷらら天満】へ。

b0205694_19244121.jpg



ちらっとのぞくだけ、
の はずが
お魚も 乾物も
いろいろ安くて

いつも寄っている
カネスケさん(八百屋)へ行くと


b0205694_19254646.jpg
安い。
特に 根っこもの(大根とか芋・レンコン)は
朝市並みに安いです。
これが近所だったら たんまり買い占めて帰るのに。

これから まだ移動して
更にまた戻ってくるんだから
後にしておけば良さそうなものですが
いい野菜は早い者勝ちですし。

b0205694_19281856.jpg

北海道産カボチャ 
4分の1切れ(985g)128円

サツマイモ 
1袋(676g) 158円

セロリ 
一束 98円

長芋 
(710g) 177円

修理のために持ち歩いている
矢筒と合わせて
すんごい大荷物
(特にカボチャが重い)
となりましたが
満足です。




b0205694_09305924.jpg
そこから どんどん
南へ進んで2丁目

目的の
浪華昆布さんにて
「みみ昆布」購入です。
お値段変わらず
1袋525円(税込)。

おかみさんの
『かさばるから空気抜いときましょか?』
お願いします、で

ぷしゅ~と押さえ込んで
圧縮されコンパクトになった
昆布の袋を野菜類の上へ。



b0205694_09311771.jpg

最後に コロッケの中村屋さんで 夕ご飯のおかず用コロッケ(1個70円)を買って
本日の買い出し終了。
b0205694_09312871.jpg


[PR]
by my-pavane | 2017-11-01 06:36 | 大阪 | Comments(0)

すし政中店:天神橋筋商店街


蜜香屋さんの焼芋は おやつにお持ち帰りするとして
お昼を食べねばなりません。

おいでやす商店街を突っ切って端まで来ると
道路を挟んで向こう側が 天神橋筋商店街5丁目。
食べ物屋さんはいっぱいありますが
何を食べようかなー

商店街が十字路になっている所へ来ると
お寿司屋さんが 何軒か。
お寿司もいいなあ。

以前 この日本一長い商店街を詠う【天神橋筋商店街】を
安くておいしいお寿司屋さんもいっぱいある、
と聞いていたので食べてみたかったのですが
たこ焼き・キャベツ焼き・餅菓子等々いろいろ買い食いしていたら
お腹がいっぱいになってしまって食べられませんでした。


b0205694_19423959.jpg
よし、今日は 
あの時食べられなかった
お寿司を食べよう!
(昨日あんコッペパンを4本も食べたから
 その反動もあります、たぶん。
 甘くない 「ご飯もの」を食べたい)

そこで目に留まったのが
「すし政 中店」さん。
手前の看板に 
「にぎり盛り合わせが500円」とありますが
ランチタイムのサービスとしても
異様にお安いです。

どんな盛り合わせなのだ、と
店頭の見本を見ると
イカ・マグロ・蛸・卵焼き
エビ・白身の魚が2種の握り7貫と
カッパ・鉄火の海苔巻き
赤だしも付いてます。

税別なので 540円となりますが
それでも安い。


b0205694_19424231.jpg




行列こそありませんが
店内をのぞくと
中はお客さんでぎっしりです。

顔ぶれを見ると
地元のおじさま
ご夫婦らしき2人連れ
観光旅行の友達同士など
地元の方も観光客と半々、
という感じ。

1人なので
すぐカウンター席に座れ
注文すると ほどなく
見本と同じ盛り合わせが
渡されました。



回っていないお寿司は久しぶりです。おいしいなあ。
このお値段だと もうちょっと他にも頼もうかな、
という気持ちになってきます。

大荷物(矢筒)を抱えていて 荷物を置けるスペースは無いため
長居すると邪魔かなあと(店員さんが後ろを行き来する際ぶつかる)
追加注文することなく店を出ましたが
次回来られたら、他にもいろいろ食べてみたいな、
と思いました。




[PR]
by my-pavane | 2017-10-31 06:07 | 大阪 | Comments(0)

蜜香屋:おいでやす商店街

猪飼弓具店の用事が済みました。

せっかくここ(十三)まで来ているなら このまま一駅移動すれば梅田
出汁用の「みみ昆布」(お徳用 昆布の切れ端)が切れていることですし
天神橋筋商店街まで足を延ばしてみようかな と
阪急京都線、梅田駅まで移動し
そこから大阪環状線に沿う形で 中崎町方面へ
てくてく歩いて行きました。


b0205694_19403023.jpg



梅田駅から天神橋筋方向、
最短距離のルートが
つかみにくいのですが
さすがに何度か通った甲斐あって 
だいぶ迷わなくなりました。




地下鉄中崎町駅の
出入り口すぐ近くの
天五中崎通商店街
通称「おいでやす商店街」

ここを入って進めば 
天神橋筋商店街
「5丁目」に到着です。




b0205694_19412379.jpgアーケードを入りってすぐ右手に
以前は見かけなかったお店が。

【蜜香屋】って
前々から行きたいと思っていた
焼き芋屋さんではないですか。

駅から離れた
ちょっとわかりにくい立地だったので
行こう行こうと思っていながら
いまだ行けずにいたお店なのですが
こんな便利な場所に移転してましたか。

せっかくなので
おやつに1本買っていきましょう、
と テイクアウトのカウンターへ。
カウンターのメニューには
普通の焼芋の他
チップス(フライ)
大学芋もあります。

こういう「焼き芋屋さん」
芋は量り売りですね。
1本ください、とお願いすると
『ほくほくと しっとりと どちらがいいですか?』

2種類の品種の芋が用意されていて
食感だけではなく 甘さも違うそうです。
では、しっとりで とお願いしますと
「シルクスイート」という種類の芋を出してくださいました。
ほくほくよりも こちらの方が甘いそうです。


シルクスイートの焼き芋
1本200gで440円

b0205694_19413241.jpg
このまま 温かいのをいただいてもおいしいですし
冷やして食べても おいしいそうです。
『もし温め直されるなら、この袋のま電子レンジで』
という事ですので
b0205694_19413561.jpg
両方試してみたくて
冷たいままと 温めたのとで食べ比べ。
b0205694_19413701.jpg
冷たいままだと、芋羊羹のような味わいですね。
しっとりしているし 甘さがぎゅっとつまっている感じ。
温めても もちろん甘さがしっかりしています。
どちらが 美味しいかというと どちらも捨てがたい。

カフェが併設されていて
「芋のぜんざい」などなど
心惹かれるメニューがありましたので
次回は カフェでお茶してみたいと思います。

[PR]
by my-pavane | 2017-10-30 06:26 | 大阪 | Comments(0)

矢の修理:猪飼弓具店

購入してから間もないのに
新しい弓で早々に矢を一本折りました。

ターキーより丈夫だからと 黒鷲の羽の矢を選びましたが
まさか 矢のシャフト(本体部分)の方を壊すとは予想外
いくら羽が丈夫でも意味が無かった・・・・

折れちゃった矢は使えませんが 羽がもったいないなあ
と眺めていると
先生も『ええ羽やな、これで1本だけ作ってもらったらどうや』

もしや、この羽だけ外して
1本だけで作り直していただくとか、できますか。
『できる』

本来6本セットが5本になってしまった矢、足りなくなった場合
まるまる6本セットで購入しなおすしかないと思っていましたが
羽が無事だった場合、箆替え(のがえ)と言って
矢のシャフト部分だけ交換する形で作り直してもらえるそうです。

『ただし、あんまり安い羽やと 交換するより新しく買った方がええけどな』
羽の種類によって一枚〇〇円、などと 値段の違いを教えてくださいました。
私の矢羽だと シャフト替えする価値があるようです。

というわけで 帰宅して即、
いつもお世話になっている猪飼弓具店さんにお電話いたしました。

矢が折れてしまったのですが、箆替えをお願いできますか?
『シャフト替えですね、はい、大丈夫です。』
無事な矢も一緒に持って行った方がいいですよね?
『そうですね、長さを測ってそろえますから』

そんなわけで
折れた矢も含めて全部矢筒に入れ、お店へ向かいました。
店員さん、折れた矢を確認し
無事な矢の長さを測り
『だいたい1ヶ月くらいかかりますので出来上がったら連絡します。』
1か月ですか。

さすがに「羽をポンと外して ペタっと貼り付けて」
みたいに簡単にはいかないだろうと思っていましたが
結構時間がかかるものなのですね。

修理費用は2700円プラス消費税。
もともと6本セットで21000円の価格帯の矢ですから
1本だけ新しく買うよりは安いです。
それに 何といっても
矢羽は 甲矢と乙矢1対で 同じ羽を使っているはずですから
甲矢の相棒の乙矢の羽を失わずに済む事がとてもうれしい。
(折れたのは乙矢です)

というわけで
入院した乙矢くんが戻ってくるまで1ヶ月待ち
残ったメンバーを壊さないよう気を付けて
練習を続けたいと思います。



[PR]
by my-pavane | 2017-10-29 06:28 | 大阪 | Comments(0)

あんコッペ:ゆうきぱん(高槻)

高槻市のコッペパン専門店【ゆうきぱん】さん
営業は朝の7時半からだそうです。

私の朝のお散歩(というかジョギングですが)は7時前後
それなら いつもとコースを変えて朝イチで買いに行き
「朝ごはん」にコッペパンをいただきますか。

というわけで朝も早よから
高槻センター街商店街の横道にある【ゆうきぱん】さんへ。
b0205694_09345221.jpg
朝早い時間帯にもかかわらず お客さんが次々にやってきます。
ご近所らしき方が朝ごはんに2~3個買っていかれるかと思えば、
通勤前らしきお客さんが会社のみんなのお昼用にまとめて10個とか。

さて目的の「あんマーガリン」は170円。
メニューを確認すると おや?
「あん」だけのシンプルなものも注文できるようです。
こちらは10円安い160円で
マーガリンが無い分、より「あんパン」に近くさっぱりいただけそう。

あんこがおいしい、と聞いているので
自家製なのかなと思っていましたら
お店のご主人が修行した岩手県盛岡市のパン屋さん 
(コッペパンで有名な「福田パン」)から取り寄せているそうです。
自家製でない場合の餡子は
製餡所あるいは和菓子屋さんから仕入れるものではありますが
はるばる岩手からお取り寄せというのもすごい。

受け取った あんコッペ
b0205694_09345824.jpg
なんだか大きい(しかも重い)。

食べる前に大きさを測ってみたら
長さ18cm、幅・高さが9cmくらい 重さは約180g。

で お味ですが
b0205694_09345528.jpg


すんごく懐かしい
「給食のコッペパン」です。

あれよりはずっと
ふんわり柔らかですが、
普通にコッペパンの味。


ふわふわのパンに
しっとり柔らかい餡が
大変バランスよく
なじんでおります。

パンが軽いので
見た目のボリュームの割りには
あっさり食べられてしまい
もう一個いけるかな
という感じ。



コッペパンというものは そのまま食べるものかもしれませんが
昔、いまいち美味しくなかった給食の残りのコッペパンを
トースターで焼いたら とても美味しかったことを思い出し
邪道かなと思いつつ軽くトースターで焼いてみたら
表面がカリっと香ばしくなり そのまま食べるより美味しいと思いました。

感想
コッペパンは懐かしの味。


[PR]
by my-pavane | 2017-10-25 06:51 | 大阪 | Comments(0)