おでかけ計画
by my-pavane
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
京都
大阪
神戸
奈良
長野
滋賀
その他
お家で
お散歩計画
未分類
最新の記事
お散歩計画
at 2017-12-12 08:01
釈迦堂さんの手作り市:千本釈迦堂
at 2017-12-12 06:03
大根焚き:千本釈迦堂
at 2017-12-08 06:31
焼そばパンその2:ル・プチメ..
at 2017-12-01 06:48
焼そばパンその1:まるき製パン所
at 2017-11-30 06:30
最新のコメント
> yamauchiさん..
by my-pavane at 23:49
ちょっと前の日記にコメン..
by yamauchi at 00:55
> gastrologe..
by my-pavane at 13:05
あれれれれ。白い! 私..
by gastrologer2 at 23:46
> sarasaさん ..
by my-pavane at 11:26
ですよね~、って何がって..
by sarasa at 23:04
ご了解ありがとうございます。
by 茲愉有人 at 18:05
> 写真引用の件 了..
by my-pavane at 17:19
> chanaさん 行..
by my-pavane at 08:46
こんばんは。 コメント..
by chana at 22:20
タグ
(432)
(344)
(272)
(189)
(95)
(82)
(68)
(58)
(54)
(48)
(38)
(36)
(35)
(33)
(24)
(24)
(22)
(18)
(18)
(17)
フォロー中のブログ
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 06月
2004年 04月
2004年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 07月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ファン
メモ帳
その他のジャンル
ブログジャンル
旅行・お出かけ
画像一覧

お散歩計画

本当にもう雪が降るのではなかろうか
という寒さになりました。

仕事が片付いたら温泉に行きたい。


【最近の更新・更新予定】

11月
摂津峡2度目(別コース)




摂津峡(3度目)


焼そばパン その1:まるき製パン所
焼そばパン その2:ル・プチメックOmake


12月
大根焚き 千本釈迦堂
近為 五辻の昆布
SugarToothカフェ

大根焚き 了徳寺

パン屋さん巡り
クロア 
ル・プチメック今出川店 
マリーフランス今出川店
オ・グルニエドール

【お散歩候補】
12月
17日 大掃除に参加
23日 お師匠様訪問


大阪 新世界  四天王寺門前から始まった2軒の釣鐘饅頭屋さんのもう一軒
大阪大正区   リトル沖縄探検

京都市内の銭湯 入ってみたい銭湯いっぱいあるのだけど
        お散歩に行く時間と営業時間がなかなか合わず

流星群
ふたご座流星群  12月14日~15日
こぐま座流星群  12月22日~23日

2017年 お散歩記録

[PR]
# by my-pavane | 2017-12-12 08:01 | お散歩計画 | Comments(0)

釈迦堂さんの手作り市:千本釈迦堂

思いの外 大根焚きをいただくのに時間を取らなかったので
時間をつぶすべく 境内をぶらぶら。

今年は冷え込みが早いためか紅葉は既に終わって
紅葉は枯れきっております。
本堂向かって右手の方に テントがいくつか見られるので
お土産物の出店かな?と近づいてみると

b0205694_08571548.jpg
おや 手づくり市?

規模は小さいですが
雑貨や食品を扱うお店がいくつか。
b0205694_08584352.jpg


b0205694_08584575.jpg


買おうかどうしようか迷った箸置き。
カエルとオタマジャクシはなかなか見ない意匠で 
使うより飾っておきたい。
b0205694_09003061.jpg
来年が戌年のためか
犬の箸置きがよく売れていたようです。



b0205694_08582889.jpg



印伝やチュール素材の
小物入れ屋さん。

硬いチュール生地は
小さく作るのが難しい素材なので
印鑑や小銭にちょうどいい
ミニミニサイズは
なかなか見かけないのですが
ここはありました。

この手作り市で
お買い物をすると
景品引換券がいただけ
今回はお箸をいただきました。



[PR]
# by my-pavane | 2017-12-12 06:03 | 京都 | Comments(0)

大根焚き:千本釈迦堂

冬のお寺の行事の1つ『大根焚き』

昨年は
2月半ばに行われるという三千院の大根焚き
12月の第1土曜・日曜日に行われる三宝寺の大根焚き
へ行ってまいりました。

この大根焚きの日程、
何週目かの土日と決まっていれば 確実に行けるのですが
「何月何日」と決まっているところになると
行ける年と行けない年が出てきます。

よく「冬の風物詩」としてTVで取り上げられるのは
「千本釈迦堂の大根焚き」ですが
これが何曜日であろうと「12月7日と8日」と決まっておりまして
昨年は仕事の日と重なり、参加できず。

今年は何曜日であろう?とカレンダーを見ると
私の休日である金曜日。やった、今年は行けます!

ちなみに 2年前に行ったことがある家族に
行った時間帯と、混み具合の様子を聞いてみますと
『11時過ぎに着いて、1時間以上並んで待った』

遊園地のアトラクション並・・・

まあそれは1番込み合いそうな時間帯での話なので
朝一番で行けば さすがに1時間待たずとも大丈夫なのでは。
大根焚きが始まるのは10時という事なので
10時5分前にお寺へ行ってみました。
b0205694_23230778.jpg
行きのバス、同じ停留所で降りる人は皆同じ目的地だったようですが
時間が早いだけに、数人程度。
お寺へ向かう人もいますが、行列というほどでもないです。

門をくぐって境内に進むと
本堂へ伸びる石畳の両側にお土産の露店が並んでいまして
和菓子やお漬物などを販売中。
b0205694_23231188.jpg

ここを通過し本堂の前まで行くと
右側に「大根焚き受付」が設置されていました。
b0205694_23263565.jpg



ここもまだ
人は並んでおらず

横を見ると
テントが張られた
席が用意されていまして
開始時間前にも関わらず
既に大根をいただく人が
10数名。

10時スタートといいつつ
早く来ちゃった人には
もういいですよと
始めてしまうようです。

大根焚きは
志納金(千円)を納め
引換券を受け取り
それを持って
席の横で大根を受け取るシステム。

b0205694_23314128.jpg

ここも2・3人しか並んでおらず
ほぼ待ち時間ゼロで 大根焚きを受け取れました。
大根、大きな輪切りがゴロンと3個
ほんのり甘く炊きあがったお揚げが1枚乗っています。

b0205694_23314518.jpg
大根、皮ごと煮られていますが
ほろほろ箸でくずせるほどに柔らかく煮えて
味もよくしみております。美味。
この日は寒かったもので 温かさがひたすらありがたい。

大根焚きはお持ち帰りも可、タッパ―に入れてくれます。
(自分で容器を持参すれば、それに入れてくれるので
地元の方は鍋を持参されたりするらしい)



お持ち帰り用の生大根もありました。

b0205694_23264187.jpg
大根をいただいた後 本堂にてお参り。
順番、逆だったでしょうか。

b0205694_23351744.jpg

この本堂の中にも
机が並べられていて
ここで大根焚きを食べている人も。
国宝の中で食べられるって
すごいわーと感心しつつ
ご本尊に手を合わせてお参り終了。

b0205694_23352240.jpg

一昨年行った家族は 
「並んでから食べられるまで1時間」と話していましたが
朝一で行きますと
大根焚きからお参りまで15分くらいで終了です。

予想していたよりはるかに早く終わってしまった・・・

[PR]
# by my-pavane | 2017-12-08 06:31 | 京都 | Comments(0)

焼そばパンその2:ル・プチメックOmake

本日も 弓道の練習は午後というか夕方です。
お味噌やらお菓子やらを買って
そろそろ道場に向かいましょうという時
夕ご飯には早いけれど 微妙にお腹が空いているので
何か食べておいた方がいいなあと思いまして

【ル・プチメックOmake】が近かったので
パンがまだ残っているかしらと寄ってみました。

前回は 食べ比べのため「あんコッペ」を買いました。
今回は?と考えて
そういえば 先月の練習前には
まるき製パン所さんで人生初の「焼そばパン」を食べたなと。

ル・プチメックOmakeさんでも 焼そぱパンを置いています。
おいしいパンに こだわりの具を入れるル・プチメックさん
人生2つ目の「焼そばパン」として
これも食べ比べてみたいような気がする。

で、本当に 人生2つ目の焼そばパン(ル・プチメック製)
大人ならではの贅沢と言っても良いでしょうか。
(少なくとも、小学生中学生では できなかった気がします。)


お日持ち当日限り
原材料を見ると「ハチミツ」とあるのは
パンに使われているのでしょうか。
b0205694_21484846.jpg
見た目はごく普通の焼そばパン。
まるき製パン所さんのに比べると細長いというか、大きい。
b0205694_21485264.jpg

食べてみての感想:
パンのタイプが まるき製パン所とはっきり違って
やわらかではなく、弾力のある香ばしいパンです。
中の「焼そば」も食感が全然違い
見た目焼そばですが、「蒸した麺」のような気がする。
むっちりした食べごたえです。
ル・プチメックさん系のパン屋さんが
こういうお惣菜パンを気合入れて作るとこうなるのか
と すごく面白かった。






[PR]
# by my-pavane | 2017-12-01 06:48 | 京都 | Comments(0)

焼そばパンその1:まるき製パン所

弓道の練習が午前中だった時は
練習後にお昼ご飯(か お茶)でしたが
ここしばらく先生のお仕事のご都合で
午後からの練習が続いております。

となると 
練習前に何かお腹に入れておく必要があるわけで
午前中いろいろ用足しして、
お店に入っている時間は無いなあ、という場合
パンでも買って食べますか、という事に。

今回はまるき製パン所。

何しろ大宮の弓道場に近いパン屋さんなので
思えば 1番初めに弓道場を訪れた時も
その前に食べたのが ここの(パン)ハムロールでした。
コッペパンの食べ比べをしてみようと
この秋 あんパン(あんを挟んだコッペパン)を食べましたが
今日は何を食べましょうか とお店に来てみると
既にいろいろ売れていて 品数が少ない。

ふと目に留まったのが
『焼そばパン』です。

そういえば私、焼そばパンって食べたことがない。
あんパンならば「餡子」という
それ単体では食べないものを具にするのは納得がいっても
「焼そば」という 普通それだけで食べるでしょうという物を
何故パンにはさむのか?という疑問と
だいたいこういう味になるであろうと想像がついてしまうので
わざわざ買って食べようと思わなかったわけです。

しかし 目の前にある焼そばパン。
世間にこれだけ長く売れ続けているのだし
最初に食べる焼そばパンが「まるき製パン所」さんの、というのも
ある意味 面白いかもしれない。


そんなわけで「人生初の焼そばパン」を買いました。

b0205694_21285770.jpg

人が食べているのを見たことがあっても
自分の手に取って近くで見る事は無かった種類のパン。

改めて見ると、紅ショウガの色がすごいなあ。
b0205694_21292719.jpg

あんパンでも ふんわり柔らかだった まるき製パン所さんのパン。
焼きそばの麺もやわらかくなじんで いい一体感です。
「おいしいパンと一緒に焼そばも食べているだけ」かと思ったら
焼そばの中に ほんのりマーガリンの風味が来て
おお、これは予想していなかったわ、と感心しました。

すごーくおいしいパンと一緒に焼そばも食べた
という 当たり前な感想ですが
「おいしいパン」で良かったな、と思います。





[PR]
# by my-pavane | 2017-11-30 06:30 | 京都 | Comments(0)

弓道体験 65回目

さて 久々の弓道です。

前回から1か月以上間が開いて
果たして13kgの弓をちゃんと引けるのかどうか。
射形も崩れていそうだなあと思いつつ練習開始。

ちなみに かなり冷え込みが厳しくなってきたので
道場、床にマット型ヒーターが敷かれていました。冬だなあ。

まず2本ずつ引いてみて
思っていたよりしんどくなかったので一安心。
とはいえ
やはり体のバランス感覚は偏っていて
構える時は良くても、引いていく途中で
微妙に傾いていってしまっている様子。
引く途中で右腕の方が下がり気味になる癖も戻ってました・・・
24本引いて、後半になってようやく勘が戻ってきた感じ。

来月、練習に来られる日を先生と相談しまして
17日の武道センターの大掃除には行きます、
と申し出ますと
『その後 納会(射会)があるから参加したらどうや?』

そんなわけで 来月は
2回目の射会に参加することになりそうです。
「弓道場での射」自体が久々なので かなり不安ですが
体配、おさらいしておきます。






[PR]
# by my-pavane | 2017-11-29 06:40 | 京都 | Comments(0)

御金神社

林万昌堂さんで甘栗
関東屋さんでお味噌
西村衛生ボーロ本舗さんでボーロ と
お買い物を楽しんだので
そろそろ 西へ向かいます。(今日は弓道)

ところで お腹がすきました

お昼ご飯、おにぎり1個でしたので
5時半からの弓道、途中でお腹が鳴りそうです。
何かお腹に入れた方がいいなと
西洞院通で南へ下がり
ル・プチメックOmakeにて パンを買い
そのまま 南へ進んでいくと

何やら明るく提灯のついた神社の前へ。
b0205694_23073111.jpg
これ、前には気づきませんでした。
提灯の灯りが入っていなかったからかな?
こんなキンキラキンの鳥居、見たら覚えていそうなものですが

掲げられた額には『御金神社』の名前が。
ああ、これが「みかね」神社でしたか。
(御金は「おかね」ではなく「みかね」と読みます)
b0205694_23081270.jpg
名前は聞いたことがありました。
黄金色の鳥居といい 御金という名前といい
いかにも『金運』のご利益がありそうな神社ですが
実は純粋に鉱山・鉱物に関わる「金属の神様」だそうで
人が生活に使う金属 
鋤(スキ)・鍬(クワ)・刀に ご利益がある、と。
現代だと、その延長で大型農耕具とか機械類
貨幣も金属ですので、一応資金運用にもご利益があるそうです。

私の仕事もある意味金属を使っていますし
これから行く弓道でも矢のシャフトは金属(アルミ)ですし
お参りしていくことにしましょうと 境内に入ると
右手にぎっしりと銀杏の葉の形の絵馬。
ご神木が銀杏の木なので絵馬もこの形なんだとか。
では、そのご神木を拝んでいこうかな
と奥に進んでみましたが
葉が全部散ってしまっているのか
どこにその御神木があるのかわかりません。

まあいいか、と 拝殿に向かいまして
身の回りの金属の無事を祈り
(先月矢のシャフト折ってますし、もう折れないように)
参拝を終えました。

ちなみに この金色の鳥居ですが
昔から金だったわけではなく元は木製
これが壊れた時 金属製の鳥居になり
その後金箔を扱うお店が金箔を提供されて
今の金色となったらしいです。
平成18年(2006年)だそうですから
金色になってまだ10年くらいなのですね。

こんなめでたそうな名前と金の鳥居の組み合わせ
金運のご利益を期待して参拝する人が増えそうですが
日本の神様は結構柔軟な対応をされそうなので
いけるのかもしれません。

[PR]
# by my-pavane | 2017-11-28 06:34 | 京都 | Comments(0)

元祖「エイセイボーロ」:西村衛生ボーロ本舗

お味噌を買ったら
夷川通まで戻って そのまま西へ進みます。

間之町通(東洞院通の1本東)まで来たところで
左手(南)に目を向けると
「エイセイボーロ」の看板が見えました。
b0205694_11191430.jpg

そういえば、京都市内には
元祖エイセイボーロのお店があると何かの本で読んだ記憶が。
ここだったのですか、と近づいてみると
近づくほどに ふわ~んとあの懐かしい甘い匂いが。

実は私、子供時代 ポッキーやらポテトチップスやら
あまたあるお菓子の中で この「ボーロ」が1番好きでした。

b0205694_11193673.jpg



ここで作っているのかあ、
と見渡すと
通の向かい側に 立派な看板
建物の右下手前には 
ショーケースが見られます。

直接ここで買えるのかしら
と近づいてみると

近所のスーパーで見かけるのとは
違う包装のボーロが展示。
b0205694_11205437.jpg


人影がありませんが ここで買えるのかなあと見渡すと
事務所らしい所の手前に
山積みの「でんぷん」の大袋を発見しました。
これは めったに見られない。
b0205694_11220591.jpg

よくよく見ると、見本のあるショーケースの上に
『ご購入する品を決めた方は こちらを押してお知らせください』
という 呼び出し用ボタンが置かれていました。

せっかくですし
記念にここでお土産に買うのもよいですよね
と ボタンを押しますと
結構長い間 呼び出しブザーが鳴りました。
・・・・鳴りましたが 誰も出てきません。

人がいないのかな?と 建物の中(事務所)をうかがうと
社員さんらしき方1人のの頭だけが見え
どうやら電話中の様子。

あの電話が終わるまで 買い物はできないらしい。
と そのまま待っていると
建物の前で 商品を運搬している別の社員さんが
こちらに気付いてくださいまして
買えますか?とうかがうと
『大丈夫です どれにされますか?』と応対してくださいました。

無事 お買い物終了。

レトロパッケージの 普通の「エイセイボーロ」の他
b0205694_11212287.jpg



ニンジンのボーロ



野菜ボーロ(小袋6個入り)
ふくぼうろ(小袋6個入り)
b0205694_11214661.jpg


元祖エイセイボーロ(100g:135円)
にんじんボーロ(95g:180円くらい?)
ふくぼうろ と 野菜ボーロは2袋ずつ買って
しめて955円です。

後日、職場へのお土産&差し入れに持っていきました。
スーパーでも買えるのですけどね
「本店で買った」ところに価値がある、と。

日持ちもするし 「京都」の「元祖」のお菓子ということで
笑って楽しんでくださる人にはいいお土産かと思います。








[PR]
# by my-pavane | 2017-11-27 06:25 | 京都 | Comments(0)

白味噌:関東屋

パラパラ雨が降っているので
屋根がある場所の方が歩きやすいと
そのまま寺町商店街を上がっていきつつ
お次は どこへ行きましょう。

今日を入れて後2日でもう12月
お正月用の白味噌を どこで買おうかなあ

と ここで思い出したのが
味噌の老舗の【関東屋】さん。
寺社仏閣の行事の際 京都の物産展のように
漬物屋さんやら 和菓子屋さんやらが
出張販売に来られることがありますが
その時 見かけた【関東屋】さん
まだ ここのお味噌は買ったことがありません。

確か、御所の南側
寺町通から一本西 御幸町通に本店があったはず。
ここからなら近いので
様子見がてら、行ってみましょう。

寺町通を北上し 御池通を渡ってさらに北へ
お茶の一保堂さんの前を通り過ぎて次の道
夷川通で西に入り 御幸通へ。


あった。
老舗だそうですから 古い町家を想像していたら
b0205694_11155671.jpg
下は町家風ながら新しい建物です。

ここ何年か、
和菓子屋さんとか
(笹屋伊織さん)
漬物屋さんとか
(田中長さん)
お店をリニューアルしている所は
多いですね。

中に入ると
古そうな量りなどが飾られています。
味噌を入れる樽が並んでいて
名前と値段が表示されていますが
中は空っぽ。

おや?

カウンターの手前には
500g入りの密封パックの
白味噌が並んでおります。

これ以上小さい袋での
販売は無いのかなあ
と眺めていると

店員さんが 空の樽の方を指さし
『こちらは量り売りで、
冷蔵庫に品がございます』

量り売りのお味噌は 
100gから売ってくださるそうです。

特上吟醸白味噌、という1kg1400円くらいの味噌も
100gなら140円、買いやすい。
お試しにもありがたい量り売りです。

では これを200g…と 注文しかけて
一番端の樽に
「豚汁とんとん」と書かれているのを見つけました。
これも味噌?豚汁専用?

『合わせ味噌ですね。豚汁用に 少し味の濃い味噌を合わせています』
寒さが厳しくなってきたこの頃
おいしいお味噌で豚汁、いいなあ。

では これも買います、と お願いしたところ

『では白味噌を200gではなく100gにして、 
 こちらも100gですか?』

白味噌200gに 豚汁用味噌100gで良かったのですけれど
差し当たって「お試し」ですから それでもいいかな。
しかし商売っ気がない店員さんだなあ
と ある意味感心しつつ お買い物させていただきました。
b0205694_11155948.jpg
量り売りしてくださるということは
ひょっとして
瓶などを持参したら詰めていただけるのでしょうか?
と うかがったところ
『はい、大丈夫です』

というわけで
買ったお味噌がおいしかったら
次回は 器持参で買いにきます。

後日
ちゃんと豚汁を作りました。
b0205694_09375295.jpg

しみじみ、おいしい。

[PR]
# by my-pavane | 2017-11-26 06:18 | 京都 | Comments(0)

新栗の季節 河北栗子:林万昌堂

11月の弓道は先生の本業の都合上、夕方5時半から
少し早めに出かけて お散歩しましょう
と 午後3時過ぎ 京都に到着しました。

お散歩、つまり歩き回る気満々なので
スタート地点は 道場のある大宮ではなく河原町。
西方向へ進みつつ、買い出しやら買い食いやらをするのです。

四条通りを西に進んでまもなく
新京極の商店街入口に来ました。
ここの角にある天津甘栗の老舗【林万昌堂】さんの店頭を見ると
「新栗」の紙が貼られております。
b0205694_11103262.jpg

そうか  甘栗にも新物がありましたか。

そういえば今年は「栗ごはん」を食べてません。
食べたいな でも皮むきが大変だな
と思っているうちに 時期を逃してしまいました。

そんなこんなで、ちょっと栗を食べ足りなかった感がある今年
吸い寄せられるように店内に入り
河北栗子の小袋(150g入り)600円をお買い上げ。
b0205694_11104053.jpg
ついでに 
栗の粉が入っているらしい「万昌焼」なる
お煎餅も買ってみました。
b0205694_09384987.jpg


甘栗は店頭での焼きたてですので
 ほっかほかです。
b0205694_11104908.jpg

何年ぶりかなあ と思いつつ袋を開くと
包装紙の裏側に 折り紙の要領でゴミ箱の作り方が載ってました。
b0205694_11122749.jpg
甘栗、大変むきやすい。
ポロっと皮が離れ、コロンと出て来た栗の実をぱっくり。
ああ、この味。味が濃くて甘くておいしい。

スーパーなどに並んでいるレトルトパウチの袋入りに比べると
5割増しくらいのお値段ですが、食べるとやっぱり違うよね、と思います。
生ものなので お日持ちは3日
(もっとも 焼きたてがおいしいので その日に食べてしまうため
 あまりお日持ちを気にすることはありません。)

本当は「御栗」という 栗羊羹が欲しかったのだけど
この日店頭には見当たらず。
今、販売を休止しているようです。残念。

ちなみに 初めて買って食べた万昌焼は
卵煎餅を想像していたら全然異なるもので
薄い薄~い カリッカリの硬めのお煎餅
栗の風味は思ったほどわからないものの
かなり香ばしいお菓子でした。
バニラアイスの上にトッピングして食べたらおいしいかも。


[PR]
# by my-pavane | 2017-11-25 06:25 | 京都 | Comments(0)