おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-06-28 08:01
南京町でお買い物
at 2017-06-26 06:41
メリケン波止場とメリケン地蔵尊
at 2017-06-25 06:38
遥かなるルネサンス展:神戸市..
at 2017-06-24 06:41
あん食フレンチトースト:トミーズ
at 2017-06-23 06:16
最新のコメント
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
sarasaさん 応対..
by my-pavane at 08:42
残念なお知らせです。 ..
by sarasa at 00:11
タグ
(418)
(317)
(267)
(179)
(86)
(65)
(60)
(56)
(51)
(48)
(35)
(35)
(33)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

カテゴリ:神戸( 41 )

南京町でお買い物

メリケン波止場から山側(北)へ移動。
久々の南京町です。
いつも、北側の商店街側から来ていたので
こちら(南側)からの眺めが新鮮な長安門。
こんな布袋(?)像があるとは意識してませんでした。
b0205694_21411113.jpg
b0205694_21453844.jpg





長安門をくぐって すぐ左手
中華なファミリーマートが
できていました。

そういえば京都の祇園でも
コンビニは京町家風でしたし
コンビニも地域に溶け込むべく
それなり工夫するようです。

中身は普通と変わりないかなあ
ひょっとしたら
南京町限定の何かがあるかも
とは思ったものの
時間が無いので今回は素通り。






せっかく神戸まで行くならば
好物の亀ゼリーを買いに中華街へは行こうと思っていたのですが
中華街に行くなら、お茶と夕ご飯のおかずを買ってきて
と家族におつかいを頼まれましたので
夕ご飯に食材を持ち帰れる時間に帰らねばなりません。

まずは 中国茶から。
いつも烏龍茶を購入する【天仁茗茶】さん。

b0205694_21514843.jpg

前回来た時には
茉莉花茶を購入しましたが
今回は前より1ランク上のお茶を。
(4段階あるのです)
b0205694_21515781.jpg

お次は 夕ご飯のおかず。

餃子かシュウマイでしょうか?と聞いたところ
『神戸コロッケがいい』と言われました。
中華街へ行くのですけど、と思ったものの
確か 中華街にも神戸コロッケのお店ができたと聞いたので
お店を探してみます。

b0205694_21562899.jpg



コロッケのお店を見つける前に
いつも亀ゼリーを購入する
【東栄商行】さんの前に来ましたので
先に私の買い物をすることに。

亀ゼリーは3個まとめ買いすると
1個で買うより安くなるので
まとめて6個買おうかと思っていましたが
これから他の買い物もある事を考え
3個にとどめておきます。

ただし
せっかく中国茶を買ったので
お茶請けに月餅を。
いろいろ種類があるので
迷いに迷って
松の実餡と
栗入り白あんを1個ずつ。





b0205694_22000683.jpg
b0205694_22020182.jpg
東栄商行さんを出たところで
すぐ斜め向かいに
探していたコロッケ屋さんを発見。
b0205694_22025366.jpg
考えてみると この【神戸コロッケ】さんのコロッケ
大阪梅田のデパ地下でも買えるのですけれど
せっかく『神戸』コロッケなのですし
神戸で作られたところに意味がある、と。
店頭で注文すると そこからコロッケを揚げてくださいます。
整理券を渡されましたので、それを持って待つことしばし。
b0205694_22053817.jpg

神戸コロッケさんは
コロッケ以外に
ジュースも販売されていますが
この商品は知らなかった
「アイスコロッケ」。

これは中身が冷たいのだろうか
中はもっちり、とあるので
アイスっぽい味がするだけの
アイスではない何かなのか

気になるものの
今これを食べてみたい気分ではないので
まあ そのうち機会があればと見送り。

ほどなくコロッケが揚がりまして
熱々のコロッケを受け取りました。
一番人気だという
黒毛和牛ビーフコロッケと
シンプルなジャガイモのコロッケ。
b0205694_22100203.jpg
さあ、これで おつかいは済みました。
では帰ろう、ときびすを返したところで消防車のサイレンの音が。
え?火事?と 振り返ると
豚饅頭で人気の『老祥記』さんの前に消防車。
どうやら誤報だったらしく、しばらくすると
『安全確認しました』と 消防士さん 帰っていかれました。
b0205694_22112640.jpg

その老祥記さんの店の
斜め向かいにあるお店
今まで意識した事はありませんでしたが
よく見ると
「特製焼豚」の文字。

【堂記號】というこのお店
飲食店ではなく
お肉屋さんのようです。

おかずの一品として
いいかもしれない、と
お店に入ってみますと
生のお肉と焼豚がありました。


焼豚は100gで350円。
100gだけ買えますか?とうかがうと
店主さんは『大丈夫』
続けて
『大と小あるけど、いい?』

大と小?と 首をかしげると 『ちょうど100gは難しい』
あ、なるほど 量の多少はあると。

脂の多いと少ないはどっち?と聞かれたので
ダイエットを考えている家族のために「少ない方」でお願いしました。

b0205694_22200327.jpg


で 少々「大」の焼豚。
スライスもしてくださるようですが
塊のままの方が日持ちしそうなので
塊でいただきました。

後で知ったのですが
ここ、他の中華料理屋さんも
焼豚はここで仕入れたりするくらい
それなり有名なお店だったらしい。
脂少な目の焼豚
さっぱりして美味しかったです。



b0205694_22243933.jpg


パンダの向こうに見える
老祥記のお店

いつもは長い行列がありますが
夏日のこの日は
10人も並んでいたかどうか

今ならすぐ買えるなあ
とは思ったものの
この暑い日に
熱々の豚まんはつらいので
止めておきました。

これにて おつかい終了。



[PR]
by my-pavane | 2017-06-26 06:41 | 神戸 | Comments(0)

メリケン波止場とメリケン地蔵尊

神戸市立博物館の特別展を見終わったら
元町方面へ おつかいに。

その前に 腹ごしらえをせねば(まだトミーズのパンを食べてなかった)

どこか、公園のような所は無かったかな?と 観光案内地図を見たところ
パッと目に入るのは 年末の『ルミナリエ』の会場にもなる東遊園地公園。
そう遠くはありませんが、元町とは反対方向になってしまいます。

元町方面は?と探してみると
海岸通りを元町方向(西)へ進んだところに
『みなと公園』という小さな公園があるようです。
その名の通り海のすぐ近く。
海を眺めながら食べるパン、おいしいだろうなあ、と
みなと公園目指し、海岸通りを西へ向かいました。

みなと公園に到着。
b0205694_21501850.jpg
海があまり見えません。
阪神高速の高架と、防潮壁が目隠しになって
海は その隙間にちょこっと見えるくらいです。
公園も煉瓦が敷き詰められていて緑があまりないし。

これは、高速の下をくぐって向こう側
メリケンパークまで行った方がいいな、と
海側へ歩いていくと
b0205694_21510223.jpg

公園の海側に
小さな屋根付きの何かがあります。
気になって近づいてみるとお地蔵様。

下がる提灯には
『メリケン地蔵尊』
とあります。

海岸通り周辺は
西洋風近代建築が多く
そもそも
ハイカラなイメージの「神戸」と
昔ながらの信仰の対象「お地蔵様」
不思議な組み合わせです。

すぐ向こうが
「メリケン波止場」なので
こんな名称になったのでしょうが
「メリケン」の名がついていても
お地蔵様の顔は
いたって普通のお醤油顔。


調べてみると やはり「メリケン」の名前が付いたのは昭和62年、
つまり神戸開港120周年記念の「メリケンパーク」が完成した後のことで
それまでは「いかり地蔵尊」という名称だったらしい・・・


お地蔵様に一応ご挨拶(手を合わせて)
高架下をくぐって向こう側へまわると
海辺の建築物の壁に こんな幕が張られていました。
b0205694_22040402.jpg
「神戸開港150年」。
メリケンパークが完成してから さらに30年経ったという事です。


メリケン波止場へ歩いていくと
気持ちのよい青空の下、青い海。
右手に広がるのがメリケンパークですね。
b0205694_22065880.jpg

できたばかりの頃のメリケンパークへ来た記憶がありますが
こんなに綺麗だったかなあ、と思ったら
150年記念という事でリニューアル工事して、
今年の4月に再オープンしたらしいです。

海岸沿いにベンチがいっぱり並んでいるので
そちらに腰かけて、のんびりピクニック。
b0205694_22215108.jpg
これが京都の鴨川だったら
とんびにパンを奪われないよう用心が必要ですが
ここにいるのはハトかスズメくらいで
それも風が強いせいか 海側へは寄ってこないので安心です。
海風が吹いているので、日陰は涼しく快適。
もっとも風が強いので うっかりすると
日傘やパンの袋が飛ばされそうになりますが。

久々のメリケンパーク、向こうに見えるモザイクともども
見て回ってみたいところですが
これからいろいろ買い出しがあるので本日はこれにて。

元町方向、南京町へ向かいます。

[PR]
by my-pavane | 2017-06-25 06:38 | 神戸 | Comments(0)

遥かなるルネサンス展:神戸市立博物館

神戸市立博物館で4月22日から開催されている
『遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア』展

電車の中の宣伝広告に出ていた少女の絵
「ビア・ド・メディチの肖像」を見て
見に行きたいなあ、と思っておりました。

展示期間は7月17日まで、残り1か月をきったので
そろそろ行こうかなあ、と思っていたところ
知人より無料優待券をいただきまして
わーい、と喜びいさんで出かけてまいりました。
b0205694_11432303.jpg
b0205694_11433378.jpg
天正の少年使節、日本史で習いましたが

1500年代の、実際に彼らが出会った人々の肖像画や
当時の美術・工芸品
彼らの間でやりとりされた書簡や書物など
こういう形でポイントを絞って展示されたものを見ると
ああ、500年ほど前に 本当にイタリアを回っていたんだなあと
しっかり存在感を感じます。

伊東マンショの肖像画も 近くで見ると
西洋の服を着てはいても、髷を結って着物を着ている姿も想像がつくし
教科書に小さく載っている写真を見るのとは違うなあ
と感心。

日本物の展示だと、書簡類は
内容は日本語でも達筆すぎて読めなかったりしますが
イタリア語はローマ字読みなので 書物も単語ならいくつかは読めるし

ルネサンス文化の時代なので 
ギリシャ神話をモデルにした作品も多くてわかりやすく
思ったより楽しめる展示でした。


[PR]
by my-pavane | 2017-06-24 06:41 | 神戸 | Comments(0)

あん食フレンチトースト:トミーズ

4月から神戸市立博物館で始まっている特別展
『遥かなるルネサンス(天正遣欧少年使節がたどったイタリア)』
電車の中の広告案内を見て、行きたいなあと思っていたら
知人より 特別優待券をいただきました。

そんなわけで、早速神戸へ。
b0205694_11230396.jpg




三宮へ到着したのが12時頃だったので
先にお昼かなあと思いつつ
高架下を抜けて行こうとすると

以前は
雑貨屋さんや
衣料品の店が多かった高架下
食べ物屋さんが増えています。

ふーん、ここでも
お昼ができるなあ
ここのカレーにしようかしら
と思ってそのまま隣に目をやると

あ パン屋さんだ。

『トミーズ』という
昔懐かしい感じの字体の看板




b0205694_11252429.jpg
トミーズという名前は
どこかで目にした記憶がありますが
ここのパンを買ったことはなかったはず。

はて どこでだったか
と思いつつ
ショーケースの中を見ると
わりとお菓子系のパンが多い様子。

食事になるパンも
ない事は無いですが
デニッシュ系が多いかなあ。

一番左のケースを見ると
こちらは
角食タイプのパン。

1番人気、とポップが付いたパンは
「あん食」

アンコの入った食パン?



b0205694_11302476.jpg

と ここまできて、思い出しました。
餡子入り食パン「あん食」で有名だったんですね、この「トミーズ」さん。
たぶん何かのイベントで出張出店している時に見かけたのだと思います。

しかし1斤もは要らないなあ。
そもそもお昼ごはんを物色していたのだし。
とショーケースにあらためて目をやると
この「あん食」一切れをフレンチトーストにした一品が。
b0205694_11350206.jpg



一切れだけで購入できて、
フレンチトーストになっている分
そこそこボリュームあり。
軽く食べるに丁度良い
というわけで
あん食フレンチをお買い上げ。

1切れ130円でした。

一切れとはいえ
アンコは入っているし
卵液にひたして焼き上げられ
ずっしり重いフレンチトースト
実際、これを食べたら
その後お昼ごはんは要りませんでした。





[PR]
by my-pavane | 2017-06-23 06:16 | 神戸 | Comments(0)

神戸南京町

b0205694_10164913.jpg
神戸元町、南京町に到着。

この日は平日だったので
人が少ないかと思いきや
修学旅行生らしき人がわんさか
南京町広場を中心に
屋台で買い食いする学生さんで
ごったがえしておりました。


空腹だと余計なものを買い込むので
まずは適当な店へ飛び込んでお昼。

食べ終わったら
よく利用する東栄商行へ向かいます。

杏仁霜を買おうかどうしよか迷って
今回は見送り
亀ゼリーは前回とお値段が同じだったので
3個セットで買いました。


b0205694_10171357.jpg

暑くなってくると、不思議と食べたくなる亀ゼリー。
薬膳として 身体に合う生薬はおいしく感じるらしいですが
これ、夏バテに効くらしいです。
ちなみに原材料を見てみると「アカミミガメ」とありました。
京都の神泉苑や御所の池で泳いでいた亀さんと一緒ですか・・・



ついでにお茶の友、月餅も購入。
小150円 大410円から(税別)
小を3つ買うか 大を一つ買って分けるか相談した上
結局「どっちも1個ずつ。」となりました。
左は蓮の実餡・大(160g410円) 右が松の実入り餡・小(200円)
b0205694_23262816.jpg


b0205694_10172890.jpg

最後に
凍頂烏龍茶専門店の【天仁茗茶】へ

基本、烏龍茶が専門ですが
もちろん茉莉花茶も扱っていますので
見せてください、とお願いすると
100g2100円くらいのお茶を
出してくださいました。

それはさすがに高価だなあと
1番安い100g800円くらいのお茶を購入。

しかし、比べさせてもらうと
香りの質が全然違うものですね。
今回はこれ(安い方)だけど
次回はもう一段階高いお茶を
試してみようと思います。
[PR]
by my-pavane | 2016-05-24 06:16 | 神戸 | Comments(0)

ティーハウスムジカ神戸

神戸市立博物館は 三ノ宮駅から徒歩10分程度
中華街のある元町はすぐそこですので
お昼はそちらで食べましょうか、と移動します。

b0205694_9571086.jpg
天気がよくて、暑いので
日陰を歩くべく、三宮商店街のアーケードへ。
ドンク三宮本店がある 
トアロードを超えて向こう側(西)
少し進むと すぐ右手に
『ティーハウスムジカ神戸元町店』があります。

そういえば、ムジカの紅茶が切れていました。


ムジカの紅茶は、大阪の店が閉店して以来
芦屋店で購入していましたが
すぐ芦屋方面を訪問する予定が無いので
ここで購入していくことに。

平日のお昼前なので
お店はまだお客さんがいません。

同行者は
このムジカで扱っている
「象さんのティーコジー」が欲しいそうで
置いているかな?と見てみると
紅茶を置いている売り場の手前に たんまり積んであります。

お店の方が親切で
「色も柄もちょっとずつ全部違うので」と
見やすいように 全商品をテーブルに広げて見せてくださいました。


b0205694_959954.jpg
私の方は 紅茶をお買い上げ。

ミルクティーでおいしい
芦屋プラウド

ところで
ムジカでは購入金額500円ごとに
ポイントが付くスタンプカードがあり
私も溜めているのですが
ポイントを付けてもらおうと差し出すと
「芦屋と神戸は別ポイント」という事で
別にカードを作られてしまいました。

うーむ
またカードが増える・・・
[PR]
by my-pavane | 2016-05-23 06:43 | 神戸 | Comments(0)

「我が名は鶴亭」:神戸市立博物館 特別展

神戸市立博物館で開催中の
鶴亭の花鳥画の特別展示。
b0205694_19542617.jpg

無料招待券をいただいたのです。

「鶴亭(かくてい)」という名前は聞き覚えがあるものの
どういう人物で、どんな画風なのかも知らず
この度の展示で初めて知りましたが
どうやら、黄檗宗のお坊さんでもあった方らしい。

黄檗宗といえば萬福寺。
つい先月、普茶料理をいただきに訪れたばかりです。
というわけで
これも何かの縁、と行ってまいりました。
b0205694_1957172.jpg
朝は涼しかったものの
日が高くなるにつれて
だんだん暑くなりそうな神戸市内。

経っている場所が 旧居留地で
すてきな建物が多い場所だけに
いい西洋建築があると
博物館と間違えそうになります。

ようやく到着した神戸市立博物館 →
たぶん入るのはこれが初めて。
昭和10年の建物で
もとは銀行だったようです。
(博物館になったのは昭和57年)

外側から見ると古い建物ですが
中はピカピカ。
撮影禁止なので写真は撮れません。

1階で代表的な鶴の絵を見た後
エレベータで3階の会場へ移動し
見終えたら2階の会場
と建物を降りていく順路となっています。

花鳥図、という事で
カラフルな花や鳥の絵もよかったですが
モノクロの水墨画が結構好きでした。
当時交流があった若冲や お弟子さんの絵もあり
比較できるのも面白かった。

『美術館』ではなく「博物館」だからか
展示品に付いている解説が ちょっとくどいほどに細かく
こんなに説明しなくてもいいのにな という印象が残りましたが
(絵なんだし、ここまで説明しないとわからないなら絵に問題があると思う)
「博物館」の方の個性とこだわりは感じました。


最後に 博物館所蔵の南蛮美術
(教科書で見たフランシスコ・ザビエルさんの絵がありました)と
古い世界地図の展示を見て 見学終了。
[PR]
by my-pavane | 2016-05-21 06:46 | 神戸 | Comments(0)

元町 南京町(中華街)

b0205694_7483829.jpg三宮の駅まで戻り
そのまま海側(南)へ抜けて
三宮センター街へ。

中華街に行きたいので
商店街をどんどん西へ進んで
元町まで来ました。

元町の商店街
「先斗入ル」という京風パスタの店があり
「神戸なのに?」と眺めていたら
その店の前に
RED ONE(神戸牛専門店)の
牛さんの人形が
『神戸牛』の赤いノボリを背負って
見得を切っていたので
確かにここは神戸です。

元町商店街から
南京町の中央に入る南京北路へ。

b0205694_7545768.jpg


南京町広場という ベンチや 東屋がある広場
中華街の屋台で買ったものを ここで食べている人も多いです。

手前に 大豊神社の『狛ねずみ』みたいなのがあるな、と思ったら
その向こうには「牛」の像。
b0205694_813455.jpgどうやら十二支の像があるようなので
ぐるり、見て回りました。

手前は精悍な顔つきの犬。
向こうは兎です。

ある程度 干支の順番は
隣り合って並べられているようですが
今年の干支、羊さんはどこだろう?

子・丑・寅・卯・辰・巳
午・羊・申・酉・戌・亥

トリとイヌは見つかったから
この近くにあるはずだけど。

あずまやの横に
熊のようなシルエットが見えたので
これは羊ではないだろうけれど、
と 近づいてみました。


b0205694_831951.jpgクマ・・・ではないですよね?
タヌキみたいですが
十二支にタヌキもクマもいないはず
それとも中国の干支には
タヌキがいるのか。

しばし悩んで
どうやら『パンダ』らしいと判断。
中華街ですから きっとそう。

あまりパンダに見えない像で
来る人来る人
「え?たぬき?」と言いながら
一緒に記念写真を撮っていました。
白と黒のツートーンでないと
パンダってわかりにくいんだなあ
と実感します。



b0205694_8121226.jpgようやく見つけた羊は
六甲牧場にいるような
ふわふわしたタイプではなく
山羊のようなたくましいタイプ。

来年のお猿さんは
パンダの横にいました。
b0205694_813295.jpg


さて、お買い物。
南京町にいくつか店舗がある
東栄商行の南京町本店
b0205694_8152010.jpg

b0205694_8163334.jpgお月見が近いので
月餅(げっぺい)でも、
と思って見ていましたが

久々に食べたくなって
亀ゼリーと
杏仁霜(杏仁豆腐の素)を購入。

亀ゼリー
1個だと180円、3個まとめ買いだと510円。
迷ったけれど 
とりあえず1個にしておきました。
1缶で3回分くらいあるし。

解けたパンダの謎
[PR]
by my-pavane | 2015-10-15 06:46 | 神戸 | Comments(0)

フロインドリーブ(パン屋さん)

久しぶりの神戸、三宮です。

神戸には 有名なパン屋さんがいくつかありますが
そんなパン屋さんの中の一つ
『フロインドリーブ』さんへ。

ずっと前から名前は知っていて
何度か来ようとしていたのですが
仕事でよく来ていた所ゆえ、地図が無くても行けるわと
あまり きちんと地図を確認せずにいたため
実際に探してみたら見つからない
という事を繰り返しておりました。

この度、あらためて地図をよく見てみたら
地下鉄が走るメインの通『フラワー通り』にあると思っていたお店
実はその一本東に入った 細い道にありまして
そりゃあ、見つけられなかったわけだと いまさらながら 納得。

JR三宮駅から そのまま山手へ北上し
適当なところで、一本東の細道へ入ります。
フロインドリーブさんの本店は
教会の礼拝堂を改装したものだそうですから
道さえ間違えてなければ、建物は すぐ見つかりそう。

b0205694_23191051.jpg遠目にも教会だな、
と思われる建物。
下に「営業中」の看板があり
近づくと『フロインドリーブ』の表示。
ようやく到着です。

b0205694_23193247.jpg


1階はパン屋さん
2階がカフェとなっているようです。
お昼が近いことですし、カフェでパンを食べてから
後でパンを買いに来よう、と 2階へ。
b0205694_23215372.jpg
ちなみに階段脇には
こんな骨董的公衆電話がありました。
ちゃんと使えるみたいです。
b0205694_23235294.jpg

一階と二階の間の踊り場にずらり椅子。
今日は平日なので空いていますが
土日は ここまで並んで待つのかも。
b0205694_2326239.jpg

カフェ入口です。
入って右手にケーキなどのショーケースがあり
お食事をしたい場合は席にあるメニューを見て選択。
b0205694_23261094.jpg

パン屋さんなので サンドイッチのメニューが中心。
本来はランチセットがあるらしいのですが
何故かこの日は 単品のみの注文でしたので
スタンダードなハム・たまごのサンドイッチ
ペッパーハムのサンドイッチの二品を注文
それぞれ半分こして いただきました。

b0205694_23262466.jpg

中の具の素材、チーズやハムがおいしいです。
そして それを支えるパンが 本当においしい。
中の具材に全然負けていない、存在感のあるパン。

サンドイッチには マカロニサラダとピクルスが付いて
一皿で かなり満腹に。
b0205694_23265089.jpgこの後
一階の売り場へ移動して
サンドイッチに使ったパンを買いました。
中庭から見上げた建物
b0205694_23265767.jpg

銀行だった建物を改修して利用するお店がよく見ますが
教会を、というのは珍しいような。
教会の多い神戸ならではかもしれません。

お土産に買ったパン二種。
サンド用ハード食パン半斤(540円)
クルミとレーズンのハード (ハーフ540円)
b0205694_23271277.jpg

クルミレーズン、具がゴロゴロ入っていて、もちろんそれは美味しいのですが
何も具が無い食パンの方が「パンとしてのおいしさをしっかり感じる」のにびっくり。
b0205694_7435736.jpg

[PR]
by my-pavane | 2015-10-14 06:08 | 神戸 | Comments(0)

フランスパン:ビゴの店

今回は ベッカライ・ビオブロートさんでパンが買えたことですし
ビゴの店のパンは見送りですよね
と 思っておりました。


お店の前を通りかかると
b0205694_13435043.jpg

小麦粉の焼けるいい匂いが。

私、この匂いに弱いのです。

で 敗北しまして
フランスパンを一本お買い上げ。
b0205694_1344137.jpg

この暑い時期に
こんなにたくさんパンを買っちゃって
帰ったら即スライスして冷凍せねばー
と 思いつつ芦屋川を渡りました。

b0205694_13441396.jpg

とはいえ
電車の中で 袋から立ちのぼるパンの良い匂いに 
とっても幸せ。

ビゴさんの愛用小麦粉
[PR]
by my-pavane | 2015-07-28 06:42 | 神戸 | Comments(0)