おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-07-24 08:01
蛇塚古墳
at 2017-07-24 06:40
コルネ:ベイクハウスキタノ(..
at 2017-07-22 06:10
太秦方面お散歩計画
at 2017-07-20 06:12
四条綾傘~月鉾 :2017年..
at 2017-07-18 06:37
最新のコメント
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
> chanaさん は..
by my-pavane at 00:05
はじめまして☆ 村上開..
by chana at 19:43
タグ
(420)
(320)
(269)
(180)
(87)
(66)
(62)
(56)
(52)
(48)
(36)
(35)
(35)
(33)
(24)
(23)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

カテゴリ:京都( 1183 )

蛇塚古墳

大映通商店街には

地図で見ると、このスーパーの裏へ回って
南へ進んだ方向に
『蛇塚古墳』という古墳があるはず。

というわけで商店街から一本南の裏道へ。

たぶん これが
大魔神スーパーの建物です。
b0205694_22064275.jpg

で、そこから南へのびる
細い道路。
ごく普通の住宅街ですね。
b0205694_22075768.jpg

そのまま 南へ直進できる道は無いので
だいたいの方向を意識して進むと
b0205694_22104843.jpg

前方に柵で囲まれた
緑地が見えました。

古墳にしては
植え込みがきれいですが
あれかな?

近づいてみると
盛り上がった緑の小山の上に
石舞台古墳みたいな石積みが。

どうやら当たりのようです。

ここまで全く
案内板などありませんでしたが
何とかなるもんです。

b0205694_22134379.jpg

b0205694_22135735.jpg

b0205694_22171410.jpg

石室が露出しているところは
石舞台古墳と一緒ですが
解説も何もないですね。

『蛇塚』なんて名前が付いているので
蛇神さまだとか 
そういう昔話が
残っているのかと思いきや
こういう岩場なので
蛇がいっぱい棲みついていたから
という
非常に単純な理由でした。

造られたのは
古墳時代後期
だいたい7世紀頃とのこと

場所が太秦ですから
秦氏関係のお墓かもしれません。





[PR]
by my-pavane | 2017-07-24 06:40 | 京都 | Comments(0)

コルネ:ベイクハウスキタノ(大映通商店街)

弓道を終えた後
大宮から京福電鉄を利用して
太秦広隆寺駅へ移動。
b0205694_23060241.jpg



時間があれば
お寺にも寄っていきたいところですが
早く大阪へ戻らねばならないので
ここから道を挟んで向かい側
大映通り商店街へ入ります。
b0205694_23075582.jpg
ちなみに この大映通商店街
道の両側の歩道の標示が「映画フィルム」の縁の形
何度か来て見ているのに 意識していませんでした。
(もっとも一回目は大雪の日だったので、見たくても見えなかったのですが)


通の中央辺りにある三吉稲荷
日活関係者による創建らしいです。
b0205694_23162971.jpg
この すぐ手前にある みたらし団子のお店が
「三吉みたらし」という名前なのは この神社の名前からかなあ
と思うのですが
来た時営業していたことがありません。
お昼時ですし、営業していれば そこで腹ごしらえと思っていましたが
今日も閉まっておりました。

まあ、ものすごい不定期営業とは聞いていましたので
さほどがっかりすることなく次の目的地へ。

b0205694_23203150.jpg

ベイクハウスキタノ

この春のお花見の際
初訪問したパン屋さんで

購入したパンを
店内で食べられると知っているので
今回はここでお昼。

前回来た時
『何だろうこれ?』
と首をかしげた一品
コルネが目的。

注文されてから
カスタード
生クリーム
チョコレートクリーム
の3種から選んで
クリームを詰めてくれるのです。



空っぽ状態のコルネ。 ↓
b0205694_23262778.jpg

カスタードクリームを
詰めてもらったコルネ
b0205694_23263027.jpg


皮はカリっと歯ごたえがあるタイプで
クリームの水分が移っていないので、サクサク。

さすがにコルネ1個では足りないので
トマト・ハム・チーズのパンも追加。
懐かしい感じのパンでした。

b0205694_23282534.jpg


腹ごしらえが済んだら
次の目的地、蛇塚古墳へ。
この商店街からだと 大魔神の立つスーパーの裏手から
南へ進んだところにあるはずです。




[PR]
by my-pavane | 2017-07-22 06:10 | 京都 | Comments(0)

四条綾傘~月鉾 :2017年 宵々々山

螳螂山のある西洞院通を南下して
四条通りに出ました。

弓道へ行く前、亀屋良長さんに寄りましたが
亀屋良長さんのお店の和菓子を扱うのが
この四条通に並ぶ
【四条綾傘】と【月鉾】です。

西洞院通から四条通りの西を向いたら
四条綾傘


b0205694_21460664.jpg



まだ明るいですが
提灯は灯っています
b0205694_21463273.jpg


ずずいと東へ進んだ先 南側に『月鉾』
b0205694_21490013.jpg
一応確かめましたが
やはり、この日はまだ
宵山だんご等 亀屋吉長さんのお菓子はありませんでした。




この四条通りの、月鉾・函谷鉾・長刀鉾が並ぶ姿は壮観です。



b0205694_21494809.jpg


月鉾→



函谷鉾 ↓
b0205694_21511357.jpg


b0205694_21523829.jpg


← 長刀鉾

まだ歩行者天国にはなっていない
四条通り

昔に比べたら
歩道の幅が広くなって
かなり歩きやすいのですが

それでもすごい人。

前々々日の平日でこれだと
明日からの三連休
想像するだに恐ろしくなります。

後日新聞で この四条通りの
殺人的人混み写真を見て
早めに行っておいてよかったと
心から思いました。


その他の山鉾
郭巨山
b0205694_22012576.jpg



   放下鉾
b0205694_22023992.jpg


だんだん人が増えて
通が「一方通行」になってきたので
移動が難しくなってきます。



大宮~西陣~四条烏丸と移動してきて
そこそこ疲れてきておりますので
山伏山と岩戸山のせんべいは 今回あきらめました。
(距離的には行けるんだけど、人がすごくて近づくのに時間がかかる)



[PR]
by my-pavane | 2017-07-18 06:37 | 京都 | Comments(0)

螳螂山 :2017年 宵々々山

さて、前祭の山鉾巡行の
前々々夜祭である、宵々々山。

山鉾見物は いつも河原町・烏丸と
東方向から回っておりますが
今回はお祭エリアより北西(西陣方面)に来ていますので
西側から回っていきます。

というわけで
山鉾の立つ通としては一番西の西洞院通。
先日ぬか漬け用のぬか床を購入した
漬物屋さん【近清】さんのお店がある通です。

お店には『螳螂山』の粽がありましたから
あるのは きっと、カマキリが乗った螳螂山。


b0205694_23075978.jpg
かまきりおみくじって何だろう?
と近づいてみると
本当だ 箱をささげもったカマキリの人形が一体


どうやらこの子(カマキリ)がおみくじを渡してくれるようです
b0205694_23122455.jpg

他の山は 中国の故事にちなんだ作り物が多いのですが
これは一目見て「カマキリ」と大変わかりやすいので人気があります。
(一応これも「螳螂の斧を以って」という中国の故事があるようですが)

おみくじの前、すごい行列でした。


山の上のカマキリは かなりリアル。
ひな祭りの飾りの上にカマキリが乗ったところを
写真にとったと言ったら 信じてもらえそうです。
b0205694_23155758.jpg


このカマキリはからくり仕掛け。
巡行の際に動いているのを見たことがあります。


b0205694_23160320.jpg


螳螂山の横を南に下がると すぐ四条通。




[PR]
by my-pavane | 2017-07-17 06:18 | 京都 | Comments(0)

パンケーキ:SugarToothカフェ


弓道終了後 SugarToothカフェにて友人と待ち合わせです。

SugarToothさんは 6月末から夏メニューとして
パンケーキ中心の品ぞろえとなります。
運動して そこそこお腹が空いておりますし
この後祇園祭の宵山を楽しむにあたって
「夕ごはん」としてパンケーキを食べる予定。

「パンケーキ」とは思っていたものの
最初に目に飛び込むのは 冷蔵庫の中のケーキでして

あんずのベイクドチーズケーキをまず注文。
b0205694_20292866.jpg

甘いケーキで 一息ついたところで
パンケーキを注文です。

つぶ餡スペシャル(自家製つぶ餡&バニラアイス)には惹かれたものの
考えてみると いつもスペシャルメニューばかり頼んでいるので
ベーシックな バター&メイプルとか 
フルーツソースのパンケーキをちゃんと食べてみたい。

幸い、先にケーキを食べたおかげで
落ち着いておりますし

本日は フルーツソース2種(あんず いぐりすもも)とバターのパンケーキ。
b0205694_20372229.jpg

こういうシンプルな組み合わせだと
パンケーキそのもののおいしさが味わえて嬉しい。

b0205694_20375798.jpg

パンケーキメニュー期間中 もう一回来られるなら
今度はメイプルシロップ&バターだ!
と思っております。





カウンターで
[PR]
by my-pavane | 2017-07-16 06:28 | 京都 | Comments(0)

弓道体験 51回目

今月(7月)最初の弓道。

今日は午後からお願いしたのですが
京都の夏の午後って半端なく暑いです。

到着したところで既に汗だく
先生から『扇風機つけてええよ』と言われ
なんだか懐かしい造りの扇風機を回して練習開始です。

ちなみに私、暑さにものすごく弱いので
この時期になると集中力と記憶力が落ち ぼ~っとしがち
手の内をつくる際
あれ?弓は膝につけたままでいいのでしたっけ?
などと ボケたことを考え
先生に注意されました。

10本くらい引いたところで
変な手ごたえを感じたと思ったら
あれ 弦が無い。

弓の弦が切れました(というか切りました?)

的方向に真ん中で2つに切れた弦が落ちておりますが
先生、これはどうしたら。
『2本が両方手に届く位置まで行く』
あ、それは矢を落とした時と同じですね。

『そこで 跪坐して、1動作で2本とも弦を拾う』
乙矢を射た後なので、空いている右手で2本に分かれた弦を拾います。
(カケを着けているので かなり拾いにくいですが何とか。)
『拾った弦を左手に渡して、ぐるぐると小さく巻いてまとめる』
まとめて持てたら、膝をついたまま射位まで移動し 揖(ゆう:小さな礼)

大まかには矢を落とした時と同じようですが
弦が それぞれものすごく遠くに散って落ちた場合は?
『近くにある方を拾いに行く。
 あまりに遠いところなら係の人が拾ってくれたりするから』
ちなみに射場の外に落ちた場合は拾いに行かなくてよいそうです。

矢を落とす事はよくありますが
弦が切れるのは そう頻繁にありそうにないので
ここで経験できたのは よかったかも。
弓を落とす(というか弓が飛んで行く)こともあるらしいですが
それだけはしないようにしておこうと思います。

弦が切れてしまったら その後もう引けないと思うのですが
これが甲矢(はや:先に引く矢)で、まだ乙矢を持っている場合は
筈こぼしの時と同じように左手に矢を持ち替えてから拾うのか
どういうタイミングで退場するのか
先生に確認するのを忘れましたので 次回聞いてみようと思います。






胸当ての必要性
[PR]
by my-pavane | 2017-07-15 06:06 | 京都 | Comments(0)

粽(ちまき):亀屋良長

7月最初の弓道は祇園祭宵々々山の14日。
午後からの練習の後、お茶をして
それから鉾や山を見に行こう、と思っております。

宵山期間中は、あちこちで
粽(ちまき)やお守り、祇園祭限定の品が販売され
その中には 和菓子もあるので
山鉾見物より むしろそちらが目的だったりしますが

道場の最寄り駅近くにある
【亀屋良長】さんでは 『宵山だんご』というお団子を
宵山期間、月鉾と四条綾傘で販売されるそうなので
練習前、下見も兼ねて本店へ行ってみました。


なんだか、以前訪問した時より お店が綺麗になっている?
b0205694_23154873.jpg



b0205694_23171755.jpg

醒ヶ井も
以前は周辺に
植物が
植わっていましたが

今は砂利が
敷かれているだけ
ずいぶん見晴らしよく
なっております。

どうやら店内も
改装されている模様。

この近くに
四条綾傘が出るはずですが
この時間帯
姿は見当たりません。
夕方まで他の場所に
移しているのでしょうか

店頭には
『宵山だんご』の見本が
展示されておりますね。


b0205694_23241341.jpg
宵山だんごも良いですが
気になるのは
店頭にある貼り紙の「ちまき」の文字。
厄除け粽は食べられませんが
これは食べられる粽ですよね?

店内に入ると、やはり綺麗に改装されていて
イートインスペースもできております。
お店の雰囲気、変わりましたねー
と お店の方に話しかけると
昨年11月くらいに駐車場スペースをなくして
店内を広く改装したとの事。

ところで
今日、お店の営業は何時までですか?
『6時までです』
すると、お茶した後でお店で購入するのは無理そうです。
祇園祭限定の和菓子は、月鉾のところで販売されるのですよね?
『いえ、今日は そちらでも販売は無しです。
 宵山での販売は明日からでして・・・』

となると、今ここで買っておかねばなりません。
宵山だんごより粽の方に惹かれますが
これ、要冷蔵ですか?
『常温で16日まで大丈夫です』
ならば この後持ち歩いても大丈夫

粽5本1500円(税別)をお買い上げ。
b0205694_23325100.jpg

ちなみにこの後 SugarToothカフェにて合流した友人は
違うお店で やはり「食べられる粽」をお買い上げされていまして
1本ずつ交換いたしました。

厄除け粽も良いですが
やはり食べられる粽ですよね、と意見一致。

b0205694_22535713.jpg

上品な甘さで おいしくいただきました。
b0205694_22540814.jpg


More
[PR]
by my-pavane | 2017-07-14 06:58 | 京都 | Comments(2)

ぬか床:総本家近清

近所のスーパーで「水ナスのぬか漬け」を買いました。
その水ナスが入っていた袋には
たっぷりの糠(ぬか)が詰まっていまして
そのまま捨てるのは惜しいなあ、と思い
試しにキュウリを埋め込んで漬けてみましたら
ちゃんと、ぬか漬けになりました。

自分で漬けると、塩加減も調整できておいしい。
ちゃんとぬか床を作って、漬物を作ろうかなあ。
と思い立ちましたが
一からぬか床を作るのは手間です。

「すぐ漬けられるぬか床」を販売しているところは無いかしら
と検索してみると、
よく歩き回る場所(四条烏丸付近)に1軒
ぬか床を販売してくれるお漬物屋さんを発見。

【近清】という名前の そのお漬物屋さん
HPで創業年を見ると「昭和元年」と見えて
ふーん、90年くらいとなると まあまあ古いお店ですねえ
と 思ったのですが
西暦の数字を見ると「1764年」数字が合わない。

よくよく見ると、「昭」和ではなく「明」和
明和元年(江戸時代半ば)250年以上の老舗でしたか・・・・

『老舗であればおいしい』という物でもないでしょうが
それだけ続いている漬物屋さんのぬか床は魅力的です。
(『江戸時代からのぬか』ではないにせよ)
というわけで、
「西洞院通、蛸薬師通下がる」にある【近清】さんのお店を初訪問。

蛸薬師通を烏丸通から西へ進んでいくと
西洞院通は ゆるい下り道の一番下となる場所
大変わかりやすいです。
ここで左(南)に折れるとすぐ お店は見つかりました。
b0205694_23291631.jpg


ご覧の通り、のれんは下がっていますし営業中に見えますが
中に入ってみると、店員さんがいない。
と お店の外側に座っていた男性が
中に入ってこられまして
「いらっしゃいませ」

外で休憩されていたのかと思いきや
『いやー 今日、エアコンが壊れてまして』と。
店内にいると熱中症になりかねないので
お店の外で待機していたようです。

エアコンは動きませんが
お漬物を置いた冷蔵ケースは機能していますので
(だから 店内はよけい暑いんだけど)
漬物は無事です。

目的のぬか床もありまして
せっかくなので、1品くらい漬物も買っていこうかな、と
品ぞろえを確認していると
『お時間はありますか?』と店員さんに聞かれました。

はい、ありますけれど・・・?
『では そちらに荷物を置いて、少々お待ちください』

まもなく 店員さんは
お店で扱っている漬物全種の試食を手に登場。
そして、1品1品、食べる順番も指定して
材料のお野菜から作り方まで、懇切丁寧な説明をしてくださいます。

お漬物は全体に 塩味が薄いわけではないけれど
後味がすっきりとして美味しいです。
どちらかというと、漬けている発酵作用で味が深くなる感じ。

漬物で塩分補給、添えてくださった熱いお茶で水分補給
ついでに店内 冷房無しですので
なんだか健康的な汗をかきつつ いただきました。

お漬物はどれも気に入ったのですが
全部は一度に消費できないので 今回は
暑くて食欲が薄れるこの時期でも ごはんが食べたくなるおいしさの
青唐辛子胡瓜を選びました。


青唐辛子胡瓜(464円)と ぬか床(1kg入り680円)
b0205694_23353396.jpg
ぬか床で最初に漬けたのは スイカの皮(白い部分)
胡瓜が切れていたので、これも瓜よね、と漬けてみました。
1晩おいたら しっかり浸かりまして ごはんの友に最高です。

ちなみに
【近清】さんの営業は 基本 月・水・金の午後1時~5時
日曜・祝日は基本お休みですが
祇園宵山には店頭で冷やし胡瓜を販売されるそうです。



[PR]
by my-pavane | 2017-07-08 06:12 | 京都 | Comments(0)

くづきり:鍵善

おつかいものを頼まれまして
宵山1週間前の京都へ。

目的のお店の営業時間が午後からなので
お昼頃到着したのですが
ついでにお師匠さまへお中元を、と
鍵善に寄りました。
b0205694_22530624.jpg
竹水羊羹の配送をお願いして、
さあ これで用事は済んだ、と

そういえば、去年の夏は 
鍵善さんの葛きり、食べていなかったなあ。
1年に一度くらいは食べておきたいなあ。

来週の宵山にまた京都へ来る予定ではありますが
間違いなく混むと思われますので
お茶にはかなり早い時間ながら食べていくことにしました。

さすがに、今日のこの時間は空いております。




最初に見た時には感動した くずきり専用の器。
何度見ても綺麗です。
b0205694_22573930.jpg



たぷたぷと氷を張った水の中のくずきり。
もちもちとして美味。
b0205694_22575231.jpg

ところで この「くずきり」
以前は もっと幅広で短く 透明感があったように思うのですが
気のせいでしょうか




何はともあれ、空腹は収まりましたので
これからおつかいに行ってきます。
b0205694_23010882.jpg





[PR]
by my-pavane | 2017-07-07 06:48 | 京都 | Comments(0)

水無月:たから餅老舗

無事、今年の夏越の大祓を済ませましたので
後は 水無月を買って食べるだけです。

弓道場から梛神社までの間には
幸福堂さんがありますので
道すがら 買ったばかりらしい水無月をほおばって歩く方を
何人かお見かけしましたが

今年は幸福堂さんではなく
たから餅老舗さんで、と決めております。

水無月はあったものの4種類
おかみさんいわく『30日は7種の水無月を出す』との事でしたから
今年こそ、去年食べ損ねた 残る水無月を食べるのです。
b0205694_23023017.jpg

梛神社のある
坊城通を北上し
たから餅老舗さんに到着。

店頭には
「水無月」のノボリ

ちゃんと7種類あるかなあ。

去年食べたのは
プレーン(白)・抹茶・
黒糖・梅
の4種でした。
食べていないのは
黒豆・葛・栗だったはず。

お店の前まで来ると
店内、次々にやってくる
水無月を買いに来たお客さんで
いっぱいです。



b0205694_23050156.jpg

店内に入ると
よかった、全種類残っております。

というわけで、今回は4種をお買い上げ。
(左から黒糖・葛・栗・黒豆)
どれも全部1個150円です。
b0205694_22480938.jpg


黒糖・栗
b0205694_23061664.jpg
黒糖は そんなにクセのない甘さで、思ったよりあっさりと食べやすい。
去年も食べているのだけれど、くどくない甘さなのでまた食べたくなるのです。
栗は 「小豆と栗」の黄金コンビですから
当然のごとく美味しいです。栗の甘露煮がホクホク。



黒豆・葛
b0205694_23062141.jpg
黒豆はいいお豆を使っているのですね、という
豆のおいしさを堪能できる水無月。

「葛の水無月」は初めて見ました。
見た目も透明で、「氷室の氷を模した」という意味では
かなりリアルな水無月と言えます。
食感も餅ではなく葛なので、ふるふる さっぱり。
これは人気らしく、
お店でも
他の水無月は1個か2個ずつなのに
「葛」だけは10個で買っていくお客さんもいました。

めでたく全種制覇した たから餅老舗さんの水無月。
去年よりちょっと値上がりしていますが
それでも、この価格でこのお味はお安いと思います。
定番として、毎年食べたい味。



[PR]
by my-pavane | 2017-07-01 06:46 | 京都 | Comments(0)